おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカード審査比較

クレジットカードの申し込みのとき、審査通過できるか不安だという方、審査落ちしないためにはどのクレジットカードを選べばいいかわからないという方も多いです。
このページでは、クレジットカードごとの審査通過率と、審査通過した人、審査落ちした人の特徴、審査難易度について解説するので、参考にしてもらえればと思います。

審査の基礎知識

クレジットカード入会時には必ず“審査”があります。
多くの場合、スコアリングと呼ばれる機械判定で審査が行われますが、その際に3Cと呼ばれる、Capacity(返済力・資力)、Character(性格)、Capital(資産や財産)という総合点が重視されます。

この3Cを基準として、年齢や固定収入、返済能力や借入金の有無、不動産所持の有無などをコンピューターで点数化し、合格点以上となると審査を通過します。

また、私達のクレジットカードの利用履歴やキャッシングなどの情報は、個人信用情報機関(CIC、JICC、KSCの3社)に蓄積され、この情報も審査に使用されています。

金融事故情報の共有を行う仕組み「CRIN」と、利用者の借入額を確認するための情報共有をする「FINE」という2つの仕組みにより、個人信用情報機関同士は情報を共有しているのです。

カードごとの審査難易度比較

クレジットカードの審査には、「発行会社別」と「カードステータス別」の2種類の審査難易度があります。

1番審査が甘いと言われるのが、「消費者金融系」の会社が発行する一般カードで、最も難しいと言われるのが「銀行系」の会社が発行するブラックカードです。

発行会社別の審査難易度

クレジットカードの審査難易度はカード発行会社によって異なります。

カード発行会社でみると、
【銀行系カード(三井住友VISAカードなど】 > 【交通系カード(ANAカードなど)】 > 【信販系カード(楽天カードなど)】> 【流通系カード(イオンカードなど)】 > 【消費者金融系カード】

という順番で厳しくなっています。
そのため、最も審査が甘いのは「消費者金融系カード」だと言われています。

カードステータス別の審査難易度

カードのステータス別では、ブラックカード > プラチナカード > ゴールドカード > 一般カードの順番で審査難易度が厳しくなります。

ゴールドカード以上の審査に通過するには相応の年収(300万円以上)が必要で、過去にクレジットカードを利用した履歴「クレジットヒストリー」がなければカード会社に信用してもらえません。初めてクレジットカードを作る方は審査が簡単な一般カードを申し込みして、カード会社から信用してもらうことから始めましょう。

審査が甘いと噂のおすすめクレジットカード

一般的に、「消費者金融系」と「流通系」は審査が比較的甘いと言われています。今回は、審査が柔軟なおすすめのクレジットカードを、それぞれの特徴を比較しながらご紹介します。

ブラックでも通過するといわれる楽天カード

審査が柔軟な流通系カード
ブラックでも作れたという口コミもある
年会費無料でポイント高還元率

10人中8人が審査通過(審査通過8名、審査落ち2名)

楽天カードはカード発行の入会キャンペーンとして、ポイントプレゼントを行っていることがあり、頻繁にテレビCMなどで見かけます。その時期カード会社はカード発行枚数を増やしたいと考えているのでキャンペーン期間中は審査通過率が高くなり、入会ポイントも多くもらえます。

楽天カードが発行されれば楽天市場の売り上げも上がるためできるだけ多くカード発行したいと考えているので、キャンペーン期間中以外でも楽天カードは審査が甘く、審査難易度が低いと言えます。楽天市場を利用する方は楽天ポイントが常に4倍になるので、ネットショッピングをクレジットカード支払いする方におすすめのカードです。

楽天カードで審査通過した人の特徴

20代の方、30代で初めてクレジットカードを作るという方でも、無事に審査通過している方が多いです。年収がない専業主婦の方でも審査通過しているので、過去にカード料金滞納などの金融事故(事故情報)がない方であれば、審査通過の可能性は高いです。

楽天カードで審査落ちした人の特徴

40歳以上で過去に自己破産をした経験がある方、今までクレジットカードを作ったことがない方(スーパーホワイトの方)が審査落ちしています。また、借金があって審査落ちしている方もいるので、現在借金がある方は返済後に申し込みすると良いでしょう。

いつもの買い物がお得になるイオンカード


年会費無料
特定日のお買い物で割引やポイントUP
ビッグエコーやイオンシネマなどが最大30%割引

イオンカードは、イオン系列店舗で毎月20日・30日は「お客様感謝デー」として、イオンカードを提示するだけで5%割引になったり、毎月5・15・25日は「わくわくデー」として、ときめきポイントやWAONポイントが2倍になったり、毎月10日は「Wポイントデー」として、獲得ときめきポイントが2倍になったりする、特定日にお得にお買い物ができるクレジットカードです。年会費も無料で、家計を管理する主婦の方に優しいカードです。

10人中8人が審査通過(審査通過8名、審査落ち2名)

イオンカードはイオンフィナンシャルグループが発行する流通系カードです。申し込みの画面では職業で「主婦」「学生」「アルバイト」などを選べ、返済能力があると判断されれば問題なく発行できるカードだと言えます。

イオンカードは全国のイオングループで割引が適用されるカードで、年収がない専業主婦でも審査通過しやすいクレジットカードです。20日・30日は5%割引になるので、イオンモールを利用する方はぜひ持っておきたいカードです。

イオンカードで審査通過した人の特徴

収入がない学生の方、専業主婦の方でも無事審査通過しています。楽天カードは40歳以上の方の審査通過率が悪いですが、イオンカードは40代、50代の方でも審査に通過している方が多いです。安定した収入があり、普段からイオングループを利用してくれる属性だと判断されれば発行できる可能性は高いです。

イオンカードで審査落ちした人の特徴

借金があり、まだ返済が済んでいない方が審査落ちしています。また、勤続年数が半年未満、居住年数が半年未満の方で審査落ちしたという方もいるので、新しい仕事を始めたばかり、引っ越したばかりという方は審査落ちする可能性があります。

新社会人や学生におすすめのライフカード

永年年会費無料
誕生月はポイント5倍で還元率2.5%
L-Mallの活用で最大25倍のボーナスポイント

10人中7人が審査通過(審査通過7名、審査落ち3名)

ライフカードはライフカード株式会社が発行する信販系カードです。利用者の誕生月はポイント5倍(ポイント還元率2.5%)、年間利用金額に応じてボーナスポイントがもらえる特典があるため、ポイントを効率的に貯めたいという方におすすめのカードです。

ライフカードには「学生専用カードライフカード」があるので、大学生・専門学校生の方でも審査通過しやすいというメリットがあります。申し込み条件は「日本国内に在住、18歳以上で電話連絡可能な方」となっているので、主婦やフリーター、社会人の方でも審査通過しやすいカードです。

ライフカードで審査通過した人の特徴

定期的な収入があり、返済能力があると判断された方は審査通過しています。また、自営業の方でも審査に通ったという報告があり、他のカード会社とは少し違った審査基準かもしれません。初めてのクレジットカード(楽天カード)申し込みで審査落ちしたけれど、ライフカードの審査には通ったという方もいます。

ライフカードで審査落ちした人の特徴

25歳未満の若い方で、通常のライフカードを申し込んだ方が審査落ちしています。25歳未満で学生の方は「学生専用ライフカード」を申し込む方が審査通過しやすいです。また、社会人として働き出したばかり、最近一人暮らしを初めて引っ越したばかりという方も審査落ちしているので、勤務年数と居住年数が1年未満の方は審査落ちの可能性があります。

その他のおすすめクレジットカード

ここからは、審査がやや甘めのおすすめカードを紹介します。ただし、上記のカードよりは少し難易度も上がるため、審査が不安な方は注意してくださいね。

ファミマTカード

ファミリーマートやTSUTAYAでお得に使えるクレカ
年会費無料
25歳以下はポイント2倍

ファミマTカードを発行するポケットカード株式会社は、元々消費者金融だった会社が発行しているカードなので審査が甘めで、ブラックでも審査が通ると言われているカードの一枚です。

ファミマTカードは即日発行に対応していないものの、ポイントが貯まる機能やETCカード機能が付いているので、審査難易度が低くても基本的なクレジットカード機能は備わっていて欲しいという方はこのカードをおすすめします。

エポスカード

年会費永年無料
海外旅行保険が自動付帯で充実補償
年に4回マルイでの買い物が10%OFF

エポスカードは、流通系カードに含まれ、店舗側が利用客の獲得を目的に発行しています。そのため、審査もそこまで厳しくないのが特徴です。また、全国のマルイデパートやモディ、通販サイト「マルイウェブチャネル」などでポイントに応じた割引がありお得です。とくに、年4回開催されるエポス会員限定セール「マルコとマルオの7日間」では、すべての商品が10%オフとなります(一部対象外商品あり)。

セゾンカード

永久不滅ポイント.com経由でポイント最大30倍
「西友」「リヴィン」「サニー」で毎月5、20日は5%オフ
年会費無料

セゾンカードは、クレディセゾンが発行する即日発行・即日受取可能なクレジットカードです。流通系カードなので、利用社獲得を目的とした独自の審査基準が想定されています。特に主婦や学生といった本人収入のない方でも審査に通過可能です。

さらに、西友などのスーパー利用がお得になることや、ETCカードの即日受取もできるので人気の高いカードの1つです。

また、クレディセゾンが発行する「JMBローソンPontaカードVisa」も審査がそこまで厳しくないことで人気のようです。

Yahoo! JAPANカード

年会費無料
Yahoo!ショッピングで常にポイント3倍
Tポイントもダブルでザクザク貯まる

Yahoo! JPANカード(ヤフーカード)は「18歳以上(高校生不可)で安定した収入があれば申し込み可能」のクレジットカードで、専業主婦の方でも配偶者の方に収入があれば審査に通る可能性があります。

当サイトが行ったアンケートでは「収入がない専業主婦の方」や「ローンが残っている50代の方」でも審査に通過しています。Yahoo! JAPANカードは最短2分で審査結果がわかるスピード審査を売りにしていて、申し込み情報から自動的に審査を行う「機械審査」の審査通過条件が低く設定されていると言われています。

審査はやや厳しいがおすすめのカード

2,349万人が利用中の三井住友VISAカード

銀行発行カードで安心のセキュリティ。
初年度年会費無料、2年目以降年会費1,250円。海外旅行傷害保険が最高2,000万円と高額賠償額の保険が適用。
学生から社会人、主婦まで、5人に1人が持っているお勧めのカード。

10人中7人が審査通過(審査通過7名、審査落ち3名)

三井住友VISAカードは三井住友銀行が発行する銀行系カードです。銀行系カードは審査が厳しいと言われていて、楽天カードやイオンカードなどの審査通過しやすいカードよりも審査難易度は高いと言えます。
しかし、学生の方はポイントもお得で審査通過しやすい学生専用カード「VISAデビュープラス」がありますし、安定した収入があり過去に返済の延滞や滞納がない方であれば審査通過できるカードです。

三井住友VISAカードで審査通過した人の特徴

社会人の方で安定した収入がある方、居住年数が1年以上で勤続年数も1年以上の方は審査通過率が高いです。また、既に他のクレジットカード会社が発行するカードを使っていて、2枚目以降の申し込みの方も審査通過率が高いです。

三井住友VISAカードで審査落ちした人の特徴

自営業の方、居住年数か勤続年数が1年未満の方は審査落ちしている方が多いです。30代以上で初めてクレジットカードを作る方、借金がある方も審査落ちしているので、上記に該当する方や審査が不安な方は、他のクレジットカードでクレジットヒストリーを積んで申し込むことで審査通過率が高くなるでしょう。

クレジットカードの審査に通りやすくなるコツ

クレジットカードの審査通過には、いくつかコツがあります。審査に不安がある方は参考にしてみてください。

●電話回線は必須
クレジットカードのほとんどが固定・携帯どちらかの電話回線が必要です。お持ちで無い方は、まずここから始めてください。

●キャッシング枠は可能な限り低く設定して申し込む(0円が理想)
キャッシング枠とは、ショッピング枠と異なる、クレジットカードで現金を借り入れるシステムです。この額を高く設定すると審査が長引き、ハードルが上がるため、なるべく「0円」に近い額を設定してください。

●クレヒスを育てる
「クレヒス」とは、クレジットカードヒストリーの略称で、クレジットカードの利用履歴のことです。
個人信用機関には、支払状況等が記録され、請求通りに支払いが行われた月には「$」マークが残ります。

この情報はカード会社間で共有されているため、まったく履歴のない「スーパーホワイト」と、金融事故情報のある「ブラック」状態はカードが作りにくくなります。

不安な方は、審査の甘い消費者金融系カードなどを手に入れて、少しずつクレヒスを育てましょう。

●ブラックリスト入りしていないかチェック
クレジットカードへの多重申込や支払いの3か月以上の延滞、破産などの金融事故情報は、個人信用情報機関に記録されます。平均でも1年前後から、長い場合は5~10年記録されてしまい、その間はクレジットカードやローンを組むことが非常に難しくなります。

自分の情報は個人信用情報機関に問い合せて開示できるので、不安な方は一度試してみてください。

●必要な書類を準備して情報を正確に入力
ネットからの申込の場合、スマホなどでも申し込めるため、入力情報が誤っている場合もあります。また、手元に必要な書類がなく、適当に入力してしまうことで、審査に落ちる可能性もあります。

入力情報の訂正は難しいので、必ず1度は入力情報を確認してから申込を行いましょう。

審査に必要な本人確認書類

申し込み時には手元に以下のいずれかの本人確認書類を準備し、情報を正確に入力すると審査がスムーズになります。

なお、運転免許証は顔写真もあるので、一番信頼度が高く安全です。国籍が海外の場合は外国人登録証が必要なので注意しましょう。

審査に必要な入力情報

申込時には以下のような情報の入力が必須です。意外とわからないので適当に入力する方もいるようですが、申し込み前に調べておきましょう。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料