おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカードの審査基準と審査に通るコツ

クレジットカード審査で審査落ちしないためのポイントをすべて解説

クレジットカードは審査通過しないと作れません。しかし、クレジットカード会社は明確な審査基準を公式サイトなどで公表しておらず、審査で通らなかった場合も審査落ちの理由を説明してくれないため、審査基準についての詳細はあまり知られていません。

そこで、元クレジットカード会社員からの情報をまとめ、クレジットカード会社が審査基準にしているポイントと、なぜ審査に通らないのか、審査通過しやすくするコツについて説明していきます。

また、どうしても審査で通過したい方向けの「審査が甘い」と言われているクレジットカードを紹介します。

クレジットカードの審査に落ちた方、審査に通過できるクレジットカードを知りたいという方は、下記の解説ページをご覧ください。


クレジットカード会社が審査基準にしているポイント

3Cとは

まずはクレジットカード会社が審査基準にしているポイントから説明していきます。

クレジットカードは日本語になおすと「信用カード」となっている通り、審査通過のためにはカード会社に利用したお金をきちんろ返済してくれる人として信用してもらうことが審査通過の鍵になります。
クレジットカードの入会申し込みをすると、カード会社は申込者の信用力を「スコアリングシステム」という、独自の統計情報をもとにコンピューターで自動的に点数付けして審査結果を出しています。このスコアリングシステムで点数付けをする際の、Capacity(返済力・資力)、Character(性格)、Capital(資産や財産)からなる3つの観点を「3C」と呼び、クレジットカードの審査基準として重要なポイントにしています。

3Cがそれぞれ何をチェックしている項目なのか説明します。

(ここでは3Cの項目だけを紹介させて頂きますが、スコアリングの詳細な配点について知りたい方は、「クレジットカード審査のスコアリング」のページで説明しているのでご確認ください。)

Capacity(返済力・資力)

職業や年齢、年収などから返済力を調査

Capacityとは、クレジットカード申込者の年齢、職業、勤務先企業の規模、勤続年数、年収、借入額を見て、返済・支払い能力があるか判断する審査基準のことです。

年齢

一般的に18歳〜30代前半の若い世代が「もっともお金を自由に使える世代」と言われ、ローンや借り入れをしていない人が多いことから審査時の評価が高くなります。年齢を重ねるほど審査難易度は上がるので、なるべく若いうちから1枚目のクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

職業・職種(雇用形態)

公務員や医師、弁護士が有利になります。一般的に年収が高くて安定しており、仕事に困るリスクが他の職種に比べて低いからです。公務員と会社員も評価されやすく、自営業者や非正規社員は評価されにくいことを覚えておきましょう。

雇用形態がアルバイトやパートでは、収入が安定していない傾向があるため、審査時に評価が低くなります。しかし、学生や主婦であれば世帯年収が審査時に評価されるので、アルバイトやパートでも審査に良い影響を与えます。

無職や失業中の方は安定した収入がないとみなされ、カード会社によりますが審査通過は難しいでしょう。

勤務先の規模

大手企業、上場企業、公務員など、一般的に安定していると言われる組織で働く人ほど評価が高くなります。年収が高く、会社(組織)が倒産するリスクが少ないため、カード会社が安心して貸付できるからです。中小企業勤務であっても、他の基準で評価されれば審査に通過する可能性はあります。

勤続年数

同じ会社に長く勤めている人ほど評価が高くなり、短い人ほど評価が低くなります。長く働ける会社は安定していると言え、申込者も返済能力があると判断されるからです。

1年以上同じ会社で勤めていれば問題ありませんが、1年以下であっても他の審査基準とのバランスによって合格する場合もあります。

年収

年収が高ければ高いほど高い評価が得られます。しかし、年収はあくまで自己申告であり、正確な裏付けを取りにくいことから、実はそこまで重要視されません。

だからといってあからさまに嘘の情報を書くとカードによっては収入証明書を求めてくるので注意してください。

借入額

カード会社は現在の借入額、返済能力などを考慮して審査します。年収や勤務先の情報から返済が難しい額を借入していると判断した場合には返済ができなくなると考え、審査落ちとする可能性が高いです。

一方で、有担保ローン(住宅ローン、自動車ローン)を借りているとローン審査に通るだけの「返済能力、信用力がある」と判断され、スコアリングでの点数は高くなり審査通過しやすくなります。

カードローンなど、消費者金融からの借金が残っている方はクレジットカード審査に通りにくいため、その場合は借金があっても作れるクレジットカードを申し込んでみることをおすすめします。

Character(性格)

返済履歴が多いほど審査で有利になる

Characterとは、クレジットカード申込者が返済日に延滞することなく返済してくれるかという性格面を判断する審査基準のことです。
申込者の支払い実績(クレジットヒストリー/クレヒス)を確認し、過去に返済遅延や延滞がないか確認します。

クレジットヒストリー(クレヒス)

「クレジットヒストリー(クレヒス)」とは、クレジットカードの契約(クレカの利用)や、個品割賦契約(商品を分割払いで支払う契約)、住宅ローンなどの支払いを延滞・滞納をせずに返済できているかという、利用履歴のことです。

毎月少額でも利用した金額をきちんと返済していると「使った金額を支払いができる人」と認識され、信用力が高くなります。毎月返済している利用実績が残っていれば2枚目以降のクレジットカードの審査も通りやすくなります。

クレジットヒストリーは審査基準において高い配点に設定されているので、審査に確実に通りたい方や、目的のクレジットカードが審査難易度の高いカードを作りたい方は、審査が甘いクレジットカードをとりあえず作って、毎月カード利用をして支払いの延滞をしないように支払い実績を作ってクレジットカード会社の評価を高めていく「クレヒス修行」をおすすめします。

逆に返済をせずに支払いの延滞・滞納で金融事故情報を起こして、個人信用情報機関に「異動情報」が残っている人は極端にカード会社からの信用度が落ちるので注意してください。

Capital(資産・財産)

居住形態や居住年数、家族構成などを評価

Capitalとは、担保になる住居などの不動産を所有しているか、所有している場合は居住年数が何年か、資産としていくらの価値があるか判断します。
Capacity(返済力・資力)は安定した収入があるか判断しますが、Capital(資産・財産)は現在持っている住宅、車、土地などの資産価値で評価されます。また、家族構成も評価対象になります。

住居形態

分譲住宅(自己名義の持ち家)を持っていれば評価が高くなり、その次に社宅、賃貸マンション、公営住宅の順番で高評価になります。

居住年数

賃貸住宅に住んでいる場合は、同じ場所に最低1年以上住んでいることで評価が高くなります。分譲住宅の場合は居住年数が半年程度であっても「保有資産」としてカウントされ、評価が高くなります。

一戸建て(持ち家)がある場合も保有資産であり、長く住んでいると評価が高くなります。住宅ローンが残っていても、年収や返済能力が問題なければ審査通過できます。

家族構成

実家暮らしの場合は生活コストが少なくて済み、可処分所得(自由に使えるお金)が多いので、カードを頻繁に使ってくれることから、独身の実家住まい(親と同居)がもっとも高く評価されます。

つぎに既婚で親と同居が評価され、既婚で親と別居、そして独身で親と別居の順番になります。既婚の場合は子供がいるよりも、いないほうが自由に使えるお金が多いと判断され、審査に有利です。

配偶者、子供がいる方は多少審査で不利になりますが、安定した収入があって資産がある、他の項目で問題がなければ審査通過にはあまり影響しないでしょう。

審査に通らない理由

ここからはクレジットカード審査に通らない人がどういう理由で審査落ちしてしまっているのかについて説明していきます。

ブラックリスト入りすると審査に通らない

ブラックリスト

実は「クレジットカード審査に通らない」と言っている人の多くが、「個人信用情報機関」に異動情報が記録されている、いわゆる「ブラックリスト」として扱われている人です。
なぜブラックリストが審査落ちの原因になっている人が多いかというと、単純に返済の延滞・滞納だけが原因ではなく、うっかりしていると誰でも陥りがちな条件によってブラックリストに載ってしまうからです。

ブラックリストの情報(異動情報)が記録される「個人信用情報機関」とは、国内にある以下3つの信用情報機関のことを指します。

信用情報機関名 保有する信用情報
CIC(指定信用情報機関) クレジットカードの利用履歴
信販会社(信販系)との取引履歴
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融会社(消費者金融系)との取引履歴
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 銀行や信用金庫(銀行系)との取引履歴

カード会社はこれらの「個人信用情報機関」にカード申込者の信用情報を照会して、現在持っているカード所有情報や、過去に支払いの滞納をして金融事故情報がないか、自己破産者ではないかということをすぐに調べることができます。

クレジットカード会社を利用した場合の信用情報はCICに、消費者金融の信用情報はJICCに、銀行などの金融機関の情報は全国銀行個人信用情報センターに登録されます。
その後、各指定信用情報機関間で「CRIN」というネットワークで延滞などの事故情報を相互に共有し、「FINE」というネットワークでJICCが所持する消費者金融の利用状況をCICに共有しています。

つまり、カードローンなどを利用して支払いを延滞してしまってJICCに金融事故情報(ブラック情報)が残ってしまうと、クレジットカード審査のための信用情報を管理するCICにも事故情報が共有されてしまうということです。

ブラックリスト入りする条件

クレジットカード審査に通らず「ブラックリスト入りしているのでは?」と思っている方は、以下に心当たりがないか確認してみてください。

■クレジットカード利用金額の延滞

過去にカードローンやクレジットカード支払いを2~3ヶ月程度の延滞・滞納をした方は、金融事故として信用情報に登録され、以後5年間は情報が消えないブラック扱いになります。
金融事故情報として登録されてしまった場合、情報が消える5年の間、申し込みをしても審査に落ちる可能性は非常に高いと言えるので、登録された情報が消えるまで待つか、ブラックでも作れるクレジットカードを申し込んでみると良いでしょう。

■携帯電話代金の延滞・滞納

スマートフォンなどの携帯電話本体を分割払いで購入した場合、ローン契約(割賦契約)扱いになるため、支払いの延滞をするとドコモやauは「CIC」という個人信用情報機関のブラックリストに載り、ソフトバンクは「JICC」という個人信用情報機関のブラックリストに載ってしまいます。(携帯ブラックとも言われます)
そのため、これまでクレジットカードやローンカードを持ったことがない方でもブラックになってしまっている可能性があります。

■延滞を繰り返した

クレジットカードの返済を2か月以上延滞すると金融事故情報として記録されますが、2か月までならセーフというわけではなく、延滞や滞納を何度も繰り返すとクレジットヒストリーの支払い状況欄に「A」という記号が付き「本人都合による延滞」と記録され、その記録が多くなると審査の際に「この人はいつも返済に遅れる人で信用できない」と判断されて審査に通りにくくなります。

入金状況の表

期日までに入金ができている場合は$、未入金の場合はAと記載されます。

1日でも返済が遅れると遅延という扱いになり、信用情報が傷ついてしまうので、クレジットカードの利用金額をこまめに確認して、銀行口座にゆとりをもった金額を入れておくと良いでしょう。

■自己破産・個人再生をした

自己破産や個人再生(債務整理、任意整理)をした場合もブラックリストに5年間載ってしまいます。自己破産とは、財産を手放すかわりに借金をゼロにすることで、個人再生とは、減額された借金を3年から5年の間に返済する必要がある状態を言います。

自己破産、債務整理、任意整理をした場合は、個人信用情報機関に登録されている異動情報が消えても、その時持っていたクレジットカード会社内にあるブラックリストに情報が残ってしまいます。これを「社内ブラック」と言い、個人信用情報機関のブラック情報とは違い、一生消えることはありません。ブラックからの喪明け後は、今まで持っていなかったカード会社が発行するカードを選ぶようにしましょう。

■奨学金の延滞

奨学金を管理している「独立法人 日本学生支援機構」は信用情報機関に加盟しているため、奨学金の返還を2ヵ月以上未払いにすると延滞情報が伝わり、返済意志のない者として長期延滞情報が信用情報に記録されます。

ブラックになっていないか個人信用情報機関に信用情報開示請求をする

自分がブラックリストに載っているかや、ブラックリストに載ってどれくらいの期間が経っているかを調べたい方は、個人信用情報機関に「信用情報の開示申請」をしてみましょう。

クレジットカードに関する信用情報を確認したい場合はCIC、キャッシングなどの事故情報を確認したい場合はJICC、金融機関からの借入内容や支払状況を確認したい場合は全国銀行個人信用情報センターで確認してみてください。

CICやJICCは窓口や郵送、スマートフォン経由で開示請求をすることが可能で、全国銀行個人信用情報センターの場合は、登録情報開示申込書を郵送で送ることでのみ開示が可能です。(いずれも手数料1,000円程度)

間違えた情報や嘘の情報で申し込みをしても審査落ちする

意外にも審査落ち原因として多いのが、記載ミス(あるいは故意に嘘の情報を記載した)です。
間違った内容を記載してしまうことや記入漏れがあることはスコアリングのCharacter(性格)を見る際にもマイナス影響になります。
インターネットでの申し込みなら、記入の必須項目を埋めないと画面が進まないように設定されているので、記入漏れを防げるのでおすすめです。

虚偽情報(嘘の情報)を記載した場合には、その時の審査通過どころか「社内ブラック」と呼ばれる状態になり、今後一切同じカード会社の審査で通らないということにもなりかねません。
嘘じゃないにしても最終的に審査を行うカード会社員は嘘か間違いかを判断できないので、勤務先の情報や勤続年数、他社からの借入件数や金額といった情報は正確に書くようにしましょう。

短期間に複数のカードに申し込んだ(多重申込)

短期間に複数のカードに申し込むと、キャンペーンや入会特典が目当てだと思われたり、キャッシングを利用するだけして返済せずに夜逃げされる可能性があるという考えから、カード会社はカード発行を見送りにすることがあります。

1ヵ月間で3社以上のクレジットカード申込み(多重申込)をすると「申し込みブラック」と呼ばれる状態になるので、3枚以上のカード申し込みをする際には最低でも1ヶ月以上の期間をあけてから申し込むようにしましょう。

多重申込による申し込み情報は、クレジットカードを悪用させないための一時的な処置で、6か月間待つことで個人信用情報機関の記録から消え、新たにクレジットカードが申し込み可能になります。

個人信用情報機関にカードやローンの利用履歴がない

これまで1度もクレジットカードやローンを使ったことがない方を「ホワイト」と呼び、ブラックリストから解除されたばかりで個人信用情報機関に利用履歴(クレジットヒストリー)が全くない状態を「スーパーホワイト」と呼びます。
どちらのホワイト状態もカード会社が信用度を判断する材料がないので、審査通過が難しいです。

40代未満の人であればホワイトでも正社員として働いている方であれば審査通過できる可能性は高いですが、40代以上になるとカードやローンを使ったことがない人も過去にブラックだった人として判断されてしまうので審査通過が難しいです。

ホワイトでもクレジットカードが欲しいという方は審査が甘いクレジットカードをとりあえず作って、毎月カード利用をして支払いの延滞をしないように利用履歴を作ってクレジットカード会社の評価を高めていく「クレヒス修行」がおすすめです。

再申し込み・再審査について

一度審査に落ちてしまっても、もう一度申し込みをしてでも目的のカードを手に入れたいという人もいると思います。
再申し込みをした場合、審査に通る可能性はあるのかについて説明します。

同じカードを再申し込みする場合は6ヶ月間の期間を空ける

クレジットカードの申し込み履歴は個人信用情報機関に6ヶ月間残っており、直近6ヶ月以内に同じカードを申し込んだ場合、審査をするコストを抑えるために自動的に審査落ちにしてしまわれます。
なので、再申し込みをする際は6ヶ月以上の期間を置いてから申し込むようにしてください。

他社のカードは申し込み可能

審査落ちしてしまったカード会社が発行するカードとは別の会社が発行するカードを申し込むと問題なく審査に通る可能性があります。一度審査に落ちてしまった場合は他社が発行するクレジットカードを申し込むのがおすすめです。

注意して欲しいのですが、三井住友VISAカードの審査に落ちたからといって、Amazon MasterCardを申し込むのは間違いです。Amazon MasterCardは、三井住友が発行するクレジットカードなので、申し込み履歴をチェックされ自動的に審査に落とされてしまいます。
再申し込みをする際は、必ずカード発行会社を確認してください。

審査通過しやすくする方法・コツ

カード取得できた男性

カード審査通過のためには自身が持つ信用力以外にも、カード申し込み時に工夫をする方法・コツがあります。

キャッシング枠を可能な限り減らす

キャッシング枠とは、クレジットカードを利用してお金を借りる限度額のことです。すでに他のクレジットカードでキャッシングを利用している方は、審査時に「お金に困っている」という印象を持たれるのでマイナスの印象になってしまいます。

キャッシング枠は「総量規制」という法律で制限されているため、すでに持っているカードのキャッシング枠総額が年収の3分の1以上となる場合、新たにキャッシング枠を持つことはできません。
クレジットカードの申し込みをする際に、キャッシング枠がいくら必要かという選択肢が出てくるので、キャッシング枠を可能な限り低い金額(可能なら0円)で申請すると審査通過しやすくなり、審査期間も短くなります。

キャッシング枠を必要とする方でも、1社で50万円を超える場合と、他社との借入残高の合計が100万円を超える場合はカード会社が年収を把握する義務が生じ、収入証明書の提示が求められるので、少しでも早く発行したいと考えるのなら50万円未満で設定することをおすすめします。

他社借入れが審査にもたらす影響については「クレジットカード審査で他社からの借入がどう影響するのか」のページで詳しく説明しています。

年収は実際より多めに記入する

クレジットカード会社は、申込者が使っている銀行口座に入金された金額や預金残高までチェックすることはできません。そのため、申込書に記入した年収で審査を行います。実際の年収が180万円だったとしても200万円と記入しても問題ないので、少し水増しすると良いでしょう。

特に、年収が100万円以下の方は、収入が少ないため審査に落とされることもありますので、年収は実際より多めに記入して、少しでも審査に通りやすくすると良いでしょう。

申込書の項目はできるだけ埋める

空欄の項目があると、丁寧さに欠ける性格と判断され評価が落とされてしまいます。
多少面倒な項目があっても、できる限り申込書は埋めるようにしましょう。

特に郵送でお申込みをする際は、インターネットでのお申込みの場合と違って、項目の記入漏れが多くなりがちなので注意しましょう。

申込書は丁寧な字で記入する

インターネットでの申し込みではなく、紙の申込書に記入して申し込む場合は丁寧な字で記入するようにしましょう。
記入し終わったら誤字や脱字がないか確認しましょう。

審査難易度の合ったカードを選ぶ

クレジットカードは選ぶカードによって審査難易度(偏差値)が大きく異なります。クレジットカードの種類で言うと、ブラックカード > プラチナカード > ゴールドカード > 一般カードの順番で審査難易度が高く、カード発行会社別でみると、銀行系カード > 交通系カード > 信販系カード > 流通系カード > 消費者金融系カードという順番で厳しくなっています。

審査難易度 カード発行会社 説明
厳しい 銀行系カード 三井住友VISAカードJCBカードを代表とする、銀行、または銀行と提携している会社が発行しているカード
少し厳しい 交通系カード JALカードANAカードを代表とする、鉄道会社が運営している子会社が発行するカード
普通 信販系カード 楽天カードオリコカードを代表とする、クレジットカードなどを発行している信販会社が発行しているカード
流通系カード イオンカードエポスカードを代表とする、大手スーパー、デパート、コンビニなどが発行しているカード
甘め 消費者金融系カード 今はACマスターカードだけの、消費者金融会社が発行しているカード

以上の審査難易度を基準にし、自分の信用力に自信のあるクレジットカードを選ぶと良いでしょう。
ちなみに、審査難易度が高いとされる銀行系カードでも、過去に支払いの遅延・延滞がなければ普通に働いている方であれば高い確率で審査通過が可能です。実際に、銀行系カードの代表格である三井住友VISAカードの審査結果を調査したところ、本人年収の無い専業主婦や学生が審査通過したという回答がありました。

クレジットカード全体の審査難易度については「クレジットカード審査難易度ランキング」で説明しているので、詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。

審査が柔軟なクレジットカード

ブラックリスト入りしていて審査に通りにくい、すぐにクレジットカードが必要という方は下記のアコムACマスターカードを検討してみてはいかがでしょうか。

ACマスターカード

年会費永年無料
カード発行可能か3秒でWEB診断
最短で即日発行可能

消費者金融大手アコム(三菱UFJファイナンスグループ)が発行するアコムACマスターカードは、独自の審査基準のため審査が柔軟と言われています。

ブラックリストに該当する人、自己破産経験者、金融事故歴がある人、生活保護を受けている人であっても、現在は仕事して、安定的な収入があり、支払い能力があると見なされれば、クレジットカード作成が可能です。

アコムACマスターカードは、ウェブ申込みをすると、30分後には審査結果がわかります。

ここまで説明してきた内容を整理すると、過去に金融事故を引き起こした人、ブラックリストに該当する人、クレジットヒストリーに問題のある人は、新しいクレジットカードを作成することが困難になります。そして、他社でクレジットカード審査に落ちてしまった人も、その情報が消えるまで待たなければ、他社のクレジットカード審査に通過することが難しいでしょう。

こうしたクレジットカード審査の裏事情を考えた場合、まずは審査に通過しやすいアコムACマスターカードに申込み、カード利用をしてクレジットヒストリー(支払い実績)を作って信用度を強化してから、作りたいカードを作ると良いでしょう。

ACマスターカードでも審査落ちした場合

審査落ちイメージ

審査が最も甘いと言われるACマスターカードでも審査に落ちてしまった方はカード会社に「収入が少なく、安定していない」「転職を重ね、勤続年数が短い」「40代以上でクレジットヒストリーがない」と判断されている可能性があります。この条件にあてはまっている方は、残された選択肢として「家族カード」を作る、「デビットカード」を作るという2通りの手段があります。

これらのカードは実質審査なしで発行することができますが、それぞれデメリットがあるので確認の上ご利用を検討してください。

カードを持っている家族がいるなら家族カード

家族カードとは、家族が持っているクレジットカードと同じ機能のカードを発行できるというものです。家族がクレジットカードを持っていなければ作ることはできませんが、これだと家族会員がブラック状態でも、発行することが可能です。

ただしデメリットとして、本人会員に合わせて支払い請求が届くので、何にいくら利用したのか見られてしまうことや、家族カードを利用しても家族会員にはクレジットヒストリーが蓄積されないので、ブラック情報が消えても審査落ちしてしまう可能性が高い、ということがあります。

デビットカードを発行する

クレジットカードとは少し機能は異なりますが、カード利用すると預金口座から即時支払われるデビットカードを発行するのも良いでしょう。カード利用金額の0.2%が自動キャッシュバックされる三菱東京UFJ-VISAデビットがおすすめです。

三菱東京UFJ-VISAデビットはクレジットカードと同じようにネットショッピングやVISAカードが使えるお店なら利用でき、VISAブランドなので海外でも安心して使用できます。

ただしデビットカードは、高速道路でETC利用、携帯電話の料金支払い、ガソリンスタンドでの支払い、プロバイダの料金支払いなどができず、家族カードと同様にクレジットヒストリーが貯まらないというデメリットがあります。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

その日のうちに作れる最短即日発行可能で、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料