おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

楽天カードは債務整理経験者でも審査通過可能

債務整理経験者も審査通過実績あり
年会費永年無料
通常ポイント還元率1%

楽天カードは、債務整理を経験した人でも審査に通過した実績を持つクレジットカードです。しかし、「債務整理を経験するとカードの審査に通れなくなるのでは?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。そのような方に向け、債務整理を経験した方が楽天カードの審査に通過できる理由を説明します。併せて、楽天カードの審査に通過できなかった方へのアドバイスや、楽天カードの審査に通過できない人におすすめのカードについてもまとめます。

債務整理を経験した方も審査に通過する可能性がある

債務整理を経験した方も、場合によってはクレジットカードの審査に通過する可能性があります。

一般的に、債務整理を経験した方は、カードの審査に通過することが困難になります。これは、債務整理を経験したことが、金融事故情報として個人信用情報に登録されるためです。個人信用情報とは、クレジットカードやローンを利用した履歴である「クレジットヒストリー(クレヒス)」や職業や収入などといった「属性情報」などをまとめたものであり、個人信用情報機関と呼ばれる企業によって管理されています。カードの審査では必ず個人信用情報が参照されます。債務整理を経験した方は信用力のない人間とみなされ、カードが発行されません。

しかし、カード申し込み者が審査に通過できるかどうかは、カード会社の裁量次第で決まります。クレヒスが良好な方や属性情報が優れている方は、金融事故情報の有無に関わらず信用力がある人間として審査に通過することもあります。

また、カードによっては金融事故情報を重視せず、審査に通過させることもあります。金融事故情報を重視しないカードとしては、楽天カードなどが挙げられます。これらのカードは金融事故情報以外の審査基準も甘いため、債務整理を経験して信用力を失った状態でも審査に通過する可能性があります。

楽天カードの審査が甘い理由

楽天カードは、以下のような理由から審査が甘いカードであるといえます。

申し込み条件

楽天カードは、申し込みに必要な条件が少ないクレジットカードであるため、審査が甘いといえます。一般的に、審査が難しいと言われるカードは、申込者が正社員であることや30歳以上であることなど、厳しい申し込み条件が課せられます。

楽天カードは、高校生を除く18歳以上の方であれば誰でも申し込むことが可能です。収入のない学生や専業主婦に加え、年金で生活している方やパート・フリーターの方、無職の方も申し込み対象です。未成年者や、年収100万円以下の定収入の方でも申し込むことができます。

審査期間

楽天カードは、審査期間が短いため、審査の甘いクレジットカードであるといえます。

一般的には、審査期間が短いカードほど審査の甘いカードであるといわれます。楽天カードは、申込後最短数分で審査結果が出ます。

途上与信

楽天カードは、途上与信を厳しくすることで、発行審査を甘くしています。

途上与信とは、カード発行後、利用者に再審査を行うことです。楽天カードは途上与信を頻繁に行い、問題がある利用者は利用限度額の縮小やカードの利用停止処分を行います。そのため、発行審査の際に厳しい基準を設ける必要がありません。

楽天カードの次はオリコカード・ザ・ポイント

年会費無料
楽天やAmazonの利用でポイント還元率アップ
最大ポイント還元率17.5%

楽天カードの審査に通過した方は、オリコカード・ザ・ポイントに申し込むことをおすすめします。

楽天カードの審査に通過できた方は、カード会社からある程度の信用力を認められていると言えます。楽天カードを利用したことでクレヒスも育っているため、他社の発行するクレジットカードの審査に通過することも可能です。

オリコカード・ザ・ポイントは楽天カードと同様に、年会費無料で通常ポイント還元率が1%のカードです。ネットショッピングでは最大17.5%まで還元率が跳ね上がることが魅力です。

審査難易度も低いため、楽天カードの審査に通過できた方であれば、十分にオリコカード・ザ・ポイントも発行されるといえます。

楽天カードの審査に落ちた場合の理由と対策

楽天カードは、以下のような理由が原因で審査に落ちることがあります。それぞれ申込時に対策をすることで審査通過率を上げることが可能なため、参考にして下さい。

金融事故情報

楽天カードは審査において債務整理経験を重視しないものの、ある程度はマイナス要素として評価します。そのため、確実に審査に通過したい場合は、個人信用情報機関から金融事故情報が消えるまで待つことをおすすめします。

クレジットカードの審査で参照される個人信用情報機関は、以下の3社です。

カードや消費者金融などの情報はCICとJICCが、銀行系ローンなどの情報はKSCが取り扱います。

また、金融事故情報が消去されるまでの期間は、登録される個人信用情報期間や、債務整理の内容によって異なります。

任意整理内容 CIC JICC KSC
自己破産 5年 5年 10年
個人再生 なし 5年 10年
任意整理 なし 5年 5年

楽天カードの審査ではCICとJICCが参照されるため、債務整理から5年間待つことで金融事故情報が消え、審査に通過する可能性が上がります。

キャッシング枠

楽天カードに申し込む際、キャッシング枠の希望額をゼロにすることで審査通過率を上げることができます。

クレジットカードは、キャッシング枠を設定すると、ショッピング枠とは別に審査を行う必要があります。また「申込者はお金に余裕がない人だ」と判断され、審査の評価が下がります。

電話番号

楽天カードに申し込む際、複数の電話番号を記入することで審査通過率を上げることができます。

クレジットカードの支払いトラブルが発生した時、カード会社はカード会員に電話をかけて連絡を取ります。そのため、複数の電話番号を持つ方はより連絡を取りやすいと判断されるため、信用力のある人間として評価されます。

クレヒス

クレジットカードの審査では、クレヒスが重視されます。そのため、過去にカードやローンを利用した経験がない方は、信用力がない方としてマイナス評価されます。

クレヒスは、審査の柔軟なクレジットカードを利用することで育てることができます。まずは審査の柔軟なカードでクレヒスを育て、十分に信用力を身に着けた上で楽天カードに申し込むことで、審査の通過率を上げることが可能です。

多重申込

複数のクレジットカードに申し込みをすると、個人信用情報に申込情報が複数登録され、審査に通過しにくくなります。この状態を「多重申込」と呼びます。カードの審査において、多重申込をした方は「お金に困っている」と判断されます。同様に、同じカードに何度も申し込むことも審査において低く評価されます。

カードの申込情報は、申し込みから半年間で自動的に消えます。そのため、多重申込が原因で審査に落ちた方は、半年間カードの申し込みを控えることで、申込情報をリセットしてください。

ただし、カード会社は、個人信用情報とは別に、独自に申込者の情報を管理しています。以前に楽天カードに申し込んで審査に落ちたという情報は、楽天カード社内で半永久的に保管され続けます。そのため、どうしてもカードの審査に通りたい方は楽天カード社以外が発行するカードに申し込むことをおすすめします。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料