おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぼう

ポイントの利用先を考えて高還元率カードを選ぼう

クレジットカードを選ぶ基準としてよく見られているのが「ポイント還元率」です。
ポイント還元率とは、クレジットカードを使用して手に入るポイントの割合が何円分なのかを示す値で、その割合はカード会社によって異なります。

平均的なカードだと0.5%の還元率が多く、「ポイント高還元率」と呼ばれるクレジットカードでは1%以上の還元率になっています。
0.5%と1%では大きな差がないように感じられるかも知れませんが、平均的なカードと高還元率のカードを比べると得られるポイントの数には2倍の差があり、高還元率のクレジットカードを選ぶと、下の表のように獲得ポイントに差が出ます。

年間利用金額

還元率0.5%

還元率1%

100万円

5,000円分のポイント

10,000円分のポイント

200万円

10,000円分のポイント

20,000円分のポイント

300万円

15,000円分のポイント

30,000円分のポイント

また、「高還元率」を特長とするクレジットカードは、カード会社が提携しているサービスを利用して買い物をすることで、さらに大きなポイントを獲得することが可能です。
例えば、オリコカードザポイントで楽天市場を利用すると、最大17.5%もポイントが還元されます。
ポイント還元率でクレジットカードを選ぶなら、こういった提携サービスの利用しやすさも基準に考えると良いでしょう。

高還元率でカードを選ぶならチェックしたい点

クレジットカードをポイント還元率の高さだけで選ぶと「支払い金額の割にポイントが貯まらない」、「ポイントを交換したい商品がない」、「年会費がかかってポイントで得をした気がしない」となるかもしれません。
そこで、高還元率カードを選ぶ際にチェックしておきたい点をまとめました。

ポイントの貯めやすさをチェック

クレジットカードを選ぶ際は通常還元率の高さと、何の支払いをするとポイントが貯まりやすいかを確認しておきましょう。

ポイントが多く付く例として、以下のようなものがあります。

クレジットカードを利用する支払い先とポイント還元率が高くなる条件を照らし合わせた上で、ポイント優遇されるカードを選び、効率的にポイントを貯めることが出来ます。

どんな商品と交換できるかをチェック

いくらポイントが貯まっても、自分が交換したい商品や商品券がなければお得感があまり感じられませんよね。
獲得したポイントは、AmazonやiTunes、T-Pointといった、利用頻度が高い商品券(ギフト券)に交換できるクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

VIASOカードの貯まったポイント分を利用金額から自動でキャッシュバックしてくれる交換方法も、ポイント有効期限を気にせずに済むのでおすすめです。

年会費が無料かをチェック

ポイント還元率が1%で、年会費1,000円のクレジットカードを使っていた場合、単純計算で10万円分(月に8,333円)使わなければ年会費分をペイできないことになります。
年間の利用金額を計算した上でクレジットカードを作ると良いでしょう。

また、クレジットカードにETCカード機能をつけたい方もいると思いますが、ETCカード機能にも年会費がかかるクレジットカードがあるのでご注意ください。
例えば、ポイント還元率が高くて年会費無料を謳っている楽天カードは、ETCカード機能(楽天ETCカード)をつけると500円(税抜)の年会費がかかってきます。

ポイント還元率の高さを重視して、少しでもお得なクレジットカードを選ぶのなら、年会費が一切かからないものを選ぶのが重要です。

獲得したポイントの有効期限をチェック

せっかくポイントを獲得しても、保持できる有効期限が設定されているためにポイントが失効するのは嫌ですよね。失効を防ぐためにはポイントの有効期限を確認することが鍵です。

ポイントの有効期限は、「なし」「実質なし」「あり」「あり(条件付き延長)」の3種類がそれぞれのクレジットカードに設定されています。

有効期限「なし」

有効期限「なし」は、ポイント獲得から交換までの期限が設定されていないカードのことです。ポイントが失効しないことから「永久不滅ポイント」と呼ばれることもあります。

有効期限「実質なし」

有効期限「実質なし」は、条件付きで有効期限を無制限に延長できるカードのことです。

カードにもよりますが、基本的な有効期限はポイント付与日から1年以内で、有効期限内に1度でもカードを利用すれば獲得していたポイントの有効期限が消滅するカードが多いようです。

有効期限「あり」

有効期限「あり」は、1年や2年などのポイント有効期限が設定されているカードのことです。有効期限内のカード利用による期間延長ができないため、有効期限内にいかにポイントを獲得できるかが鍵となります。

有効期限「あり(条件付き延長)」

有効期限「あり(条件付き延長)」は、条件付きで有効期限を延長できるカードのことです。有効期限「実質なし」と似ていますが、無制限の延長にはならないことに違いがあります。

カードにより条件が異なり、たとえば「リクルートカード」は、最後に獲得した共通ポイントから12ヵ月後が期限となり、ショッピングでポイントを獲得する度に獲得から12ヵ月後に期限が延長されます。

また、消費者金融大手のライフカードが発行する「ライフカード」は基本的な有効期限は2年ですが、有効期限内の延長手続きにより期間を最大3年間延ばすことができます。

有効期限の設定

以上のように、獲得したポイントはクレジットカードにより4種類の有効期限が設定されていますが、有効期限の長短でカードを選択する必要はありません。ポイントの期限が切れる前に、逐一商品と交換すれば良いからです。

しかも、有効期限が長く設定されているほどポイント還元率が低調である傾向にあります。たとえば、「セゾンカードインターナショナル」は無制限にポイントの有効期限が設定されていますが、基本ポイント還元率は0.5%と低調です。

そのため、ポイントの有効期限は参考程度にとどめておき、ポイント還元率の高さを主な指標としてクレジットカードを選択するべきでしょう。

ポイント還元率の調べ方

クレジットカードの公式サイトには、還元率が明確に記載されていないことがあります。
ポイント還元率を調べるには、1ポイント付与されるのに必要なカード利用額を表す「ポイント付与率」と、付与ポイントがいくらに相当するのかを表す「ポイント価値」について知る必要があります。

ポイント付与率とは

「ポイント付与率」とは、クレジットカードの利用額に対して貰えるポイントの割合のことで、クレジットカードの公式サイトで詳細を見ると記載されている「100円で1ポイント」や「1,000円で1ポイント」といった、表記で計算できます。

例えば、三井住友VISAカードは公式サイトに「1,000円利用で2ポイント」は、1,000円で2ポイントですから、2 ÷ 1000 = 0.002 ということで、利用金額の0.2%がポイントとして付与されるということになります。

ポイント価値とは

「ポイント価値」とは、付与された1ポイントはいくらになるかという価値のことです。例えば、Amazonカードは、10ポイントで1円分の価値があるAmazonポイントに交換できるのに対し、楽天カードなら10ポイントで10円分の楽天スーパーポイントに交換できます。

カード名

獲得したポイント

ポイント価値

Amazonカード

10ポイント

1円

楽天カード

10ポイント

10円

表を見て頂くと分かる通り、1ポイントの価値が10倍違います。
一見たくさんポイントを付けてもらっているように見えて、ポイント価値が低いと、実際はあまりポイントが貰えてないということになります。

還元率の計算方法

還元率は以下の公式で計算することが出来ます。

ポイント付与率 × ポイント価値 = ポイント還元率

平均的な還元率である0.5%のカードで計算してみましょう。

ポイント還元率0.5%カードの例

  • 1,000円で1ポイント = ポイント付与率が0.1%
  • 1ポイントが移行先ポイントの5ポイントになる =ポイント価値1ポイント5円
  • ポイント付与率0.1 × ポイント価値5ポイント = ポイント還元率0.5%

ポイント付与率が0.1%でも、ポイント移行先で5倍以上の価値を発揮する場合が多々ありますので、高還元率カードを選ぶ基準として、獲得したポイントが最終的にどれくらいの金銭価値を生み出すかを重要視するべきです。

高還元率で選ぶおすすめクレジットカード

クレジットカードの種類は数え切れないほど多く、何を基準にしていいかわからない方もいらっしゃるかと思います。今回は、利用者へのメリットが大きい、ポイント還元率が高いカードを紹介していきます。

キャッシュバックが魅力、ポイント還元率1.25%のREX CARD Liteカード


通常ポイント還元率1.25%
JACCSモール経由で、最大12%のJデポが貯まる
貯めたポイントはカード利用額からキャッシュバック

REX CARD Lite(レックスカードライト)は、2014年2月に株式会社ジャックスと株式会社カカクコムが提携発行したクレジットカードです。年会費無料カードの中では通常ポイント還元率トップです。

このカードは、いつどこで使っても通常ポイント還元率1.25%でポイントが貯まるハイスペックカードです。
クレジットカードの利用で「REXポイント」というポイントが貯まり、月の合計利用額2,000円(税込)につき25ポイント(=1.25%)獲得できます。REXポイントは25ポイント=2,500円分の「Jデポ」というポイントに交換でき、月々の請求金額からこのポイント分を値引き(キャッシュバック)することが可能です。なお、ポイント有効期限は獲得月から2年間です。
レックスカードライトは、年間費無料で高還元率なうえ、国内・海外旅行保険も付帯されているので、旅行好きならメインカードにぴったりです。

初年度は最大ポイント還元率1.5%&いつでも1%オフのP-one Wizカード

入会から6か月はポイント還元率が最大1.5%
何に使っても利用金額から1%オフ
年間補償金額50万円のショッピング保険付帯

P-one Wiz(ピーワンウィズ)カードは、「ポケット・ポイント」というポイントがカードの利用額1,000円につき1ポイント貯まります。1ポケット・ポイントは、Tポイント5ポイントに交換できるので、通常ポイント還元率は0.5%と平均的です。

ただし、入会から6か月間はポイントが3倍になる新規入会特典があるので、入会から6か月間は最大ポイント還元率が1.5%になります。
さらにP-one Wizカードは、携帯電話の支払いやスーパーでの買い物などの支払いに利用すると、いつでも利用合計額から自動的に1%オフとなります。

この割引率をポイント還元率と合算するのであれば、入会から6か月間は最大2.5%のポイント還元率になります。

ポイント還元率0.5%のクレジットカードが多い中、年会費無料で最大ポイント還元率1.5%、さらに利用額の1%が割引されるというカードは他にありません。

なお、入会より6か月経過すると通常還元率は0.5%になるのがP-one Wizカードのデメリットですが、利用額の1%オフは継続されるので、ポイントの貯め方や使い方でわざわざ悩みたくない方には最適です。

月額5万円以上利用するなら、ポイント還元率1.5%のレックスカード


ポイント還元率1.5%!
入会で最大4,300円分ポイントプレゼント
年間50万円以上の利用で年会費無料

年会費無料のクレジットカードの中には、年間で一定額以上のカードを利用すると年会費が無料になるものもあります。

REX CARD(レックスカード)は、REX CARD Liteカードの上位カードで、年間に50万円以上利用すると翌年度も年会費が無料になり、1.5%という圧倒的なポイント還元率を実現しているクレジットカードです。

年間50万円の利用には、月々42,000円以上をカードで支払う必要があります。しかし、一般的な家庭では月々5万円ほどクレジットカードの支出があると言われ、携帯代や税金、光熱水費などにも利用すれば、ハードルはそこまで高くありません。

また、近年では家賃をカードで支払える賃貸物件が増加しているので、カード払い可能なマンションなどにお住みの場合は、メインカードにREX CARDを選ぶといいでしょう。

REX CARD には目立ったデメリットは特にないですが、年間50万円以上利用しない場合は、2年目以降の年会費が2,500円(税抜)かかるので注意してください(初年度は年会費無料)。

ポイントモール利用でポイント還元率最大17.5%のオリコカード・ザ・ポイント

年会費無料
入会6か月間は通常還元率2%
オリコモール経由で最大17.5%のポイント還元率

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、信販会社大手のオリエントコーポレーション(通称:オリコ)が発行するクレジットカードです。ポイントの貯めやすさ・使いやすさといった点でバランスが良く、デメリットも少ないため、多くの人に選ばれています。

通常還元率は1%ですが、オリコが運営する「オリコモール」を経由してネットショッピングを行うと、0.5%のポイントが特別加算され1.5%になります。さらに掲載されているネットショップごとに、ポイントアップキャンペーンもあり最大15%のボーナスポイントが貰え、合算すると最大ポイント還元率17.5%になります。

また、入会6か月以内は、ポイント無条件で+1%になるため、入会から6カ月はポイント還元率が最大17.5%になります。

特に、「Amazon」でよく買い物する方には、Orico Card THE POINTがおすすめです。理由は、Amazonが発行する「Amazon MasterCardクラシック」というクレジットカードよりも多くのポイントが付くためです。
以下、オリコモール経由でAmazonへアクセス ⇒ オリコカード・ザ・ポイントを利用した場合と、Amazon ⇒ Amazon MasterCardクラシックを通常利用した場合の比較を表にまとめました。

Orico Card THE POINT Amazon MasterCardクラシック
カード支払い分の通常ポイント還元率 1.0%(オリコポイント) 1.5%(Amazonポイント)
オリコモール経由でのポイント還元率 0.5%(オリコポイント) 0%
オリコモール利用特典 0.5%(オリコポイント) 0%
合計 2.0% 1.5%

「オリコモール」経由でAmazonへアクセスし⇒「オリコカード・ザ・ポイント」を利用すると合計2%の還元率でオリコポイントが貯まります。

貯めたオリコポイントは、アマゾンギフト券やnanacoポイントなど便利な商品券との交換や他のポイントへ移行できるため、ポイント還元率と使い勝手の良さがOrico Card THE POINT魅力です。

ネットショッピングを頻繁に利用するならOrico Card THE POINT一択と言えるほどおすすめのカードです。

美容室や居酒屋でもポイントが貯まるリクルートカード


通常ポイント還元率1.2%
年会費無料
リクルートサービスの利用で実店舗でもポイントが貯まる

「リクルートカード」は、株式会社リクルートホールディングスが発行する年会費無料のクレジットカードです。この上位カードに「リクルートカードプラス」という高還元率のカードがありましたが、現在は新規加入ができないため、年会費無料のリクルートカードの人気が高まっています。
リクルートカードは、通常ポイント還元率1.2%の高還元率カードで、毎月の利用額に応じてリクルートポイントが貯まります。
さらに、「じゃらん」や「ホットペッパー グルメ」、「ホットペッパービューティー」などリクルートグループのネットサービスから予約し、実際に店舗でカードを利用すると、より高還元率でポイントを貯める・使うことが可能です。
例えば、ホットペッパービューティー経由で美容室の予約を入れ、リクルートカードで支払うと、通常利用の1.2%に+2%ポイントした3.2%のポイントが加算されます。仮に、美容室へ2か月に1度通う場合、1回あたり10,000円(税抜)を支払うと、
10,000円×3.2%=320ポイント
年間では、320ポイント×6回=1,920ポイント(1,920円相当)貯まる計算です。

貯めたポイントは、1ポイント1円分で使用でき、美容室独自のポイントが貯まるならポイントの2重取も可能です。理美容室のように、普段の割引は少ないけれど必ず利用するようなお店では、使わないと損ですね。
美容室に定期的に通う方や、会社で宴会の幹事を頻繁にする方であれば利用額も大きくなり、ポイントも早く貯まるのでおすすめです。

なお、実店舗でポイントを貯める裏技として、リクルートカードからnanacoカードへチャージし、セブンイレブンでnanacoポイントを使い住民税や自動車税などの税金や、公共料金を支払うと、チャージ額に応じたリクルートポイントが貯まります。間接的な節税対策ですが、お酒やたばこに含まれる税金もこの方法で節約できるのでおすすめです。

貯めたポイントは、リクルートサービスでの利用に加え、2015年からはリクルートポイントは、ローソンなどで利用できる「Ponta(ポンタ)ポイント」へ交換できるようになりました。こちらは1ポイントにつき1Pontaポイントとして交換できるため、ポイント利用店舗が大幅に広がりました。

街中にある実際の店舗でポイントを貯めたいと思っている方はこのカードがおすすめです。

楽天市場の買い物はいつでもポイント還元率5%以上の楽天カード

年会費無料
楽天市場利用でポイント還元率4%以上
ポイント10倍などのキャンペーンもあり

楽天カード株式会社が発行する「楽天カード」は、楽天カードマンのCMでおなじみの年会費無料のクレジットカードです。
楽天カードはクレジットカードの利用100円(税込)ごとに「楽天スーパーポイント」が1ポイント獲得でき、通常還元率は1%です。

しかし、「楽天市場」での買い物に楽天カードを使用すると、ポイント還元率は4%、さらに、「もらえるモール」というポイントモールを経由 ⇒ 楽天市場へアクセス ⇒ 欲しい商品やサービスを購入すると、常時5%のポイント還元率になります。

また“ポイント10倍!”といったセールやキャンペーンも頻繁に行われるので、他のネットショップではありえないほどのポイント還元率が実現されています。

なお、楽天グループには、楽天トラベルや楽天ブックスなど、生活に関わるあらゆるサービスがそろうので、ポイントを貯めることで生活費の節約も可能です。もし、楽天グループのサービスを年に1度は利用するなら、必ず持っておくべきクレジットカードです。

貯めたポイントは、1ポイント=1円として楽天グループのサービスで利用でき、スマホ向けアプリを使えば、コンビニなどの提携店舗でもポイントを貯める・使うことが可能です。さらに、ANAマイルなどその他のポイントへ交換できることも魅力です。

誕生日月にポイント還元率が2.5%になるライフカード


年会費永年無料
誕生月はポイント5倍で還元率2.5%
L-Mallの活用で最大25倍のボーナスポイント

Life CARD(ライフカード)は、発行手数料無料・年会費永年無料のクレジットカードです。ライフカードを利用すると、「LIFEサンクスポイント」というポイントが、1000円(税込)で1ポイント付与され、1ポイント=5円相当の価値を持つため実質0.5%がポイント還元率です。

0.5%のポイント還元率は一般的なクレジットカードのレベルですが、ライフカードには「お誕生日月ポイント」というポイントアッププログラムがあり、誕生日月のカード利用はポイント5倍、つまりポイント還元率が2.5%になります。

貯めたポイントは、「JCBギフトカード」への交換や、「dポイント」や「楽天スーパーポイント」などポイントへも移行できます。また、特におすすめなのが「ANAマイル」への交換です。
例えば、誕生日月に通勤定期や商品券など高額なものを、半年または1年分まとめてライフカードで購入し、貯めたポイントをANAマイルへ一気に交換すると効率的にマイルが貯まります。

また、カード会員向けポイントモール「L-Mall(エルモール)」を経由してネットショッピングを行うと最大25倍(ポイント還元率12.5%)のボーナスポイントもつきます。
このように、使うタイミングを絞り、効率的にポイントを貯めるサブカードに最適なのがライフカードです。

海外での支払いでポイントアップするセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

海外での支払いはポイント2倍(ポイント還元率1%)
全世界8,000店舗以上のお店で優待あり
年1度の利用で年会費無料

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、株式会社クレディセゾンが発行するクレジットカードです。国際ブランドは、富裕層向けのイメージがあるアメリカンエキスプレス(アメックス)ですが、年会費は初年度無料、年に1回以上利用があれば翌年も無料になります。
※カードの利用がないと年会費1,000円(税別)がかかるので注意してください。

セゾンパール・アメックスを国内で利用すると、永久不滅ポイントが1,000円(税込)につき1ポイント貯まります。1ポイント=5円相当の価値があるので、通常ポイント還元率は0.5%です。

しかし、海外でセゾンパール・アメックスを利用するとポイントが2倍になり、1,000円につき2ポイント(=ポイント還元率1.0%)が加算されます。

貯めたポイントは有効期間がなく、カード利用代金への充当、JALマイル、ANAマイルに移行、amazonギフト券などに交換でき、ポイントの使い道に困ることはありません。

また、このカードは即日発行が可能なうえ、海外も含めた全世界8,000店舗以上のショッピングセンター・レストラン・ホテルなどで割引優待があります。
予約または来店時に「アメリカン・エキスプレス・セレクト」の利用希望を伝え、セゾンパール・アメックスで支払いするだけで10~20%割引されることもあるので、海外旅行に行く前には作っておきたい1枚です。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料