おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

信用情報開示窓口(CIC、JICC)での手続き方法

個人信用情報とは、各個人の金融取引の履歴です。クレジットカードを発行した情報やクレジットカードの返済履歴が記録されています。クレジットカードやキャッシングの審査の際には必ず参照されており、この情報を元に「申込者が信用できるかどうか」をチェックしていて、カード利用代金の口座引落ができずに延滞・滞納になってしまった場合もその事実が記載されます。

自分の信用情報がどうなっているか気になる方も多いでしょう。ここでは記録された信用情報を見ることができる「信用情報開示窓口」での手続き方法について解説していきます。

個人信用情報は開示できる

現在、日本にはCIC、JICC、KSCという3つの個人信用機関が存在します。この3つの機関すべてが、正しく手順を踏んで申請することで開示してくれます。個人信用情報は、高度な個人情報ですので開示には様々なステップを踏む必要があります。

開示方法と開示手数料

個人信用情報を開示するには、各機関ともに手数料がかかります。CICとJICCはインターネット、郵送、窓口で開示を受け付けていて、JBA(KSC)は郵送のみ受け付けています。

機関名 開示方法 手数料
JICC(日本信用情報機構) インターネット(簡易書留) 1,000円
郵送 1,000円
窓口 500円
JBA(全国銀行協会) 郵送 1,000円
CIC インターネット 1,000円
郵送 1,000円
窓口 500円

JICCの場合、インターネットで申し込むと後日、簡易書留で個人信用情報が送付されてきます。手数料は1,000円となっており、以下の方法で手数料を支払う必要があります。支払いをすると後日、信用情報開示書類が送付されます。

JICCインターネット開示の支払い方法

郵送での手続きの場合は定額小為替証書またはクレジットカードで支払えます。窓口で開示する場合はJICCの窓口に行き、直接現金で支払えばすぐに開示してくれます。

JBAの場合は、郵送のみの対応となります。手数料1,000円は、定額小為替証書で申請書と一緒に郵送することで受け付けてもらえます。

CICはインターネットの場合は開示手数料として1,000円が請求され、クレジットカードのみの取り扱いとなります。CICはインターネット開示するとファイルをダウンロードしてその場ですぐに見ることができます。郵送手続きの場合も同様に1,000円の開示手数料が請求され、クレジットカードもしくは定額小為替証書で支払い可能です。窓口での開示は現金500円を窓口で支払うことで開示してもらえます。

開示窓口で必要な書類

本人が各機関の開示窓口に出向き、個人信用情報の開示を求める場合は本人確認書類の提示を求められます。個人信用情報機関ごとに有効な本人確認書類が異なります。

■JICCの場合(1点のみで有効な本人確認書類)

■JICCの場合(2点で有効な本人確認書類)

■CICの場合(1点のみで有効な本人確認書類)

■CICの場合(2点で有効な本人確認書類)

以上が、開示窓口で個人信用情報を開示して貰う場合に必要な書類です。1点のみで問題ない書類もあれば2点なければならない書類もありますので、窓口に向かう際は忘れないよう注意が必要です。

CICでは、印鑑登録証・戸籍謄本は作成日より3ヶ月以内のものだけが有効です。また、JICCとCICが指定するマイナンバーカードは通知カードではなく、市役所などに申請することで手に入れられる個人番号カードのが有効ですので注意してください。JBAは、開示窓口で開示していません。

窓口での信用情報開示

窓口で開示してもらう場合、本人確認書類の用意が必要です。ここでは、JICCとCICの窓口での開示方法についてご紹介します。

JICCの窓口開示

JICCの場合ですが、まず窓口開示に必要な本人確認書類を用意してください。運転免許証が無ければ、健康保険証など身分を証明できるものを用意してください。

本人確認書類が用意できたらJICCへ出向きます。JICCは東京と大阪に開示窓口を設けており、平日の10時~16時まで信用情報の窓口開示を受け付けています。JICCに到着後、受付カウンターで「個人信用情報を開示してほしい」という旨を伝えると本人確認書類を求められますので、その時点で提示してください。

次に、受付で手渡された申請書類を記入します。記入後、受付に申請書類を提出し、近くにある券売機で証書を購入してください。個人信用情報の開示は500円ですので、500円の証書を購入します。

その後、自身の名前が呼ばれるまで待合室で待ちます。準備が出来次第、呼ばれますので個人信用情報の開示書類を受け取ったら終了です。JICCの場合30分ほどあれば開示してもらえます。

CICの窓口開示

CICの開示では本人確認書類が必須ですので、本人確認書類を用意してください。JICCで認められている住民票は、CICでは認められていません。

本人確認書類を用意したらCICへ出向きます。CICの「開示ご相談コーナー」は、首都圏開示相談センター・北海道開示相談センター・東北開示相談センター・中部開示相談センター・近畿開示相談センター・中四国開示相談センター・九州開示相談センターの7ヶ所です。受付時間は平日の10時~12時、13時~16時となっていて、土・日・祝日は受付していません。予約制ではありませんので、本人確認書類を持参して窓口に向かいます。

CICの窓口についたら、窓口に設置してある端末「C-touch」を操作し、手続きに必要な情報を入力します。入力後、窓口に向かうよう指示が出ますので窓口に向かい、本人確認書類を提示します。その後、カウンター近くにある券売機で証書を買うように言われますので、証書を購入します。個人信用情報の開示は、500円ですので、500円分を購入します。手続きが終わり次第、カウンターより開示報告書が渡され、開示手続きは終了です。早ければ、30分もかかりませんので、時間が無いという方でも気軽に開示することができます。

また、開示した信用情報の見方やインターネットの開示手順についてはCIC,JICC,KSCに信用情報を開示請求する方法のページで解説していますのでご覧ください。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料