おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

CICに記録される信用情報

CIC(株式会社シー・アイ・シー)とは、日本に3つある個人信用情報機関のうちの1つです。クレジットカードやローン関係の個人信用情報を管理しているため、名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、具体的にCICがどのような情報を管理しているのかまで把握している方は少ないと思います。そのような方に向け、CICの管理する個人信用情報についてまとめました。

CICが管理する個人信用情報

CICは、各カード会社・ローン会社から消費者の個人信用情報を収集し、管理しています。 CICが管理する情報のうち、クレジットカードのスコアリング審査で利用される「属性情報」は以下の通りです。

CICは、これらの属性情報に加え、クレジットカードやローンなどの利用履歴情報である「クレジットヒストリー(クレヒス)」をまとめて管理しています。クレヒスは項目によって登録期間や登録条件が異なるため、それぞれについて説明します。

申し込み情報

消費者がクレジットカードやローンを申し込んだ情報は、申し込み情報としてCICに登録されます。

申し込み情報は、カード会社やローン会社がCICへ情報照会を行った時点で登録されます。登録された申し込み情報は照会日から起算し6ヶ月間保有されます。

クレジット情報

消費者がクレジットカードやローンなどと契約しているという情報は、クレジット情報としてCICに登録されます。

クレジットカードやローンなどと契約している期間中は、クレジット情報は登録され続けます。持っているだけで使っていないクレジットカードも、契約中のカードとみなされます。

クレジット情報は、クレジットカードやローンを解約してから5年間登録され続けます。

延滞情報

消費者がクレジットカードやローンなどの支払いを延滞している場合、その旨が延滞情報として登録されます。重度の延滞をした方は、延滞情報内に「異動情報」という情報が登録されます。異動情報と記録された方は金融事故を起こしたと判断されるため、クレジットカードやローンの審査に通過できないいわゆる「ブラックリスト入り」状態になります。

また、自己破産や任意整理など、債務整理を行ったことの情報も、延滞情報内に異動情報として登録されます。

延滞情報は、延滞期間中に加え、延滞が解消し取引が終了してから5年間登録されます。

利用情報

利用情報とは、カード会社やローン会社が消費者の途上与信を行った際、個人信用情報を参照したことの記録です。

途上与信とは、クレジットカードやローンの利用者が、発行審査後も問題なく利用をしているか・信用に値する人間であるかを確認するための審査です。利用情報は参照から6ヶ月間のみ記録が登録されます。

本人申告コメント情報

本人申告コメント情報とは、CICに個人信用情報が登録されている方が、自ら申告することで追加登録した個人情報のことです。必要な個人情報を予め本人申告しておくことで、第三者による不正申し込みや、自分の浪費癖などを防止することができます。

例えば、運転免許証を紛失したときなどは、その旨を本人申告しておけば、第三者が本人確認書類を利用して不正に申し込みをすることを防ぐことができます。

本人申告情報は5年間登録されますが、自身の申告によりすぐに削除することもできます。郵送または窓口でのみ手続きが可能な点に注意してください。

貸金業協会依頼情報

貸金業協会依頼情報とは「自身に問題があり、債務を履行できない方」の借入を防止するため、本人やその親族などが「この人にお金を貸さないでほしい」という意思を持っているという情報です。貸金業協会という団体が窓口となり、間接的にCICに情報が登録されます。

貸金業協会依頼情報は5年間CICに登録されます。登録期間中に情報を削除したくなった場合は、貸金業協会に相談することが必要です。

電話帳掲載情報

電話帳掲載情報とは、一般に流通している電話帳に掲載された番号を、CICが登録した情報です。電話帳掲載情報記録は、最終参照日より2.5年間登録されます。

個人信用情報を確認する方法

CICに登録された個人信用情報は、情報開示請求を行うことで確認することが可能です。

クレジットカードの審査に絶対に通過したい方は、数か月に1回程度の頻度で個人信用情報を開示することをおすすめします。稀に、個人信用情報は同姓同名の別人などと混合されて記録される場合があるためです。カードの審査に否決された原因が、個人信用情報の混合であったと判明した場合も、審査否決の判断が覆ることはありません。このような事態を防ぐためには、こまめに自分の個人信用情報を開示し、正しく記録されていることを確認してからカードに申し込む必要があります。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料