おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

借金があってもクレジットカード審査は通るのか

クレジットカードのカードローンや消費者金融から借金をしている方で「借金があるのでもうクレジットカードは作れない」「借金があるせいでクレジットカード審査に落ちた」という方もいると思います。

このページでは、借金があってもクレジットカードの審査は通るのか、借金があっても作れるクレジットカードについて解説していきます。
借金を抱えていて一度クレジットカード審査に落ちてしまった方、これからクレジットカードの申し込みをするけれど不安、という方はぜひ参考にしてください。

借金があってもクレジットカード審査は通る

クレジットカードやカードローンを利用して借金があるとき、新たに借入が必要になったりショッピングでクレジットカードが必要になったりします。その場合、クレジットカード審査に通るのか解説します。

借金がある状態でもクレジットカードは作れる

申込前に3秒診断

消費者金融会社や、他のクレジットカード会社から借金があっても新しくクレジットカードを作ることができます。ただし、借金があるとクレジットカード発行の審査に通りにくくなるので、「借金があっても申し込み可能なクレジットカード」を選ぶ必要があります。

クレジットカード会社は、借金がある人に新しくクレジットカードを発行すると、貸したお金が返済されない「貸倒れ」になってしまうリスクがあるので、審査が厳しくなっています。クレジットカード会社は申込者が消費者金融などで借りている借金の借入額を調べることができ、借金がある債務者が申し込みで嘘を記入してもすぐにばれてしまうので申込書には真実を書くようにしましょう。

消費者金融会社、クレジットカード会社は、利用者の年収の3分の1以上を貸付けてはいけないという法律「総量規制」で上限額を決められているので、年収の3分の1以上の金額を借りることはできません。総量規制はクレジットカードの利用限度額とは別のもので、もし現在あなたが年収の3分の1以上の借金をしているであれば、カードのキャッシングでそれ以上借りることはできず、クレジットカード審査も非常に通りにくい状態と言えます。

金融事故情報があると審査で不利

クレジットカードの利用履歴、カードローンと消費者金融からの借入額などの情報は、個人信用情報機関という機関に全て記録されています。借金だけではなく、クレジットカードの利用額や自己破産、債務整理、債務整理(金利の引き直し)の情報も5年間記録されるので、個人信用情報機関に過去に滞納や破産などの金融事故情報(異動情報)があると信用力がなく、クレジットカードの審査に通りにくくなります。

このような情報が個人信用情報機関に記録されている状態は、いわゆるブラックリストに載った状態と呼ばれ、ブラック情報が一度残ってしまうと5年間が経過するまでこの履歴を消去することはできません。クレジットカードだけではなく住宅ローンや自動車ローンの審査にも影響を与えることになります。

個人信用情報機関に記録されている情報はクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれ、借金などのネガティブ情報が記録されると審査に通りにくくなってしまうのですが、毎月の返済をしっかりとしていれば信用力になるので、滞納や遅延をせずに返済していればクレジットカードの審査には通りやすくなります。

審査が通らないなら開示請求をする

信用情報開示請求

個人信用情報機関の情報は、個人信用情報開示請求をすることで自分の利用履歴がどのようになっているか確認することができ、手数料1,000円で取り寄せることができます。借金の借入額やカードの返済が行われているかが記載されています。

開示請求はインターネット、窓口、郵送で行うことができるので、なぜ自分がクレジットカードの審査に通らないのかわからないという方は、一度取り寄せてみると原因がわかるかもしれません。

銀行のカードは総量規制の対象外

消費者金融からの借入や銀行カードローンでは、総量規制で年収の3分の1以上の借金はできないと説明しましたが、銀行が発行する銀行系クレジットカードは総量規制の対象外となっているので、クレジットカードの審査に通る可能性があります。

総量規制は、貸金業法で定められている法律です。銀行が発行するクレジットカード銀行法が適用され、貸金業法が適用されないため、総量規制の上限でも銀行のカードは発行することができます。貸金業法が適用されるのはクレジットカードのキャッシングと、消費者金融会社から借金をした場合です。

ただし、銀行も借金がある人にカードを発行すると貸倒れの可能性があるので、審査は通りにくいです。債務者が新たに借入を行う場合、結局は銀行の判断次第ということになるので十分な返済能力が必要になります。

借金はおまとめローンで返済しよう

おまとめローンとは、新たに低金利のローンを組むことで現在の借金を全て返済し、新しく借り入れたローンのみ返済していく方法です。おまとめローンを使えば、今まで複数の消費者金融から借りていた借金(多重債務)を1本化できるので返済が楽になり、今までよりも低金利で組むことで返済の負担額を減らすことができます。

多重債務者の方は「総量規制に引っかかってお金を借りられないのでは」と思う方もいるかもしれませんが、「顧客に一方的に有利になる借入」は総量規制対象外と規定されているので、総量規制に引っかかってこれ以上借金ができない方でも、おまとめローンを利用することができます。

おまとめローンはオリックス銀行カードローンがおすすめ

おまとめ・借り換え利用OK
業界最低水準の低金利(1.7%~17.8%)
口座開設不要なので手続き簡単
最短即日審査可能

低金利のおまとめローンを利用したい方は、業界最低水準の低金利(1.7%~17.8%)のオリックス銀行のカードローンがおすすめです。 オリックス銀行カードローンは審査スピードが早く、おまとめ・借り換えOK、銀行のカードローンなので初めての方でも安心して利用できます。

コンビニや銀行のATMから借入・返済ができ、申し込み手続きでは銀行口座の開設も不要です。他社から借入がある方は低金利のオリックス銀行に借り換えをしたり、返済をまとめたりすることで支払いが楽になり、金利が低いカードローンにすることで利息の返済も少なくなります。

借金があっても作れるデビットカード

デビットカード審査なし

クレジットカードは利用料金を翌月返済するため、信用力を調査するカード発行審査がありますが、デビットカードは口座とカードを紐付けることで即時決済に対応しているため審査なしで発行可能です。

クレジットカードを作れなくてお困りの方は、デビットカードの作り方のページを参考にしてみてください。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料