おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

三井住友VISAデビュープラスカード

通常の2倍ポイントが貯まり、入会後3ヶ月は5倍貯まる

18歳から25歳までの方(高校生は除く)が持てる三井住友VISAデビュープラスカードは、いつでもポイント2倍、年1度のカード利用で年会費が無料になる大学生や新社会人向けのクレジットカードです。

デビュープラスカードは、三井住友VISAカードの一般カードにはない、若い方限定の特典が多数用意されております。

今なら最大7,000円分プレゼント!

  • 学生なら無収入でも審査に合格可能
  • 25歳までの方限定で入会可能
  • 常時ポイント2倍の豪華特典
  • 年1回の利用で年会費無料

アプリ代、携帯料金、飲み会、旅行先でも使える。特典満載25歳以下専用カード。今ならもれなく最大7,000円キャッシュバック!

クレジットカードの選ぶ基準を満たす優秀なカード

クレジットカード初心者の方がカード選びの基準として重視したい項目は以下の3点です。

三井住友VISAデビュープラスカードは、後ほど詳しく説明しますが、実質年会費無料でポイント還元率は常に一般カードの2倍~5倍、審査も学生であれば通りやすいので、若い人を中心に多くの方に選ばれています。

最近では、支払い金額や集めたポイントの合計がスマートフォンで手軽に調べられるアプリや、スーパーやコンビニで電子マネーで決済できるお店が増えている関係で電子マネー付いているカードを選ぶ方も多いです。 その点でも、三井住友VISAデビュープラスには「Vpassアプリ」と言う、iPhoneとAndroid対応の無料スマホアプリが使え、電子マネー「iD」、「WAON」、「PiTaPa」を追加カードとして申し込むことが可能です。

その他、三井住友VISAデビュープラスを選ぶと得するポイントとして、長年クレジットカードブランドとして信頼されてきたセキュリティの高さと、若い人以外の審査が厳しいことで知られる三井住友VISAブランドのステイタス性の高さがあります。

年に1回以上クレジットカード利用で、翌年度の年会費は無料

1回でも使えば年会費無料

三井住友VISAデビュープラスカードは初年度年会費無料で、年に1回でもクレジットカードの利用があれば、翌年度の年会費も無料になります。
年に一度、ちょっとした買い物や食事の支払いをクレジットカードにするだけで、次年度の年会費が無料になりますので、年会費を気にすることなく利用が可能です。

一般の三井住友VISAカードで年会費1,250円を無料にするためには、リボ払い手数料が取られる「マイ・ペイすリボ」に申し込まなければ年会費が無料にならないので、三井住友VISAデビュープラスカードが優遇されていることがわかりますね。

一般の三井住友VISAカードよりポイント2倍の高還元率

通常の2倍ポイントが貯まる

三井住友VISAの一般カードは、カード利用料金1,000円で1ポイント(還元率0.5%)ですが、三井住友VISAデビュープラスカードは、1,000円で2ポイント(還元率1%)と、通常のカードの2倍です。
また、入会して3か月間はポイント5倍、つまりポイント還元率が2.5%になります。

入会特典と支払い方法変更でさらにポイント加算

入会後3か月間はポイント還元率が5倍になり、1,000円で5ポイント(還元率2.5%)の高還元率になります。
さらに、三井住友VISAのリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の利用を始めると、通常ポイントに1ポイント加算され、通常時でも1,000円で3ポイント(還元率1.5%)でカード利用することが可能です。
※入会3か月間のポイント5倍期間中はポイントが加算されません。

ただ、マイ・ペイすリボに登録すると、毎月の支払い設定金額(リボ払い金額)を超えると、リボ払い手数料がかかってしまいます。
そこで、リボ払いの毎月支払い上限金額を限度額いっぱいにすることで、手数料を取られることなく、上限額内では通常のカードと同様の支払い金額となります。

利用した金額に応じたボーナスポイントが貰える

三井住友VISAデビュープラスカードのポイントプログラムは、前年度のカード利用金額に応じてステージを上げ、ボーナスポイントが手に入る「ワールドプレゼント」です。

■利用金額に応じたステージと獲得できるボーナスポイント

前年度お支払のお買い物累計額

ステージ

獲得ボーナスポイント

50万円以上100万円未満

V1

50万円で50ポイント
以降10万円ごとに10ポイント加算

100万円以上300万円未満

V2

50万円で75ポイント
以降10万円ごとに15ポイント加算

300万円以上

V3

50万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント加算

前年度(毎年2月~翌年1月の間)に50万円~100万円未満のカード利用をした方は、翌年「ステージV1」へと進め、100万円~300万円未満の方は「ステージV2」へと進め、300万円以上の方は「ステージV3」に進めます。

ポイントUPモールを経由すればポイント最大20倍

三井住友VISAカードが運営するネットショッピングサイト「ポイントUPモール」を経由して、楽天市場やAmazon、ビックカメラ、H.I.Sをはじめとする400以上ある店舗サイトでクレジットカードを利用すると、2~20倍のワールドポイントを獲得できます。

ポイント交換先

カードを使って獲得したワールドプレゼントポイントは、定番のギフトカードや家電などの商品、楽天スーパーポイントやANAマイルなど、他のポイントプログラムへポイントを移行することが出来ます。

なぜ優遇されているのか

25歳以下の方は、クレジットカード会社の将来の優良顧客です。
そのため、今のうちから青田買いすることで、30代、40代、50代になった時に、三井住友VISAカードを利用してもらおうとする意図があります。

ですので、これだけ優遇した特典を与えて、利用してもらおうとしています。
この優遇された機会を逃すと、審査で通過するのが難しくなるので今のうちに発行することをおすすめします。

三井住友VISAデビュープラスカードの審査

若い人は審査で通りやすい

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳~25歳までの方限定カードと、年収や勤続年数は少なく、最初のクレジットカードということでクレジットヒストリーも積まれていないため、通常であればクレジットカード審査で落とされやすい条件が揃っています。

しかし、そこは心配には及びません。
デビュープラスカードはこれからクレジットカードを利用してくれるであろう若い世代に利用してもらうコンセプトで作られたカードなので、審査の条件は通常の三井住友VISAカードと比べても厳しくありません。

特に学生は、アルバイトをしておらず、収入が一切無いという方でも審査に通りやすいと言われています。三井住友VISAカードは審査に通るのが厳しいと言われる銀行系カードなので、社会人になる前の学生のうちに取得しておくことをおすすめします。

追加カードについて

三井住友VISAデビュープラスカードには追加カードとして、ETCカード、家族カード、電子マネーカードを申し込み、発行することが可能です。

ETCカード

高速道路や有料道路にある料金所を手軽に通過するためのカードをETCカードと言います。
このカードを初年度年会費無料で発行可能です。
翌年度以降も前年度に1回利用すれば、通常500円(税抜)かかる年会費が無料になります。

家族カード

本人会員と同じサービスを家族も受けられるカードを家族カードと言います。
一人目は初年度無料で、翌年度以降は前年度に3回以上家族カードを利用することで年会費が無料になります。

電子マネーカード

クレジット払いだけでなく、簡単・便利にショッピングが出来る「iD」、「WAON」、「PiTaPa」といった電子マネーを追加カードとして申し込むことが可能です。

※PiTaPaをお申し込みされる際、25歳未満の方は親権者の同意が必要です。

国内・海外問わず安心して使える

三井住友VISAカードは世界でも信用度の高いクレジットカードとして認知されており、国内はもちろん、海外旅行先でも利用できます。

ショッピング補償が付帯

最高100万円のショッピング保険や、カード紛失・盗難時に役立つ、24時間電話サポートサービス、クレジットカード不正利用監視など、一般の三井住友VISAカードと同じ安心保証を受ける事ができます。

国内・海外旅行傷害保険がない

三井住友VISAデビュープラスカードの唯一のデメリットとしては、国内・海外旅行傷害保険が付帯していないということです。

海外に行く場合は一方のクレジットカードが使えなくても大丈夫なように、2枚持っていくのが一般的とされているので、メインカードとしてデビュープラスカードを持ち、サブカードとして年会費無料で海外旅行保険の付いたカードを持つと良いでしょう。

もしくは、通常の三井住友VISAクラシックカードの年会費1,250円に+250円で海外旅行保険額をアップすることができる三井住友VISAクラシックカードAを申し込むと良いでしょう。三井住友VISAクラシックカードAは年会費1,500円で海外旅行傷害保険が最高2,500万円補償されているクレジットカードです。

26歳になった場合

プライムゴールドカードとクラシックカード

三井住友VISAデビュープラスカードは25歳以下限定のカードです。
26歳になった方は、以下3つの選択をすることが可能です。

三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動切り替え

満26歳になった後の最初のカード更新時に三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動的にランクアップします。

三井住友VISAプライムゴールドカードは20代限定のゴールドカードです。
他社のゴールドカードと比べて安い方ですが、年会費は5,000円かかります。
※条件付で年会費を最大3,500円(税抜)割引可能

全国主要空港のラウンジを無料で利用可能、海外・国内旅行傷害保険が最高5,000万円、ショッピング補償が最高300万円にアップ等、ゴールドカード特典を受ける事が可能です。

通常であればゴールドカードはカード利用限度額が増すため、新規に申込みをする場合は審査が厳しくなる傾向があり、三井住友VISAプライムゴールドカードも利用限度枠総額が最高200万円までにアップします。

もし将来、ゴールドカードを持ちたいと思っている方は、20代限定の三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動切り替えするのがお勧めです。

クラシックカード/クラシックカードAへ申請後切り替え

三井住友VISAカードサポートセンターに申請することで、ゴールドカードではなく一般のクラシックカード、またはクラシックカードAに切り替える事も可能です。

クラシックカードAはクラシックカードよりも年会費が250円多くかかりますが、海外・国内旅行傷害保険が最高2,500万円までアップしますので、クラシックカードよりもクラシックカードAの方がお勧めです。

三井住友VISAデビュープラスカードを解約

三井住友VISAデビュープラスカードを解約するという選択肢もあります。
しかし、VISAブランドのカードはマスターカードと同じく1枚は持っていた方が支払いに便利なので、他のVISA系カードを利用する予定が無ければ、解約することはおすすめしません。

また、他の三井住友VISAカードへ簡単に切り替えできるチャンスでもありますので、最悪でもクラシックカードへの切り替えをお勧めします。

未成年の方は親権者の許可が必要

20歳未満の方がデビュープラスカードを作ろうと思うと、親権者の方からの同意(サインや連絡先の記入)が必要です。そのため、親元を離れて暮らしている方は実家に申込み資料を送って記載してもらう手間がかかります。

これは、未成年の方を保護するために日本の法律で定められていることなので、どのクレジットカードにおいても必要なことです。

発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
所在地 東京都港区海岸1-2-20
  • 学生なら無収入でも審査に合格可能
  • 25歳までの方限定で入会可能
  • 常時ポイント2倍の豪華特典
  • 年1回の利用で年会費無料

アプリ代、携帯料金、飲み会、旅行先でも使える。特典満載25歳以下専用カード。今ならもれなく最大7,000円キャッシュバック!

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

その日のうちに作れる最短即日発行可能で、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料