おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカード審査に通らない理由

クレジットカード審査が通らない人

クレジットカード審査の基準はカードの発行会社やカードの種類によって異なります。また、審査落ちの理由をカード会社に問い合わせても教えてくれないため、「なぜ自分が審査に通らないの?」「どうすれば審査に通るの?」と悩む方も多いと思います。

クレジットカードの審査に通らない理由は、個人信用情報に傷がつきブラックリスト入りして金融事故者になっていることや、年収や勤務形態などがカード会社の審査基準を満たしていないことなどが考えられます。

そこで、ここでは審査に通らない理由と、審査に通過できない方におすすめのクレジットカードについて説明します。

ブラックリスト入りしているため

ブラックリスト

クレジットカード料金・カードローン返済の延滞・滞納や債務整理手続きなどを行った方は、個人信用情報に金融事故情報(異動情報・ブラック情報など)が登録され、いわゆる「ブラックリスト入り」の状態になります。金融事故者は返済能力のない人間とみなされるため、クレジットカードや住宅ローン・自動車ローンなどの審査に通過することが困難になります。

個人信用情報とは、クレジットカードの契約内容やローン利用履歴、金融機関からの借入情報などを指す言葉です。個人信用情報は、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全銀協・全国銀行個人信用情報センター)という3つの個人信用情報機関に管理されます。クレジットカードの利用状況や入金状況といった個人信用情報はCICが、消費者金融の個人信用情報は JICCが、銀行などの金融機関の個人信用情報はKSCが取り扱っています。しかし、3社は金融事故者の情報を共有しているため、一度ブラックリスト入りすると、全てのクレジットカードやローンなどの審査で金融事故情報が参照されます。

個人信用情報には個人情報(名前、住所、電話番号、勤務先、配偶者名)も登録されています。カード会社は審査の際、全ての登録情報を調査し、申込者の信用力を審査します。

ブラックリスト入りの状態は、最長10年で解除されます。クレジットカードの審査に通過するには、金融事故情報が消えるまで待つ必要があります。個人信用情報機関に金融事故情報が登録される期間は以下の通りです。

ブラックリスト掲載条件 CIC JICC KSC
61日以上延滞 5年 1年 5年
3か月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
債務整理(任意整理・特定調停・個人再生) 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

自分がブラックリストに入っているかどうかや、金融事故情報がどのように記録されているかを調べるには、個人信用情報機関に「信用情報開示請求」をして下さい。手続きには1,000円程度の手数料が必要ですが、パソコンやスマートフォンから手軽に申し込むだけで正確な個人信用情報が確認できるため、クレジットカードの審査に通りたい方は積極的に利用することをおすすめします。信用情報開示報告書の支払状況欄に記録されるAマークやPマーク等の意味など、信用情報開示請求に関する詳しい説明は個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)に信用情報を開示する方法を参照して下さい。

ブラックリスト入りする理由について、以下で詳しく説明します。

クレジットカード料金の延滞

クレジットカード料金の支払い遅延は、61日以上もしくは3か月間続いた場合、個人信用情報に金融事故情報が登録され、ブラックリストに入ります。

延滞が数日以内に解消した場合は、個人信用情報に延滞情報が記録されるだけで金融事故情報は登録されません。しかし、カード会社によって判断は異なりますが、一般的には短期間に数回(1年間に3回程度)の延滞が発生した場合は、金融事故情報が登録されます。

ローン返済の延滞

カードローンや住宅ローンの返済遅延は、61日以上もしくは3か月間続いた場合、個人信用情報に金融事故情報が登録され、ブラックリストに入ります。また、短期間に数回(1年間に3回程度)の延滞が発生した場合も、金融事故情報が登録されます。

携帯電話本体料金分割払いの延滞

携帯電話本体料金を分割払いで購入した方は、支払い遅延が61日以上もしくは3か月間続いた場合、個人信用情報に金融事故情報が登録され、ブラックリストに入ります。また、短期間に数回(1年間に3回程度)の延滞が発生した場合も、金融事故情報が登録されます。

携帯電話本体代金の分割払いはローン扱いになるため、個人信用情報では割賦契約として記録されます。通話料などの基本料金は個人信用情報に記録されないため、支払いが延滞しても金融事故情報が登録されることはありません。ただし、クレジットカード払いで基本料金を支払っている方は、延滞が原因で金融事故情報が登録されます。

奨学金の返済延滞

「独立法人日本学生支援機構(育英会)」の奨学金を利用した方は、返済遅延が61日以上もしくは3か月間続いた場合、個人信用情報に金融事故情報が登録され、ブラックリストに入ります。また、短期間に数回(1年間に3回程度)の延滞が発生した場合も、金融事故情報が登録されます。

独立法人日本学生支援機構は、2010年から個人信用情報機関のKSCに加盟しています。2010年以前に奨学金を利用していた方は金融事故情報が登録されることはありませんが、奨学金契約の際、個人信用情報に延滞情報を提供することに同意していた場合は、2010年以前に利用していた方でも同様にブラックリスト入りします。なお、大学内奨学金制度や地方自治体の奨学金は個人信用情報に加盟していないため、延滞しても金融事故情報が登録されることはありません。

家賃の返済延滞

賃貸物件を契約した際、連帯保証人を立てるため保証会社を利用している方は、家賃等の支払い遅延が61日以上もしくは3か月間続いた場合、個人信用情報に金融事故情報が登録され、ブラックリストに入ります。また、短期間に数回(1年間に3回程度)の延滞が発生した場合も、金融事故情報が登録されます。

保証会社を利用せず賃貸物件を契約している場合は、支払いが延滞しても金融事故情報が登録されることはありません。ただし、クレジットカード払いで家賃を支払っている方は、延滞が原因で金融事故情報が登録されます。

債務整理

任意整理や自己破産、個人再生などの債務整理をした場合、個人信用情報に金融事故情報が登録され、ブラックリストに入ります。

なお、過払い金返還請求は任意整理の一種ですが、現在は金融事故の対象ではないと認められたため、ブラックリスト入りすることはありません。

総量規制の対象であるため

クレジットカードに申し込む際、キャッシング枠を希望すると、総量規制の対象となり審査に通過できない場合があります。

総量規制とは、年収の3分の1以上の貸付を禁止する法律です。貸金業法で定められており、クレジットカードのキャッシング枠残高および他社ローン借入残高とキャッシング枠残高の合計が年収の3分の1以上である場合、規制の対象になります。ただし、銀行系クレジットカードのキャッシング枠は対象外であるため、キャッシング枠を希望しても審査に影響することはありません。

しかし、銀行系クレジットカードは一般的に発行基準が厳しく、総量規制対象の方が審査に通過することは困難です。また、銀行系クレジットカードに限らず、消費者金融などの借り入れがある方は審査で低く評価されます。そのため、クレジットカードの審査通過に不安がある方は、銀行系クレジットカードを避け独自の審査基準のクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

多重申込みして申し込みブラックになっているため

クレジットカードやローンなどを短期間に複数(1か月に3枚程度)申し込んだ場合、個人信用情報に申込情報が登録されるため、多重申込み者として「申し込みブラック」になります。カード会社は多重申込み者を「キャッシング枠やカード現金化が目的でカードを持つお金の無い方ではないか」と判断するため、審査通過が困難になります。

申し込みブラック状態は、最後のクレジットカード・ローン申し込みから6か月間で削除されます。

返済能力以上にクレジットカードやローンを契約しているため

すでに多数のクレジットカードやローンと契約している方が新規にクレジットカードに申込んだ場合、審査通過が困難です。カード会社は、多数契約している方がさらにカードを持つことで返済能力以上に支払いや返済が増え、貸し倒れが起きるのではないかと判断します。この場合は、既に持っているカードを解約したり、限度額を下げたりすることで審査通過可能になります。

社内ブラック入りしているため

社内ブラック入りしている方は、クレジットカードの審査に通過することが困難です。

社内ブラックとは、カード会社が独自に収集した顧客情報に支払いトラブル履歴が残っている状態のことです。支払い遅延や債務整理などに加え、度々カード会社にクレームを入れるなど、利用内容に問題があった方は社内ブラック情報として登録されます。

社内ブラック情報は、グループ会社の一つに登録されてしまうと、グループ会社内で共有される可能性があります。例えば、楽天銀行デビットカードの利用中に自己破産をした方は、楽天銀行の社内ブラックになる上、楽天カード社でも社内ブラックになります。また、社内ブラック情報は個人信用情報と異なり、一般的に削除までの期間が定められていないため、一度登録されると永久に記録が残ります。

クレヒスがないため

これまで1度もクレジットカードやローンを利用したことがない方や、ブラックリストから解除されたばかりの方は、クレヒス(クレジットヒストリー・信用履歴とも)が全くないため、審査に通過することが困難です。

クレヒスとは、クレジットカードやローンなどの使用履歴のことです。個人信用情報の一つとして個人信用情報機関に登録されており、クレジットカードの審査では必ず参照されます。カード会社は、申込者の信用力を判断する際、クレヒスを重視して審査します。

ゴールドカードやプラチナカードなど、ステータス性や利用限度額の優れたクレジットカードを持ちたい方は、まず独自の審査基準のクレジットカードを利用してクレヒスを積み重ね、信用力を得てから申し込むことをおすすめします。

属性情報が審査通過基準を満たしていないため

クレジットカードの審査では、申込者の属性情報をスコアリング(点数化)して評価します。点数が審査通過基準を満たしていない場合は、審査に通過できません。

属性情報とはカード申込者の年齢や居住年数、収入(年収)などの個人情報です。カード会社によってスコアリングの対象となる項目は異なりますが、基本的には下記の申告情報を元に点数が付けられます。

属性情報を審査する際、カード会社は「3C」と呼ばれる観点から、申込者に返済力や支払い能力があるかをスコアリングします。

Capacity(返済力・資力)

Capacityとは、クレジットカード申込者の返済能力・支払い能力を判断する基準です。

Capacityでは年齢は若く、勤務先の規模が大きく、アルバイトや派遣社員よりも正社員として働く方が高い点数が付けられます。職業に関しては、公務員などの収入が安定している方が高く評価されます。

項目 評価
職業・職種 公務員や医師などの安定した給料・年収が得られる職業の正社員が高く評価される
年齢 申し込み条件を満たした中で若い年齢の人ほど高く評価される
勤務先の規模 大手企業や上場企業など、勤務先の規模が大きいほど高評価
勤続年数 同じ会社に勤めている年数が長いほど高評価
年収 年収が高ければ高いほど高評価
借入額 他社でのキャッシングやカードローンでの借入があるかを確認し、借入額が多いほど低評価

クレジットカードの審査に通過するには、安定した収入(一般カードの場合、年収200万円程度)が必要です。年収が基準以下の方や、日雇いアルバイトなど収入に安定性がない方は独自基準のクレジットカードに申し込みましょう。

Character(性格)

Characterとは、クレジットカード利用者が返済日に延滞することなく返済するかを判断する基準です。

Characterは、申込者のクレヒスを元に判断されます。クレヒスは金額問わず、利用した分を返済できていれば加点され、1日でも返済が遅れると個人信用情報に傷がついていると判断されます。また、30代の後半でクレヒスがない方は、信用力が判断できない「スーパーホワイト」として低く評価されます。

Capital(資産・財産)

Capitalとは、担保になる住居などの不動産を所有しているか、所有している場合はその価値がどれくらいか、という審査基準です。担保となる資産を所有している場合は、審査時に有利になります。

項目 評価
住居形態 分譲住宅(自己名義の持ち家)を持っていれば評価が高くなり、次に社宅、賃貸マンション、公営住宅の順番で高評価
居住年数 賃貸住宅に住んでいる場合は、同じ場所に最低1年以上住んでいることで評価が高くなり、分譲住宅の場合は居住年数が半年程度であっても「保有資産」としてカウントされ高評価
家族構成 独身の実家住まい(親と同居)が最も高く評価され、次に既婚で親と同居が高評価、既婚で親と別居、そして独身で親と別居の順番になる。既婚の場合は子供がいるよりも、いないほうが自由に使えるお金が多いと判断され、審査に有利

その他の審査に通らない理由

カード会社は、上記以外にも以下のような審査基準を設けています。以下の基準を満たしていない方は審査通過が困難です。

また、クレジットカードによっては、すでに持っているカードと異なる国際ブランドを選択することで、複数枚持てるものと持てないものがあります。例えば、ライフカードはJCB、VISA、MasterCardの3つから国際ブランドを選択可能で、異なる国際ブランドを選ぶことで複数枚のカードを持つことができます。しかし、学生専用ライフカードは異なる国際ブランドを選択した場合も、複数枚のカードを持つことはできません。そのため、複数枚目のカード審査に通過できない方は、既に持っているカードを解約するか、別会社のカードに申し込むかすることでカードが発行される場合があります。

なお、カード会社は一定期間内に発行するカードの枚数を制限している場合があります。新規発行が開始されたばかりのカードやキャンペーン中のカード、新規申し込み特典のあるカードなどは発行枚数の上限が増える傾向にあるため、あらかじめ独自の審査基準のクレジットカードを利用し、欲しいカードの発行チャンス前にクレヒスを積んでおくことをおすすめします。

ブラックでも持てるデビットカード

ブラックでも作れるカード
23歳まで年会費無料
年間10万円以上の利用で年会費無料
0.2%~0.5%のキャッシュバック付き

デビットカードは、ブラックリスト入りしていても取得可能な決済カードです。デビットカードは支払い時に銀行口座から料金が即時に引き落とされるため、クレジット与信審査不要です。

三菱東京UFJ-VISAデビットは利用金額の0.2%~0.5%がキャッシュバックされる特典が付帯したVISAデビットカードです。年間10万円以上(毎月8,500円ほど)カード利用すれる方や、23歳以下の方は年会費1,000円(税抜)が無料になります。なお、発行するには三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが条件です。

ブラックでも持てるETCパーソナルカード

一般的なETCカードは、クレジットカードの付帯カードとして追加発行することで入手できます。クレジットカードを発行できない場合は審査なしのETCパーソナルカードを申し込んでください。

ETCパーソナルカードは、カード発行の際、明細書発行・発送の手数料として年会費1,143円(税抜)がかかる上、利用開始時にデポジット(保証金)が必要です。申し込み手続きも郵送のみ可能なため、クレジットカード付帯のETCカードより発行に手間と費用がかかります。どうしてもETCカードが必要な方のみETCパーソナルカードを検討しましょう。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料