おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

在籍確認の電話について

クレジットカードを申し込んだら、勤務先に在籍確認の電話がかかってくるということを聞いたことがあると思います。「在籍確認の電話は必ずかかってくるの?」「在籍確認の電話ではどのようなことを聞かれるの?」など、不安に思っている方も多いと思います。

しかし、クレジットカードの審査で在籍確認が行われる可能性は低いです。また、申込の内容によっては、在籍確認が行われる確率を下げることが可能です。

在籍確認がかかってくる確率や、在籍確認を避ける方法について説明します。

在籍確認が行われる確率は約19%

クレジットカードの入会審査に関する調査を300人に行ったところ、243人が「在籍確認の電話がなかった」と答え、57人が「電話があった」と回答しました。在籍確認が行われる確率は約19%です。

絶対に在籍確認をしないと言い切れるカードはありません。しかし、最近は在籍確認を行うカードが減っています。

確率はカードによって異なる

在籍確認が行われる確率は、申込んだクレジットカードによって異なります。以下は、各カード別にまとめた在籍確認の結果です。

クレジットカード名 在籍確認の電話がかかってくる割合
セゾンカード 約5割
三井住友VISAカード 約3割
JCBカード 約3割
イオンカード 約3割
アメックスカード 約3割
楽天カード 約2割
オリコカード 約2割
ビューカード 約2割
Yahoo! Japanカード 約2割
三菱東京UFJ-VISAデビット 在籍確認なし・審査なし

在籍確認を行う理由

在籍確認とは、カード会社が申込者の勤務先に電話をして、申込者がその会社に在籍していることを確認する作業です。

クレジットカードは、顧客が買い物をした際の代金をカード会社が一時的に立て替えるサービスです。申込者は立て替えたお金を返す信用力があるかどうか判断するため、カード会社は申告した勤務先に在籍しているかを確認する必要があります。

在籍確認で話される内容

在籍確認で話される内容は、申込者本人が電話に出た場合とそれ以外で異なります。

申込者本人が電話に出た場合は、その時点で在籍していることが確認できるため、ほとんどの場合は何も聞かれないか、本人確認のため生年月日など簡単な情報を暗唱させられる程度で確認が終わります。

申込者が不在で電話に出られない場合は、申込者の代わりに電話に出た人が「ただいま○○(申込者)は外出中です」など、在籍はしているけれども今は電話に出られないという旨を伝えると、在籍確認が終わります。

ただし、一部のカード会社では本人と話すことができるまで在籍確認が終わらない場合もあります。その場合は、日時を改めて何度か在籍確認の電話を行います。

消費者金融系カードは個人名を名乗って電話をかけてくる

JCBカードや三井住友カードなど、大手カード会社は、在籍確認の電話で「○○カード会社です」とカード会社名を名乗ります。しかし、消費者金融会社が発行するカードなどは、「申込者が借金をしている」と勤務先の同僚に気づかれるのを防ぐため、会社名を伏せ、審査担当者が個人名で電話をします。

確実に出られる電話番号を申告する

在籍確認の電話は、クレジットカードに申込んだ際に申告した電話番号にかかってきます。そのため、クレジットカードに申し込む際は、確実に誰かが電話に出られる電話番号を申告することをおすすめします。

ただし、在籍確認の電話に出る方は、申込者のことを把握している方であることが望ましいです。

会社に努めている方であれば、会社の代表番号ではなく、所属している部署の電話番号を申告しましょう。フリーターの方は、勤務先の運営会社ではなく、実際に勤務している店舗や部署の番号を申告しましょう。

自営業・個人事業主の方は、個人事務所もしくは自宅の電話番号を申請して下さい。

派遣社員の方は、急に派遣先の勤務地が変わる可能性があるため、派遣元の電話番号を申請してください。

派遣社員は在籍確認が行われることが少ない

派遣社員の方は、正社員やフリーターと比べて、在籍確認が行われる確率が低いです。

派遣会社は、一般的な企業に比べ格段に多数の社員を登録しています。同姓同名の方を登録していることも多く、電話口では容易に社員の在籍を確認することができません。

そのため、多くの派遣会社では、在籍確認の電話に対応しないマニュアルが用意されています。カード会社もこの対応について把握しているため、派遣社員の方に関しては在籍確認を行わないケースが増えています。

在籍確認が行われるタイミング

在籍確認は、クレジットカードの審査において終盤で行われます。そのため、在籍確認の電話がかかってきた場合は、大部分を審査通過した状態であるといえます。

クレジットカードは、主に以下のような審査過程を経て発行されます。

①申し込み

インターネットや申込書でクレジットカードに申し込みます。

②自動審査

申し込みが終わると、カード会社で機械が自動的に審査をします。この時点で審査基準を満たさない申込者は、在籍確認されることなく審査落ちの連絡がきます。

③信用情報照会

申込者の個人情報である「信用情報」を照会し、申込情報に虚偽がないか確認します。信用情報には、クレジットカードやカードローンを利用した履歴である「クレジットヒストリー」も含まれます。重大な遅延や債務整理といった金融事故情報が記録されていた場合は、ここで審査に落ちます。

信用情報は個人信用情報機関という企業によって管理され、最長10年間記録が残ります。

④在籍確認

⑤カード発行

全ての工程を審査通過すると、カードが発行されます。

在籍確認される確率が低くなる条件

申込者が以下のような条件の場合、在籍確認の確率は低くなります。

以前と同じ勤務先の場合

信用情報を照会した際、登録されている勤務先情報が、カード申込時の申告と同じだった場合は、転職や退職をしていないと考えられるため、虚偽申告の可能性が低いと判断されます。

クレジットヒストリーが良好である場合

複数社からの借金や、支払いの延滞などがない良好なクレジットヒストリーの方は、信用力が十分にあり虚偽申告の可能性が低いと判断されます。

既に同じ会社のクレジットカードを持っている場合

新規に申込んだクレジットカードと同じ会社が発行するカードを持っている方は、在籍確認を行わない可能性が高まります。カード会社はすでに持っているカードの利用状況や支払状況を把握しているため、特に問題がなければ十分な収入ありと判断します。

在籍確認される確率を下げる方法

クレジットカードに申し込む際、以下のような方法で在籍確認される方法を下げることが可能です。

審査スピードが早いクレジットカードに申し込む

審査スピードが早いクレジットカードは、一般的なカードよりも在籍確認を省略する傾向にあります。審査スピードが早いカードとしては、エポスカードや楽天カードなどが挙げられます。

春先にカードに申し込む

クレジットカードの需要が高まる春先は、在籍確認を行わない可能性が高まります。新規にクレジットカードに申し込む方が増えると、審査担当者が扱う件数が増え、全ての申込者に在籍確認を行う余裕がなくなることが理由です。

在籍確認と本人確認は異なる

クレジットカードの審査において混同されやすい「在籍確認」と「本人確認」は、まったく異なるものなので、注意して下さい。

上記の通り、在籍確認は申込者の申告した勤務先が正しいものなのか確認する作業です。本人確認とは、申し込み内容に間違いがないことや、申込者が本当に実在するのかを確認する作業です。

本人確認を取れない申込者は、クレジットカードが発行されません。カード発行後に支払いの延滞があった場合やカードの盗難があった際、電話連絡ができない利用者はカード会社にとって不都合です。留守番電話に本人確認の電話が残っていた場合なども、折り返しの電話をして下さい。

在籍確認を行わないクレジットカードでも、本人確認を行うケースは多々あります。また、在籍確認と本人確認を同じ電話で行うケースもあります。

保護者の同意

未成年者がクレジットカードに申込んだ際に必要な保護者の同意は、本人確認の電話の直後に行われるケースが多いです。保護者と離れて暮らしている場合は、同意の確認をする電話があることを本人確認後に伝えておきましょう。

在籍確認のない三菱東京UFJ-VISAデビット

23歳まで年会費無料
年間10万円以上の利用でも年会費無料
0.2%~0.5%のキャッシュバック付き

三菱東京UFJ-VISAデビットは、クレジットカードのように利用することができるデビットカードです。クレジットカードと違い、審査が無いため、在籍確認が行われません。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料