おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

申し込みブラックになる理由

申し込みブラックとは、短期間に複数のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込みをした場合、返済の延滞・滞納をしてブラックリスト入りした時と同じように審査に通らなくなってしまう状態のことを言います。
「短期間に複数」とは、カード会社や消費者金融会社によって異なりますが、一般的に1ヶ月間に3枚以上の申し込みで「申し込みブラック」扱いになると言われています。

クレジットカード審査は期間が長いもので1ヶ月ほどかかる場合があるので、その間に審査に通るのか不安に思って、保険のつもりで複数枚申し込んでしまうという人は多いです。

ここでは、なぜ申し込みブラックという制度が取られているのか、申し込みブラックになってしまったらどう対応したらいいのかを説明します。

申し込みブラックになる理由

複数のカード会社に申し込みをしただけでなぜブラックになるのか疑問に思う方もいると思うので、申し込みブラックになる理由について説明します。

簡単に言えば、短期間に複数枚の申し込みをする人は、「クレジットカード現金化などの不正利用を行うのではないか」「お金に困っていて、カードを利用するだけして踏み倒すのではないか」などと疑うことから、申し込みブラックという制度を設けています。カード会社もカード利用者が増えるほど利益が出る仕組みなので、カード審査に通したいのは山々なのですが、不正利用をする人や返済をしない人がいる以上、対策を取る必要があるのです。

ちなみに、申し込みブラックの件数にはクレジットカードだけでなく、消費者金融系カードローンや、銀行カードローンの申し込み件数も含まれますが、住宅ローンや自動車ローンは件数に含まれず、審査にも影響を与えません。

申し込みブラックの登録期間は6か月

カード会社は審査時に「個人信用情報機関」という個人情報や信用情報を管理する機関に申込者が、いつ、どのカードを、何枚申し込んだのかを確認し、申し込みブラックに該当するか判断しています。

たとえ申し込みブラックになっても、申し込み情報が個人信用情報機関に保存されている6ヶ月が経てば申し込みブラック状態は解除されます。

しかし、申し込み情報が残っている6か月間はクレジットカードやローン審査には通過できないと考えて良いでしょう。返済滞納などの金融事故情報(異動情報)が理由で個人信用情報機関にブラックリストとして記録されてしまった場合は5年間以上ブラック状態が続くので、それと比べると随分と短いです。

自分が申し込みブラックかを確認する方法

どれくらいの期間内に、何枚申し込んだ人が申し込みブラックかという具体的な数は各カード会社が定めていることなので、明確には言えませんが(一般的には1ヶ月間に3枚以上)、個人信用情報機関に信用情報開示請求をすることで、自分がどのカードをいつ申し込んだのか「申込情報」欄の「照会日時」で確認することが可能です。

国内にある個人信用情報機関は、CIC、JICC、KSCの3機関です。
多くの場合、クレジットカードはCIC、カードローンなどで消費者金融会社に申し込んだ人はJICC、銀行ローンやクレジットカードのアメックスはKSCに信用情報が登録されています。

信用情報機関名 保有する信用情報
CIC(指定信用情報機関) クレジットカードの利用履歴
信販会社(信販系)との取引履歴
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融会社(消費者金融系)との取引履歴
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 銀行や信用金庫(銀行系)との取引履歴

各信用情報機関への信用情報開示請求方法については「個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示請求する方法」に詳しく書いているので、参考にしてみてください。

申し込みブラックを回避するには

申し込みブラックを回避するには、短期間に複数のカード(複数のカード会社)に申し込みを行わないようにしましょう。

何枚までなら申し込みしても大丈夫か気になる方もいると思いますが、それはカード会社の判断次第、審査基準次第ということになります。他のカード会社で審査に落ちたとしても、申込者が信頼できる人物だと判断されると審査通過の可能性もあります。

ただし、一般的には短期間に3枚以上の申し込むと申し込みブラックになると言われているので、できるだけカード会社を絞って本命のカードだけ申し込むようにした方が良いでしょう。

また、同時に複数枚の申し込みを行う「多重申し込み」をした場合は申し込みブラックになる可能性が高いので注意しましょう。

申し込みブラック情報を削除する方法は無い

個人信用情報機関に記録された情報を削除すれば審査に通ると思うかもしれませんが、申し込みブラック情報を削除する方法はありません。

個人信用情報機関の公式サイトには「登録内容が事実であれば情報を削除することはできません」と記載されています。

「カードの申し込みをした」という事実は変わりなく、その情報をどう判断するかはカード会社次第です。申し込みブラックになってしまったという人は次の項目で説明している対応策を参考にしてください。

申し込みブラックになった場合の対応策

申し込みブラックになってしまった場合、解決策として2つ手段があります。

申し込みブラック情報が消える6か月間待つ

申し込みブラックの自覚がある方でクレジットカードを作りたい場合は、6か月の間クレジットカードを申し込まないようにして、個人信用情報機関の情報が消えるのを待つことでカード審査に通過できるようになります。

個人信用情報機関には複数枚のカード申し込み履歴は全て残っているので、最後に申し込んだカードから6か月の期間を空けて、新たに申し込むようにしましょう。

6か月後に申し込みをしても審査に落ちてしまうようであれば、申し込みブラックではなく別の原因で審査に落ちているということになります。下記に該当する人は申し込みブラックではなく個人信用情報機関に金融事故情報(異動情報)が記録されていて俗に言う「ブラックリスト入り」となっている可能性があります。

上記のどれかに該当するようであれば、ブラックでも作れるクレジットカードのページを参考にしてください。

デビットカードを申し込む

申し込みブラックでもカードを作る方法として、デビットカードを申し込むという手段があります。デビットカードはクレジットカードとは異なり、支払いをしたときに瞬時に銀行口座から引き落としが行われます。そのため信用情報を調査する必要がなく、入会審査が行われず申し込みブラックでもOKのカードです。

海外旅行などでカードがすぐに必要という方、ブラック情報が消える6か月間も待てないという方はデビットカードの申し込みをして、クレジットカードを作れるまでの間使用するというのも良いでしょう。


23歳未満は年会費無料
年間10万円以上の利用で年会費無料
0.2%のキャッシュバック付き

デビットカードはクレジットカードのように申込者の金融事故情報などを詳しく調べる審査がありません。デビットカードはポイントキャッシュバック付きで年間10万円以上の利用で年会費無料(10万円未満の場合は税込みで年会費1,080円)になるVISAカード「三菱東京UFJ-VISAデビットカード」がおすすめです。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料