おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

ブラックリストを消す方法

「ブラックリスト」に載ると、クレジットカードや住宅ローン、自動車ローンの審査通過が難しくなることをご存知の方も多いと思います。ブラック情報は、登録から一定の期間を空けることで消すことが可能です。

ブラックリストとは

「ブラックリストに載る」とは、クレジットカード会社や金融会社が審査の際に照会する「個人信用情報」に、延滞・滞納した記録や債務整理を経験した情報など、いわゆる「金融事故情報(異動情報・ブラック情報とも)」が載っている状態のことを指します。

個人信用情報は、債務者・消費者の氏名や職業などの個人情報と、クレジットカードやローンの利用履歴である「クレジットヒストリー(クレヒス)」をまとめたものです。

クレジットカード会社やカードローン会社は、金融事故者のことを返済能力のない人間と見なします。そのため、ブラックリストに載っている方はクレジットカードやローンの審査に通過することが困難です。

延滞・滞納

キャッシング・ローンなどの借り入れ、クレジットカード代金、携帯電話本体代金を分割払いにした場合の携帯料金、奨学金などの返済を61日以上もしくは3か月以上延滞・滞納した場合、個人信用情報に金融事故情報が登録され、ブラックリストに載ります。

返済が数日間延滞した後、すぐに支払いを済ませた場合は、個人信用情報の支払状況欄に「延滞情報」が登録され、金融事故情報は登録されません。しかし、1年間に3回以上延滞した場合など、悪質な消費者であると見なされた場合は金融事故情報が登録される可能性があります。

なお、電気代・水道代などの光熱費や税金の支払いを延滞しても、支払い方法をクレジットカード払いに設定していなければブラックリストには載りません。

債務整理

自己破産や任意整理、個人再生などの債務整理手続きを行った場合、個人信用情報に金融事故情報である「債務整理情報」が登録されブラックリストに載ります。ただし、債務整理の一種である「過払い金請求」は例外として登録されません。

個人信用情報機関

個人信用情報機関とは、個人信用情報を管理する企業のことです。クレジットカードやカードローンの審査では、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)という3つの個人信用情報機関(指定信用情報機関)が参照されます。銀行系ローンなどの情報はKSCが、金融機関や消費者金融などの情報はJICCが、クレジットカードや信販会社の情報はCICが取り扱います。

金融事故情報が消えるまでの期間

金融事故情報は、一定の期間が経過することで個人信用情報から消去されます。消去されるまでの期間は、情報が登録された個人信用情報機関や登録情報によって異なります。

個人信用情報機関 延滞情報の登録期間 債務整理情報の登録期間
KSC 5年 10年
JICC 1年 5年
CIC 5年 5年

延滞情報の登録期間:延滞解消後からの期間
自己破産情報の登録期間:免責許可決定からの期間

延滞や強制解約の場合は最大5年、債務整理の場合は最大10年間ブラックリストに載っている状態が続きます。個人信用情報に登録された内容が事実であれば、金融事故情報を消すことはできません。

ただし、稀に金融機関の手違いで誤った金融事故情報が登録されることがあります。この場合は、誤登録した金融機関に登録情報の訂正を連絡し、信用情報回復して下さい。

時効援用

ブラックリストに時効はありません。そのため、クレジットカードの支払い延滞や、ローン取引が終了した上で一定期間経たない限り、ブラックリスト入りの状態が続きます。

ただし、借金は最後の返済から5年間が経過した場合、消滅時効が援用され、返済する義務がなくなります。そのため、借金の返済を延滞し続けてブラックリストに登録されていた方は、個人信用情報上は、時効援用時に借金を完済した扱いになります。

しかし、消滅時効が援用されたとしても、借金返済を延滞した情報は個人信用情報から削除されません。そのため、時効援用から最低5年間はブラックリスト入りの状態が続きます。

自分がブラックリストに載っているか確かめる方法

延滞経験のある方やクレジットカードの審査に通らない方は、個人信用情報機関に信用情報開示請求をすることで、自分がブラックリストに載っているかどうかを確認できます。

郵送の場合は1,000円、窓口の場合は500円の手数料を払えば簡単に情報を開示できるので、心配な方は確認してみましょう。

▼信用情報開示請求の方法については以下で説明しています。
個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示する方法

ブラックリストでも作れる三菱東京UFJ-VISAデビット

ブラックリストでも発行可能
年間10万円以上の利用で年会費無料
0.2%~0.5%のキャッシュバック付き

三菱東京UFJ-VISAデビットは、ブラックリストに入っている方でも持てるデビットカードです。クレジットカードと同様に店舗やネットショップの支払いに利用できる上、利用金額に応じて自動的にキャッシュバックが発生します。

クレジットカードとの違いは、支払いのタイミングです。クレジットカードは月に1回、前月の利用金額をまとめて支払うのが一般的ですが、デビットカードは銀行口座から即時に引き落とされます。

そのため銀行口座にある残高が利用可能枠になり、発行する銀行にとっては立て替えたお金を返してもらえないリスクがないため、ブラックリストに載っている状態でも作ることができます。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料