おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

ヨドバシクレジットカードの審査難易度

ヨドバシカメラが発行しているクレジットカード「ヨドバシゴールドポイントカード・プラス」は家電量販店の「流通系カード」に該当するため審査が甘いと思われがちですが、実は審査が厳しいクレジットカードです。

審査が厳しめに設定されている理由は、家電製品は数万円の商品も多く、カード料金の返済滞納が発生したときのリスクが大きいからです。

このページではヨドバシゴールドポイントカード・プラスの審査基準や審査難易度、審査に通過する属性の目安、審査期間などについて解説します。

申込資格

ヨドバシゴールドポイントカード・プラスの申込資格は、「18歳以上の安定した収入がある方」となっています。18歳であったとしても高校生だった場合は申し込みができず、高校生の方は卒業した年の4月1日より入会可能となります。

また、オンライン上で申込をする場合は、20歳以上でなければ申込は出来ません。クレジットカードの発行要件に「安定した収入」とありますが、これは正社員でなくても問題なく、アルバイトやパートタイムの方でも毎月一定額のお金が入ってきていれば発行できます。学生の場合は収入が0円となってしまいますが、それでも「親と同居している」など一定の条件を満たせば、発行されますので心配は不要です。

審査難易度、審査基準

ヨドバシクレジットカードの審査難易度、審査基準について解説します。

審査難易度

ヨドバシクレジットカードの審査難易度は少々厳しいと言えます。その理由は「クレジットカードの現金化」を防ぐためです。家電量販店の場合、高額な商品を販売しているため、必然的に利用可能額も上がっています。そのため、信用情報に少しでも疑問点がある場合などは、クレジットカードの現金化を防ぐために、否決判定を出しているようです。

30代以降、1枚もクレジットカードを持っておらず、初めて申し込みをした場合に否決判定が出たという情報があり、やはり審査基準はやや高めで難しいと言えるでしょう。

当然、申込用紙に誤字脱字があったり、多重申込をしたりしている場合は否決になります。多重申込と言うのは、6ヶ月以内に複数枚のカードの申込をしていることを指します。

また、クレジットカードの申込情報も個人信用情報に記載されます。そのため、他社で否決されたからと言って、すぐに新しいカードに申込をしても否決されやすいのです。

審査基準

次に審査基準ですが、主に申込者の属性を見ています。属性には、「年齢・年収・過去のカード利用情報」が含まれており、特に過去のカード利用情報を重視しているカード会社は多く、過去にカード料金の返済滞納情報があると審査通過できません。

年齢は発行要件に当てはまっているかどうかをみるだけですので、特段問題は無いでしょう。年収は返済能力の有無を確かめる上で必要になるものですので、正しい年収額を記載してください。

また、キャッシングを申請する場合、総量規制の対象になります。総量規制では、年収の3分の1以上は借りられないことになっていますので、申込枠と調整する際に用います。

過去のカード利用情報は個人信用情報機関に照会をして確認します。他社のクレジットカードで延滞したり、自己破産したりしていないかどうかをチェックするもので、この情報に事故情報が記載されていると審査が否決されやすくなってしまうので注意が必要です。

審査に通りやすい年齢や属性

審査に通り年齢や属性ですが、学生は審査に通りやすい傾向にあります。と言うのも、多くの学生は親と同居していたり、アルバイトをしていても全額自分の好きなように使えたりするため、確実に支払いされると思われています。

学生からの申込であれば、ほぼ100%の確率で審査に通過します。ただし、すでに持っているカードで延滞や遅延の履歴があると新規発行が否決されます。きちんとクレジットカードの支払いをしており、返済能力に問題が無いと判断されれば発行されます。審査に落ちてしまったら過去の延滞や滞納で信用情報に傷がついている可能性が高いです。

流通系カードの中では審査が厳しい部類ですが、年齢に応じた年収があれば審査通過は十分可能です。20代であれば年収200万円以上、30代であれば300万円以上が目安となります。ただし、クレジットカードの審査では属性に点数を付けていくスコアリングが行われるため、総合的に見て審査担当者に判断されます。

ちなみに、個人信用情報はご自身でも開示することができます。手数料1,000円ほどがかかりますが自宅のパソコンからでも簡単に行えますので、否決になってしまったら信用情報を開示してみると良いでしょう。

仮カードが発行されても本審査に落ちる場合がある

ヨドバシクレジットカードは店頭で申込を行い、30分ほどで仮カードが発行されます。仮カードはヨドバシカメラの店舗だけでしか利用できず、本カードとは違って仮カードはそのほかのお店やヨドバシ.comなどでは使うことはできません。カードの有効期間は、1週間で、利用期間を過ぎると仮カードは使えなくなります。

仮カードは店舗での簡単な審査に通過すると発行され、仮カードが作れたからと言って必ず本カードが届くとは限りません。仮カードはあくまでも簡単な審査のため、本人確認だけで済ませて、後日、本審査を行うカード会社もあります。ヨドバシカメラの仮カード審査がどのように行われているか詳細は分かりませんが、仮カードが発行されたからと言って、確実に本カードが発行されるわけではない、ということを覚えておきましょう。

また、ヨドバシクレジットカードの仮カードの限度額は10万円~15万円で本カードより低いので注意が必要です。仮カードは発行されて、本カードの審査に落ちてしまった場合、先ほどもご紹介したように、ヨドバシカメラが設ける基準に達していない可能性があります。一度、ご自身の属性や信用情報を確認してみると良いでしょう。

審査期間、審査時間

ヨドバシのクレジットカードの審査期間は、およそ2週間~3週間ほどです。ヨドバシカメラの店頭で申し込んだ場合、30分ほどで仮カードが発行され、その後、お支払い口座の設定を行います。支払い口座の設定が終わったことを確認した後、2週間ほどで郵送されます。もし、支払い口座の設定が行われていなかった場合、審査否決または本カード発行までの期間が長くなってしまいます。

どれくらいの時間で可決や否決の判定が出るかどうかは分かりませんが、仮カードは即日発行可能で約15分~30分で審査結果が出ます。

ヨドバシカメラでお買い物をする予定がありポイントを貯めたいというのであれば、店頭ですぐに発行できる仮カードの申込をしてみると良いでしょう。

ゴールドポイントカード・プラスの特徴

ヨドバシゴールドポイントカード・プラスは「ヨドバシカメラでのお買い物で最大11%ポイント還元」、「ヨドバシカメラで購入した商品は90日間補償」などの特徴があります。

まずポイント還元ですが、これは10%ポイント還元の商品を買った場合です。ヨドバシカメラは商品ごとにポイント還元率が設定されていて、その商品の還元率+1%ポイント還元されます。

ヨドバシカメラ以外のそのほかの店舗で、ヨドバシゴールドポイントカード・プラスを使った場合も1%ポイント還元されます。日々の公共料金の支払いなどを、このカードで行うと、ヨドバシポイントが1%付与されるという事です。貯めたヨドバシカメラのポイントは1ポイント=1円で全店舗のヨドバシカメラで使うことができます。

次に、補償についてです。ヨドバシカメラで買った商品が、破損・盗難に遭った場合に購入日から起算して90日以内であれば、100万円まで無料で補償してくれます。これは、偶発的な事故も補償してくれるため、例えば、部屋の掃除中に落として壊してしまった場合でも、補償対象となる場合があります。

また、ヨドバシゴールドポイントカード・プラスが盗まれて、ポイントを不正利用されてしまった場合でも、10万ポイントまでは補償してくれます。ただし、3,000ポイントは免責となりますので覚えておいてください。カードが盗難された場合、届け出日から起算し、60日以内の不正利用は、ヨドバシカメラ側で補償してくれますので、実損は出ません。

ヨドバシカメラではカード会員限定の特別販売を行っており、様々な商品が特別価格(割引価格)で購入できます。このほかにも、レンタカー代が割引になったり、引っ越し代金が割引になったりなど、様々なサービスが充実しています。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料