おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

交通系カードとは

クレジットカードを発行する会社は、三井住友などの銀行が発行する「銀行系カード」、元々クレジットカードの発行を行ってきた信販会社が発行する「信販系カード」、スーパーやコンビニといったお店を経営する会社が発行する「流通系カード」、アコムなどの消費者金融会社が発行する「消費者金融系カード」などがあります。

ここでは、鉄道会社や航空会社などが発行するクレジットカード、「交通系カード」について説明します。

鉄道会社や航空会社などが発行しているクレジットカード

交通系クレジットカードとは鉄道会社や航空会社などが発行しているクレジットカードのことを言います。

鉄道会社には国鉄の分割民営化で発足したJR、東京メトロなどの地下鉄、小田急や京急や東武鉄道などの私鉄があります。
鉄道会社では、交通系ICカードによる全国相互利用サービスが提供されており、JR北海道ではKitaca、JR東日本ではSuica、JR東海ではTOICA、JR西日本ではICOCA、JR九州ではSUGOCAなど鉄道会社によって名前が変わります。
このようなSuicaなどのICカード乗車券の機能が付いている交通系のクレジットカードが多く見られ、定期券と一体型になっていたり、チャージでもポイントが貯まったりと、電車をよく利用する方がお得に利用できるカードです。

クレジットカードを発行する航空会社には、日本航空のJAL、全日空のANAが代表的で、これらは交通系ではなく「航空系カード」と呼ばれることも多いカードです。
JALやANAが発行するカードは、クレジットカードを利用するとポイントの代わりにマイルが高還元率で貯まり、貯めたマイルを航空券と引き換え無料で旅行をすることができる、旅行好きにおすすめのカードです。
年会費がかかるカードがほとんどなので、積極的にクレジットカードを使う人でないとお得感はないかも知れません。

交通系カードの特徴

交通系カードは、主に通勤や通学によく交通機関をご利用している方にお得なカードです。

鉄道会社発行の交通系カード

ICカード乗車券の機能が付いている交通系カードなら予めチャージしておけば改札機にタッチするだけで自動的に清算され、わざわざ小銭を出して切符を買わなくて済むメリットがあります。
オートチャージ機能が付いていれば改札機から入るときに自動的にチャージが完了し、わざわざチャージする手間が無い上にチャージ忘れによる残高不足の心配が無いのも魅力です。

航空会社発行の交通系カード

「ANAカード」や「JALカード」と言った航空会社のクレジットカードは飛行機によく乗る方にお得です。

「ANAカード」はクレジットカードで貯めたポイントをマイルに移行が可能、さらにANA便へ搭乗するとボーナスマイルが貰え、「JALカード」はJALグループ便に搭乗するとお得なボーナスマイル(入会後初めての搭乗で最大5,000マイル、毎年の初回搭乗で最大2,000マイル、搭乗のたびにフライトマイルの最大25%)が貰えます。

航空系のカードは海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が付帯されているものが多く、万が一のときでも安心です。
クレジットカードで旅行代金などを支払うことで保険が適用される「利用付帯」ではなく、「自動付帯」であれば所持しているだけで保険が適当されるので安心です。

代表的な交通系カード

代表的な人気の交通系カードと、そのカードの特徴を紹介します。

ANA VISA Suicaカード

交通系クレジットカードで人気が高いのがANA VISA Suicaカードです。
ANA VISA SuicaカードはANAカードにSuica機能が付いており、飛行機、電車、ショッピングが1枚のカードで完結するのが一番の特徴です。
貯まったポイントはANAマイルかSuicaへ移行することが可能です。

ANAマイレージへの移行はコースによって変わります。
5マイルコースなら1ポイント=5マイル、10マイルコースなら1ポイント=10マイルとなり、5マイルコースは移行手数料無料ですが10マイルコースでは年間6,000円プラス消費税がかかります。

ビュー・スイカ カード

ビューカード(ビュー・スイカ カード)は、通勤通学に便利な交通系クレジットカードです。
年会費は477円ですが、WEB明細サービスを12か月利用すると600円相当のポイントが貯まるので実質無料と考えて良いです。

通常ポイント還元率は0.5%と、やや低い還元率ですが、JR東日本で定期券購入やSuicaチャージで1,000円につき6ポイント貯まり、Suicaポイントへの移行でポイント還元率1.5%と高還元になってお得です。
さらに、ルミネ商品券への交換ならポイント還元率は1.92%にもなります。
また、定期券と一体化にできるのでカードがスッキリとまとまるメリットがあります。

交通系カードの審査難易度について

クレジットカードの審査難易度は、銀行系カード>交通系カード>流通系カード>信販系カード>消費者金融系カードという順番で通過が厳しくなっており、「交通系カード」は審査難易度のやや高いカードと言えます。

審査難易度がやや高いとは言え、安定した収入のある正社員で過去に長期の支払い延滞をしたなどの金融事故情報(いわゆるブラック状態)がなければ問題なく審査通過できるカードの種類です。
交通系カードよりも審査難易度の高い、三井住友VISAカードやアメックスなどの「銀行系カード」でも、日本人の平均年収400万円代に至らず、年代的には若くない40代の方が審査通過した方もいるので、ゴールドカードやプラチナカードのように優れた信用情報が必要なわけではありません。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料