おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

アメックスの審査が甘い理由

アメックスカード(アメリカン・エキスプレス・カード)というと外資系クレジットカードで審査が厳しくステータス性が高いカードで有名ですよね。しかし、インターネット上では「アメックスは審査が甘い」と言われているのをご存知でしょうか。

実はこの噂には語弊があり、アメックスは外資系クレジットカード独自のスコアリングで審査を行っているため、「ブラック情報が残っている方でも審査に通る可能性がある」と言うのが正しいです。

このページではアメックスグリーン、アメックスゴールド、セゾンアメックスの審査が甘いのか解説していきます。


保険付帯で海外旅行に強い
空港ラウンジ無料利用サービスつき
ステータス性、社会的信用が高い

アメックスの審査は甘いのか?

アメックスカード(一般カード)の審査は甘いのか、どのような審査基準なのか解説します。

アメックスの申込資格

まずはアメックスの公式サイトで申込資格(申込基準)を確認してみると「20歳以上、安定した収入のある方」と定められています。また、Q&Aでは「パート・アルバイトの方の申し込みはお受けできません」と書かれています。

パートやアルバイトの方は申込資格を満たしていないので、審査通過は確実にできません。一般的に審査が甘いと言われているイオンカードや楽天カードはパート、アルバイト、学生でも申し込みができるので、同じようにアメックスの審査が甘いと言うのは誤りだと言えます。

具体的に申し込みに必要な年収の記載はありませんが、年収300万円~400万円以上の安定した収入と勤務年数3年~5年以上が必要と言われています。これらの条件をどう捉えるかはみなさん次第ですが、決して審査基準が甘いとは言えないでしょう。

なぜ甘いと言われているのか?

アメックスの審査が甘いと言われている理由は「過去に返済事故がありブラック情報が残っている方でも審査に通る可能性がある」からです。

過去の滞納や債務整理の情報はCIC、JICC、KSCの個人信用情報機関に記録され、通常のクレジットカード会社はその情報を照会して「過去に滞納、債務整理をしているので審査落ち」という判断をします。

しかし、アメックスは外資系クレジットカード会社ということもあり、独自のスコアリングと審査によって、「過去の滞納、債務整理で金融事故情報が残っているが現在は安定した収入があるので審査通過」という判断をします。

アメックスは審査が甘いというよりも「ブラックでも審査通過可能、ブラックでも甘い」というのが正しく、ブラックの方におすすめのカードだと言えます。

アメックスゴールドカードの審査は甘いのか?

アメックスゴールドカードは審査が甘いのか解説します。

アメックスゴールドカードの審査基準

アメックスゴールドは最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードで、旅行代金の支払いなどがなくても最大5,000万円分が自動付帯になるステータスカードです。

申込資格は「25歳以上、安定した収入のある方」となっています。25歳以上でなければ申し込みできないですが、三井住友VISAゴールドカードも30歳以上でなければ申し込みできないので、ゴールドカードの申し込み資格としては甘くもなく厳しくもないと言えるでしょう。

アメックスゴールドの審査通過するためには、年収350万円~500万円以上が必要だと言われています。アメックス一般カードよりも少し審査基準が厳しくなったくらいでそれほど変わりなく、他社のゴールドカード審査基準と大差ないです。年収は年齢によって審査通過の基準が変わるため、20代で年収300万円であれば審査通過できても40代で年収300万円だと審査通過できない可能性が高く、40代であれば年収350万円以上は必要です。

アメックスゴールドと言うとステータス性が高く審査が厳しいイメージがありますが、思っていたよりも審査が甘いと考える方が多いのではないでしょうか。公務員や大手企業の会社員は審査通過しやすいので、属性に自信のある方は一度チャレンジしてみるのも良いと思います。

アメックスグリーンよりもアメックスゴールドの審査は甘い?

インターネット上ではアメックスグリーン(一般カード)よりもアメックスゴールドの審査の方が甘いのではないかと噂されています。

実際アメックスグリーンもアメックスゴールドも必要だと言われている年収が大差ないので審査基準はほとんど変わりません。

アメックスゴールドは年会費が29,000円(税抜)かかるので「カードをそれなりに使ってくれる人」が申し込みをしてくれると考え、アメックスとしても審査を通しやすいと考えることもできます。

アメックスゴールドがほしいけど、審査に通らないかもしれないと思っている方でも一度アメックスゴールドにチャレンジしてみると良いと思います。もしも審査に落ちてしまっても「3か月以上の期間を空ければ再度申し込み可能」と公式サイトに書かれているので、ゴールドで審査落ちしても改めてアメックスグリーンを申し込めば良いです。

アメックスプラチナカードの審査基準

アメックスプラチナカードはインビテーション(招待状)でのみ入会することが可能で、インターネット等から申し込みをすることはできません。「アメックスのプロパーカードの年間利用金額が100万円以上」になるとインビテーションが届くと言われていて、セゾンアメックスなどの提携カード(プロパーカード以外)ではインビテーションは届きません。審査に通るための年収目安は600万円以上です。

ただし、年間利用金額が100万円以上でもインビテーションが届かない可能性もあり、インビテーションが届くかどうかはカード会社の判断次第です。プラチナカードに関しては、アメックスが勤務先や年収も含めてインビテーションを送るか判断しているようです。

アメックスゴールドカードは25歳から申し込みができるので、ゴールドカードの利用金額が高ければ20代後半でもアメックスプラチナカードのインビテーションが届く可能性は十分にあります。

基本的にはインビテーションが届いた時点で審査通過の基準を満たしていると考えられますが、インビテーションが届いたからと言って審査に通るとは限らず、アメックスプラチナカードの申請を行ってからカード会社側が正式な審査を行うという流れです。

アメックスセンチュリオンカード(ブラックカード)の審査基準

アメックスセンチュリオンカードは最もステータス性が高いブラックカードだと言われているクレジットカードです。プラチナカードと同じくインビテーション制で、アメックスプラチナカードを持っている方にインビテーションが届きます。

年会費は350,000円(税抜)、インビテーションが届いたり審査通過したりするために必要な年収は1,000万円以上で、一般の人が持つことはまずありえないカードです。インビテーションの条件は「アメックスプラチナカードの利用実績を積み重ねること」です。

セゾンアメックスの審査は甘い?

セゾングループが発行するセゾンパール・アメリカン・エキスプレスカ・カード(通称セゾンアメックス)の審査は甘いのでしょうか?セゾンアメックスは最短即日発行、3営業日以内のスピード発行可能なカードとしても有名で、なんと言っても年会費無料で使えるアメックスカードです。

年会費無料で使えるということもあり、セゾンアメックスは年収200万円~250万円ほどあれば審査通過可能です。また、ネットからの申し込みの場合は最短1時間ほどで審査結果の連絡があり、本人確認の電話があれば審査通過と言われています。

プロパーカードのアメックスグリーンと比べるとセゾンアメックスの審査難易度は低く、審査が甘いと言って良いでしょう。

セゾンアメックスゴールドカードの審査基準

セゾンアメックスゴールドカードは、他のゴールドカードと比較すると審査が厳しいクレジットカードです。ただし、本家のアメックスよりは審査通過しやすいので、アメックスブランドのゴールドカードを使いたいという人におすすめのカードです。

申込資格は「学生、未成年を除く電話連絡可能な方」と公表されていて、年収について具体的に書かれてはいません。アメックスゴールドカード(プロパーカード)の年会費が29,000円(税抜)に対して、セゾンアメックスゴールドカードは年会費が10,000円(税抜)です。年会費や付帯保険の内容から判断すると、年収300万円以上であれば審査通過できる可能性が高いです。

アメックスカードの審査期間

アメックスカード(プロパーカード)の審査期間について解説していきます。申し込みの方法は申込書による郵送申し込みと、インターネット申し込みの2種類があります。郵送申し込みは申込書がカード会社に届くまで時間がかかるため審査が遅く、インターネット申し込みだと審査が速く行われます。

アメックスの審査は申込日の即日から3日程度で完了し、その後カード発行と郵送が行われ、申込日から到着日まで1週間~10日かかります。審査通過の時点で「審査が完了いたしました。カード到着まで1週間程度でお届けいたします。」という旨のメールが届きます。

審査通過後、在籍確認の電話が勤務先にかかってくることがあり、電話に出て在籍確認が取れた時点で「カードを発行させていただきます。」と伝えられることがあります。また、個人の携帯電話番号にかかってくることもあるので、申し込み後は電話連絡がないか注意しておきましょう。

アメックスの審査比較

このページで解説したアメックスカードを比較します。

アメックス審査通過に必要な年収の目安

カード名 年収
アメックスグリーン 300万円~400万円
アメックスゴールド 350万円~500万円
アメックスプラチナ 600万円以上
センチュリオンカード 1,000万円以上
セゾンアメックス 200万円~250万円
セゾンアメックスゴールド 300万円以上

アメックスの年会費

カード名 年会費
アメックスグリーン 12,000円(税抜)
アメックスゴールド 29,000円(税抜)
セゾンアメックス 無料
アメックスプラチナ 130,000円(税抜)
センチュリオンカード 350,000円(税抜)
セゾンアメックスゴールド 10,000円(税抜)


保険付帯で海外旅行に強い
空港ラウンジ無料利用サービスつき
ステータス性、社会的信用が高い


年2回まで空港ラウンジ無料利用可能
海外旅行傷害保険が最高1億円補償
家族カードが1名様まで年会費無料

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料