おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカードの審査方法について

クレジットカードを作る際は、必ず審査が行われます。しかし、なぜ審査が行われるのかという理由や、カード会社が行っている審査の具体的工程がわからず、不安に思われている方も多いと思います。

クレジットカードは、カード利用者が支払った代金を一時的にカード会社が立て替えてくれるシステムによって成り立っています。そのため、カード発行の際は、立て替えたお金をきちんと返してくれる利用者なのかどうかを審査で見極める必要があります。カード会社は申し込み者に対し、「返済能力があるのか」「悪用の疑いはないのか」など様々な観点で審査を行います。

クレジットカードのクレジット(Credit)とは、信用という意味です。すなわち、申し込み者には信用カードを発行するだけの信用があるのかを見極めるため、審査を行う必要があるのです。

ここでは、クレジットカードの申し込み者を審査する方法や注意点について順を追って説明し、さらには審査に通らない場合の対処法を紹介していきます。

申し込み

紙の申込書、もしくはインターネットの申し込みフォームに必要事項を記入することで、クレジットカードに申し込むことが可能です。

申し込み書を正確に記入する

申し込みの際は、申告内容に漏れや不備がないように注意しましょう。申告内容に漏れや誤りがあれば、カードが発行されない可能性があります。インターネットによる申し込みの場合は必須項目が抜けていれば先に進めませんが、申し込み書の郵送の場合は必須項目を記入しなくても手続きが進んでしまうため、特に注意が必要です。また、申し込み書の字が読めないとカード発行に至らない可能性があるため、手書きの書類は丁寧な字を書くよう心がけなければなりません。

また、申し込み用紙に捺印した銀行印が、銀行に登録されているものではなかった、というミスが原因で審査に落ちる方が多々見受けられます。気をつけて下さい。

申し込みの際に埋められる項目はすべて埋める

カード会社は、申し込み者が申告した情報を点数化することによって、カードを発行するかしないかを審査します。また、申し込み用紙や申し込みフォームに記入する内容は、発行審査の大きな判断材料になります。そのため、後に加点される項目をできるだけ増やすためにも、申し込みの際、埋められる項目は全て記入しておきましょう。点数化する項目や点数などはカード会社によって異なり、詳しい内容は公表されていませんが、一般的には以下のような項目が点数化の項目になっています。

申し込みの段階で空白のまま提出した項目は、審査において加点されることはありません。

申し込みの際はキャッシング枠を希望しない

キャッシング枠を希望すると、後の審査項目が増えるため、カードが発行されない可能性が高くなってしまいます。キャッシングを必ず利用したいという方以外は、キャッシング枠の希望額をゼロにして申し込みましょう。

また、貸金業法の「総量規制」というルールにより、他社借入が年収の3分の1を超えている方は、キャッシング枠を希望した場合、発行を確実に断られます。これは、規制以上の借入額になることを防ぐ目的で定められており、例外はありません。

記入内容のチェック

申し込まれた内容について、カード会社が記入漏れや誤りがないかをチェックします。インターネットから申し込んだ場合、申し込み画面の段階で全ての項目にチェックが入るため、記入漏れや明らかな誤りがある場合は申し込みが確定しない場合が多いです。

申し込み用紙に手書きで記入した場合はミスに気づかないまま提出してしまうこともあります。よく確認して下さい。

本人確認

カード会社が申し込み者に電話やメールなどで連絡を取り、申し込みの際に申告した氏名、住所、生年月日が正しい内容であるかを確認します。多くの場合、ここで運転免許証や保険証などの証明書類を申し込み者に提出させ、申し込み時の内容と一致しているかどうかを確認します。

本人確認書類と申告内容が一致していなければ、カードを発行することができません。必ず申告した氏名、住所、生年月日が記載されている本人確認書類を提出しましょう。

また、不正な申し込みを防ぐため、申し込み者が架空の人物ではなく実在しているのか、本人確認書類が偽造されたものではないか、などもチェックされます。

本人確認書類については、偽造の可能性が低く全国統一の書式を用いられているため確認が容易な運転免許証を提出することが最も良いとされています。審査時間を縮めるとともに、カード会社によっては運転免許証を提出したことを審査のプラスポイントと捉える場合もあるため、本人確認書類は運転免許証を優先しましょう。

機械による申告内容の自動審査

申し込み者が申告した情報を、機械によって自動的に点数化します。例えば居住形態を記載する箇所であれば、「持ち家」と記入していると○点、「賃貸」と記入していると○点、「社宅」と記入していると○点、といったように自動的に申告内容が点数化されます。この作業を何項目も繰り返し、最終的な合計点数や個々の項目の点数が、カード発行の合否において大きな判断材料になります。

クレジットカードの審査においては、以下のような「3C」と呼ばれる項目が重要視されます。

3Cとは、Capacity(返済力・資力)、Character(性格)、Capital(資産や財産)という3つの観点を意味し、機械による自動審査では、申告情報を3Cそれぞれの観点からスコアリングします。

Capacity(返済力・資力)についての確認

Capacityとは、クレジットカード申し込み者の年齢、職業、勤務先企業の規模、勤続年数、雇用形態、年収、借入額、家族構成を元に、返済能力・支払い能力があるかを判断する基準のことを言います。

例えば、年齢は若い方が良く、勤務先は規模が大きければ良く、アルバイトや派遣社員よりも正社員の方が良いと判断され、高い点数が付けられます。職業に関しては、公務員などの収入が安定している職業の方が評価は高いですが、市長や国会議員のような特殊な公務員は、選挙に落ちると収入がなくなることを理由に点数も低くなります。

審査項目 審査基準
職業・職種 公務員や医師などの安定した給料・年収が得られる職業の正社員が高く評価される
年齢 申し込み条件を満たした中で若い年齢の人ほど高く評価される
勤務先の規模 大手企業や上場企業など、勤務先の規模が大きいほど高評価
勤続年数 同じ会社に勤めている年数が長いほど高評価
年収 年収が高ければ高いほど高評価
借入額 他社でのキャッシングやカードローンでの借入があるかを確認し、借入額が多いほど低評価

Character(性格)についての確認

Characterとは、クレジットカード申込者が返済日に延滞することなく返済してくれるかという性格面を判断する基準のことを言います。

これは、申し込み者が過去にクレジットカードやローンを利用して滞りなく返済できていたかという、返済履歴を見て判断します。返済履歴は金額問わず、利用した分だけきちんと返済できていれば加点され、1日でも返済が遅れていればマイナスになります。また、30代の後半になってくると、まったく返済履歴がない状態もマイナス評価となります。

カード支払いの利用履歴のことを「クレジットヒストリー(クレヒス)」と言います。これまで利用したクレカやカードローンの履歴を見て、支払いの遅延・延滞はしていないか、毎月のようにカード利用をしているかをチェックしています。

Capital(資産・財産)についての確認

Capitalとは、担保になる住居などの不動産を所有しているか、所有している場合は居住年数がどれくらいの期間かという審査基準のことを言います。担保となる資産を所有している場合は、審査時に有利になります。

審査項目 審査基準
住居形態 分譲住宅自己名義の持ち家を所有していれば評価が高くなり、その次に社宅、賃貸マンション、公営住宅の順番で高評価になります。
居住年数 賃貸住宅に住んでいる場合は、同じ場所に最低1年以上住んでいることで評価が高くなり、分譲住宅の場合は居住年数が半年程度であっても「保有資産」としてカウントされ高評価になります。
家族構成 独身の実家住まい(親と同居)がもっとも高く評価され、次に既婚で親と同居、既婚で親と別居、そして独身で親と別居の順番になります。既婚の場合は子供がいるよりも、いないほうが自由に使えるお金が多いと判断され、審査に有利です。

信用情報機関が提供する信用情報についての確認

3Cを確認するにあたっては、信用情報が重要になります。

信用情報とは、クレジットカードやローンの契約者が、これまでにどのような利用をしてきたのかの記録です。信用情報は「CIC」「JICC」といった個人信用情報機関に登録されています。

個人信用情報機関とは、個人の信用情報を様々な金融機関から集めて登録し、登録した情報を外部に提供している機関です。カード会社は全ての審査の過程で、この信用情報機関に登録されている申し込み者の情報を確認し、カードを発行してもいいかどうかを判断します。例えば、過去にA社のカードを持っていて延滞したという記録が登録されていれば、新たにB社のカードを申し込む際に、審査の過程で過去にA社が登録した記録が確認され、この申し込み者は過去にカードの延滞があるという理由でカード発行が見送られてしまう可能性が高くなります。そのため、カードを発行するためには、使った金額を必ず支払い、延滞を絶対にしないことが大切です。

個人信用情報機関に登録された信用情報は、滞納情報であれば5年程度、自己破産や債務整理といった「金融事故」の情報であれば7年~10年程度保存されます。金融事故情報が信用機関に登録されている期間は、まずクレジットカードの審査に通ることはないと考えて下さい。

クレジットカードの発行元と信用機関

現在、日本のクレジットカードに関する個人信用情報は、以下の3つの個人信用情報機関が管理しています。それぞれが担当する系列についても併せて紹介します。

系列とはクレジットカードを発行元の運営業態や母体を基準に分類したものです。クレジットカードの系列および系列別審査の難易度は以下のようになります。

低い やや低い やや高い 高い
消費者金融系
アコムACマスターカード
流通系
楽天カード
ビックカメラSuicaカードなど
信販系
ニコスVISAOカード
ジャックスゴールドカード
銀行系
三井住友VISAカード
SMBC JCB CARDなど

信用情報機関の情報共有

信用情報機関はそれぞれが情報を登録するだけではなく、CRINとFINEと呼ばれるネットワークを通じ、情報を共有しています。そのうち、クレジットカードの審査において重要なのはFINEです。

FINEでは、利用者の氏名や年齢といった個人情報から、貸付の金額や残高、元本又は利息の支払いの遅延の有無といった契約情報まで共有が行われています。そのため、クレジットカード料金の延滞や現在の利用可能残高なども各カード会社に把握されることになります。

支払いのトラブルがあった系列のカードで申し込みを避けたとしても、他系列のカード審査は芳しくない結果になります。将来のクレジットカード利用を考えると、発行元に関係なく全てのクレジットカードをトラブルなく利用することが大切です。

登録された信用情報が保管され続ける期間

個人信用情報は、個人信用情報機関において以下の期間保管されます。

名字が変わった場合は信用情報が消えている可能性がある

結婚や離婚を機に改姓した方は、以前の名字で登録されていた個人信用情報が適応されない可能性があります。優良な個人信用情報がリセットされてしまい、審査に落ちてしまうことを避けるためにも、改姓後にクレジットカードを申し込む際は、その旨をきちんと伝えましょう。

個人信用情報は、カード利用者が照会することもできる

個人信用情報機関に登録されている情報は、自分のものであれば誰でも照会することが可能です。手数料が1,000円ほど必要なものの、対象となる機関に申請を出すだけで簡単にこれまでの個人信用情報を確認できます。また、個人が自分の情報を開示したことはカード会社には伝わりません。

いくら対策を練っても、自分の忘れている所で支払いの遅れや借入があっては審査通過が難しくなります。インターネットや窓口、郵送など、都合にあった方法で確認してみて下さい。

携帯料金の払い忘れに注意する

すでに説明した通り、信用情報機関には延滞情報が記録されてしまうため、クレジットカードを発行するためには、使った金額を必ず支払っていくことが大切です。ここで気を付けなければいけないのは、携帯電話の本体代金を分割払いにしていて、携帯電話料金の延滞をしてしまったことがある場合です。本体代金を一括払いにしている場合は信用情報機関に登録されませんが、分割払いにしている場合は信用情報機関への登録対象になります。この場合、クレジットカード代金の延滞でなくても、携帯電話料金の支払いが遅れてしまうだけで信用情報機関に延滞の記録が残ってしまうので注意しましょう。

申し込みの際に見落とされやすい注意点として、自分名義で契約した携帯電話代金の支払いを他人が行っているために、気づかないところで支払いが遅れ、信用情報に傷がつくという例が挙げられます。特に、子供用の携帯電話を親名義で契約し、支払いを子供に任せた場合、子供が支払いを遅らせたために名義人である親の信用情報に傷がつく、というパターンがしばしば見受けられます。

同時に何枚もカードを申し込まない

カード会社は、同じ時期に何枚もカードを申し込む方のことを、お金に困っている人とみなして審査で落とす可能性があります。どうしてもカードが欲しいからといって、同じ時期に何枚もカードを申し込まないように注意しましょう。

カードの審査に落ちた場合は、個人信用情報機関に記録が残ります。多重申し込みとして扱われないよう、6か月以上の期間をあけてから次のクレジットカードに申し込みましょう。

使ってないカードは解約するか限度額を下げてもらう

すでに複数のクレジットカードを持っている方は、与信枠の関係上、新しく作るカードの審査が通らないことがあります。

与信とは、カード会社の利用者に対しての信用力を指します。カード会社は利用者の収入や勤続年数から「これくらいの額ならばカードで利用しても返せるだろう」と判断し、与信を決定します。与信の限界がカードの利用限度額になり、これらの関係性のことを統括して与信枠と呼びます。

例えば、すでにAという限度額200万円のカードとBという限度額100万円のカードを持っている方は、合計300万円の与信枠を得ているということになります。仮に利用者の年収が300万円程度だった場合、新しくカードを発行することでこれ以上与信枠を与えても、限度額まで利用された場合は収入で返済することが難しくなります。結果、新しくクレジットカードに申し込んでも審査で落ちることになります。

このような場合、新たにクレジットカードを発行してもらいたいならば、使っていないクレジットカードを解約するか、カード会社に相談して限度額を引き下げてもらうことで与信枠に余裕をもたせる必要があります。

カード会社が独自に記録している情報についての確認

個人信用情報機関の情報に加え、各カード会社では、独自に過去の申し込み情報や入会後のカード使用記録、延滞情報など、顧客とのやり取りが全て記録され、残されています。信用情報は最長10年程度で記録が消滅しますが、カード会社独自の情報は何年たっても保管されます。従って、過去に延滞・滞納の繰り返しや規約違反等、何らかのトラブルを起こしたことがある人は、何年たってもそのカード会社で記録が残っているはずですので、カードの発行が難しくなります。

また、最近はカード会社の統廃合も増えています。過去に支払いトラブルを起こしたカード会社が別のカード会社と合併することで情報が共有されたために、新規にカードを作ることができない会社が増える可能性もあります。

例:さくらカードとセディナカードの合併により、さくらJCBカードの支払いトラブルがあった方はセディナカードクラシックの発行が難しくなる

人による申告内容の審査

自動審査でカード発行の可否が判断できない場合、人の手によって審査が行われます。申し込み者に対し、不明点を質問する作業が行われます。

また、申し込み者が申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認するため、勤務先に電話をかけて在籍の確認を取ることがあります。

勤務先に確認が入る基準はカード会社によって異なりますが、基本的にクレジットカードに申し込んだ際は在籍確認がセットになると思っていて良いでしょう。

なお、審査の進行状況や信用情報の内容、申し込み者の事情などによっては電話による在籍確認が行われない可能性があります。

在籍確認はあくまで支払い能力があるかどうかの確認の一つです。これまでの信用情報を確認した際、ローンやクレジットカードの支払いが滞りない方は、十分な支払い能力があるとみなして在籍確認を行わない可能性が高くなります。

また、審査のタイミングに職場で電話を取る人が誰もいないなど、事情により在籍確認を行うことができない場合、以下のような書類を提出することで在籍を確認する場合もあります。

さらに、どうしても在籍確認ができない場合は、在籍確認をパスして審査を進めることもあります。しかし、そのような場合に審査を通過する可能性は下がります。審査に通ったとしても、当初のショッピング枠が5~10万円程度と非常に少ない状態で発行されるなどの処理が行われる可能性が高くなります。

カード発行

全ての審査と在籍確認を終え、審査に合格した場合はカードが発行されます。

クレジットカードの審査は、自動審査だけで終わることもあれば、慎重な審査が必要な場合は人の手による審査や在籍確認が行われることもあります。また、本人確認のタイミングもカード会社ごとに異なり、申し込みの際に行われることもあれば審査の後に行われることもあります。

クレジットカードの審査期間も、発行を申し込んだ当日に終わるものから2周間程度かかるものまで様々です。一般に、三井住友カードやMUFGカードと言った銀行系カードの審査は時間がかかる傾向があります。

クレジットカードの途上与信

途上与信とは、クレジットカードの発行後、カード会社が利用者について再審査を行い、このままクレジットカードを利用させるべきか判断することです。途上与信を行うタイミングや回数、審査項目などはカード会社によって異なるため一概には言えませんが、銀行系のカードおよびステータス性の低いカードは頻繁に途上与信を行う傾向にあります。

キャッシング枠やショッピング枠が限度額ギリギリの方や、定額払いのリボ残債があって返済能力に不審を感じられる方などは、カード会社の行う定期的な途上与信のタイミング以外でも再審査の対象になっている可能性があります。

途上与信の成績が良くなかった利用者は、カード限度額の縮小や、カード更新時の新カード発行不可といった処理が行われる可能性があります。最悪の場合、即カード停止処置もあり得るので、発行時の審査に通ったからといって気を抜かず、良い属性を維持して下さい。

ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードの審査

クレジットカードによっては、一般カードよりも付帯特典を向上させたグレードの高いカードが用意されています。ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードなどと呼ばれる上位カードを手に入れるためには、インビテーションと呼ばれる招待状を受けとる方法と、新規に上位カードの発行を申し込む2つの方法があります。

インビテーションを受け取るためには、下位カードを継続的に利用することが必要です。カード会社が利用状況から利用者を優良会員であると判断した場合、利用者のもとにインビテーションが届けられます。インビテーションを通じ、カードのグレードアップを申し込んだ場合は、ほぼ確実に上位カードを手に入れることが可能です。しかし、稀にインビテーションから申し込んだとしても審査が必要になることもあり、その場合審査に落ちてしまうと上位カードが発行されません。

また、下位カードを利用していない、もしくはインビテーションが届いていない方も、上位カードへのグレードアップを申し込むことは可能です。その場合、上位カード発行のための審査が必ず行われます。

ここでは、審査の内容や審査に通るコツについて紹介します。

新規にゴールドカードに申し込んだ際の審査内容

ゴールドカードを新規に申し込んだ場合、一般カードで確認される内容に加え、以下のような点を重視した審査が行われます。

勤続年数

ゴールドカードにおいては、何よりも勤続年数を重視した審査が行われます。

ただし、MUFGカードゴールドやセディナゴールドなどの年会費2,000円クラスの格安ゴールドカードや、三井住友プライムゴールドカードやUCカード ヤングゴールドといった銀行系ヤングゴールドカードであれば、勤続年数1年以上の方から審査通過の可能性があります。ローン残高がないことや、大企業勤務あるいは公務員であることなどの条件を満たしていれば、それ以下での勤続年数でも十分審査に通過する可能性があります。

三井住友ゴールドカードやJCBゴールドカードなど、銀行系ゴールドカードの場合は、勤続年数5年以上の上、年収500万円程度の方から審査通過可能です。

リボ払い・分割払いの利用履歴

リボ払いや分割払いを繰り返し利用している方は、ゴールドカードの審査において評価が低くなる傾向があります。

ゴールドカードはある程度の収入や資産がある方を対象にしたカードです。カード会社は、リボ払いや分割払いを繰り返し利用している方のことを、金銭的な余裕の無い、自転車操業状態でカードを利用している方であると判断します。そのため、ゴールドカード発行の対象外として審査に落ちる可能性が高まります。

しかし、多くのクレジットカードにおいて、リボ払いを利用することでポイントやキャッシュバックを多く獲得する特典があることをカード会社は把握しています。また、リボ払いであっても支払額を規定よりも多めに設定することで、実質的に一回払いと同じ金額を支払っている方もいます。このように、特典のために一回払いと同じような状況でリボ払いを利用していると判断できた方は審査においてマイナス評価されることはありません。

クレジットカードの利用回数

ゴールドカードの審査では、数回だけ高額な支払いをした方と、数百回の少額な支払いをした方の利用額が同じ場合、後者の方を高く評価します。これは、会員がカードを利用した額よりも、回数によってカード会社の利益が増えるためです。優良な会員と判断された利用者は、長くクレジットカードを使ってもらうためにも、ゴールドカードへの審査に通過する可能性がグンと高くなります。

下位カードを利用していた方がゴールドカードに申し込む際の審査内容

ゴールドカードの下位カードである一般・ヤングゴールドカードを利用していた方は、カードをグレードアップしようとした場合、より審査において優遇されます。

例えば、三井住友ゴールドカードの審査に通りたいと思っている方は、三井住友カードや三井住友プライムゴールドカードを継続して利用していた方は、審査において有利です。

ただし、審査において確実に優遇されるのは、同系列の下位カードを利用していた場合のみです。まったく関係のない他社の下位カードを利用していた場合は優遇されません。また、目標のゴールドカードと同じ国際ブランドの下位カードを利用した場合も審査には影響ありません。

また、一般・ヤングゴールドカードの利用実績を評価されてインビテーションが届いた場合、ほぼゴールドカードの発行に必要な条件は満たしているとカード会社が判断した、と思っていただいて結構です。後に審査を行った時、属性に大きな問題がなければ、まず確実にゴールドカードが発行されます。

プラチナ・ブラックカードの新規申し込み時に問われる審査内容

一般に、インビテーションが届かないと審査すらしてもらえない印象が強いプラチナカードとブラックカードですが、三井住友プラチナカードやSuMi TRUST CLUB プラチナカードなど、新規発行申し込みをすることで審査を受け付けてくれるカードがいくつか存在します。

ブラックカードに新規申し込みをした場合、一般カードやゴールドカードで確認される内容に加え、以下のような点を重視した審査が行われます。

年収

プラチナ・ブラックカードの新規申し込み審査においては、年収が最も重視されます。JCBカードのブラックカードである「JCBザ・クラス」がインビテーションを採用していなかった時代は、年収1,500万円以上が発行条件の一つでした。他社ブラックカードの審査においても、申し込み者は同程度の年収であることが条件になります。

プラチナカードの場合、年収600~1,000万円程度が発行のための最低条件であると言われています。しかし、プラチナカードの場合は審査基準もカードによってまちまちです。格安プラチナカードと呼ばれるMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスは、金額にかかわらず安定した収入がある方であれば、年収に関しての条件は十分に満たしていると判断されます。

年収以外の属性

プラチナ・ブラックカードの新規申し込み審査においては、年収以外の属性についても厳しく確認されます。持ち家がない、借入額が大きい、高齢だが未婚である……など、属性に問題がある方は、年収が非常に高かったとしても発行を断られるケースが多々あります。

また、申し込み者の年齢に制限を設けているカードも多く、「原則として30歳以上の方のみ申し込み可」としているケースがほとんどです。

ゴールドカードを保有している方のプラチナ・ブラックカードに申し込む際の審査内容

プラチナ・ブラックカードの下位カードであるゴールドカードを利用していた方は、カードをグレードアップしようとした場合、より審査において優遇されます。これは、一般・ヤングゴールドカードの利用実績がゴールドカードの審査において有利に働く構図と全く同一です。

また、ゴールドカードの利用実績を評価されてプラチナ・ブラックカードのインビテーションが届いた場合は、ゴールドカードのインビテーションが届いた時以上に審査通過の可能性が高まっています。これは、プラチナ・ブラックカードのインビテーションが届くような会員は、ゴールドカード発行審査の際に十分に属性を確認し尽くした「厳選された会員」であると見なされているケースが多いためです。

審査に通らない際の対処法

ここまで審査の方法を説明し、審査に通るためのコツなども紹介しましたが、中にはどうしても審査に通ることができない方もいると思います。どうしても発行したいクレジットカードがあるために諦めずに何度も申し込みを繰り返す方もいると思いますが、多重申し込みと多重審査落ちはクレヒスの面から考えると大変危険です。

また、ステータスの高いカードを持ちたいと思っているものの、上位カードの厳しい審査を突破することができず悩んでいる方も多いと思います。しかし、上位カードの審査は属性が大きく重要視されるため、個人が数年単位で努力した程度ではどうやっても審査基準を満たすことができないことも多々あります。

ここからは、前述のような審査対策とは別の目線から、クレジットカードの審査を攻略する方法を紹介します。

家族カードを持つ

家族カードとは、本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)用に発行できるクレジットカードです。つまり、配偶者か親がクレジットカードを持っていれば発行が可能なクレジットカードです。

家族カードは、審査なしと言うわけではありませんが、家族カードを持つ方の与信状況ではなく、すでにカードを持っている人(本人会員)の信用度で審査が行われるため、本人会員の方の支払いがたびたび遅延しているという状況でない限り落ちることはまずありません。

ただし、家族カードでは自分のクレヒスが育ちません。今後もずっと家族カードを持つのであれば問題ありませんが、そのままクレヒスなしで年齢を重ねていくと、自分のクレジットカードを発行するのがより難しくなります。今後の審査を考えるのであれば、後述する審査の甘いカードを発行して利用することをおすすめします。

デビットカードを持つ

デビットカードとは、キャッシュカードにクレジットカード的機能を付帯させたカードです。クレジットカードは利用金額が翌月に引き落としされるのに対し、デビットカードは利用代金がすぐに銀行口座から引き落とされる仕組みになっています。そのため、クレジットカードのように利用代金をカード会社が肩代わりするようなリスクが無いことを理由に、ほぼ全てのデビットカードが審査不要で発行することができます。

ただし、デビットカードを発行する際に提携銀行の口座を持つことが条件になることや、提携銀行の口座に残高がない場合はデビットカードを利用できないこと、携帯電話や高速道路の料金支払いにデビットカードが対応していないことが多いこと、家族カードと同じくクレヒスが育たないことなど、クレジットカードには様々な欠点があります。

また、デビットカード用の口座を開設する際に審査が行われる可能性があります。口座開設の審査はクレジットカードほど厳密ではありませんが、住所が不定だったり銀行の多くの借金があったりする場合など、問題がある場合は審査に落ちますので、注意して下さい。

審査に通りやすい時期を狙って申し込む

クレジットカード会社は、景気や社内事情によって、発行するカード枚数を増やしたり減らしたりすることがあります。当然、発行枚数を増やしたい時は審査に通過しやすくなり、発行枚数を減らしたい時は審査が厳しくなります。

カード会社が入会キャンペーンを行っている時期は、審査に通りやすくなっていると言われます。特に、テレビやインターネットで大々的にキャンペーンを宣伝している時期が狙い目です。発表されたばかりの新しいクレジットカードは特に宣伝が激しくなるため、新作クレジットカードの情報を収集することも審査に通過する一つの手です。

審査の甘いカードに申し込む

どうしても持ちたいクレジットカードがあるけれども、何度挑戦しても審査に通らないという方は、6か月以上期間をあけてから発行を再度申し込みましょう。

また、確実に審査に通りたい場合は、クレヒスを育てることが重要になります。最低でも一年間、クレジットカードを支払いの延滞なく定期的に利用した方は、審査において評価がグンと上がります。

まずは以下のような審査に通りやすいクレジットカードを持つことを第一ステップと考え、順を追って目的のクレジットカードの審査に臨みましょう。

楽天カード

楽天カードは、年会費無料で高還元率の人気カードです。

信販系カードの中でも特に審査に通りやすく、常に入会キャンペーンも行われているため、ステータスの高いカードの審査に苦戦していた方におすすめしたいクレジットカードであるといえます。

イオンカード

イオンカードは、全国のイオン系列店舗での利用が便利なクレジットカードです。

特殊な発行条件を用いており、収入のない主婦の方や学生の方でもカードの発行が可能です。審査もあまり厳しくなく、年会費も無料なため、イオン系列店舗をよく利用する方はぜひ発行を申し込んで下さい。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料