おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

信販会社(信販系カード)の審査

「信販系カード」は販売信用を行う信販会社が発行するクレジットカードです。信販会社の審査では返済能力・信用力・資産が審査基準となりますが、一般的に信販系カードは審査が甘いと言われていて、収入さえあれば審査通過できます。

このページでは信販会社とは何か詳しく説明し、信販会社の審査基準について解説していきます。また、信販会社のカード審査に落ちた方におすすめのクレジットカードも紹介します。

信販会社とは

信販会社とは「信用販売会社」の略称で、クレジットカード、カードローン、自動車ローン、オートローン、ディーラーローン、住宅ローン(提携ローン)、割賦販売(分割払い)、賃貸住宅の保証人など、販売信用を主に行っている会社です。

信販会社は上記のようにローンの取り扱いもありますが、クレジットカード業務を主に行う会社が多く、サービスやセキュリティがしっかりしていて安心してカードを利用できます。

また、信販会社は銀行ローンや銀行系クレジットカードよりも審査が甘く、審査に通りやすいのが特徴です。ただしローンとクレジットカードのキャッシング(借入)は銀行よりも金利が高いです。

信販会社のクレジットカード審査基準

信販会社はクレジットカードの入会審査で下記の3つを重要視します。

これらを元に入会審査を行うので、1つずつ説明していきます。

返済能力

カード申込者の返済能力を判断する「職業」「雇用形態」「年収」が重要になります。

申込者が安定した収入のある「公務員」や「大企業の会社員」などの職業だと評価が高くなり、審査に通りやすくなります。また、年収が多い「医師」や「弁護士」だとカード利用額も多くなり返済能力もあると見なされ、有利になります。

雇用形態は「会社員」が一番審査に通りやすいです。「パート」「アルバイト」「契約社員」「派遣社員」「自営業」など、仕事を失ってしまう可能性があると審査に不利になります。

年収は多ければ多いほど良いですが、「正社員」で毎月お給料をもらっているのが一番良いです。会社の経営者や自営業でいくら年収が多くても、会社が倒産してしまい事業が成り立たなくなるというリスクがあるからです。

性格、信用力

性格、信用力とは「カード料金の返済をきちんと行ってくれるか」という評価です。いくら会社員で安定した収入があっても、カード料金を返済してくれないとカード会社は困ってしまいますよね。

カード会社は信用力を調べるために、過去のクレジットカード利用履歴を確認します。個人信用情報機関という信用情報を保管している機関に情報を照会し、過去に滞納がなかったか調べます。滞納の情報が残っていて信用力がないと見なされて審査に通りにくくなります。

資産、財産

資産、財産は「持ち家があるか」「土地を持っているか」「貯金はあるか」を判断されます。ただし、資産がどれだけあっても返済能力がなければ長い間カードを使ってもらえないと思われるので、一番重要なのは「職業」や「年収」などの返済能力だと言えます。

信販会社の審査は甘い

カード利用者がクレジットカードを使用すると加盟店は信販会社に手数料を支払います。これを加盟店手数料と言い、信販会社の主な収益となります。

つまり、利用者にカードを使ってもらわなければ信販会社には利益がないので、多くの利用者に使ってもらえるよう審査が甘く設定されています。

信販会社のクレジットカード

信販会社が発行しているクレジットカードは「楽天カード」や「ライフカード」が有名です。ほかにも下記のカードがあります。

信販会社名 クレジットカード名
オリエントコーポレーション オリコカード・ザ・ポイント
ライフカード株式会社 ライフカード
クレディセゾン セゾンカード
株式会社ジャックス ジャックスカード
株式会社セディナ セディナカード
楽天カード株式会社 楽天カード
三菱UFJニコス VIASOカード

たとえばセディナカードを発行している株式会社セディナの場合は「エディオンカード」「コジマカード」「JR東海エクスプレスカード」「JTB旅カード」などを提携カードとして発行しています。

ジャックスカードを発行する株式会社ジャックスは「REXカード」「くまもとカード」「サンドラッグクレジットポイントカード」「ブックオフオンラインJACCSカード」などを発行しています。

このように1つの信販会社でデパートやショッピングモールなどと提携した「提携カード」を何枚も発行しています。

信販会社と消費者金融会社の違い

信販会社と消費者金融会社はお金を貸してくれるという点では似ています。その違いは、信販会社は「クレジットカード屋」、消費者金融会社は「金貸し屋」だと思っておけば間違いありません。

クレジットカードやローンなどで物を購入するときは信販会社からお金を借りて、その料金は分割で返済していくというのが基本です。

対して消費者金融会社は「お金を貸してくれる会社」です。何も購入したい物がなくても融資を受けて、分割で返済することができるという点が大きな違いです。

信販会社のクレジットカードにもキャッシング機能が付いているので一時的にお金を借りることができますが、キャッシングは翌月に全額返済しなければいけないので、消費者金融会社からお金を借りるのとは少し異なります。

一度審査に落ちると期間をあけたほうが良い

一度審査に落ちてしまって、他のクレジットカードをすぐに申し込もうと考えている方もいると思いますが、カードを申し込んで審査に落ちたという情報が個人信用情報機関に半年間残ります。

つまり、同じカード会社のカードを申し込んでも、半年いないだと「半年以内に一度審査落ちしている」ということがわかってしまうので、審査に通りにくいです。

また、他のクレジットカードでも「他社クレジットカードに申し込んで審査落ちしている」と思われるので、審査に有利には働きません。すぐにクレジットカードがほしいかもしれませんが、半年間期間をあけてから申し込んだほうが審査通過率は高くなります。

審査なしのデビットカード

デビットカード審査なし

クレジットカードは利用料金を翌月返済するため、信用力を調査するカード発行審査がありますが、デビットカードは口座とカードを紐付けることで即時決済に対応しているため審査なしで発行可能です。

クレジットカードを作れなくてお困りの方は、デビットカードの作り方のページを参考にしてみてください。

オリコカード・ザ・ポイント

常にポイント1%還元
ネットショッピングでポイントアップ
入会後6カ月間は通常ポイント2倍

オリコカード・ザ・ポイントはポイント還元に特化したクレジットカードです。常にポイント還元率1%なので、何の支払いでもポイントが貯めやすいのが特徴です。また、入会後6か月間はポイント2倍になるので、ポイントを貯めるチャンスです。電子マネーiDが付いているのでコンビニやスーパーの支払いでもポイントが貯まります。

国際ブランドはVISA、JCB、マスターカードから選ぶことができるので、自分に合ったブランドを選びましょう。また、

大手信販会社「オリエントコーポレーション」が発行する信販系カードで、交通系クレジットカードであるルミネカードよりも審査に通りやすいため、ルミネカードの審査に落ちた方にもおすすめです。

VIASOカード

年会費永年無料
最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
最高100万円までのショッピング保険も付帯
学生や専業主婦・パート主婦も審査申込み可能

VIASOカードは高校生を除く18歳以上から申し込み資格があり、審査時に収入面の不利がある専業主婦やパート主婦の方でも審査が通りやすい間口の広いクレジットカードです。

年会費無料で海外旅行保険が付いているので、旅行好きな人におすすめのクレジットカードです。

楽天カード

主婦・パート・アルバイトでも申込可能
18歳以上なら申し込みOK
会員数1,200万人突破
年会費永年無料

高校生を除く18歳以上なら主婦・パート・アルバイトでも申込可能な楽天カードがおすすめです。申込者の現在借入状況や返済能力を総合的に判断して、カード発行可能審査が行われますが、携帯電話のみしか持っていない場合でも申し込み可能なので、固定電話を持っていない人にも人気のクレジットカードです。

2015年末に楽天カード会員数1,200万人を突破してますので、日本の人口約12.7億人から計算すると、日本人10~11人に1人持っている計算ですので、たくさんの方が楽天カードを発行出来ていることがわかります。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料