おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットヒストリーの作り方

クレジットカードを発行するときは、「クレジットヒストリー(クレヒス)」を元にして利用者の信用情報が調査されるため、良いクレジットヒストリーを積み上げることで、2枚目、3枚目のクレジットカードもスムーズに発行可能です。

良いクレジットヒストリーがあればゴールドカードやプラチナカードへランクアップしやすく、悪いクレジットヒストリーがあればクレジットカードの入会審査で審査落ちしやすくなります。

良いクレジットヒストリーを作ってクレジットカード発行しやすくするために、クレジットヒストリーとは何か、クレジットヒストリーを確認する方法、良いクレジットヒストリーの作り方について解説します。

クレジットヒストリーとは

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用情報および過去の支払い履歴(入金情報)のことで、「クレヒス」と略して呼ばれたり「利用履歴」や「信用履歴」と呼ばれたりすることもあります。

そして、クレジットカードやローンの審査のときに、利用者の信用と、支払い(返済)能力を評価するための指標として活用されます。

クレジットカード会社、ローン会社も、利用者の信用情報を知るために、クレジットヒストリーを活用していますので、利用した金額は毎月きちんと支払って日頃から信用を積み上げておくことが大切です。

クレジットヒストリーは個人信用情報機関で管理される

クレジットヒストリーは、各クレジットカード会社が管理している独自のデータの他に以下の3つの個人信用情報機関でも管理されています。

もっとも多い会員数を誇る「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」は、クレジットカード、ローン(信販)、リース、銀行、保険などの情報を管理しており、情報が月1回更新され、常に最新の信用情報を見ることができるため、多くの金融機関がCICを利用しています。

次に会員数の多い「株式会社日本信用情報機構(JICC)」は、クレジットカード、ローン(信販)、リース、銀行、保険などの信用情報を管理しており、基本的に「JICC」の会員になっている企業は「CIC」の会員にもなっています。

「全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)」には、銀行、信用金庫、労働金庫などの信用情報が登録されています。

上記それぞれの機関に登録された事故情報は、「CRIN」と呼ばれるネットワークを通じて金融機関に共有されます。つまり、どこか1つの機関に信用事故が登録されてしまうと、3つの機関に掲載されてしまうことを覚えておきましょう。

ちなみに、それぞれの機関に申請をすれば、情報を開示してもらうことができます。「クレジットカードの登録審査に落ちたんだけど…信用事故を起こした記憶もないし、原因が分からない…。」このようなケースになった場合に開示請求をしてみると、自分でも忘れていた信用事故が見つかるかもしれません。

「CIC」「JICC」は窓口での受付、郵送、インターネット経由で開示請求ができ、「全国銀行個人信用情報センター」は、登録情報開示申込書を作成・郵送することで、信用情報を閲覧することができます。

クレジットヒストリーの保有期間

基本的にクレジットヒストリーの保有期間はクレジットカードの利用から5年間です。ただし、債務整理(自己破産、任意整理、個人再生)など金融事故のクレジットヒストリーは全国銀行個人信用情報センター(KSC)に最長10年間保有されます。

また、クレジットカードを申し込みすると信用情報機関に6か月間記録されます。この情報により、他社クレジットカードの審査に落ちたことがわかります。

クレジットヒストリー(カード利用履歴)の保有期間

個人信用情報機関 クレジットヒストリー保有期間
指定信用情報機関(CIC) 5年間
日本信用情報機構(JICC) 5年間
全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC) 5年間

官報情報(自己破産、任意整理など)の保有期間

個人信用情報機関 官報情報の保有期間
指定信用情報機関(CIC) 記録なし
日本信用情報機構(JICC) 記録なし
全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC) 10年間

クレジットカード申し込み情報の保有期間

個人信用情報機関 クレジットカード審査落ち情報の保有期間
指定信用情報機関(CIC) 6か月間
日本信用情報機構(JICC) 6か月間
全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC) 6か月間

クレジットヒストリーが審査に与える影響

良いクレジットヒストリーを持っていると、他のクレジットカードを発行するときの審査に通りやすくなったり、クレジットカードの利用限度額を上げやすくなったりします。

もし、クレジットカード審査時に、事故情報(信用事故)の履歴があると、クレジットカードカード会社は利用金額の支払い遅延・滞納が発生する、もしくは返済されないリスクが高い人と判断し、審査に落とす可能性が高まります。

利用限度額(利用可能枠)を上げる時にも事故情報の履歴があると、希望した金額分の利用限度額を上げてもらえない可能性もあります。また、ゴールドカードやプラチナカードへのランクアップの際の審査でもクレジットヒストリーが重要視されます。

クレジットヒストリーは社会的信用そのもの

クレジットカード入会審査やローンの申請には、「勤務先」「年収」を申告する欄があり、勤務先に連絡がかかってくる(在籍確認)など、申告内容を厳しくチェックされますが、もっとも大切なことはその後の利用状況です。

大企業に勤めていて高年収なのに支払い遅延などの事故情報がたくさん記録されている人よりも、中小企業に勤めていたとしても、滞りなく返済をし続けている人の方がクレジットヒストリーは良くなりクレジットカード会社から信用されるため、クレジットカードを発行しやすくなります。

悪いクレジットヒストリーと良いクレジットヒストリー

悪いクレジットヒストリーと良いクレジットヒストリーについて解説します。まずは悪いクレジットヒストリーから見ていきましょう。

悪いクレジットヒストリー(ブラック・事故情報)

具体的に、どのようなケースが悪いクレジットヒストリー(ブラックリスト・事故情報)として判断されてしまうのか、その例を挙げてみます。

上記の中で、特に注意したいのが携帯電話端末料金を分割払いしているときに、支払いを遅延してしまうことです。
携帯電話の通話料金自体は、支払い遅延してもクレジットヒストリーに影響はありませんが、携帯電話の端末料金に関しては、クレジットヒストリーに影響を与えます。

つまり、携帯電話端末料金を支払った事実がクレジットヒストリーに登録される分には良いのですが、遅延してしまった記録がクレジットヒストリーに登録されてしまうと、金融事故とみなされ、クレジットカード発行がとてもむずかしくなります。

携帯電話通話料金と端末料金は、同一の請求書により請求されるため、同じ料金と捉えがちですが、金融視点でみると全く異なる料金区別になるため、注意が必要です。

携帯電話端末料金以外にも、「借りたお金を返さなかった」事実と、「返済能力が低い」と判断される情報があれば、金融機関にとって貸したお金が返済されないリスクが高まるため、クレジットカード発行ができないばかりか、ローンの審査に合格することもできません。

良いクレジットヒストリーとは

良いクレジットヒストリーとは「毎月の利用金額を滞りなく返済している」状態です。

金額の大小や、購入回数の多い少ないではなく、クレジットカードを利用して一時的に借り入れた金額をカード会社の指定日に返済することを継続していれば、自然と良いクレジットヒストリーを作ることができます。

よくありがちな失敗として、いつも利用している銀行口座とは別に「引き落とし用口座」を設定している場合に、引き落とし日までに入金するのを忘れてしまい自分でも気づかない間に支払い遅延をしてしまったというケースが多数あります。

基本的に支払いが一日でも遅れると「悪いクレヒス」が積み上がる可能性がありますので、入金忘れにはくれぐれも注意してください。そして入金忘れが続いた場合には、いつも利用している銀行口座から引き落としするなどの対策をしていきましょう。

信用情報開示請求でクレジットヒストリーを確認する

各個人信用情報機関の信用情報の開示請求はインターネット、郵送、窓口で行うことができ自分のクレジットヒストリーを確認することができます。信用情報の開示費用は500円~1,000円なのでクレジットヒストリーが気になる方は確認してみましょう。

信用情報を開示すると入金状況の欄に記号(マーク)が書かれていて、返済が正しく行われたか表しています。「$」マークが付いていると支払いが行われていて、「A」は未納、「P」は一部だけ支払われたことを表しています。

記号 記号の意味
$マーク 請求通りに支払いが行われた
Aマーク 入金が行われなかった
Pマーク 請求額の一部だけ支払われた
Rマーク 契約者以外から支払われた
Bマーク 契約者の事情とは無関係の理由で入金がなかった
Cマーク 入金されていないがその理由がわからない
–マーク 請求もなく入金もなかった(クレジットの利用がなかった)
空欄 クレジット会社などから情報の更新がなかった(クレジットの利用がなかった)

インターネットで開示請求をした例が下記の画像です。一番下にある「入金状況」の欄がクレジットヒストリーと呼ばれる部分で、カード利用者の返済履歴や携帯電話本体の分割払いの返済履歴を表しています。

請求通りに支払いが行われたことを表す「$」マークで埋まっていれば毎月クレジットカード料金の返済をきちんと行っている人と判断され、審査に通りやすくなります。「A」マークや「P」マークが多ければ、クレジットカード料金を延滞する信用できない人と見られ、スコアリング点数が低くなり審査落ちしやすくなります。

お支払いの状況欄の返済状況に「異動」と書かれている場合、2か月以上の延滞が発生したことを表します。これを異動情報(金融事故情報)と言い、クレジットカードを発行してはいけない信用力がない人と判断されます。

CICの信用情報開示報告書

クレジットカードとローンの利用履歴

良いクレジットヒストリーの作り方

良いクレジットヒストリーを作るにはクレジットカード料金返済を延滞しないことと、毎月クレジットカードを利用することが大切です。

クレジットカード料金返済を延滞しないこと

クレジットカード料金の返済が遅れてしまうと入金状況に「A」マークや「P」マークが付いたり異動情報の履歴が残ったりして、クレジットヒストリーに傷を付けてしまいます。一度記録された信用情報は5年間残り続け、クレジットカード審査やローン審査に通りにくくなります。

期限通りに返済ができているだけで正常に支払いが行われたことを表す「$」マークがつき、良いクレジットヒストリーを作ることができます。

支払いができていないことに気付いた場合はすぐにカード会社に連絡し、どのように返済すれば良いか確認しましょう。

毎月クレジットカードを利用する

毎月クレジットカードを利用することでクレジットヒストリーは「$」マークで埋まり、毎月クレジットカードを利用して返済延滞もない信用力のある人と見られる良いクレジットヒストリーになります。

公共料金の支払いや電話代金、インターネット代金をクレジットカードで引き落とすようにしておけば何も意識せずに良いクレジットヒストリーを作ることができます。少額でも良いので毎月クレジットカードを利用しましょう。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料