おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカードの審査で信用力を評価するポイント

クレジットカードは、利用者の支払い額をカード会社が立て替えるサービスです。そのため、カードを発行する際は、必ず発行審査を行って申し込み者の信用力(クレジットスコア)を調査します。当然、ゴールドカードなどの高ステータスカードを持つためには、高い信用力を得て審査を通過する必要があります。

しかし、どのような点が信用力として評価されるのが分からず、困っている方も多いと思います。そこで、クレジットカードの審査において、信用力を評価する基準についてまとめました。

クレジットカードの審査で重要視されるポイント

クレジットカードの審査において、信用力は主に以下の3点から判断されます。

Capacity(返済力・資力)

Capacity(返済力・資力)とは、クレジットカード申込者の信用力を、年齢や職業といった「属性情報」から判断する審査基準のことです。属性情報を評価する際、重視される点は以下の通りです。

年収

クレジットカードの審査で、信用力のある人間だと判断されるためには、最低でも100万円以上の年収が必要であると言われています。年収額が100万円以下の方は、審査が甘いクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

職業・勤務先・勤続年数

クレジットカードの審査では、職業や勤務先、勤続年数なども信用力評価の対象になります。

上記のような条件の方は、信用力のある人間として評価されます。

借入額

クレジットカードの審査では、借入額が多い方は信用力の無い人間として低く評価されます。ただし、有担保ローン(住宅ローンや自動車ローン)を契約している方は、ローンを組めるだけの信用力がある人間であるとして、信用力を高く評価されます。

Character(性格)

Character(性格)とは、クレジットカード申込者の信用力を、過去の支払い履歴から判断する審査基準のことです。その際、クレジットカードやローンの利用履歴である「クレジットヒストリー(クレヒス)」が重視されます。

クレジットカードの審査においては、毎月定期的にクレジットカードを利用し、優良なクレヒスを持っている方が優遇されます。

Capital(資産・財産)

Capital(資産・財産)とは、クレジットカード申し込み者の信用力を、担保になる財産の有無から判断する審査基準のことです。住宅や自動車、土地などを所有している方は、カード代金の支払いができなくなったとしても、資産を売却することで支払い費用に充てる事が可能なため、信用力のある人間であるとして評価されます。

ゴールドカードの審査で重要視されるポイント

ゴールドカードの審査では、一般カード以上に申し込み者の信用力が求められます。

年収

多くのゴールドカードでは、審査の合格基準に年収の制限を設けています。一般的に、ゴールドカードの審査において、信用力のある人間だと判断されるためには年収300万円以上が必要であると言われています。

しかし、最近は格安ゴールドカード(低年会費ゴールドカード)と呼ばれる審査難易度の低いゴールドカードが増えているため、カードによっては年収200万円ほどの方でも審査に通過することが可能になりました。

主なゴールドカードと、一般的に必要とされる年収は以下の通りです。

カード名 年収基準 年会費
MUFGカードゴールド 200万円以上 1,905円(税抜)
オリコカードザポイントプレミアムゴールド 200万円以上 1,805円(税抜)
楽天プレミアムカード 200万円以上 10,000円(税抜)
dカードゴールド 200万円以上 10,000円(税抜)
三井住友VISAゴールドカード 300万円以上 10,000円(税抜)
JCBゴールドカード 350万円以上 10,000円(税抜)
アメリカンエキスプレスゴールドカード 350万円以上 29,000円(税抜)

職業・勤続年数

ゴールドカードの審査では、一般カード以上に申し込み者の職業や勤続年数が重視されます。

契約社員、派遣社員、無職、アルバイト、フリーターなどの職業の方は収入が安定していないと見なされ、信用力を低く評価されます。また、勤続年数5年未満の方は、低い評価をされる可能性が高まります。

また、ゴールドカードの審査では、勤続年数の長さが評価されます。勤続年数が長い方は、勤務先が安定しておりこれからも安定した収入が得られる可能性が高いと判断されるためです。

高額決済

ゴールドカードの審査では、一定額以上の高額決済を行ったクレヒスを持つ方は、信用力のある人間として優遇されます。

プラチナカード・ブラックカードの審査で重要視されるポイント

プラチナカードやブラックカードの審査においては、一般カードやゴールドカード以上の信用力が求められます。また、多くのプラチナカード・ブラックカードは招待制を採用しており、カードの新規発行申し込みを受け付けていません。プラチナカードやブラックカードを持ちたい場合は、定期的に高額の決済をしてカード会社に優良顧客であることをアピールし、インビテーション(招待状)を受け取りましょう。

延滞や債務整理をすると信用力を失う

過去にクレジットカードやローンの支払で重度の延滞をした方は、信用力のない人間として低く評価されるため、クレジットカードの審査に通過することができません。また、自己破産や任意整理など、債務整理を経験した方も返済能力のない人間であると判断され、審査通過できません。

個人信用情報を開示して信用力を確認する

自分の信用力を確認したい場合は、個人信用情報を開示することをおすすめします。

個人信用情報とは、消費者の個人情報やクレヒスをまとめたものです。クレジットカードの審査では、必ず個人信用情報が参照されます。

個人信用情報機関

個人信用情報は、個人信用情報機関という企業に管理されています。そのため、自分の個人信用情報を確認したい場合は、個人信用情報機関に情報開示請求をする必要があります。

現在、個人信用情報はKSC(全銀協)、JICC(日本信用情報機関)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)の三社が管理しています。銀行系ローンなどの情報はKSCが、カードや消費者金融などの情報はJICC とCICが取り扱います。

支払い遅延や債務整理は金融事故情報として登録される

過去に支払の遅延や債務整理を経験した方は、個人信用情報に金融事故情報(ブラック情報・異動情報とも)が登録されています。一般的に「ブラックリスト入り」と呼ばれる状態は、個人信用情報に金融事故情報が登録されていることを指します。

信用力を評価される申し込み方法

クレジットカードの審査では、いくつかの点に気をつけて申し込むことで、信用力のある人間だと評価されることができます。金融事故情報が登録されている方や、属性情報の評価が低い方は以下の手段を試してみて下さい。

金融事故情報を消してから申し込む

個人信用情報に登録されている金融事故情報が消えるのを待つことで、信用力を回復することが可能です。

金融事故情報が消えるまでの期間は、登録される個人信用情報機関や金融事故の内容によって異なります。

個人信用情報機関 延滞 債務整理
KSC 5年 10年
JICC 1年 5年
CIC 5年 5年

優良なクレヒス作ってから申し込む

優良なクレヒスを作ることで、信用力を高めることが可能です。

優良なクレヒスは、クレジットカードやローンを定期的に利用することで作ることができます。カードの審査に通過できない方は、まずは審査の柔軟なカードを利用することでクレヒスを作り、信用力を高めてから申し込むことをおすすめします。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料