おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカード審査難易度ランキング

クレジットカード審査難易度ランキング

クレジットカードの審査は年収や職種、勤続年数のほか、カード会社が加盟している個人信用情報機関がもっている信用情報を確認し、過去に滞納の利用履歴(金融事故情報、移動情報)がないかなど、様々な基準で合否を判断しています。審査難易度の低いA社のカード審査では落ちたのに、審査難易度の高いB社で通過できたということも度々あります。

カード会社は明確な審査基準を公表していないため、クレジットカード自体に審査難易度の順位付けや偏差値を決めることはできません。
そこで今回は、カード種類ごとにクレジットカード審査難易度ランキングを審査が厳しい順に発表し、その種類の代表カードを紹介していきます。また、最後に審査が甘い・審査がゆるいカードも紹介します。

1位:ブラックカード

ブラックカード

クレジットカード審査において、ゴールドカードやプラチナカードよりも取得が難しいとされるカードの種類は「ブラックカード」です。すべてのブラックカードが共通ではないのですが、ブラックカードを発行しているアメックスやJCBカードなどのクレジットカード会社のカードを使用している状態で、年収1,000万円~数千万円の方が、年間利用額1,000万円以上になると招待状(インビテーション)が届き、申し込みをする権利を獲得できるのだそうです。
とはいえ、具体的には謎な部分も多く、年収が1,000万円に満たないのに招待状が届いた方もいるようです。

ほとんどのブラックカードには、コンシェルジュサービス(執事)が付いています。コンシェルジュサービスは飛行機のチケット手配、ホテル予約などを利用者の代わりに行ってくれるサービスです。
他にもお金持ちしか招待されないイベントの招待状が届いたり、高級レストランでの割引サービスがあったりします。

一般カードでも審査が難しいとされるアメックスですが、アメックスの最高峰「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」がブラックカードの中でも最も取得難易度の高く、公式サイトにも情報が載ってない幻のカードです。年会費は30万円を超えます。

ブラックカードの代表カード

2位:プラチナカード

プラチナカード

プラチナカードは一部招待制のカードを除き、公式サイトからでも申し込めるステイタスカードです。審査通過のための基準は年収1,000万円あれば発行してもらえるものが多く、年会費平均5万円程度です。

プラチナカードでは空港のラウンジだけでなく、保有者限定のラウンジもあります。保有者限定ラウンジとは、たとえばJCBのプラチナカード「ザ・クラス」の利用者だけが入れるディズニーランドの限定VIPラウンジ「クラブ33」のようなラウンジです。

プラチナカードの代表カード

3位:ゴールドカード

ゴールドカードの審査難易度は一般カードレベルからプラチナカードレベルのものまで様々で、年会費は平均2万円ほど。ほとんどの場合カード会社の公式サイトからでも申込みが可能です。

最近では年会費が安い(5,000円~1万円)ゴールドカードや、審査が比較的通りやすいゴールドカードも発行されているので、ステータス性のあるカードがほしい方は一度申し込んでみると良いかもしれません。

ゴールドカードの代表カード

ゴールドカード

4位:銀行系カード

銀行系カード

銀行系カードは銀行、または銀行と提携している会社が発行しているクレジットカードです。ステータス性の高いカードを除いた一般カードの中では最も審査が難しく、中にはゴールドカードに匹敵する審査難易度のカードもあります。とはいえ、転職回数が少ない一般の会社員であれば、これまで支払いの遅延をしたことがなければ問題なく発行できるかと思います。

銀行系カードの特徴は、安心して使えるという点でしょう。「三井住友VISAカード」というと、大手銀行が発行しているカードなので信頼や安心感がありますよね。また、カードを所持しているとローンの金利が優遇されるカードも増えてきています。

銀行系カードの代表カード

5位:独立系カード

独立系カードは、クレジットカードを発行しているカード会社の系統にも該当しないクレジットカードです。機能性も独自で高いものが多く、どれも一般カードの中では比較的審査難易度は高めです。

独立系カードは大手クレジットカード会社が発行するカードと差別化をはかるため、特徴的なカードが多いです。たとえばNTTグループカードの場合、カード利用金額に応じてNTTグループの通信料がキャッシュバックされるというようなサービスがあります。

独立系カードの代表カード

6位:交通系カード

交通系カード

交通系カードは、鉄道会社や高速道路を運営している会社が発行するクレジットカードで、鉄道系カードとも呼ばれています。一般カードの中では平均的な審査難易度です。

交通系カードの特徴は、新幹線や飛行機などの交通機関でSuicaやPasmoなどの電子マネーのチャージでポイントが貯まりやすいという点です。通勤や通学、出張などで電車や飛行機を頻繁に利用する方はポイントが貯まりやすくお得に利用できます。

交通系カードの代表カード

7位:信販系カード

信販系カードは、信用販売を行っている信販会社(クレカを主として発行している会社)が発行しているクレジットカードです。このあたりから審査難易度は「甘い・ゆるい」と呼ばれる部類に入ってきます。

信販系カードの特徴は、多くの方に使ってもらうためにポイント還元率を高く設定したり、審査が比較的甘く設定されていたりする点が特徴と言えるでしょう。学生や専業主婦の方など本人収入がない場合でも、配偶者の方に収入があれば審査に通過できる可能性が高いです。

信販系カードの代表カード

8位:流通系カード

流通系カード

流通系カードは、大手スーパー・デパート・コンビニなどで発行しているクレジットカードです。収入がなく、年収で不利になりがちな主婦・専業主婦の方でも持てるよう審査が甘く、年会費無料のカードが多いです。

流通系カードの特徴は、スーパーやデパート、グループ会社(グループ店舗)での割引サービスがあるという点です。たとえばイオンカードの場合、毎月20日、30日に5%オフの割引サービスがついています。

流通系カードの代表カード

9位:ハウスカード

ハウスカードは、発行している企業やお店でのみ使えるクレジットカードです。通常のクレジットカードと違い、発行したお店でしか利用できないので注意しましょう。

ハウスカードの代表カード

デビットカード

デビットカード

クレジットカードとは少し機能は異なりますが、カード利用すると預金口座から即時支払われるデビットカードであれば実質審査なしなので、どうしても審査に通らない人、審査落ちしてしまう人、ブラック情報が残っている人におすすめです。審査なしで利用金額からキャッシュバックがある三菱東京UFJ-VISAデビットがおすすめです。

ただしデビットカードは、高速道路でETC利用、携帯電話の料金支払い、ガソリンスタンドでの支払い、プロバイダの料金支払いなどができず、クレジットヒストリーが貯まらないというデメリットがあります。

デビットカードの代表カード

審査難易度に関する知識

カードの種類ごとに審査難易度があることを説明しましたが、カード審査難易度に関する知識をご紹介します。カード審査に通りやすくする方法も解説し、審査難易度の高いカードにも通りやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

プロパーカードと提携カード

JCBカードを例にあげて説明すると、JCB(カードブランド)が直接発行しているカードを「プロパーカード」と呼び、楽天カードやイオンカードやJALカードなどにJCBのブランドロゴが入っているカードを「提携カード」と呼びます。

基本的にプロパーカードはステータス性の高いカードが多く、審査難易度が難しい、審査が厳しいと言って良いでしょう。対して提携カードはカード会社ごとに審査基準があるので一概には言えませんが、プロパーカードよりも審査が甘い場合がほとんどです。

国際ブランドで審査難易度は変わらない

国際ブランドとはVISA、MasterCard、JCBなど、世界中で決済ができるようにサービスを提供している会社のことです。
たとえばイオンカードセレクトを発行する場合、VISA、MasterCard、JCBの3つの国際ブランドから1つ選択するのですが、どの国際ブランドを選んでも基本的には審査難易度は変わりません。
クレジットカード審査を行うのは国際ブランドではなく、イオンカードセレクトを発行するイオンクレジットサービス株式会社だからです。

稀に国際ブランドごとにカードの機能が異なるカードがありますが、その場合はそれぞれが別のカードという認識になり、カード発行会社が国際ブランドごとに審査基準を設定していると考えられます。

審査では返済能力・信用力・属性情報が大切

クレジットカード審査では、信用情報を保管している個人信用情報機関の登録情報をカード会社が確認して、申込者が返済滞納して延滞情報が残っていないか審査します。クレジットカードの利用履歴のことをクレジットヒストリー(クレヒス)と言い、審査に大きく影響するので返済の滞納などはしないように気を付けましょう。

もしも支払いの滞納があった場合、個人信用情報機関に延滞情報(事故情報、異動情報)が記録され、審査が甘いクレジットカードでも審査落ちしてしまうことがあります。

また、申込書に記入した属性情報(年収、勤務先、居住年数、借入額など)に点数を付ける「スコアリング」を行い、申込者の総合的な返済能力があるかカード会社は判断しています。もし借金やキャッシングなどをすでに行っている場合は審査に通りにくくなります。

また、専業主婦の方からカード申し込みがあった場合は本人収入がないため、配偶者(旦那さま)の年収から返済能力を判断しています。本人収入がない専業主婦の方や学生の方は、審査基準がゆるい信販系カードか流通系カードの中から選ぶことをおすすめします。

審査通過のコツとして、キャッシング枠を0円で申し込みするとカードで借金ができないのでカード会社のリスクが減り、審査に通りやすくなります。

自分の属性に合ったカードを選ぶと審査通過しやすい

クレジットカード会社はカード会員数を増やすために「学生専用カード」や「女性専用カード」、「65歳以上専用カード」などを発行していることがあります。これらのカードは特定の属性の方に発行してもらうために作られたカードで、学生であれば学生専用カード、女性であれば女性専用カードを申し込みする方が審査通過率は高くなります。

申込者が特定のお店を利用する可能性が低い場合も属性が合っていないと判断されて審査は不利になります。たとえば東京メトロが発行している地下鉄や飛行機利用でお得な「ANA To Me CARD PASMO」というカードがありますが、東京メトロを利用しない地域に住んでいる方が申し込みをすると審査に通りにくいです。カード会社は特定の店舗やサービスを利用してもらえる方に向けてカード発行したいと考えているので、審査難易度だけをカード選択の基準にせず、自分の属性に合ったカードを選ぶようにしましょう。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料