おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

デビットカードは審査なしで発行できる

デビットカードとクレジットカードの違いをご存知でしょうか。簡単に説明すると、お買い物のときにデビットカードは銀行からその場で引き落とし、クレジットカードは後から請求がきて支払う後払いのカードです。
クレジットカードを申し込むと、「申込者は信頼のおける人か、返済はきちんとしてくれるか」という審査を行いますが、デビットカードには審査がありません。デビットカードもクレジットカードも同じようなカードなのになぜでしょうか。

このページでは、クレジットカードとデビットカードの違いと、デビットカードを審査なしで発行できる理由を解説します。

デビットカードと審査について

デビットカードには審査が行われる場合もあり、その場合はどのような審査があるか説明します。また、申し込み条件などはあるか、デビットカードと審査についての説明と、おすすめのデビットカードも紹介します。

デビットカードは実質審査なし

クレジットカードを申し込んだときは申込者の年収や返済能力を調べるなどの審査が絶対にあります。デビットカードの場合、基本的に審査はありませんが、カード会社によっては住所不定ではないか、過去に銀行で問題を起こしていないかなど最低限の情報のみを調べることがあるので、デビットカードは実質審査なしと言って良いでしょう。

イオンデビットカードにはバックアップサービスというサービスがあり、デビットカード利用で銀行口座残高が足りなくなったときに一時的に立て替えをしてくれるというサービスです。バックアップサービスは一時的にお金を貸していることになるので、このような特別なサービスが付いていると申し込み時に審査が必要になります。

デビットカードは普通預金口座があればその口座と紐付けてカードのみ発行することができますが、口座を持っていない場合はデビットカードと一緒に銀行の口座開設をする必要があり、銀行口座の審査に通らなかった場合にデビットカードも発行できないということがあります。

クレジットカードは毎月まとめて支払う後払い決済なのに対し、デビットカードはお買い物をしたと同時に銀行口座から引き落としされるので、返済滞納や遅延などの支払いが行われないリスクがないためカード会社は審査をする必要がありません。

デビットカードを利用するには銀行口座と紐付けをして、支払いの度に自動的に引き落とされるようにします。即時引き落としなので銀行口座残高がなければ利用できないため、クレジットカードと違って借金を抱えるという心配もなく、安心して使えるカードです。
普段現金でお買い物をしている方は、お金を持ち歩く必要がなくなり、デビットカードで支払いをすればポイントが貯まり、銀行ATMを利用する機会が減ることでATM手数料が浮き、お得に利用できますよ。

デビットカードはブラックでも作れる

借金を抱えていたり過去に返済の延滞や遅延したりした方は、クレジットカードの利用履歴を記録する個人信用情報機関に情報が残ってブラックリスト入りして、クレジットカードの審査に通らなくなります。

それに対し、デビットカードの支払いは即時引き落としなので、信用情報を記録する個人信用情報機関の情報は審査のときに確認しません。つまり、借金や返済延滞があるブラックの方でもデビットカードを作ることができます。

クレジットカードを使うと個人信用情報機関にクレジットヒストリー(クレヒス)が残ります。今まで遅延なく返済をしてきていれば、新しくクレジットカードを発行するときや、住宅ローンや自動車ローンを組むときにクレジットヒストリーは信用力になります。
デビットカードはいくら使っても、クレジットカードの利用履歴であるクレジットヒストリー(クレヒス)が残らないので、信用力が上がらないところが欠点と言えます。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードはクレジットカードとほとんど同じように使えるカードで、VISA、MasterCard、JCBなどの国際ブランドのマークがあるお店で使用可能でが、一番の違いは支払いのタイミングです。クレジットカードは毎月一括請求されて分割払いなども利用できるのに対し、デビットカードは常にその場で引き落としがされます。

カードを所持できる年齢も異なり、一般的にはデビットカードは15歳から発行可能、クレジットカードは18歳から発行可能です。デビットカードは実質審査なしなので、未成年の方でも審査の心配をせずに発行できるのは嬉しいですね。

デビットカードには利用金額に制限があることがあり、たとえば30万円銀行に残高があっても制限が10万円であれば10万円以上の商品は買えないということです。デビットカード会社によりますが、この利用金額の制限は利用者が自由に設定できることがほとんどなので用途に応じて設定すると良いでしょう。クレジットカードにも利用限度額がありますが、利用限度額を増枠するときには再度審査が必要なので、そういう意味ではデビットカードの方が自由に設定できる分、便利と言えます。

デビットカードはVISA、MasterCard、JCBなどの国際ブランドが利用できる店舗であれば海外でも利用することができます。また、カードにもよりますがデビットカードの使用でもクレジットカードと同じようにポイントが貯まり、ポイント還元率も0.5%~1%くらいなのでクレジットカードと差はほとんどなく、お得に利用できます。

このように、現在ではデビットカードとクレジットカードの差はほとんどありません。デビットカードは国際ブランドのマークさえあればスーパーでもコンビニでもネットショッピングでも使えますので、クレジットカード決済(後払い)が不安だという方にはデビットカードがおすすめです。

デビットカードとクレジットカードの比較

デビットカード クレジットカード
支払いタイミング その場で引き落とし 毎月一括もしくは分割
審査 審査なし 審査あり
発行可能年齢 15歳~18歳以上 18歳以上
利用額上限変更 自由に変更可能 審査が必要
海外利用 可能 可能
年会費 無料もしくは有料 無料もしくは有料
ポイント還元率 0.5%~1% 0.5%~1%
クレジットヒストリー 記録されない 記録される
ネットショッピング 可能 可能

審査なしのデビットカード

デビットカード審査なし

クレジットカードは利用料金を翌月返済するため、信用力を調査するカード発行審査がありますが、デビットカードは口座とカードを紐付けることで即時決済に対応しているため審査なしで発行可能です。

クレジットカードを作れなくてお困りの方は、デビットカードの作り方のページを参考にしてみてください。

三菱東京UFJ-VISAデビットカード


23歳未満は年会費無料
年間10万円以上の利用で年会費無料
0.2%のキャッシュバック付き

デビットカードはクレジットカードのように申込者の金融事故情報などを詳しく調べる審査がありません。自己破産から7年以内の方はポイントキャッシュバック付きで年間10万円以上の利用で年会費無料(10万円未満の場合は税込みで年会費1,080円)になるVISAカード「三菱東京UFJ-VISAデビットカード」がおすすめです。

年会費無料の楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天デビットカード(JCB)は審査がないデビットカードで、利用するたび100円の支払いで1ポイント貯まり、楽天市場などの楽天が提供するサービスの利用でポイントが2倍になる高還元率カードです。16歳以上なら誰でも申し込みができて、楽天キャッシュカードと一体型になっているのでATMで銀行預金の引き出しもできます。
発行手数料無料、年会費無料のデビットカードなので、手数料などを心配することなく安心して申し込むことができます。

楽天デビットカードは自分でいくらまで使えるか利用限度額を設定することができるので、無駄遣いが心配なら利用できる金額を低めに設定しておけば安心です。また、カードが盗難などで不正利用されたときに補償してくれる盗難補償があり、最大100万円まで補償されます。

年会費永年無料
ポイント1%付与の高還元率
盗難補償保険つき

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料