おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

クレジットカード自動付帯保険とは

クレジットカードを持つ魅力の1つは自動付帯保険。旅行に行った際やショッピングでトラブルに合った場合などに、補償をしてくれます。特に海外旅行保険が大切です。なんせ海外の治療費は非常に高く、簡単に100万円を越えてしまいます。そのため海外旅行傷害保険はとても大事です。しかし実はこのカード付帯保険も、よくよく調べないと落とし穴があります。例えば自動付帯と利用付帯の違い、保険金額の考え方など、安易に「カードの保険があるから海外旅行保険は特に入らなくていいや」と思うのは危険です。このページの内容を読んで、ぜひ知識をつけておくことをお勧めします。

海外旅行に行く際に、パッケージツアーなどを選ぶと必ず海外旅行保険に入ることを勧められます。なぜかというと、海外での治療費というのは自由診療扱いなので、想像以上に高く付くからです。一例としては、

さすがにチャーター機などを使うのはめったにないかもしれませんが、何か事故に巻き込まれて骨折してその治療をし、2週間も入院していれば簡単に300万円以上の金額がかかってしまうんです。リゾート地であれば海に飛び込んだりもすると思いますがそれで背骨をやってしまって、入院なんていうのはありそうですよね。

目安は傷病治療・疾病治療ともに「1000万円」以上

そこで、目安としては傷病治療と疾病治療ともに1000万円以上の保険金額が支給される状態にすることをお勧めします。

とは言っても、一般的なカードではせいぜい100万円、ゴールドカードでようやく200〜300万円が関の山。そんな中で1000万円なんて不可能では?と思われるかもしれません。

しかし手段はあります、それは「カードの複数持ち」です。

例えば、傷病保険が200万円のカードを合計5枚持っていれば800万円です。カードの保険は、同ブランド同発行会社で無い限りそれぞれのカードごとの金額を合算した金額が保険金として出ます。

なので、違うブランド違う発行会社のカードを複数枚持っておけば1,000万円は結構簡単にたどり着くことができるんです。年会費無料の一般カードでも200万円の補償をしてくれるものは結構ありますので、それをサブカードとして2〜3枚程度、ショッピング枠10万円程度でいいので持っておけばいいんですね。

一度、手元のカードの補償金額を調べてみてください。そして合計してみて1,000万円にたどり着かない場合は、カードの追加か、あるいは家族カードを夫婦間で作るなどすることを考えてみてください。

子供がいる時はゴールドカードなどに付いている「家族特約」を

しかしここで問題になってくるのは、クレジットカードを持つことが出来ない子供です。子供に何かあった場合、どうしようもなくなってしまいます。しかし子供が一番危険は高いんですよね。病気に対しても怪我に対しても…。

そこで、これはゴールドカードなどには付いていることが多いのですが「家族特約」がついているものを、1枚でも2枚でもいいので持っておくことをお勧めします。

家族特約は、カードにも寄りますが、契約者と同じだけの金額を保障してくれることがほとんどです。ゴールドでなくても例えばJAL一般カードは100万円の傷害治療費用ですが、家族特約があり、家族に対しても同じ保証を受けられますこういったカードもありますので、活用することをお勧めします。

18歳以上になってカードを持てるようになったら、普通に家族カードを作ってあげれば済みますので、それまでですね。

超大事!「自動付帯」と「利用付帯」

そしてこれがとても大事なポイント。旅行傷害保険が「自動付帯」なのか「利用付帯」なのかです。どういうことかというと

利用付帯の場合、旅行代金であったり旅行に使う費用(極端な話空港に行くまでの電車代でもいいのですが)に使わないと、保険が適用されないんです。持っているだけではダメなんです。先ほど複数枚をオススメしましたが、つまり複数枚のカード全て、どこかで旅行費用にうまく組み込まないといけないんですね。これは結構大変です、しかも忘れてしまったら保険が効かないという落とし穴が待っています。

なので「自動付帯」のカードをできるだけ探して下さい。例えば「JCB EIT」や「プラスハッピーUCカード」「EPOSカード」「みずほマイレージクラブカードセゾン」などがそうです。この中で「プラスハッピーUCカード」はなんと年会費無料な上に、家族特約もついています。家族特約がついてしかも自動付帯のカードはプラチナかゴールド以上が基本なのでお得なカードです。

このように、実はとってもわかりづらく落とし穴が多い「付帯保険」なんとなくもやもやっと思っている方は、自分のカードの保険の部分を見なおしてみてください。金額と付帯条件をチェックして、不足しているなと思ったら、サブカードを是非検討することをおすすめします。何かがあってからでは遅いので…。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料