おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

住宅ローンと個人信用情報機関の関係

住宅ローンの審査に通らない、住宅ローンの審査基準を知りたいという方も多いのではないでしょうか。住宅ローンの審査ではクレジットカードの利用履歴や借金の返済履歴などを管理する「個人信用情報機関」の信用情報を元に審査を行っています。

ここでは住宅ローンの審査で信用情報をどのように見られているか、住宅ローンの審査に落ちる原因や注意点について解説します。

個人信用情報のスコアリング

個人信用情報とは、個人信用情報機関が保有するデータのことで、個人に関する信用情報が記載されています。この情報は、住宅ローンの審査やクレジットカードを発行、キャッシングを申し込んだ際などに利用され、銀行や金融会社が「申込者を信用しても大丈夫か」を判定する際に利用されます。

住宅ローンの審査では申込者の属性情報(個人情報)や、過去の返済履歴や借入情報に点数を付ける「スコアリング」を行い判定します。主に、「年齢・職業・勤続年数・年収・過去の返済延滞や滞納履歴」で判定が行われており、申し込んだ商品(ローンやクレジットカード)の基準値を越せていれば審査クリアとなります。

日本には個人信用情報機関が3つあり、掲載基準や加盟会員(ローン会社やクレジットカード会社)が異なります。クレジットカードの延滞があった場合は延滞記録である「金融事故情報」が残り、最大5年間その事実が消えません。スコアリングの点数が高くても延滞記録など悪い記録があると審査不合格となる可能性が高いです。

個人信用情報と住宅ローンの関係性

個人信用情報と住宅ローンは関係が無いと思われがちですが、実は密接に関わりがあります。何千万円のまとまったお金がないのにも関わらず、家を建てることができるのは、「住宅ローンを組んでいるから」です。住宅ローンは金融機関から借りている借金のことであり、いずれ返さなければいけないお金です。

住宅ローンを組む際、申込者がきちん返済できるか金融機関は審査を行っています。その審査の際に用いるのが個人信用情報です。

住宅ローンの審査で重要な信用情報

住宅ローンの審査で重要な信用情報は、クレジットカードやキャッシングの審査で重要な項目と変わりません。返済を行える収入、信用力があるかチェックし、他の債務(借金)がなければ、個人信用情報の審査に通過できます。

しかし、この段階で審査に落とされてしまう落とし穴が存在します。それは、クレジットカードの保有枚数です。クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠という利用限度額が存在します。そのうち、キャッシング枠はお金を借りることができる枠組みで、審査の際、銀行側は「将来的にクレジットカードで借りる可能性がある」と判定し、持っているクレジットカードのキャッシング枠を合計し、合計額が多ければ審査不合格になる可能性があります。使っていないクレジットカードがあるのであれば、キャッシング枠を外すか解約すると良いでしょう。

他にも、今までクレジットカードを持っておらず信用履歴が残っていない方は「スーパーホワイト」と呼ばれ、過去の取引情報がないため審査に通らない場合があります。また「携帯電話料金の延滞」がある場合も審査に影響を与える可能性があります。携帯電話料金の内訳は、通話料や通信料がほとんどを占めていますが、携帯電話本体の機種代が含まれている方もいると思います。この機種代は、「分割払い」で購入している方がほとんどです。分割払いは信用に基づいて承認されており、携帯電話会社が契約時に審査を行い問題がなければ利用できる方法です。つまり、分割払い(24回払い)などで携帯電話を購入していて携帯電話料金を延滞すると、知らないうちに自身の信用情報が傷ついてしまい住宅ローンやクレジットカードの審査に通りにくくなります。

住宅ローンを申し込む際の注意点

住宅ローンを申し込む際の注意点を解説します。

返済中の借金がある場合は審査に通りにくい

現在返済中の借金がある方は住宅ローンの審査に通らない可能性があります。住宅ローンはキャッシングと異なり、長期的に支払わなければいけない借金です。

そのため、年収に占める返済率が一定割合を超えてしまうと、自動的に審査不合格となります。年収の半分以上を借金の返済に充ててしまうと、生活そのものがままならなくなってしまいます。それを防ぐために、年収の一定割合以上は借りられないという法律「総量規制」を設けているのです。借金が残っている場合は事前に計算して住宅ローンの申し込むことをおすすめします。

過払い金返還請求を借金返済中にした場合

過払い金請求は本来支払う必要がない利息を返還してもらう手続きです。A社からお金を借りて現在も支払い続けている人が過払い金返還請求を行い、返ってきたお金を充当しても返済額が足りなかったというケースの場合、個人信用情報に事故情報として記載されてしまいます。ただし、借金を完済して過払い金返還請求する場合は事故情報としては記載されません。

住宅ローンの多重申込はNG

住宅ローン審査結果の連絡が遅いと言って複数の金融機関に住宅ローンの申し込む方がいますが、これは「多重申込行為」と言って金融機関に嫌われる行為です。クレジットカードやキャッシングにも言えることですが、短期間で複数回も申し込みしていると「申込者はお金に困っている」と金融機関に思われてしまい、「貸倒れリスクがあるから審査不合格」となる可能性があります。

不審点が多ければ多いほど金融機関側もお金を貸せなくなってしまい、結果として全社審査落ちという結果になります。なぜ複数の金融機関に申し込んでいることがバレてしまうのかと言うと、個人信用情報に記載されている「申し込み記録」を審査の際にチェックするからです。申し込み記録には申込先やクレジットカード名や住宅ローン名が記録されており、最大6ヶ月間記録が残ります。仮に審査に合格した場合はそのまま信用情報として記録されて返済状況などが付け加えられますが、審査に落ちた場合は申し込みの記録だけが6ヶ月間残ります。その記録を見て、「この人は多重申込者だ」と分かってしまうということです。

住宅ローンの申し込みは1社ずつ行うのが良いですが、審査が不安だという方は2~3社程度にとどめておくことをおすすめします。

自営業者(個人事業主)でもローンを組める

自営業者(個人事業主)は、収入が不安定だからという理由でクレジットカードやローンが組みにくいです。しかし、個人事業主でも昔から1枚のクレジットカードを長いこと使っており、個人信用情報に延滞記録も一切なければ信用力が高まり、住宅ローンを組める可能性が高いです。個人事業主の場合は収入が安定しないため、こういった小さな情報が大きな強みになることもあります。

クレジットカードを持っていない方は少額でもクレジットカードを利用して返済履歴を残しましょう。無料で使える年会費無料のクレジットカードのページ、審査が不安な方は審査が甘いクレジットカードのページでおすすめのクレジットカードを紹介しているので参考にしてみてください。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料