おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

法人クレジットカードの審査は甘いのか

法人クレジットカード(ビジネスカード)というと入会審査が厳しそうなイメージがあり、審査通過できるか不安になりますよね。実際、法人クレジットカードはカード会社によって審査難易度が異なるため、審査が甘い法人クレジットカードもあります。

一般カードと法人クレジットカードの審査基準の違いや審査通過のコツについて解説し、審査が甘い法人クレジットカードを紹介します。

法人用クレジットカードの審査

法人用クレジットカードの審査について解説します。

法人用クレジットカードの審査基準

法人用クレジットカードと通常のクレジットカードの審査では、カード申込者の信用力を調査しています。ただし、法人用クレジットカードの場合、「会社の収益」が審査基準として加わります。

クレジットカード会社はカード利用料金を返済してくれる相手に対してカードを発行します。法人用クレジットカードでは「会社の収益」がなければカード料金が返済できず、収益の見込みがない会社が倒産してしまうとカード会社は料金を回収できない「貸倒れ」となってしまいます。

特に法人用クレジットカードの場合は一度の決済で大きなお金が動くため、会社が倒産してしまうとカード会社が大きな損失を被ってしまいます。カード会社が恐れていることは、「債権回収ができないこと」です。それを回避するために収益性を重視していて、カード会社は申込時に「最終利益」を記入させるようにしています。

個人が作るクレジットカード(一般カード)の場合は支払能力があれば審査に通過できるのと同じように考えるとわかりやすいと思います。

また、法人用カードは会社設立から数年経っていなければ申し込みができないカードがあったり、カードが発行されても利用限度額が低かったりします。これらも申し込みがあった会社の信用力を総合的に判断して決定しています。

カード会社に信用してもらうには

カード会社に信用してもらうには、「業績」と「資本金」が重要です。

業績が良い会社、つまり黒字の企業からカード申し込みがあった場合は審査に通過しやすいということです。また、安定した業績であることも重要で、毎年収益を上げているかという点も見られています。

ただし、赤字決算だからと言って審査に通過しにくいというわけではありません。税金を支払わなくて良いようにあえてお金を使っていて会社の経営は上手くいっている、ということがあるからです。その場合はクレジットカードをよく利用してくれる利用者として判断されるため、審査が不利になるということはありません。

会社創立間もない時に法人用クレジットカードを作りたい場合、資本金が多いほど審査通過率が高くなります。資本金が多ければすぐに会社が倒産してしまうこともなく、カード会社のリスクが少なくなるからです。

また、会社代表者がゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードを持っている場合も審査に有利です。カード会社は申込者がこれまで返済してきた履歴(信用情報)を確認することができ、そのときにステータスの高いカードを利用していることが確認できたり、毎月きちんと返済していたりすれば信用力は高くなります。

法人用クレジットカードは審査が甘いのか?

法人用クレジットカードは一般カードと比較して利用金額が高くなるため、審査が厳しいと言われています。ただし、外資系の法人カードは審査が甘いと言われており、国内のクレジットカード会社の法人カードの審査には通らなかったが、外資系のクレジットカード(アメックス)は審査に通過したという方もいます。

法人用クレジットカードの審査指標の一つとして、「会社設立後、3年以上経過して黒字である必要がある」と設定しているカード会社があり、設立から間もない会社が審査に落ちてしまうことが多いです。もちろん会社設立後間もない時でも審査に通る場合もあるので、カード会社の審査基準次第です。

会社設立から3年未満の会社であれば、審査が甘い法人カードを申し込みすることをおすすめします。

法人用クレジットカードの審査通過のコツ

法人用クレジットカードの審査に通過するためのコツをご紹介します。

会社の信用力

法人用クレジットカードの審査に落ちる原因として一番多いのが「資本金不足」です。会社法では「1円から会社を設立できる」と記載されており実際に1円で起業する人もいますが、会社にとっての体力である資本金が少ないとカード会社から信用してもらえません。

これはクレジットカードの審査だけではなく銀行ローンの審査にも影響するため、なるべく資本金は多めにしておくと良いでしょう。

また、会社のホームページがあれば、審査担当者が実際に会社名で検索してホームページ上で何をしている会社なのかを知ることができ、存在している会社だと伝えることができます。なるべく業務内容がわかるように会社のホームページを作成しておくと、印象が良くなります。

審査が甘い法人用クレジットカードを選ぶ

「アメリカン・エキスプレス・カード」のビジネスゴールドカードは、外資系クレジットカードなので日本のカード会社とは異なる審査基準で審査が行われ、審査に通過しやすい、審査が甘いと言われています。

また、外資系クレジットカードは利用限度額が高めに設定されることが多く、支払いが頻繁に発生しても限度額オーバーになりにくいという特徴もあります。

実際に会社設立初年度(1年目)で審査に通過したという方もいますので、審査が甘い法人用クレジットカードを探しているのであればアメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカードがおすすめです。

アメックスのクレジットカードは「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムを使って提携航空会社のマイルに交換でき、出張や旅行でポイントを利用することができます。カード利用100円ごとに1ポイント貯まり、マイルに交換した場合は1ポイント=0.5円の価値となるため、ポイント還元率は約0.5%です。

ただし、年会費は少し高めで26,000円(税抜)となっていますが、海外旅行保険が最高1億円、国内旅行保険が最高1,000万円補償されていて、追加カードとして発行できるETCカードも実質年会費無料です。

会社経営者の方、個人事業主の方であれば申し込みができます。出張が多いようであれば他のカード会社が発行している法人カードよりもおすすめです。

申し込み時に会社の固定電話番号を記入する

会社の固定電話番号があると会社が本当に存在していることを証明でき、法人用クレジットカードの審査に通りやすくなります。

現在携帯電話の電話番号しかなく今後固定電話が必要になるようであれば、早めに固定電話を契約したあとにクレジットカードを申し込みすると良いでしょう。

法人用クレジットカードを持つメリット

法人用クレジットカードを持つメリットを解説します。

資金管理が行いやすい

仕事で必要な物の購入や出張費用の支払いをビジネスカードで決済すれば、会社の銀行口座に利用料金の請求が届き、利用明細も会社に送付されます。そのため資金管理に漏れが生じにくくなり、経費精算の手間がなくなります。

また、出張の交通費や宿泊費は高額になることが多く、一時的に個人で立て替えておくと負担がかかりますが、法人カードがあれば個人で立て替えてをする必要がなくなります。

他にも、確定申告時の手続きが簡素化されたり、お金の流れが見えやすくなったりなど、会社の業務効率改善につながります。

支払いを遅らせることができる

クレジットカードは後払い方式なので支払いまで猶予があるというメリットがあります。最大で90日間ほどの猶予期間が設けられており、その間に資金を集めてカード利用料金を返済できれば問題ありません。

ポイントで経費削減

法人用クレジットカードも一般カードと同じように、カード利用額に応じてポイントがつきます。法人の決済では一般カードよりも高額なお金が動き、ポイントやマイルなどが貯まりやすいです。

貯まったポイントやマイルを出張費などに充てることで経費を削減につながります。

法人用クレジットカードのデメリット

法人用クレジットカードは基本的に「一括払い」なので、あまりにも高額な商品を購入した場合など、資金繰りに影響を与えてしまう場合もあります。近年では、分割払いができる法人用クレジットカードもありますが、まだまだ一括払いが主流となっています。

一括払いでは利用限度額に引っかかってしまう場合もあるので、法人クレジットカードを利用する際にはいくらまでカード決済できるか確認しておきましょう。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料