おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

NTTグループカードの審査

NTTグループカードは、NTTファイナンスが発行しているクレジットカードです。アルバイトやパートでも審査合格実績のある独自の審査基準で有名なので、名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、具体的になぜアルバイトやパートでも審査に合格できるのか、どのように独自の審査基準を設けているのか、までは知らないという方のために、ここでは、NTTグループカードの審査基準や特徴について詳しく説明します。

NTTグループカードレギュラーの審査

NTTグループカードレギュラーの審査は以下のように行われます。

NTTグループカードレギュラーの申込条件

NTTグループカードレギュラーに申込むには、以下の条件を満たしている必要があります。

NTTグループカードレギュラーの審査難易度

NTTグループカードレギュラーの審査難易度は「低い」と言えます。

クレジットカードは、申込時に申告した情報から以下のような内容を元に、カード会社が審査を行います。

これらの内容を属性とよび、申込者にクレジットカードを発行してもいいか、どの程度まで利用させてもよいかといった参考にします。

また、審査においては申込者の以下の情報も重視されます。

これらの情報は「個人信用情報」と呼ばれ、申込者が申告した内容と照らし合わせた上で、信用するに値する人間であるかを判断します。

NTTグループカードレギュラーの審査においても上記のような情報を元に審査を行います。NTTグループカードレギュラーの審査難易度が「低い」といえる理由は以下の通りです。

NTTグループカードレギュラーの申込条件に制約がほとんどなく審査に通りやすい

一般に、申込条件に制約が多いクレジットカードは審査が厳しい傾向にあります。NTTグループカードレギュラーの場合、「18歳以上で働いている方なら誰でも審査合格対象になる」といっていいほど制約が少ないため、審査難易度は低いと言えます。

フリーターの方や専業主婦の方、収入のない学生の方でも十分審査に通過することが期待できるため、他社クレジットカードの審査に落ちてしまった方にもおすすめできるクレジットカードです。

ただし、専業主婦の方は配偶者の収入、収入のない学生の方は親の収入が審査において重視される可能性が高いです。これは、NTTグループカードレギュラーの利用料金を利用者本人ではなく配偶者や親が支払うことを想定して審査するためです。配偶者や親の収入が低い場合、審査に通過できないことがあります。

発行元がNTTファイナンスであるため、NTTグループ利用者は審査で優遇される

クレジットカードは、発行元の会社がどのような系統であるかによって大まかに審査難易度を判断することができます。

低い やや低い やや高い 高い
消費者金融系
アコムACマスターカード
流通系
楽天カード
ビックカメラSuicaカードなど
信販系
ニコスVISAOカード
ジャックスゴールドカード
銀行系
三井住友VISAカード
SMBC JCB CARDなど

しかし、NTTグループカードレギュラーは上記の表のいずれにも属さない、独立系と呼ばれるクレジットカードです。NTTグループカードレギュラーはその中でもインフラ系に属します。

インフラ系カードは、発行元のサービス利用者を拡大することを目的に発行されていることがほとんどです。NTTグループカードレギュラーも、NTTグループの利用者を増やすことや減らさないことを目的に発行されています。

そのため、NTTグループカードレギュラーはNTTグループの利用者を優遇します。これまでNTTやdocomo、NTTインターネットのような企業のサービスを利用し、問題なく支払いを済ましてきた方は、NTTグループ内での信頼が高まっており、NTTグループカードレギュラーの審査にも通過しやすくなります。

NTTグループカードレギュラーの発行までの期間は標準的

一般に、申込から発行までの期間が長いクレジットカードは審査が厳しいと言われています。審査期間が長ければ長いほど情報を細かく精査していると考えられるためです。

NTTグループカードレギュラーの場合、申込から発行までの期間は最短10日です。一般的なクレジットカードが申込から発行まで2~3週間かかることをふまえると、NTTグループカードレギュラーの審査はやや甘いものと考えられます。

NTTグループカードレギュラーは審査で在籍確認をほぼ行われない

クレジットカードの審査においては、申込者が本当に申告どおりの勤務先に在籍しているかを調査するため、電話をかけて確認することがあります。NTTグループカードレギュラーの審査では基本的に在籍確認の電話はありません。審査の途中で明らかに虚偽申告があると判断された場合のみ職場に電話がかかってくる程度ですので、NTTグループカードレギュラーは勤務先について特別厳しく審査を行っているわけではないと考えられます。

NTTグループカードレギュラーの審査で参照される信用情報機関

前述の個人信用情報は、個人信用情報機関と呼ばれる企業が管理し、必要があれば各カード会社に情報提供しています。

NTTグループカードレギュラーは、CICとJICCという2つの個人信用情報機関が提供する情報を参照しており、個人信用情報に関しては厳しいチェックを行っているといえます。

NTTグループカードレギュラーの申込方法

NTTグループカードレギュラーは申込方法によって発行までの日数や手続きなどが変わります。それぞれの申込方法の特徴は、以下の通りです。

NTTグループカードレギュラーをインターネットで申込む

NTTグループカードレギュラーは、発行元であるNTTファイナンスの公式サイトから申込むことができます。オンライン入会(通常)というサービスを選択すると、住所や収入などの必要情報を申告する申込みフォームが表示されますので、順に記入して送信して下さい。

後日、必要情報を元に口座振替依頼書や本人確認書類などをまとめた封筒が届きますので、必要事項を記入して返送して下さい。返送をした時点から、カード会社が審査を開始します。

数日後、審査結果が申込時に申告したE-メールアドレスに送信されます。審査に合格していた場合、さらに数日後に発行されたカードが手元に簡易書留郵便で送られてきます。

オンライン入会(通常)から発行を申込んだ場合、カードが手元に届くまでの日数は2~3週間程度です。

NTTグループカードレギュラーをスピーディタイプで申込む

NTTグループカードレギュラーを最短で手に入れる場合、インターネットからオンライン入会(スピーディタイプ)というサービスを利用する必要があります。

オンライン入会(スピーディタイプ)は、オンライン入会(通常)のようにインターネットからカード発行を申し込む際、オンライン口座振替が可能な銀行口座を引き落とし先に指定することで利用できます。オンライン口座振替が可能な銀行は以下の通りです。

上記の銀行口座を指定することで、口座振替依頼書や本人確認書類などの手続きを経ずにカード会社の審査が開始されます。審査開始以降の流れは、オンライン入会(通常)と同様になります。

オンライン入会(スピーディタイプ)を選択した場合、カード発行までの期間は10日から2週間程度です。

NTTグループカードレギュラーを郵送で申込む

NTTグループカードレギュラーを郵送で申込む場合、NTTファイナンスの公式サイトから入会申込書を取り寄せる必要があります。

入会申込書が郵送され次第、必要事項を記入し、本人確認書類のコピーを同封して返送して下さい。また、学生の方は学生証のコピーも同封して下さい。

返信された入会申込書を元に、審査が行われます。審査開始以降の流れは、オンライン入会(通常)と同様になります。

郵送で申込んだ場合、カード発行までの期間は2~3週間程度です。ただし、記入した書類に不備があった場合、再度書類をやりとりする手間がかかるため、それ以上に時間がかかる場合もあります。

NTTグループカードレギュラーの年会費を実質無料にする申込み方法

NTTグループカードレギュラーは、通常利用時は1,200円(税抜)の年会費がかかります。しかし、NTTファイナンスの会員サイト「MyLink」で利用できる「Web明細サービス」に登録することで、年会費を無料にすることができます。

Web明細サービスに登録することで、NTTグループカードレギュラーの月々の利用額をインターネットからいつでも確認することが可能になります。

NTTグループカードレギュラーが発行された方はいつでもMyLinkからWeb明細サービスの設定をすることが可能です。なお、NTTグループカードレギュラーを申込む際、オンライン入会(通常)もしくはオンライン入会(スピーディタイプ)を利用した方は、自動的にWeb明細サービスに登録されます。登録を忘れないためにも、インターネットからNTTグループカードレギュラーに申込むことをおすすめします。

NTTグループカードレギュラーの付帯カードの申込み方法

NTTグループカードレギュラーはETCカードと家族カードを付帯しています。どちらの付帯カードも、NTTグループカードレギュラーの発行を申込む際、同時に発行を申込むことが可能です。また、すでにNTTグループカードレギュラーを持っている方が付帯カードを発行する場合も、NTTファイナンスの公式サイト、もしくは郵送から申込むことができます。

なお、NTTグループカードレギュラーの家族カードは年会費無料で発行することができますが、ETCカードは1枚につき500円(税抜)の年会費がかかることに気をつけて下さい。

NTTグループカードゴールド

NTTグループカードレギュラーの上位カードであるNTTグループカードゴールドは、ゴールドカードでありながら5,000円(税抜)という定額な年会費と、一般カードよりも手厚くなった特典が魅力のクレジットカードです。

NTTグループカードゴールドの審査内容や申込み方法は以下の通りです。

NTTグループカードゴールドの申込み条件

NTTグループカードゴールドに申込むには、以下の条件を満たしている必要があります。

NTTグループカードゴールドの審査難易度

以下は、NTTグループカードゴールドと主な他社ゴールドカードの申込み条件の比較です

カード名 申込み条件
NTTグループカードゴールド 18歳以上で本人もしくは配偶者に安定継続収入があること
三井住友VISAゴールドカード 30歳以上で本人に安定継続収入があること
JCBゴールド 20歳以上で本人に安定継続収入があること
楽天プレミアムカード 20歳以上で本人に安定継続収入があること

他社のゴールドカードはNTTグループカードゴールドよりも高い年齢制限をしており、本人に収入がない限りは発行を許可しないものばかりです。そのような条件が無いことからも、NTTグループカードゴールドの申込み条件が明らかに緩いことが分かります。

またNTTグループカードゴールドの審査は、NTT一般グループカードと同じ工程・期間で行われることからも、一般カードと大差ない程度の審査が行われると考えて結構です。

NTTグループカードゴールドの申込み方法

NTTグループカードレギュラーを利用し続けていると、NTTグループカードゴールドにカードをアップグレードする招待状である「インビテーション」が届きます。NTTグループカードゴールドのインビテーションが届く条件ははっきりと公開されていません。しかし、他社カードの場合は、一般カードを毎月限度額程度まで定期的に利用し、支払いの遅れがなければ、早ければ1年ほど、遅くとも3年程度でインビテーションが送られてきます。NTTグループカードゴールドの場合も同程度の利用状況であれば、インビテーションが送られてくるでしょう。

インビテーションが送られてきた利用者は、カード会社からゴールドカードを発行するに値のある収入や返済能力があるとすでに判断されています。インビテーションに記載された申し込み先に連絡することで、ほぼ無審査のままゴールドカードを手にすることができます。インビテーションを受け取っておきながらゴールドカードへのアップグレードを断られるのは、審査の際に、申込者の収入では返済できないような高額な借入があることが判明した場合や、無職になっていたことが判明した場合などのみです。

なお、NTTグループカードゴールドは、インビテーションが送られてこない利用者も、NTTファイナンスの公式サイトからゴールドカードへのアップグレードを申込む事ができます。

申込みの方法は、NTTグループ一般カードに申し込んだ際と同じで、オンライン入会と郵送での入会を選択できます。最短でNTTグループゴールドカードを手に入れたい場合は、オンライン入会(スピーディタイプ)を選択して下さい。

NTTグループカードゴールドの付帯カードの申込み方法

NTTグループカードゴールドはETCカードと家族カードを付帯しています。どちらの付帯カードも、NTTグループカードレギュラーの発行を申込む際、同時に発行を申込むことが可能です。また、すでにNTTグループカードレギュラーを持っている方が付帯カードを発行する場合も、NTTファイナンスの公式サイト、もしくは郵送から申込むことができます。

なお、NTTグループカードレギュラーのETCカードは年会費無料で発行することができますが、家族カードは1枚につき1,500円(税抜)の年会費がかかることに気をつけて下さい。

NTTグループカードレギュラーとNTTグループカードゴールドの解約申込み方法

NTTグループカードレギュラーやNTTグループカードゴールドが不要になった場合は、カード裏面に記載された「NTTグループカードレギュラー事務局」の番号に連絡し、解約したい旨を伝えてください。その場でカード番号や退会の意思について確認され、問題がなければ5分程度で解約手続きが終了します。

NTTグループカードレギュラーの特徴

NTTグループカードレギュラーの特徴は以下の通りです。

選べる特典コース

NTTグループカードレギュラーは、2つのコースから特典を選ぶことが可能です。

おまとめキャッシュバックコース

「おまとめキャッシュバックコース」は、NTTグループの通信費支払いにNTTグループカードレギュラーを利用した際の額に応じてキャッシュバックされるサービスです。

月間カード利用金額とキャッシュバック率の関係は以下の通りです。

月間カード利用金額 キャッシュバック率
2万円未満 0%
2~4万円未満 1.5%
4~6万円未満 3.0%
6~8万円未満 4.5%
8~10万円未満 6.0%
10~20万円未満 8.0%
20~30万円未満 18.0%
30~40万円未満 28.0%
40~50万円未満 38.0%
50~60万円未満 50.0%
60万円以上 60.0%

またキャッシュバックの対象となる企業は以下の通りです。下記企業の料金を1つでもNTTグループカードレギュラーで支払いをしていればキャッシュバックの対象になります。

なお、上記企業の料金のうち、キャッシュバック対象料金は最大15,000円まです。そのため、おまとめキャッシュバックコースを利用した際に得られるキャッシュバック金額は、一月最大で

60%×15,000円=9,000円となります。

ポイントプレゼントコース

「ポイントプレゼントコース」は、NTTグループカードレギュラーの利用合計金額1,000円ごとに10ポイントを得ることができるサービスです。また、「NTTおまとめ請求」「tabalまるごと決済」などのNTTグループのサービスをNTTグループカードレギュラーで支払った場合、ボーナスポイントが付与されます。

貯まったポイントはMyLinkから景品に交換することができます。その際のポイント還元率は0.4%~0.6%です。

なお、NTTグループカードレギュラーのポイントは、NTTグループカード専用ポイントモールの「倍増TOWN」を利用することで、還元率が最大17.33%まで上がります。

出光キャッシュバックシステム

「出光キャッシュバックシステム」は、出光SSの利用料金支払いにNTTグループカードレギュラーを利用した際、支払い額に応じてキャッシュバックされるサービスです。前月の利用額を基準にその月の「おトク単価」が決められ、給油したガソリンの量に比例してキャッシュバックの額が大きくなるというシステムです。

例えば、1月16日から2月15日の間に出光SSを利用し、NTTグループカードレギュラーで料金を支払ったとします。上記の場合、3月16日頃、前月の利用額に応じておトク単価が決定されます。

おトク単価決定後、3月16日から4月15日までに出光を利用すると、「おトク単価×利用量」が適用され、5月15日頃にキャッシュバック額が確定します。

カード利用金額によるキャッシュバック対象ポイントとキャッシュバック額の関係は以下の通りです。

カード利用金額 キャッシュバック対象ポイント キャッシュバック金額
1,000円以上10,000円未満 1ポイント 2円/L
20,000円以上 2ポイント 4円/L
50,00円以上 5ポイント 10円/L
100,000円以上 10ポイント 20円/L
200,000円以上 20ポイント 40円/L

MyLink会員ネット安心サービス

「MyLink会員ネット安心サービス」は、旅行で利用する予定だったホテルや航空券などの予約を不慮の事態によりキャンセルした場合に、支払い済みの料金を、年間5万円(内通院費用1万5千円)まで補償するサービスです。

MyLink会員ネット安心サービスを利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

補償の対象となる「不慮の事態」とは、親族の死亡や傷害、疾病による入院、配偶者か子供の障害による通院などが当たります。遅刻や勘違いといった理由によるキャンセルは対象外となります。

NTTグループカードレギュラーの付帯保険

NTTグループカードレギュラーにはショッピング保険が付帯されています。

NTTグループカードレギュラーを使い、インターネットで購入した品物が盗難や破損などの事故によって損害を被った場合、「オンラインショッピング安心サービス」が適用され、購入日から起算して90日間は支払額が補償されます。

また、リボ払いや分割払い(3回以上)で購入した商品に、破損や盗難、火災などによる損害があった場合、「お買物安心補償サービス」が適用され、購入日から起算して60日間は支払額が補償されます。

なお、NTTグループカードレギュラーには、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険といった旅行保険は付帯しておりません。

NTTグループカードゴールドの特徴

NTTグループカードゴールドの特徴は以下の通りです。

NTTグループカードゴールドの付帯保険

NTTグループカードゴールドは、NTTグループカードレギュラーに付帯した保険に加え、以下のような保険が付帯します。

海外旅行傷害保険

NTTグループカードゴールドの海外旅行傷害保険は自動付帯です。そのため、カードの契約者は旅行中の利用など面倒な条件を経ず自動的に保険の対象になります。また、同じ条件で家族カード会員も保険の対象となります。さらに、家族特約も付帯しているため、本会員の子供も保険の対象になります。

補償期間は、1回の旅行につき日本を出国した日の翌日から数えて90日(出国日当日も含む)が限度になります。

補償内容と補償金額は以下の通りです。

補償内容 最大補償金額
障害による死亡・後遺障害 5,000万円(家族特約対象者1,000万円)
傷病による治療費用 200万円
疾病による治療費用 200万円
携行品の損害(1事故免責3,000円) 1旅行につき50万円(年間100万円限度)
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円

国内旅行傷害保険

NTTグループカードゴールドの国内旅行傷害保険は利用付帯です。そのため、旅行代金をNTTグループカードゴールドで支払った場合のみ国内旅行傷害保険が適用されます。

対象となる旅行代金は、ホテルの宿泊代や航空券の代金、ツアー旅行の参加費などを指します。これらのうちどれか一つでもNTTグループカードゴールドを支払いに利用することが保険の適用条件です。

また、国内旅行傷害保険が適用されるのは、国内旅行中に傷害による死亡、後遺障害および入院や通院が必要になった場合です。なお、この場合の傷害とは、以下のような場合に発生したものを指します。

・公共交通乗用具搭乗中の傷害事故 ・旅館・ホテル宿泊中の火災・爆発による傷害事故 ・旅行業者主催のツアー旅行参加中の傷害事故

傷害による被害ごとの最大補償金額は以下の通りです。なお、入院と通院費用は1傷害につき7日間だけ補償されます。

障害による被害 最大補償金額
死亡・後遺障害 5,000万円
入院 5,000円(1日あたり)
通院 通院

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料