おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカード審査に通りやすい職業と通りにくい職業

クレジットカードを申し込むとき、申込書に収入記入欄や職業記入欄があるので、自分は審査に通りやすい職業なのかどうか気になりますよね。特に収入がない専業主婦の方や大学生の方などは、審査が通らないのではないかと不安になるのではないでしょうか。

実は、収入がない専業主婦や大学生の方でも、問題なくクレジットカードの申し込みができます。このページでは、どのような職業の方が審査に通りやすいのか、審査に通りにくい職業の場合は審査に通りやすくするコツを紹介します。

審査に通りにくい職業

クレジットカード審査に通りにくい職業と、審査に通りにくい理由を解説します。

収入がないと審査に通りにくい

無職の方や専業主婦の方、大学生や浪人生の方などのように収入がない場合、クレジットカード審査に通りにくいと言えます。クレジットカード会社は、カードを定期的に利用してくれる方に発行したいと考えているので、収入がない方は返済ができなくなるかもしれないという理由で審査に通りにくいです。

クレジットカード会社によっては、専業主婦の場合は配偶者(旦那さま)の年収を申込書に記入するようになっていることがあったり、学生専用カードや若い方向け(25歳以下限定など)のクレジットカードを発行していたりする場合もあるので、収入がないからと言ってクレジットカード発行を諦める必要はありません。

専業主婦や大学生でも審査に通る

収入がないと審査に通りにくいとお話しましたが、全く審査に通らないわけではありません。

専業主婦の場合、これまで他のクレジットカードを使っていたのであれば信用情報を記録する個人信用情報機関に返済した履歴が残っているので、返済能力があるとみなされるでしょう。また、百貨店やスーパーが発行しているカード(イオンカードやマルイのエポスカード)は、主婦の方に使ってもらいたいと考えているので、他のカードに比べて審査に通りやすいと言えます。

大学生の方でアルバイトをしている場合、申込書の職業欄をアルバイトと記入し、年収の欄も記入すると良いでしょう。勤務年数が1年未満の場合は月給を年収換算して記入して問題ありません。
学生専用クレジットカードを申し込む場合には、そもそも審査に通りやすく審査基準が設定されているので、通常通り学生と記入しましょう。

収入が安定していないと審査に通りにくい

クレジットカード審査は収入が安定していないと審査に通りにくいので、預金口座に十分な残高があっても、月に100万円の稼ぎがあったとしても安定した収入でなければ審査に通りにくいと言えます。

自営業の方やパチプロの方、芸能人の方などは収入が安定していないと判断されます。もちろん自営業で成功している方、パチプロで生活できている方もいると思いますが、カード会社はこれを安定した収入と判断しません。

審査に通りやすくするためには、安定した収入があることを証明できる収入証明書(源泉徴収票や所得証明のコピー)を提出すると良いでしょう。

フリーターや派遣社員は多少審査に通りにくい

フリーターや派遣社員、契約社員の方は正社員の方に比べると多少審査に通りにくいと言えます。やはりフリーターや派遣社員などは正社員に比べると、仕事を辞める割合が高いため、収入が少し不安定と判断されているようです。

クレジットカード審査は勤務年数が長いほど審査のポイントが高くなるので、アルバイトや派遣社員でも同じ勤務先に数年間務めていると審査に通りやすくなります。派遣会社、契約で務めている会社が大規模の場合も高評価です。

生活保護を受けていると審査に通りにくい

生活保護を受けていると、生活が厳しく安定した収入がない(もしくは収入が少ない)と見なされ、審査に通りにくいと言えます。
ただし審査に確実に通らないわけではなく、カード会社の判断によっては発行可能です。ショッピングでのクレジットカード使用は問題ありませんが、クレジットカードのキャッシング機能(一時的な借入)は生活保護法で禁止されているので、カードのキャッシング機能は使わないようにしましょう。

生活保護を受けている方はどうしても年収の面で審査に通りにくくなるので、申し込みのときは実際より少し多めの収入を記入すると良いでしょう。

また、母子家庭、父子家庭は審査に影響しません。クレジットカード審査では安定した収入、返済能力があるかを判断するためです。

審査に通りやすい職業

クレジットカード審査に通りやすい職業を紹介します。

安定した収入がある公務員や会社員は審査に通りやすい

安定した収入がある公務員や会社員(正社員)の方は審査に通りやすいと言えます。また、会社員の場合は会社が大規模であれば倒産する可能性が低いため評価が高くなり、より審査に通りやすくなります。

安定性がある職業に就いていても勤務年数が短いと評価が低くなります。たとえば勤務年数が1年未満だと、すぐに会社を辞めてしまう可能性があるので評価は低くなります。新入社員の方は入社後すぐに申し込みをしても審査落ちしやすいので、入社して1年程度経過してから申し込むと通りやすいです。

また、会社員の方は勤務先に在籍確認の電話連絡がかかってくる場合があります。申込時に記入された勤務先に本当に勤務しているかを確認するものなので、特に電話がかかってくるからと言って準備などは必要ありません。

会社役員は審査に通りやすいのか

社長や肩書きがある会社役員は、通常の会社員と同じように審査されます。そのため、審査に通りやすいわけではなく、小規模な会社役員よりも上場企業などの大規模な会社の一般社員のほうが審査に通りやすいと言えます。

社長だから審査に通るだろうとゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードを申し込みすると、年収などの条件は満たしていても審査に落ちてしまう場合もあるので、自分の身の丈に合ったクレジットカードを申し込むと良いでしょう。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料