おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

ゴールドカードの審査基準と必要年収

ゴールドカードの審査基準と必要年収

クレジットカードの入会審査では、一般的なクレジットカードよりもゴールドカードの方が審査基準を厳しく設定しています。しかし、昨今ではゴールドカードの入会審査が甘くなり、20代前半の方や収入が少ない方でもゴールドカードの審査に通過しています。

ゴールドカードはかっこよくて一般カードには付いていないゴールドカードならではの特典や付帯サービスがあり、付帯サービスも豪華でステータス性が高いため、手に入れたいという方も多いのではないでしょうか。

このページでは、ゴールドカードの審査基準と審査通過するための必要年収、審査通過のポイントを解説します。

ゴールドカードの審査基準

ゴールドカードの審査方法は、基本的には一般カードと同じ工程で行われます。そのため、一般カードの審査に通過する際に気をつけるべきポイントを把握することで、ゴールドカードの審査にも通過しやすくなります。

クレジットカードの審査では、申込者が申込書に記入した情報を点数化(スコアリング)する工程が重視されます。基本的には機械によって自動的にカードを発行するかしないかが決まります。例えば居住形態を記載する箇所であれば、ここで「持ち家」にすると○点、「賃貸」にすると○点、「社宅」にすると○点、といったように自動的に点数化されます。年収や職業、勤続年数など、点数化において特に重視されるポイントを紹介します。

ゴールドカードの種類別に審査基準を知りたいという方は、下記の個別に解説しているページを参考にしてみてください。

ゴールドカードの審査は年収200万円以上であれば通過可能

審査通過目安は年収200万円以上

ゴールドカードに申し込む際、最も重要な目安は年収です。

ゴールドカードというとお金持ちの方が持っているイメージですが、以前よりもゴールドカードの審査は甘くなりました。年収300~400万円の方でも発行可能で、難易度はそれほど高くありません。審査が甘いゴールドカードは、年収が200万円あれば審査に通過することができます。実際に三井住友信託銀行が発行している「SuMi TRUST CLUBエリートカード」の入会条件には「22歳以上、年収200万円以上」と記載されています。

最近はゴールドカードを持つ主婦の方も増えました。専業主婦の方がゴールドカードに申し込む場合は、配偶者の返済能力が審査の対象になります。そのため、主婦の方でもゴールドカードを持つ可能性は十分にあります。

審査が厳しいカードと言えばアメリカンエキスプレスカード(アメックスカード)が有名ですが、現在のアメックスは審査が甘くなりました。アメックスは年収500万円が審査に通過するボーダーラインと言われていましたが、最近は年収300万円ほどの方でも審査に通ることが可能です。

主なゴールドカードと、一般的に必要とされる年収は以下の通りです。参考にゴールドカードを選ぶことをおすすめします。

カード名 年収基準 年会費
MUFGカードゴールド 200万円以上 1,905円(税抜)
オリコカードザポイントプレミアムゴールド 200万円以上 1,805円(税抜)
楽天ゴールドカード 200万円以上 2,000円(税抜)
楽天プレミアムカード 200万円以上 10,000円(税抜)
dカードゴールド 200万円以上 10,000円(税抜)
三井住友VISAプライムゴールド 200万円以上 5,000円(税抜)
三井住友VISAゴールドカード 300万円以上 10,000円(税抜)
JCBゴールドカード 350万円以上 10,000円(税抜)
アメリカンエキスプレスゴールドカード 350万円以上 29,000円(税抜)

申込者の職業

公務員、医師、大手企業会社員などはゴールドカード審査に有利です。これらの職業は安定した収入があり、返済能力があると判断されスコアリングの点数が高くなります。

契約社員、派遣社員、無職、アルバイト、フリーターは収入が安定していないと判断され、審査通過は厳しいです。ただし、学生や20代の方は若い方向けのヤングゴールドであれば審査通過しやすくなります。

申込者の勤続年数

ゴールドカードの審査では、勤続年数の長さが評価されます。勤続年数が長い方は、勤務先が安定しておりこれからも安定した収入が得られる可能性が高いと判断されるためです。

申込者の居住年数

居住年数が長いほどスコアリングの点数が高くなり、審査通過しやすくなります。同じ家に長く住んでいるとカード料金を返済しないまま夜逃げされる可能性が減り、カード会社のリスクが減るためです。

申込者の家族構成

申込者の家族構成は、実家住まいで親と同居している方と既婚の方がスコアリングの点数が高くなり審査に有利です。実家に住んでいると返済が困難になったときも家族を頼れる、結婚している方は家族を養えるだけの経済力があると判断されるからです。

一人暮らしの方が返済できなくなったときに夜逃げされて貸倒れとなるとカード会社は料金を回収できなくなるため、一人暮らしは審査に不利です。

個人信用情報機関に登録されるクレジットヒストリー

借金があると審査で不利になる

個人信用情報機関とは、クレジットカード利用履歴などの信用情報を金融機関から集めて登録し、提供している機関です。カード会社はゴールドカードの審査で、個人信用情報機関の申込者情報を確認し、カードを発行するか判断します。

個人信用情報には、クレジットカードの支払状況やローンの返済状況などを記録した「クレジットヒストリー」も含まれます。

ゴールドカードの審査では、一般カードの審査以上にクレジットヒストリーが重視されます。実際、アメックスゴールドのように「ローンの返済が滞りある方は申し込み不可」と申込条件レベルでクレジットヒストリーに注意しているゴールドカードが存在します。

逆に、借金の無い方は、ゴールドカードの審査において高く評価されると言えます。年収や勤続年数が基準を満たさない方でも、借金がないために審査に通過したと考えられるケースも多々存在することからも、借金のない方はゴールドカードの審査に通過するチャンスを得ていると言えます。

滞納や延滞の記録があると審査に通りにくい

クレジットヒストリーに返済延滞の事故情報が記録されると、カード会社の信用力を失い審査通過が困難になります。事故情報が残っているといくら年収があっても審査落ちになるため、事故情報が消えるまで待つ必要があります。

借入額が多い方は審査に通りにくい

個人信用情報機関にはクレジットカードのキャッシング枠を利用した履歴や、消費者金融からの借入額が記録されます。借入が多い人はカード会社に「お金に困っている」と思われて審査に不利になります。

ローン債務額も信用情報に残る

個人信用情報機関には、自動車ローンや住宅ローンの債務額が記録されます。ゴールドカードの審査においては、債務の多さは影響しません。ただしカード会社が「債務額が収入に見合っていない」と判断した場合は、マイナス評価をされる場合があります。

カード会社独自の情報

個人信用情報機関の情報に加え、各カード会社では、独自に過去の申し込み情報や入会後のカード使用記録、延滞情報など、顧客とのやり取りが全て記録され、残されています。

個人信用情報機関に登録された延滞などの情報は、最長でも10年たてば消えますが、カード会社独自の情報は何年たっても残っています。

従って過去に延滞・滞納の繰り返しや規約違反や金融事故を起こしたことがある人は、何年たってもそのカード会社で記録が残っているので、ゴールドカードの発行は厳しいです。

ゴールドカードの申込資格

ゴールドカードは、カード会社やカードの種類によって年齢や年収などの申込資格(申込条件)が定められています。申込資格を満たしていなければ審査に通ることはできないため、申し込む前に必ず申込資格を確認しましょう。

平均年収程度の給与がある方はゴールドカードに申し込める

ゴールドカードを申し込むには、少なくとも200万円程度の年収が必要です。

かつて、ゴールドカードに申し込むためには年収500万円以上が必要と言われていました。しかし、時代の流れや昨今の景気の悪化により国民の平均年収が下がったことを理由に、ゴールドカードの申し込み条件も緩和されました。

以下は、国税庁が平成25年に発表した民間給与実態統計調査より、年代別の平均年収をまとめた表です。

年代 男性の平均年収 女性の平均年収
20~24歳 264万円 226万円
25~29歳 371万円 294万円
30~34歳 437万円 294万円
35~39歳 498万円 296万円

表の通り、20~24歳の若い世代でも、平均年収程度の賃金を得ている方であれば十分ゴールドカードに申し込むことが可能です。30代の方であれば、平均年収程度の賃金を得ていれば全てのゴールドカードに申し込み資格があると言っていいでしょう。

以上のことから、安定的な収入を得ている方であれば、ゴールドカードに申し込むことは簡単であることが分かります。

ゴールドカードの審査期間

新規でゴールドカードを申し込んだ場合、審査期間は申込日から2週間~3週間 です。一般カードからゴールドカードに切り替え申請をした場合の到着日は申込日から1週間程度で、新規にゴールドカードを申し込みするより早いです。

一般カードよりもゴールドカードは利用限度額が高く設定されています。カード会社は高額なカード利用の貸倒れを防ぐために厳しく審査を行うので、審査期間が長くなります。

インビテーションが届いても審査はある

一般カードを利用していると、ゴールドカードに切り替えませんか? とインビテーション(招待状)が届きます。インビテーションが送られる条件はカード会社によって異なり、「年間利用金額100万円以上」や「カード利用5年以上」というように条件が社内で定められています。インビテーションが届いた時点でカード会社から「返済能力がある人」と信用されているため、ゴールドカードの審査に通過できる可能性は高いです。

ただし、インビテーションが届いたからと言って100%審査通過できるわけではなく、ゴールドカードの申し込みが行われた時点で行われる正式な審査に通る必要があります。カード会社は他社のクレジットカード料金はきちんと返済しているか、正式な審査で改めて確認されることは「住宅ローンや自動車ローンの滞納はないか」等のみであるため、信用情報に問題がなければ審査通過の可能性は高いと言われています。

ゴールドカード審査通過のポイント

ゴールドカード審査通過のポイント

ゴールドカードの審査通過ポイントを解説します。

20代限定のヤングゴールドカードを選ぶ

20代限定で発行できる若年層向けカード三井住友VISAプライムゴールドカード(ヤングゴールドカード)は、三井住友VISAゴールドカードよりも審査通過率が高いです。若年層向けカードなので審査基準が甘く、通常の半額の年会費(5,000円)で使うことができます。

もちろん通常の三井住友VISAゴールドカードと同じく、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が最高5,000万円保証、空港ラウンジの無料利用の付帯サービスも付いています。審査が通りやすく年会費も安い、付帯サービスもポイント還元率(0.5%~1%)も変わらないので、20代の方は三井住友VISAプライムゴールドカードをおすすめします。

一般カードの限度額を最低限度額と同じにする

ゴールドカードの利用限度額(利用可能枠・与信枠)は、同系列の一般カードと比べて高く設定されています。これは、ゴールドカード会員は一般カード会員よりも経済力があると判断されているためです。逆説的に、一般カード会員でも、ゴールドカード会員並に経済力があることをアピールできれば審査に通過しやすくなります。

発行目標のゴールドカードと同系列のクレジットカードを利用している方は、利用限度額(利用可能枠・与信枠)を増枠することでゴールドカードの審査に通りやすくする方法があります。

クレジットカードのショッピング枠は、カード会社に増枠申請することで上限を上げることができます。そこで、すでに利用している同系列カードの限度額を増枠申請して、発行目標のゴールドカードの最低限度額(最低利用枠)と同額にしましょう。この方法で、カード会社に「この人はゴールドカード会員並みに経済力があるんだな」と把握させることができます。

カード利用実績を作る

普段から一般カードをよく利用しておけばカード会社から「カードをよく利用する人」「毎月のカード利用料金を返済できる人」と信用され、審査通過しやすくなります。カード会社は利用者にできるだけカードを使ってほしいと考えていて、個人信用情報機関にカード利用実績であるクレジットヒストリーが残っていれば審査に有利になります。

リボ払い・分割払いを多用しない

リボ払いや分割払いを多用している方は、ゴールドカードの審査では「支払いを先延ばしにする経済力のない方」として評価されます。

ただし、最近は、リボ払いを利用することでポイント還元率が上がるなどの特典を付帯したクレジットカードが増えています。また、リボ払いの支払い上限額を高く設定することで利息を発生させず、実質一回払いとして利用することも可能です。

このように、明らかに「金銭的に余裕がないため」という理由以外でリボ払いを利用している方は、ゴールドカードの審査でマイナス評価をされることはありません。

ゴールドカードのメリット

ゴールドカードが一般カードに比べ優れている点を解説します。

豊富な付帯特典

ゴールドカードは一般カードに比べ特典が豊富に用意されていることが魅力です。ゴールドカードで受けられる特典は主に以下の3つです。

海外旅行傷害保険

ゴールドカードの最大のメリットは海外旅行傷害保険です。最高数千万円の高額補償や、旅行費用の支払いにカードを利用する必要のない自動付帯であること、家族特約つきで家族にも適用されることなど、一般カードにはない補償内容が用意されています。

海外の医療費は日本と比較して高額で、数日入院しただけで数十万円、盲腸の手術で100万円以上かかり、万が一のため旅行保険が必要不可欠です。旅行会社で加入する保険は1人あたり3日間で1,000~3,000円ほどかかりますが、海外旅行傷害保険付帯のゴールドカードを持っていればこの費用を払わずに済みます。

ショッピング保険

ゴールドカードで購入した商品が購入直後に破損した場合や盗まれた場合に備えるため、多くのゴールドカードはショッピング保険を付帯しています。損害が出た商品の代金をカード会社が負担してくれるため、高額な商品を購入する際は頼りになります。

空港ラウンジの無料利用やホテルなどの優待サービス

ゴールドカードは空港ラウンジの無料利用、空港での手荷物預かりサービス、ホテルやレストランの優待割引などが利用できます。移動や宿泊に関する付帯サービスが豊富なため、国内・海外旅行が好きな方にはメリットが多いです。

利用限度額が高い

ゴールドカード会員は信用力を評価されているため、一般カードよりも利用限度額が高く設定されています。利用限度額が高いクレジットカードは、急な支払いにも対応することができる点がメリットです。海外旅行など、短い期間にまとまった金額を支払わなくては行けない場合は、利用額の高いクレジットカードが必要不可欠です。

経済力や信用のある人だと思われる

友人や彼女、会社の後輩や学生時代の後輩など、誰でも見栄を張りたい相手がいると思います。そういった人と食事をした後、ゴールドカードで支払いを行うと「経済力がある人」という印象を与えることができます。

楽天カードで支払うよりも、アメックスゴールドで支払う方がかっこいいですよね。相手に良い印象を与えることができれば、その後も良い関係を築けたり人脈作りが上手くいったりすることもあります。

また、「ゴールドカードを持っている=銀行やクレジットカード会社からの信用がある」ため、ビジネスマンであれば取引先の相手からの信用にも繋がります。旅行保険や特典は一般カードに付帯していることがありゴールドカードだけのメリットとは言えませんが、自分の信用をアピールできるのはゴールドカードにしかないメリットです。

プラチナカードのインビテーションあり

ゴールドカードの決済額によっては、プラチナカードのインビテーションが届く可能性があります。ゴールドカードよりもステータスの高い上級カードを目指したいという方は、ゴールドカードで決済履歴を作ってカード会社からの信用を築き上げましょう。

ゴールドカードのデメリット

ゴールドカードのデメリットは年会費がかかることです。ネットショッピングや高額な決済でたまにクレジットカードを使う生活スタイルの人であれば、年会費を支払ってまでゴールドカードを持つ必要はなく、年会費無料カードで問題ありません。

カード決済を頻繁に行ったり、ゴールドカードの特典を利用したりする方であれば年会費以上の価値があると言えます。

おすすめのゴールドカード

ゴールドカードを作りたいという方におすすめのゴールドカードを紹介します。

30歳以上の方におすすめのゴールドカード

30歳以上限定ゴールドカード
年収300万円以上が審査通過目安
海外旅行傷害保険最高5,000万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円

三井住友VISAゴールドカードの申込資格は「30歳以上で安定した収入のある方」です。年収目安は300万円以上と言われており、一般的な会社員の方であれば審査通過可能です。

三井住友VISAゴールドカードは海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が最高5,000万円補償、全国28箇所の空港ラウンジを無料利用できるゴールドカードです。

通常年会費は10,000円ですが、「WEB明細書コース」や「マイ・ペイすリボコース」を設定することで年会費を4,000円まで抑えることができます。

ゴールドカードとしてのステータス性も高く、三井住友銀行が発行しているのでセキュリティ面も安心です。

20代限定ゴールドカード

20代限定ゴールドカード
20代で収入さえあれば審査通過できる
海外旅行傷害保険最高5,000万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円

三井住友VISAプライムゴールドは20代限定ゴールドカードで、通常の三井住友VISAゴールドカードと同様の機能でありながら、年会費が半額の5,000円で利用できます。

申込資格は「20歳~29歳で安定した収入がある方」です。年収目安は200万円以上と言われていて、新社会人の方でも審査通過が可能です。

20代限定ゴールドカードなので、20代であれば審査に通過しやすいという特徴があります。

審査が甘いゴールドカード

初年度年会費無料、以後年会費1,905円(税抜)
ゴールドカードの中でも審査が甘い
国内、海外旅行傷害保険が最高2,000万円

MUFGカードゴールドの発行会社は、三菱UFJフィナンシャルグループの主要子会社「三菱UFJニコス」です。

MUFGカードゴールドは年会費1,905円(税抜)、初年度年会費無料で所持できるゴールドカードで、国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険がそれぞれ最高2,000万円 付帯されています。

MUFGカードゴールドは初めてクレジットカード作るという方でも、審査が通る可能性が高いカードと言われているカードです。実際に年収200万円以下の方が申し込みをして問題なく審査に通ったという話もありますので、18歳以上で安定した収入があれば申し込んでみる価値があります。

更にMUFGカードゴールドがあれば、国際線の利用時に日本の主要空港ラウンジを無料で利用することができます。空港ラウンジで出発までの時間をゆっくり過ごすことができる、ゴールドカードならではのステータスですね。

ポイントが貯まりやすいゴールドカード

20歳以上であれば申し込みOK
ポイント還元率最大17%
入会後6カ月間は通常ポイント2倍

オリコカードザポイント・プレミアムゴールドの申込資格は「20歳以上で安定した収入がある方」です。年収目安は200万円以上ですが、アルバイトの方やフリーターの方、配偶者の収入があれば専業主婦でも審査通過可能です。

通常ポイント還元率は1%、入会から6か月間は還元率2倍なので2%のポイント還元です。また、会員専用サイト「オリコモール」を経由してAmazonや楽天市場、その他のネットショップサイトでお買い物をすることで最大17%のポイント還元になります。

空港ラウンジを利用する方におすすめのゴールドカード

プライオリティ・パスに無料登録可能
年収200万円以上が審査通過目安
国内・海外旅行保険が最高5,000万円付帯

楽天プレミアムカードは世界850か所の空港ラウンジを無料利用できる「プライオリティ・パス」に無料登録できるゴールドカードです。

申込資格は「20歳以上で安定した収入のある方」、年収目安は200万円以上です。

ポイント還元率は常に1%、楽天市場でのカード利用では5倍になるため、楽天市場を利用する方はポイントを貯めやすいです。ただし通常の楽天カードでも楽天市場の還元率が4倍になるため、世界中の空港ラウンジを無料利用したいという目的がなければ年会費無料で作れる楽天カードを作ることをおすすめします。

海外旅行者におすすめのゴールドカード

海外旅行保険は利用付帯で最高1億円補償
審査通過目安は300万円以上
家族特約やキャンセル・プロテクションもあり

アメックスゴールドカードは年会費29,000円(税抜)で利用できるゴールドカードで、最高1億円の海外旅行傷害保険つき、世界中の空港ラウンジを無料利用できて飛行機遅延の補償もついているステータス性の高い最上級ゴールドカードです。

アメックス会員限定のレストラン優待、都内からタクシーで空港まで送迎してくれるエアポート送迎サービスなど、他のゴールドカードでは得られない特典が満載です。

20代の方であれば年収300万円以上、30代の方であれば年収350万円以上であることが審査基準になるので、審査に自信がない方でも一度申し込みしてみることをおすすめします。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料