おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカード不正使用の実態

クレジットカード決済はネット通販サイトなどで便利な決済方法ですが、その反面、カード情報(クレジットカード番号・名義人・有効期限・セキュリティコードなど)の漏洩・情報流出による不正利用や、通販会社から商品が届かないなどのトラブルが怖いという面もあります。
また、クレジットカードを紛失したり、盗難にあった後に、高額商品を買われるなど第三者に不正利用される場合も想定されますね。

とくに、落としたことに気づいてすぐカードを止めたにも関わらず、カードを止めるまでの短い時間の間に、限度額いっぱいまで使い込まれてしまった話など、特に海外ではよく聞きます。また、怪しい海外通販でカードを使ったら、見に覚えのない請求がカードの利用明細に追加されている例も珍しくありません。

ですので、クレジットカード利用者としては、不正使用された際の補償をチェックしておくと安心です。

例えば三菱UFJニコスのVIASOカードは「NICOSネットセーフティサービス」というオンライン取引での不正利用損害補償サービスがありますし、三井住友VISAカードは「三井住友カード会員保障制度」により、紛失・盗難の届け出日の60日前に発生した不正利用の損害を補償してくれます。

対象 サービス内容

VIASOカード

NICOSネットセーフティサービス

インターネットショッピング
モバイルショッピング
電話、プロバイダーの通信料金

不正請求の取り消し。

三井住友VISAカード

三井住友カード会員保障制度

紛失・盗難による不正利用

三井住友VISAカードへ届け出た日から、60日前にさかのぼり、それ以降の不正使用を全額保証。

紛失や盗難以外にも、よく利用しているサイトがハッキング被害などを受け、その結果、クレジットカードなどの個人情報が流出し不正利用された事例もあります。そのような時は、クレジットカード会社ではなく、情報漏洩してしまったサイト自体が、クレジットカード不正利用の損害を補填してくれる場合もあります。

不正使用にあったらまずはカード会社に電話連絡

カード会社へ電話連絡

もし、身に覚えのない決済を明細から見つけるなど、不正利用された疑いを感じた場合、まずは、クレジットカード会社に詳細を伝えるために電話連絡してください。

クレジットカード会社は状況を聞いた上で、明らかに不正利用だと判別できた場合には、警察に被害届を提出するなど、クレジットカード会社が定める手続きさえ取れば、その不正請求を無効にしてくれる場合が多いです。
ただし、身内の不正利用や、被害状況の届け出内容に虚偽が合った場合、または、クレジットカードの暗証番号が生年月日など簡単に推測できるものだった場合などは、保証されない場合もあります。

保証されるかされないかは、クレジットカード会社毎に規約が違うので、不正利用の連絡をした際に確認してください。

不正使用はある程度自動検知してくれる

不正利用を検知

クレジットカード会社は、あなたのカードの使い方をある程度パターン化して把握しています。

どんな場所でどれくらいの金額で、どんな物を買うなどをシステム内で把握していますので、そのパターンに合わないカードの利用があると自動検知し、不正使用されている可能性を考慮し、クレジットカードの利用を一時的停止することがあります。

例えば、海外でネットをするために、現地のWifi利用代金をクレジットカード決済した時に、海外で怪しい決済をされたと自動判断され、クレジットカードが一時的に使えなくなったり、早朝に高い買い物をすると、クレジットカード会社から決済確認の電話がかかってきたりします。

クレジットカード会社から電話で「◯◯月◯◯日に、△△で買い物をしましたか?」といった事を聴かれるので、見に覚えがない請求の場合は「クレジットカード決済をしてないです」と答えれば、不正使用として決済無効などの処理をしてくれます。

一度でも不正利用が検知された場合は、再度クレジットカードが悪用されないために、クレジットカード番号や有効期限を新しいものに書き換えた内容で、クレジットカードを無料で再発行する流れになることが多いです。

自分の意志でクレジットカード決済してしまった場合

詐欺は警察へ相談

知らず知らずに第三者に不正利用されたのであれば、損害を保障してもらえますが、ネットショップなどで、自分の意志を持ってクレジットカード決済して、その後、商品が届かないなどのトラブルにあった場合は、いわゆる「詐欺」という犯罪被害を受けた扱いになり、不正利用の補填がされないことがあります。

この場合も、一度クレジットカード会社へ電話相談の上で、警察、または弁護士へ問題の解決を依頼することになります。
騙されたということであれば、詐欺犯罪として警察が取り扱いしてくれますし、契約上のドラブルであれば民事扱いになり、弁護士を通じ解決する運びになります。

もしその間にクレジットカードの支払日が来てしまうのであれば、社団法人全国信販協会のホームページや各信販会社の窓口、消費者生活センターで入手できる「支払停止のお申出の内容に関する書面」を出せば、その分の支払いを遅らせてもらうことが出来ます。

楽天・Yahooなら不正使用を含む買い物のトラブルを補償

楽天市場・Yahooショッピングなど、大手ショッピングモールサイトなら、ショッピングモール独自の補償サービスを提供しているため、不正使用の保証はもちろんのこと、不正使用以外の買い物時のトラブルも補償してもらえる場合があります。

楽天あんしんショッピングサービス

楽天市場の場合、楽天市場でのショッピングについて、商品未着の場合、50万円を上限として補償するサービスである、「楽天あんしんショッピングサービス」を提供しています。これの補償は、楽天会員なら誰でも無料で受けることが出来るサービスです。

また、今大人気の楽天カードを使っていれば、カードが利用された際に、直ぐにアラートメールを送ってくれるので、不正利用を発見しやすくなりますね。

Yahoo!Japan未着トラブルお見舞い制度

Yahoo!Japanでは、「Yahoo!補償」サービスの中で「未着トラブルお見舞い制度」を提供しています。これは、Yahoo!ショッピングやオークションにおいて、未着の際に最大50万円までの被害額を、Tポイント支払いで補償してくれるものです。

また、未着以外にも商品破損や、盗難補償、メーカー保証が過ぎた商品の修理サポートなどもついている優れものです。
無料のYahoo会員の場合は、年に1回までの利用制限あり、有料のYahoo!プレミアム会員の場合は、年に何度でも無制限に利用可能です。

このように有名モールでは独自の補償サービスを行っているので、安心ですね。

銀行発行で、カードセキュリティに力を入れている三井住友VISAカードがおすすめです。
基本サービスである、365日24時間クレジットカードの不正利用を検知している「カード不正使用検知システム」をはじめ、希望者へは、本人の顔写真が掲載された写真入りクレジットカードや、偽造な困難とされるICカードも、それぞれ追加料金無しで発行可能です。

セキュリティに強い 三井住友VISAカード

盗難や不正利用の被害にあっても、60日前までさかのぼり損害を補償。
業界最高水準の不正使用検知システムで24時間365日監視。

不正利用を防ぐために、無料発行できる写真入りカードを選択しましょう。

昨今さまざまなサービスが悪質なハッキングを受けて情報を流出させているように、あなたのカード情報もいつ流出されるか分かりません。人事だと思わず、自衛策を取り、補償の強いカードに乗り換えるなどを速めに行っていくことをオススメします。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

その日のうちに作れる最短即日発行可能で、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料