おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

時効援用のクレジットカードのブラックリストへの影響

クレジットカードやローンの支払を延滞している人の中には、なかなか返すことができず、支払ができないまま何年もたってしまっている方もいると思います。その場合、ブラックリストに載ってしまっているため、新しくクレジットカードが作れない状態になっています。

しかし、もしかしたらその借金は時効を迎え、「時効援用」をすれば借金を返さなくてもよくなり、ブラックリストに載っている状態からも抜け出せるかもしれません。

ここでは、時効援用をすることによって、ブラックリストにどのように影響し、その後新しくクレジットカードを作ることができるのかについて、時効援用やブラックリストとはどのようなものなのかと合わせて解説していきます。

借金にも時効がある

時効という言葉はテレビなどで聞いたことがあると思いますが、借金にも時効があります。時効が適用されれば、借金がいくらであっても消滅します。

時効が成立する期間

借金の時効は、最後の取引から一定の期間が経過することで成立します。一定の期間とは、家族や友人など、個人から借りた場合は10年、クレジットカード会社や消費者金融など、会社から借りた場合は5年です。

時効援用とは

借金の時効は、一定の期間が経過すれば自動的に成立するのではなく、一定の期間が経過した後、時効の制度を適用する旨を貸主に伝える必要があります。
この時効の制度を適用する旨を相手に伝えることを、「援用」といいます。

具体的には、時効援用通知書を配達証明付きの内容証明郵便で郵送することで、援用することができます。

ブラックリストとは

「ブラックリストに載る」とは、実際にブラックリストというものが存在しているのではなく、延滞情報や自己破産情報などの金融事故情報が、信用情報機関に登録されている状態のことをいいます。

信用情報機関とは、クレジットカード契約やローン契約など、個人の信用情報を様々な金融機関から集めて登録し、登録した情報を金融機関に提供している機関です。カード会社は全ての審査の過程で、この信用情報機関に登録されている申込者の情報を確認し、カードを発行してもいいかどうかを調べます。例えば、過去にA社のカードを持っていて延滞したという記録が登録されていれば、新たにB社のカードを申し込む際に、審査の過程で過去にA社が登録した記録が確認され、この申込者は過去にカードの延滞があるという理由でカード発行が見送られてしまう可能性が高くなります。

現在日本には、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つの信用情報機関があり、貸金業者であるクレジットカード会社は少なくともJICCとCICの2つの信用情報機関に加盟しています。

時効援用するとブラックリストはどうなるのか

では、時効援用をすることで信用情報にはどのように影響するのでしょうか。信用情報の登録のされ方は、信用情報機関によって異なります。

時効を適用する前の信用情報

時効を適用する前、つまり、借金をしていて返済期間が過ぎているのに返していない状態の場合、信用情報機関には延滞情報が登録されており、ブラックリストに載っている状態になっています。そのため、この状態のままでは、借金を完済するか、時効を適用するか、自己破産をして一定の期間が経過するのを待たなければ、ずっとブラックリストに載っている状態となり、新しくクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることはできません。

JICCの信用情報はどうなるのか

JICCでは、加盟している会社が、「この人の借金は時効によって消滅し、貸したお金は回収できなかった」と報告した場合、その借金に関する全ての情報が削除されます。

つまり、登録されている事故情報が消えるため、ブラックリストに載っている状態ではなくなります。ただし、時効が成立した際に、もし加盟している会社が「この人は借金を完済した」とJICCに報告した場合は、完済したという情報が信用情報機関に登録されることになり、その後5年間残ります。完済したという情報はネガティブな情報ではないため、登録されていても問題はありません。

CICの信用情報はどうなるのか

CICでは、加盟している会社が、「この人の借金は時効によって消滅し、貸したお金は回収できなかった」と報告した場合、貸付金が回収できず、損失になったことを意味する「貸倒」が登録されます。

貸倒は金融事故情報に当たるため、貸倒という情報がCICに登録されている5年間は、ブラックリストに載っている状態になります。そのため、援用した後5年間は、新しくクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができなくなります。

時効が成立した際に、もし加盟している会社が「この人は借金を完済した」とCICに報告した場合は、JICCと同様に完済したという情報が信用情報機関に登録されることになり、金融事故情報は残りませんが、貸倒で登録されるのが普通です。

時効援用することのメリット

時効援用することのメリットは、時間がかかるとしても、ブラックリストに載っている状態を終わらせることができる点です。

時効援用することにより、信用情報機関には貸倒の情報が登録され、その後5年間残ることになりますが、5年待てば信用情報機関か情報が削除され、クレジットカードを作ることができるようになります。

一方、時効援用せず、借りたお金を返済していない状態を続ければ、信用情報機関に登録された延滞情報が消えることはなく、ずっとブラックリストに載っている状態が続くことになり、新しくクレジットカードを作ることはできません。

そのため、新しくクレジットカードを作りたいのであれば、借金を完済するか、時効援用して信用情報機関から貸倒情報が削除される5年が経過するのを待つか、債務整理をして信用情報機関から債務整理情報が削除される最大10年が経過するのを待つか、いずれかの手段をとる必要があります。借金を返済できない方は、信用情報の回復が早い時効援用ができれば、借金を返さない状態で放置したり、債務整理をしたりするよりもメリットが大きくなります。

債権譲渡があった場合のブラックリスト

期日までに借りたお金を返せなかった場合、債権者がお金を返してもらう権利を債権回収会社などに譲渡することがあります。

この場合、信用情報機関の情報は延滞ではなく、「移管終了」という登録に変わります。債権譲渡があったことを示す移管終了という情報は、保存期間の5年を過ぎれば信用情報機関から削除されるため、この場合も貸倒と同様、5年待てば新しくクレジットカードを作ることができるようになります。

審査なしのデビットカード

デビットカード審査なし

クレジットカードは利用料金を翌月返済するため、信用力を調査するカード発行審査がありますが、デビットカードは口座とカードを紐付けることで即時決済に対応しているため審査なしで発行可能です。

クレジットカードを作れなくてお困りの方は、デビットカードの作り方のページを参考にしてみてください。

ブラックリスト関連記事

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料