おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカードの使い方

初心者マーク

クレジットカードに関するトラブルや不正利用といった情報をネットやニュースで見かけて、クレジットカードの使い方を間違ってしまわないか不安という方はよくいます。
しかし、最初は不安でも一回使ってみれば、現金で支払うよりも圧倒的に簡単で、料金に応じたポイントも貯めることができるので、クレジットカードの便利さやお得さが分かるかと思います。

今回は、クレジットカードを作ったらまずすることから、代表的な使い方について、注意点を交えながら説明していきます。

クレジットカードを作ったらまずすること

クレジットカードの審査に通過すると、登録した住所にカードが届きます。その際にまずすることを説明していきます。

表記に誤りがないか確認する

クレジットカードを作って最初にすることは、まず券面の表に記載されている氏名が間違っていないかを確認しましょう。滅多に名前が間違えられていることはありませんが、表記に誤りがあるとカード利用ができないので念のために確認しておきましょう。

利用限度額と引き落とし日を確認する

次に、カードが貼り付けられていた台紙を見てみましょう。
いくらまでカード利用ができるかという「利用限度額」とともに、毎月の支払日(引き落とし日)が記載されています。支払日までにカードの引き落とし口座に振り込んでおかないと、支払いの延滞をしたとみなされてしまい、利用限度額の引き上げや、新規カードの発行ができなくなったり、延滞が長引いた場合、今持っているクレジットカードを利用停止させられたりする可能性もあります。

カード裏面にサインする

クレジットカードの裏面に丁寧な字でサインをしましょう。ボールペンやサインペンなどを使って、漢字、ひらがな、ローマ字のいずれかでフルネームで書きます。
サインをしていないと、盗難時や紛失時にカード会社からの補償を受けられないことや、ショッピングで使うことが出来ない場合があります。

カードが使えるお店について

最近は飲食店やスーパー、コンビニなどでもクレジットカードを使えるお店が増えてきましたが、クレジットカード決済はすべてのお店で出来るわけではありません。
クレジットカードを使えないお店でクレジットカードを提示しても、会計時に「当店はクレジットカード払いに対応しておりません」と断られてしまいます。

クレジットカードを使えるお店は、カード会社と加盟店契約を結んでいるお店(加盟店)のみです。加盟店は、レジ付近にVISAやMasterCard、JCBなどの利用可能な国際ブランドのロゴが書いてあるか、お店の人に「カード使えますか?」などと聞いて確認してみましょう。
ネットショッピングでは、通販サイトのどこかに「支払い方法」というメニューがあるので、そこからクレジットカード支払いが可能かどうかを確認しましょう。
または、決済時に着払いや代金引換、コンビニ支払いや銀行振込を選択する画面で、カードの支払いが可能な店舗であれば選択が可能になっています。

飲食店やスーパー、コンビニでの使い方

クレジットカードを使って、飲食店やスーパー、コンビニといったリアル店舗で決済をしたい場合の使い方について説明します。

支払い回数の選択をしよう

飲食店やスーパー、コンビニなどでも手軽に使えるようになったクレジットカード。
その支払い方法には一括と分割があります。
一括はその名のとおり、翌月の請求時にすべて支払われます。

それに対して分割払いですが、3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36回の中から指定した支払い回数に対してのカードごとに設定された金利・手数料が必要となります。
分割払いは、高額な商品を買って、一括払いは厳しいなという時には威力を発揮しますが、購入した商品が高額なほど高い金利・手数料を支払うことになるので注意が必要です。
※分割払いを扱っていないお店もあります。

カードの読み取りで済む場合やサインが必要なお店がある

最近のクレジットカードはICチップを搭載したカードがほとんどです。
ICチップを搭載したカードは、従来の磁気テープがむき出しのカードよりスキミング(カード情報を盗み取る犯罪)をされにくいなど安全性に優れています。

このICチップを搭載したカードで決済する時、お店にICチップを読み取る装置「カードリーダー」があれば4桁の暗証番号を入力しサインレスでお買い物できます。

従来の磁気カードの場合は、基本的にサインを求められます。
ただ少額の場合にはサインレスのお店や、暗証番号を入力する必要があるお店もあります。

電子マネーでの決済もできる

最近では、カード自体に搭載された電子マネーや、クレジットカードの代わりに携帯電話に搭載した「おサイフケータイ」を使って決済をできるお店が増えてきています。
電子マネーは「iD」や「QUICPay」などの名前で知られており、ピッとカードや携帯電話をタッチするだけで支払いが完了することができるので、少額決済に非常に便利です。

ただし、電子マネーでの支払いは国内では増えてきているものの、海外ではまだ普及していないので使えないことが多いです。

参考ページ:小銭いらず、素早く会計、ポイントも貯まる電子マネーiD

ネットショッピング・通販での使い方

ネットショッピング・通販でクレジットカードを使う方法について説明していきます。
ネットショッピングサイトによって画面の内容は異なりますが、基本的には買い物かごに欲しい商品を入れ、「レジに進む」という選択をすれば、「飲食店やスーパー、コンビニでの使い方」で挙げた方法と同じように、支払い回数を選択すればクレジットカードを利用して買い物ができます。

ネットショッピングと実際にお店に行ってカードを使う時との違いは、ネットでは「セキュリティコード」の入力を求められることがあります。
セキュリティコードとは、カード裏面の署名欄に書かれた下3桁の数字のことで、もしスキミングなどの方法で表面のカード情報を盗まれても、裏面のセキュリティコードまでは盗めないようにしているというカード犯罪対策です。

しかし、ネットショッピングをする際はまだ注意が必要です。

ネットショッピングでカード利用をする際の注意点

ネットショッピングでカード利用の際には、カード番号などを打ち込んでお買い物をしますが、ご利用中のパソコンがウイルスに感染していてカードナンバーや暗証番号といったカード情報を盗まれる可能性もあります。
カード利用の際には、必ずパソコンやスマートフォンにウイルス対策用のソフトを入れておくことをおすすめします。
クレジットカードによっては「ショッピング保険」という、カード利用時の損害を補償する保険が付帯しているカードがあるので、心配な方は三井住友VISAカードのような保険もついてセキュリティ性の高いカードを利用すると良いでしょう。

海外での賢い使い方

海外旅行や留学に行く際、外貨両替を銀行や空港で行うと手数料が高くついてしまいます。
そこで、旅行先の海外ATMでクレジットカードのキャッシング機能を使えば、外貨両替手数料を安くできる賢い使い方を説明します。

海外ATMの操作方法・使い方

海外ATM

海外ATMのキャッシング利用方法について説明させて頂きます。

1 カードを挿入

まず、クレジットカードを挿入しましょう。カードの挿入方法には5種類あります。

2 使用言語を選択

ATMはカード挿入後、使用言語を選べるようになっています。
日本語(JAPANESE)に対応していない場合は、英語(ENGLISH)、または自分が分かる言語を選択しましょう。
以下では英語を選択した場合の操作方法を解説します。

3 暗証番号入力

英語で「ENTER PIN」または「ENTER YOUR PIN」と表示されたらカードの暗証番号を入力しましょう。
「PIN」とは暗証番号のことを指します。

また、日本では4桁の暗証番号を入力しますが、5桁や6桁の暗証番号を求めてくる国もあります。
例えば、ベトナムや香港では6桁の暗証番号を入力しなければなりません。
その場合は、4桁の暗証番号のあとに「00」と入力しましょう。

4 取引内容を選択

「SELECT TRANSACTION」と表示されたら取引内容を選択しましょう。
取引内容の画面に移ったら「WITHDRAWAL(引出)」を選択してください。

5 口座を選ぶ

「SELECT SOURCE ACCOUNT」と表示されたら取引口座を選択しましょう。
画面に「CREDIT」「CREDIT CARD」と表示されていたらクレジットカードを利用することを指します。

6 金額を選ぶ

金額が書かれた画面が表示されたら、引き出したい金額を選ぶとキャッシングが完了します。
自分で引き出したい金額を設定したい場合は「OTHER(その他)」のボタンを選択すると任意の金額を引き出すことが出来ます。

7 利用明細は必ず保管する

キャッシングした金額が記載されている利用明細がATMから出てきます。この利用明細はキャッシングした金額の証拠になりますので、必ず保管するようにしてください。

また、クレジットカードや現金をATMに置き忘れないように注意も必要です。

対応ATMの確認方法

手持ちのクレジットカードがATMに対応しているか確認しましょう。
各クレジットカード会社と提携している提携金融機関やコンビニをはじめ、空港、駅、ホテル、ショッピングセンターなどにATMが設置されております。

カード種類 詳細

VISA

VISA・PLUS

「VISA」と書かれたクレジットカードを使用している方は、「VISA」または「PLUS」のロゴマークがあるATMを使用できます。

MasterCard

MasterCard・Cirrus

「MasterCard」と書かれたクレジットカードを使用している方は、「MasterCard」または「Cirrus」のロゴマークがあるATMを使用できます。

JCB

JCB・Cirrus

「JCB」と書かれたクレジットカードを使用している方は、「JCB」または「Cirrus」のロゴマークがあるATMを使用できます。

Diners Club

Diners Club・Pulse

「Diners Club」と書かれたクレジットカードを使用している方は、「Diners Club」または「Pulse」のロゴマークがあるATMを使用できます。

どれくらい海外でお得になるかなど、さらに詳しく知りたい方は「クレジットカードで海外キャッシングし外貨両替手数料を減らす」のページで説明しています。

その他にも色んな使い方が出来る

ここまで代表的なクレジットカードの使い方について説明してきましたが、賢い使い方をすることで、さらにお得にクレジットカードを使うことができます。

例えば、公共料金をクレジットカード払いするとお得です。
クレジットカードには、年間の利用金額に応じて年会費無料になったり、ポイント還元率が上がったりするカードがあるので、少しでもクレジットカード払いが出来るものを増やしておくとお得に利用できます。
また、セブンカードプラスのようなカードでは、公共料金の支払いでもポイントを貯めることが可能です。

他にも、クレジットカードで決済をすることでお得になるサービスは数多くあるので、ご自身のライフスタイルに合ったクレジットカードを選んで、賢い使い方をしましょう。

参考ページ:おすすめクレジットカード一覧

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料