おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

ブラックリストに載る条件

ブラックリスト

クレジットカードやローンの支払い延滞・滞納や、自己破産などの債務整理をすると、金融事故情報(異動情報)が個人信用情報機関に記録され、ブラックリスト入りします。その他にもブラックリスト入りする条件は多数存在しますが、その詳細について把握している方は少ないと思います。

返済状況の欄が異動になるとブラックリスト入りの状態

クレジットカード会社はカード発行時に申込者の個人情報やクレジットカードの利用履歴などをまとめた「個人信用情報」を確認します。金融事故者はカード会社に「返済能力がない」とみなされるためカードの審査に不利になりますが、100%審査に落ちるわけではありません。

クレジットカードやローンの支払い延滞

クレジットカードや消費者金融カードローン、住宅ローンや自動車ローンの借入など各種ローンの支払いを返済せずに3か月以上もしくは61日以上延滞・滞納すると、金融事故情報が個人信用情報機関に登録されます(いわゆるブラックリスト入り)。

また、支払いの遅延を何度も繰り返すとクレジットヒストリー(クレヒス)の支払い状況欄に「本人都合による延滞」記号「A」が記録され、「この人はいつも返済に遅れる人で信用できない」とカード会社に判断され、審査に通りにくくなります。

返済延滞が発生すると記号「A」が残って信用力がなくなる

短期間の延滞を繰り返すとブラックリスト入り・強制解約になる

クレジットカード料金を短期間に繰り返し延滞(1年間に3回程度)すると、ブラックリスト入りした上でカードが強制解約になります。強制解約になるとカードが利用できなくなり、個人信用情報機関のJICCにも強制解約の情報が記録されます。強制解約の履歴が残ると他のカード会社が個人信用情報を見たときに「返済が何度も遅れて強制解約になった」と判断できるため、以降のクレジットカード審査に通りにくくなります。

キャッシングの返済延滞

クレジットカードのキャッシング機能で借りたお金を返済延滞すると、個人信用情報に延滞情報の記号「A」が記録されます。クレジットカードの一括返済と同様に、3か月以上もしくは61日以上返済が延滞すると、個人信用情報に異動情報(金融事故情報)が記録されブラックリスト入りします。

債務整理

債務整理(自己破産、任意整理、個人再生)した方は、5年~7年間ブラックリスト入り状態が続きます。

自己破産とは、財産を手放すかわりに借金をゼロにすることで、個人再生とは、借金の減額を法的に行い、減額された借金を3年から5年の間に返済する必要がある状態を言います。

任意整理とは、話し合いにより過払い金の返済請求する手続きのことを言います。

これらの手続きを行うと、個人信用情報機関に金融事故情報が5年間登録されるため、その間ブラックリスト入り状態になります。

債務整理の成約残し

債務整理(自己破産、任意整理、個人再生)で異動情報が記録されてブラックリスト入りした場合、最短5年で記録が削除されます。そのため通常は債務整理から5年でブラック情報は消えますが、個人信用情報機関に5年以降もネガティブ情報が残り続ける「成約残し」になっている場合は永久にブラックリスト入り状態が続きます。

成約残しは個人信用情報機関のシステムエラーや、裁判所の手続きが漏れることで発生します。債務整理後も個人信用情報金融事故情報が登録されている場合、債務整理を行ったカード会社やローン会社に連絡し、記録を停止してもらう必要があります。

携帯電話本体の代金を延滞

携帯電話本体を分割払いで購入した場合、ローン契約(割賦契約)扱いになるため、支払いの延滞をするとドコモやauは「CIC」という個人信用情報機関のブラックリストに載り、ソフトバンクは「JICC」という個人信用情報機関のブラックリストに載ります。(携帯ブラックとも言われます)

そのため、クレジットカードやローンカードを持ったことがない方でもブラックリスト入りしている可能性があります。

携帯電話の通話料金など、使用料の延滞ではブラックリスト入りしませんが、使用料をクレジットカードで支払い、かつ延滞した場合はブラックリストに載る対象です。

奨学金の返済を延滞

奨学金に苦しんでいる

経済的な理由で学ぶことが困難な学生を支援するための制度を「奨学金」と言います。

奨学金を管理している「独立法人日本学生支援機構」は個人信用情報機関のKSCに加盟しているため、奨学金の返還を2か月以上未払いにすると返済意志のないとみなされ、長期延滞情報が金融事故情報として記録されます。

短期間でクレジットカードを解約

短期間でクレジットカードを解約した情報が残っていると、他のクレジットカードの審査に通りにくくなる「短期解約ブラックリスト」になります。入会特典目当てでクレジットカードを作っている人だと思われてしまうため、クレジットカード審査にのみ通りにくくなります。通常のブラックリストとは異なり、カードローンや住宅ローン、自動車ローンなどの審査には影響がありません。

特典目当てで入会したと思われないように、クレジットカードの解約は入会直後を避け、最低半年以上利用しましょう。

クレジットカードの強制解約

クレジットカードを強制解約されると、JICCに強制解約の履歴が残ってネガティブな印象を与え、信用力がなくなりブラックリスト入りします。また、一度クレジットカードを強制的に退会されると、その後同じクレジットカード会社が発行するクレジットカードの審査に通過し利用再開することは困難になります。

クレジットカードの強制解約になる条件はいくつかあります。

カード会員本人以外のカード利用

カード会員本人以外がクレジットカードを利用することは利用規約で禁止されているため、家族や友達、恋人などにカードを貸したことがカード会社に把握されると強制解約となります。

クレジットカードの不正利用(悪用)が起きた場合にも、カード会社が「カード会員本人以外がカードを利用した」と判断するとクレジットカードの利用停止処分で強制解約になる可能性があります。クレジットカードの不正利用が起こった場合には必ずカード会社に連絡し、個人信用情報が傷つかないようにしましょう。

クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を利用して買い物をし、専門の買い取り業者に商品を買い取ってもらうことで現金を手に入れることです。カード会社はクレジットカード現金化を禁止しており、把握された場合には強制解約になります。

多重申込による「申し込みブラック」

多重申込、申し込みブラックとは短期間に複数のクレジットカードを申し込むことです。カード会社から入会特典目当て・不正利用目的で申し込みしていると判断され、他社のクレジットカード審査にも通らなくなります。半年間に3枚以上のクレジットカードを申し込むと申し込みブラックと判断されて審査に落ちる可能性があります。

クレジットカードの申込情報は個人信用情報機関に6か月間記録されます。申し込みブラックになった場合は最後のカード申し込みから6か月以上経ってから申し込みましょう。

事故情報(ブラックリスト)は消せるのか

ブラックリストに一度載った金融事故情報は自力で消すこと(削除)はできません。

個人信用情報機関に登録されている金融事故情報は、どのようにしてブラックになったのかによって期間は異なりますが、延滞している金額を完済後、ある一定の期間が経過することで消えます。

CICに記録している期間

クレジットカード系(割賦販売法および貸金業法)の信用情報を管理する「CIC(シー・アイ・シー)」という個人信用情報機関は、支払い延滞の情報を5年、任意整理の情報を5年、自己破産の情報を7年記録しています。

JICCに記録している期間

消費者金融や信販会社系クレジットカードの個人信用情報を管理する「JICC(日本信用情報機構)」という個人信用情報機関には、任意整理の情報が5年、自己破産の情報が5年、強制解約の情報が5年記録されます。

KSCに記録している期間

銀行系クレジットカードや銀行カードローンと契約した個人信用情報を管理する「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」という個人信用情報機関には、延滞の情報が5年、代位弁済の情報が5年、任意整理の情報が5年、自己破産の情報が10年残ります。

事故情報は各信用情報機関で共有されている

CICに管理される金融事故情報は「CRIN」や「FINE」というネットワークでJICCやKSCにも共有されています。

同様に、JICCやKSCに金融事故情報が記録された場合も3つの個人信用情報機関で共有されてしまうので、カードローンで重度の支払い延滞をした方はクレジットカード審査で金融事故情報が把握され、審査落ちします。

社内ブラックの情報は永久に消えない

クレジットカード会社のデータベースには「社内ブラックリスト」というものがあり、そのカード会社の利用者のうち、過去に金融事故を起こした人の情報を残しています。社内ブラックになると審査に通らなくなる上、一度社内ブラックになってしまうと、その情報は永遠に残ってしまいます。

社内ブラックリストには免責決定(自己破産が確定)したタイミングで登録されます。

社内ブラックの情報は、グループ会社の一つに登録されてしまうと、グループ会社内で共有される可能性があります。例えば、楽天銀行デビットカードの利用中に自己破産をした方は、楽天銀行にブラック情報が登録される上、楽天カード社にもブラック情報が登録される可能性があります。

また、一部のクレジットカード会社は、政府の機関紙である「官報」に記載された自己破産情報を独自に収集し、社内ブラックとして登録しています。

ブラックリスト入りしない延滞

返済が遅れてもブラックリスト入りしない支払いの延滞について説明していきます。

短期間のカード料金延滞

短期間のカード料金延滞が原因でブラックリスト入りすることはありません。1度だけ数日返済が遅れてしまった、という方には異動情報(金融事故情報)は登録されず、返済遅れを表す記号「A」が記録されます。

個人信用情報の返済状況に「異動」と記録されるとブラックリスト入りです。返済が遅れた情報が1つ残っているだけでは、クレジットカードの審査やローンの審査にはほとんど影響しません。ただし、短期間に何度も返済を延滞(1年間に3回程度)すると、頻繁に支払い遅れが発生する人だと判断され信用力を失います。

クレジットカードの年会費支払い延滞

クレジットカードの年会費支払いは、延滞した場合も金融事故として扱われないため、ブラックリスト入りすることはありません。ただし、年会費支払いを延滞したことを理由にクレジットカードが強制解約された場合は、JICCにその旨が記録されます。

公共料金の支払い延滞

電気料金や水道料金、ガス料金などの光熱費、公営住宅の家賃や病院の医療費、公共料金の支払いを延滞しても個人信用情報機関には記録されず、ブラックリスト入りしません。

ただし、クレジットカードを利用してこれらの支払いを行う方が延滞した場合は個人信用情報に金融事故情報が登録されブラックリスト入りします。

過払い金返還請求

借入金の返済で本来支払わなければいけない金額よりも多く支払っていた場合、過払い金返還請求をすることができます。過払い金返還請求は本来支払う必要がないお金を帳消しにする手続きなのでブラックリストには載りません。

過去には、過払い金返還請求をすると債務整理扱いになり個人信用情報が傷ついていましたが、2010年1月14日からは個人信用情報とは関係がないと金融庁が認めたためブラックリストに載らなくなっています。

税金や家賃の支払い延滞

以下の支払い延滞は個人信用情報機関に記録されないのでブラックになりません。住民税や所得税の返済延滞でブラックリスト入りしない理由は、市役所に個人信用情報機関を照会する権限がなく、返済が遅れたとしても個人信用情報に記録できないからです。同様に不動産会社や新聞会社にも権限がなく、ブラックリスト入りすることはありません。

個人信用情報機関に開示申請して自分がブラックか確認する

CIC、JICC、KSCの個人信用情報機関に個人信用情報の開示申請し、信用情報開示報告書を発行してもらうことで、自分がブラックリスト入りしているか確認可能です。

クレジットカードに関する個人信用情報を確認したい場合はCIC、キャッシングなどの金融事故情報を確認したい場合はJICC、金融機関からの借入内容や支払状況を確認したい場合はKSCに開示申請を行います。

CICやJICCは窓口や郵送、スマートフォン経由で開示請求をすることが可能で、全国銀行個人信用情報センターの場合は、登録情報開示申込書を郵送で送ることでのみ開示が可能です。(いずれも手数料1,000円程度)

詳しい開示方法は、個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示請求する方法を参照して下さい。

同姓同名の方と情報が混同登録されている

個人信用情報機関では、稀に同姓同名の方の個人信用情報を混同して登録することがあります。金融事故を起こした覚えがないのにクレジットカードの審査に通過できない、という方は個人信用情報機関に開示請求し、問題があれば修正を申し込むことをおすすめします。

ブラックリストでもクレジットカードは発行できる

一般的に、ブラックリスト入りしている方はクレジットカードの審査に通過できません。しかし、金融事故経験のある方にカードを発行するかはカード会社の裁量次第なため、ブラックリスト入りしている方にもクレジットカードが発行された例が少なからず存在します。審査の柔軟なカード会社を選択することで、ブラックリスト入りしている方でも十分にクレジットカードの発行される可能性があります。

個人信用情報機関の金融事故情報は一定期間後に消えますが、ブラックリストが解除された直後は、クレジットカードやローンの利用履歴である「クレヒス(クレジットヒストリー)」が一切記録されていない「スーパーホワイト」の状態になります。クレヒスはクレジットカード審査において重視される項目です。スーパーホワイトの方は審査通過が困難なため、ブラックリスト入りしているうちにあらかじめ独自の基準を設けるカードを利用し、クレヒスを作っておくことをおすすめします。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料