おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

学生でも返済延滞でブラックリストに載る

学生の方でもクレジットカード料金の返済延滞があるとブラックリストに載る可能性があります。クレジットカードの利用履歴や延滞情報は「信用情報」と呼ばれ、個人信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に全て記録されています。

学生と言っても大学生や短大生、専門学校生の方などがいますが、このページで解説する内容は下記の学生の方すべてが対象です。

ブラックリストに登録されるとどうなるのか、何が原因でブラックリスト入りするのか、ブラックリストの登録期間はどれくらいか解説します。

ブラックリストに載るとどうなる?

学生がブラックリスト入りするとクレジットカードやローンの審査に通りにくくなります。他にも学生の方が心配していると思われる点について解説します。

就職には影響しない

一般的な企業は就職活動者の信用情報を調査できないため、ブラックリストに載っても就職には影響しません。私たちの信用情報は誰でも自由に見られるわけではなく、クレジットカード会社やカードローン会社、信販会社など、一部の会社のみ照会することができます。

クレジットカード申込時の利用規約には、「個人信用情報機関へ信用情報の照会に同意する」と記載されていて、私たちは気付かないうちに照会を同意しているのです。

就職への影響は基本的にないですが、銀行(金融機関)や消費者金融会社、信販会社などへの就職時には信用情報を見られていないと断言はできません。信用情報を普段から扱っている企業への就職を希望している場合は、ブラックリスト入りすることで就職に影響する可能性もあります。

奨学金がストップすることはない

奨学金がストップすると大学を中退しなければいけないと心配の方もいると思いますが、ブラックリスト入りしても奨学金が停止になることはありません。たとえば日本学生支援機構の奨学金であれば下記が停止の条件です。

奨学金停止になる条件の中には信用情報に関する記載はないため、すでに奨学金を受けている場合は今後も継続して奨学金制度を利用できます。

家族に迷惑はかからない

ブラックリストになると親や兄弟、家族に迷惑をかけることはありません。クレジットカードやローンの審査では、申込者本人の信用情報のみが照会されるからです。

保証人になれない可能性がある

友達や家族に「保証人になってほしい」と頼まれた際、ブラックリストに載っていると保証人の審査に通らない可能性があります。保証人は仮にローンが払えなくなったときに代わりに責任を持つ役割なので、保証人が信用できない人物では意味がありません。

クレジットカードやローン審査に通らなくなる

ブラックリストに載ると、他のクレジットカードを作りたい場合や、住宅ローンや自動車ローンを組みたい場合、審査に通りにくくなります。クレジットカードやローンの審査では信用情報が最も重要視され、ブラックリスト入りしていると審査通過の可能性はかなり低くなります。

必ず審査に通らなくなるわけではなく、審査が甘いクレジットカードやカードローンであれば審査通過できる可能性もあります。

ブラックリストに載る条件

ブラックリストに載る条件はいくつかありますが、最も多いのはクレジットカード料金や携帯電話本体代金の延滞です。

クレジットカード料金やローン返済の延滞

クレジットカード料金を延滞したりローン返済の延滞をしたりすると、信用情報に傷が付きます。1か月以内の延滞であれば返済が遅れてしまっただけ、という履歴が残りますが、2か月以上の延滞や滞納があった場合は個人信用情報機関に「金融事故情報(異動情報)」が記録されてブラックリストとして扱われます。

金融事故情報が記録されると、その情報を見たカード会社やローン会社は「料金を滞納する金融事故者」と判断して、入会審査に通りにくくなります。

携帯電話本体代金の分割払い延滞

携帯電話の本体代金を分割支払いにしている方は、割賦契約という返済方式になっていて借金をしている状態として扱われます。つまり毎月の利用料金の返済が遅れてしまうと、借金が返済されていないことと同様に扱われてブラックリスト入りしてしまいます。クレジットカードの延滞と同じように1か月以内であれば問題ありませんが、2か月以上、もしくは何度も延滞が続くとブラックリスト入りします。

ただし、本体代金を一括払いで支払った方は借金をしていない状態なので、携帯料金の支払いが遅れてもブラックリスト入りすることはありません。

債務整理を行った

債務整理とは自己破産、任意整理、個人再生、過払い金請求など、借金を返済する手続きのことです。任意整理を行うと確実に個人信用情報機関にブラックリストとして記録され、返済延滞などよりも記録される期間が長いです。

ブラックリストの期間

個人信用情報機関はCIC、JICC、KSCと呼ばれる3つの機関が存在し、それぞれブラックリスト入りの期間が異なります。また、延滞や滞納の期間がどれくらいか、任意整理(自己破産)などの手続きを行ったかによっても記録される期間が異なります。

理由別ブラックリスト登録期間 CIC JICC KSC
61日以上延滞 5年 1年 5年
3か月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
任意整理・特定調停・個人再生 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

※表中の年数はすべて最長です。

社会人になっても記録され続ける

学生でブラックリストに登録された場合、社会人になってもその情報は引き継がれます。個人信用情報機関の情報は消すことができず、時間が過ぎて消えるのを待つしかありません。

ブラックリストでもクレジットカードを作れる

ブラックリスト入りするとクレジットカード審査に通りにくくなると解説しましたが、ブラックリストでも作れるクレジットカードが存在します。消費者金融会社が発行している「消費者金融系クレジットカード」であれば、一般的なカード会社の審査基準と異なり、収入(支払い能力)があれば申し込み可能です。

クレジットカードを利用することできちんと返済を行った利用履歴(クレジットヒストリー)が個人信用情報機関に残り、信用力を取り戻すことができます。ブラックリスト入りしてクレジットカードが作れなくなり困っている方は、独自の審査基準で審査が通りやすい消費者金融系クレジットカードを作り、信用力を取り戻しましょう。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料