おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットヒストリー(クレヒス)

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、クレジットカードやローンなど、金融機関を利用した履歴です。クレジットカードの審査ではクレヒスが重視されるため、できるだけ優良なクレヒスを作ってからカードに申し込むことをおすすめします。

しかし、優良なクレヒスを作る方法が分からず、困っている方も多いと思います。そのような方に向け、クレヒスについて詳しく説明をします。

クレヒスとは

クレヒスとは以下のサービスを利用した履歴を指します。

契約内容 説明
クレジットカード契約 月々の支払いを伴うクレジットカードの契約
個品割賦契約 商品やサービスの代金を分割して支払う契約
リース契約 商品のリース料を支払う契約
保証契約 契約者が返済できない場合、保証会社等が返済することを取り決めた契約
無保証融資 保証のないキャッシングや貸付
保証融資 保証のあるキャッシングや貸付
住宅ローン 住宅を購入するために買い入れたローン
移管債権 複数のクレジットカード契約をまとめたもの

クレヒスとして記録されるのは、上記サービスの支払い情報に加え、サービスへの申し込み情報や審査通過合否情報などです。

入金状況欄=クレヒス

一般的に「クレヒス」といった場合は、上記画像で赤枠に囲われた、入金状況欄の履歴を指します。

個人信用情報

クレヒスは、個人信用情報に登録されます。個人信用情報とは、個人の氏名や住所、年収などをまとめたものです。クレジットカードの審査において、クレヒスは個人信用情報の一項目として参照されます。

また、個人信用情報は、個人信用情報機関と呼ばれる企業によって管理されます。個人信用情報は、登録内容や登録された機関によって、登録される期間が異なります。

個人信用情報機関

クレヒスを含む個人信用情報は、下記の個人信用情報機関によって管理されます。

カードや消費者金融などの情報はCICとJICCが、銀行系ローンなどの情報はKSCが取り扱います。

カード会社によっては$マークがつかないこともある

一般的に、クレジットカードを利用し、期日までに支払いを済ますと、入金状況欄に$マークが記入されます。しかし、一部のカード会社は、問題なくカードを利用しても$マークの記入を行わず、空欄を記録します。

空欄が記録されるカード会社は以下の通りです。

なお、$マークの記入を行うかどうかはカード会社の判断次第です。そのため、上記以外のカード会社が発行するカードを問題なく利用した場合も、定期的に$マークが記入されないことがあります。

ただし、一般的にクレジットカードの審査で、クレヒスに空欄が記録されていることはマイナス評価をされません。

クレヒスと関係のないサービス

以下のサービスはクレジットカードと同様に支払いに利用できるものの、クレヒスが記録されることはありません。

ただし、クレジットカードを利用してプリペイドカードや電子マネーにチャージ(入金)した場合や、電子マネーの利用料金を紐づけされたクレジットカードで支払った場合は、クレヒスとして記録されます。また、家族カードの利用履歴は、紐づけされた親カードのクレヒスとして記録されます。

また、保険料や家賃、携帯電話の利用料金などは個人信用情報とは無関係なため、滞納が起きてもクレヒスとして記録されることはありません。ただし、これらの料金をクレジットカード払いしている方は、カード料金の支払いが遅れた場合はクレヒスに傷がつきます。

なお、海外のカード会社と契約したクレジットカードの利用履歴は、日本のカード会社が発行するクレジットカードの審査において参照されることがありません。

クレヒスと審査の関係

クレジットカードの審査において、クレヒスに以下のような点がある方は、信用力のない人間として極めて低く評価されます。

金融事故情報

過去に、重度の支払いの遅延や債務整理などを経験した方は、クレヒスにその旨が「金融事故情報(異動情報)」として登録されます。金融事故情報が登録された方は、いわゆる「ブラックリスト入り」の状態になり、クレジットカードの審査に通過することが困難になります。

重度の支払い延滞情報

クレジットカードやローンなどの支払いが数か月に渡って延滞したり、何度も延滞したりした場合は、その旨がクレヒスに金融事故情報として登録されます。

クレヒスに金融事故情報が登録されるタイミングはカード会社・ローン会社によって異なります。一般的には3か月以上の延滞が登録の条件と言われています。

債務整理情報

自己破産や任意整理、個人再生など、債務整理を行った場合は、その旨がクレヒスに金融事故情報として登録されます。金融事故情報が消去されるまでの期間は、登録される個人信用情報期間や、債務整理の内容によって異なります。

債務整理内容 CIC JICC KSC
自己破産 5年 5年 10年
個人再生 なし 5年 10年
任意整理 なし 5年 5年

スーパーホワイト

スーパーホワイトとは、個人信用情報に一切クレヒスが記録されていない状態のことを指します。クレジットカードの審査において、クレヒスがスーパーホワイト状態の方は、優良な顧客かどうかを判断することができないため、低く評価されます。なお、40歳以上の方がスーパーホワイトの場合は、高齢ホワイト・高齢スーパーホワイトなどと呼びます。

また、過去に金融事故を経験した方が、一定期間を経てクレヒスから金融事故情報を消去した状態のことを漂白ホワイト(単にホワイトとも)と呼びます。クレジットカードの審査においては、カード会社はスーパーホワイトと漂白ホワイトの区別ができません。特に、高齢ホワイトの方は漂白ホワイトとして判断される事が多いため、審査に通過することが困難です。

社内ブラックリスト状態

カード会社は、個人信用情報の他にも独自に顧客情報を収集しており、過去に支払トラブルがあった顧客の情報を管理しています。この状態を「社内ブラック」と呼びます。社内ブラックの状態になった会社が提供するサービスは、審査に通過することが困難になります。

一般に、社内ブラックの情報は無期限に社内で管理されます。

クレヒスを確認する方法

自分のクレヒスは、個人信用情報機関に情報開示請求することで確認することが可能です。

クレジットカードの審査に絶対に通過したい方は、数か月に1回程度の頻度で個人信用情報を開示することをおすすめします。稀に、個人信用情報は同姓同名の別人などと混合されて記録される場合があるためです。カードの審査に否決された原因が、個人信用情報の混合であったと判明した場合も、審査否決の判断が覆ることはありません。このような事態を防ぐためには、こまめに自分の個人信用情報を開示し、正しく記録されていることを確認してからカードに申し込む必要があります。

個人信用情報の見方

開示した個人信用情報は、信用情報開示報告書として提示されます。その際、重視して確認するべき点は以下の通りです。

属性欄

属性情報はクレジットカードの審査基準の一つ

属性欄には氏名や住所、勤務先などが記録されています。クレジットカードの審査においても属性情報の調査に使われる項目であるため、最新の正確な状態が記録されているかを確認して下さい。

返済状況欄

延滞が続いたり自己破産をしたりすると「異動」が記入される

返済状況欄には、金融事故情報が記録されます。金融事故が発生した場合は、この欄に異動という文字と金融事故発生日(異動発生日)が記入されます。

入金状況欄

入金状況欄=クレヒス

入金状況欄には、毎月の支払い状況が記録されます。

記号の見方

入金状況欄に記入された記号は、それぞれ以下のような意味を持っています。

記号 記号の意味
$マーク 入金情報あり。請求通りに支払いが行われた
Aマーク 入金情報なし。入金が行われなかった
Pマーク 請求額の一部だけ支払われた
Rマーク 契約者以外から支払われた
Bマーク 契約者の事情とは無関係の理由で入金がなかった
Cマーク 入金されていないがその理由がわからない
–マーク 請求もなく入金もなかった(クレジットの利用がなかった)
空欄 クレジット会社などから情報の更新がなかった(クレジットの利用がなかった)

これらの記号のうち、$マーク・–マーク・空欄以外は延滞情報として記録されます。

クレヒスの育て方

クレヒスは以下のような方法で育てることが可能です。

クレジットカードやローンを利用する

クレジットカードやローンを定期的に利用することで、優良なクレヒスを作ることが可能です。クレヒスは毎月記録されるため、1か月に1回以上利用し、利用額を支払うことを心がけて下さい。

なお、クレジットカードやローンを契約した段階でクレヒスに契約情報は記録されますが、審査で優遇されるのはサービスを定期的に利用する方です。優良クレヒスを作りたい方には、定期的な利用をおすすめします。

参考記事:クレヒスがカードローン審査通過の鍵を握る

携帯電話を月賦払いする

携帯電話やスマートフォンの機種代金を月賦で購入することで、クレヒスを作ることが可能です。携帯代金の月賦払いすることは、割賦契約として扱われます。そのため、毎月携帯代金を支払うことで入金欄に記録が残ります。

携帯電話機種代金の割賦契約はクレジットカードやローンの審査よりも甘いため、ブラックリスト入りしている方でも十分に審査通過することが可能です。カードやローンの契約ができずクレヒスを作れない方は、まず携帯電話機種代金の割賦契約をすることで信用力をつけることをおすすめします。

ハウスカードを利用する

ハウスカードを利用することで、クレヒスを作ることが可能です。

ハウスカードとは、カードを発行した企業のサービス・店舗でしか利用できないクレジットカードです。国際ブランドは付帯されていませんが、利用した履歴はクレヒスとして記録されます。

ハウスカードは一般的なクレジットカードに比べると審査が甘く、ブラックリストに入っている方でも審査通過可能です。

高額の決済を行う

ゴールドカードやプラチナカードなどステータス性が高いカードの審査に通過したい場合や、入会するためにインビテーション(招待)が必要なクレジットカードを持ちたいと思っている方は、高額決済のクレヒスを作り、カード会社に向けて自分が優良顧客であることをアピールすることをおすすめします。

絶対に延滞をしない

クレジットカードの審査ではクレヒスの$マークも重視されますが、それ以上に入金が遅れた記録が重視されます。そのため、カードの審査を有利に進めたい方は、まずは入金が遅れないことを第一にしてください。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料