おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

楽天カード

楽天カード株式会社が発行する「楽天カード」は、楽天カードマンのCMでおなじみの人気度No.1のクレジットカードです。楽天市場をよく使う方にとっては必須のカードです。
楽天市場内でのポイント還元率は通常4%、セールになると最大ポイント10倍!なんていう店もあります。また、楽天市場以外どこで使っても還元率1%は付くということで全体的に高還元率が期待できるカードです。

また、カードの不正利用を防ぐためのカード利用お知らせメールや、商品が未着だった際の保証制度「商品未着あんしん制度」やネットショッピングを安心して使える「ネット不正あんしん制度」などが用意されています。
海外旅行傷害保険も付帯し、アプリも出ているので、利用明細も簡単に閲覧できる便利さです。また、ANAのマイルを貯めている方には隠れておすすめのカードです。

今なら最大8,000ポイントプレゼントキャンペーン中

  • 楽天市場以外でもポイント還元率1%
  • 楽天市場の買い物はポイント4倍以上
  • 楽天Edy200円毎に1ポイントGET

新規入会増加率は国内トップクラス。2枚目のカードとしてもおすすめ。

楽天カードポイントの特徴

楽天カードの特徴は、楽天スーパーポイントのポイント還元率にあります。楽天市場関係のサービスで使えば還元率は4%、一般の加盟店でも1%の還元率です。さらに楽天は定期的にポイント○倍セールなどをやっていますので、高還元率還元が期待できるカードになります。

また、楽天が提携している店で楽天カードを利用すれば、得られるポイントが最大3倍になります。例えば、ガソリンスタンドのENEOSや紳士服のコナカ、SUIT SELECTにメガネストアー、ピジョンメガネ、エースコンタクト、シティコンタクト。エステティックTBCやMen'sTBC、てもみん、アリさんマークの引越社、アート引越センター、サカイ引越センター、大江戸温泉物語に漫画喫茶の自遊空間などなど、ポイントが2〜3倍になります。よく使う店舗が入っていれば、楽天カードを作ることを考えるべきです。

とにかく楽天市場では娯楽から生活まで様々なものを買うことができるので、生活に必要なものの買い物を楽天で済ますことが出来る人は、かなりポイントが貯まっていくはずです。

利用する電子マネーで国際ブランドを選択

楽天カードは、VISAとMasterCard、JCBの国際ブランドから選択でき、機能はほぼ同じであるため基本的にどれを選んでもらっても構いません。

しかし、電子マネーを利用するのであれば、チャージ時のポイント還元率に差が出るため注意が必要です。

nanacoを使うなら「JCB」

セブン&アイグループが運営する「nanaco」を利用している方は、「JCB」を選択しましょう。JCBのみがnanacoに直接チャージでき、1.0%のポイントが還元されるからです。

au walletを使うなら「MasterCard」

KDDIと沖縄セルラー電話が運営する「au WALLET」を利用している方は、「MasterCard」を選択しましょう。インターネット専用の「楽天バーチャルプリペイドカード」を利用してチャージすれば、ポイント還元率を2.5%~3.5%まで高めることが可能です。

楽天バーチャルプリペイドカードは、楽天カード発行後に申し込むことができます。

「楽天Edyチャージ」で0.5%のポイント還元

楽天カードを用いて、楽天Edy株式会社が提供するプリペイド式電子マネーの「楽天Edy」にチャージすると、0.5%のポイントが還元されます(200円で1ポイント)。

しかも、楽天Edy利用によりさらに0.5%のポイントが還元されますので、合計1.0%のポイントが還元されるのですね。

楽天カード利用時にも1.0%のポイントが還元されるため、通常ポイント還元率の面から見ると代わり映えしません。

ですが、2014年11月30日以前はカードからチャージしても何も還元されなかった訳ですから、電子マネーでの支払いが多い方には嬉しい機能ですよね。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)キャンペーン中

現在、いくつものキャンペーンを組み合わせて最大7倍のポイントが獲得できる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」が行われています。

<7倍の内訳>

①ポイントカードとしての基本ポイント分1%
+
②クレジットカードとしての楽天カード利用分1%
+
③a楽天市場内での楽天カード利用キャンペーン分2%(期間限定ポイント)
または
b楽天市場内での楽天プレミアムカード利用キャンペーン分3%(期間限定ポイント)
+
④楽天モバイル(楽天グループが提供する格安SIM)利用で常に1%
+
⑤楽天市場アプリ経由で購入キャンペーン分1%

合計=7%

※7%獲得のためには、③b「楽天市場内での楽天プレミアムカード利用キャンペーン分」で3%獲得する必要があります。
③aの「楽天市場内での楽天カード利用キャンペーン分」で支払った場合は合計6%になるのでご注意ください。

「もらえるモール」の利用で高還元率保証

リンクシェア・ジャパンが運営するポイントサイト「もらえるモール」を経由すると、Edyや楽天スーパーポイントを貯めることが可能です。

加盟店は楽天系列サービス店をはじめとして、Microsoft Store(マイクロソフトストア)やGU(ジーユー)公式オンラインストアなど有名店の名を見かけることもできます。

楽天カードを利用した際のポイント還元率をまとめたものが以下の表です。

加盟店名 ポイント還元率(加盟店) ポイント還元率(最終)
楽天市場 4.0% 5.0%
楽天ブックス 2.0% 3.0%
楽天kobo電子書籍ストア 3.75% 4.75%
Microsoft Store(マイクロソフトストア) 2.0% 3.0%
WILLER TRAVEL 0.5% 1.5%
GU(ジーユー)公式オンラインストア 0.5% 1.5%

利用加盟店に加え、楽天カードのポイント還元率である1.0%が加算されます。しかも、楽天系列サービスの利用で1.0%のポイントが還元されるため、もらえるモールを経由せずにお買い物するよりも高くもらえるのです。

もらえるポイントは期限なしの通常ポイント

さらに、もらえるモールに加盟するショップのポイントは「通常ポイント」であるため、実質期限がありません。

楽天スーパーポイントには、キャンペーンなどで得られる「期間限定ポイント」もあり、場合によっては10日前後で消化する必要があります。

一方の通常ポイントは、最後にポイントを獲得した月を含めた1年間が期限となるため、ポイントを獲得し続けることで有効期限が伸び続ける訳です。

ポイントの有効期限を気にすることなく、ある意味大雑把にもらえるモールが利用できると安心感がありますよね。

カード利用獲得ポイントが付与対象外となるとき

楽天カードの「カード利用獲得ポイント」は通常、ショッピングなどでカードを利用することで得ることができますが、以下の場合には付与対象外となりますので注意してください。

ポイントをANAマイルへ移行可能

基本的にポイントは楽天関係のサービスでしか使うことはできません。具体的には楽天市場・楽天トラベル・楽天ブックスなどです。色々なものが売っていますから困ることはないかもしれませんね。

ですが、実はANAマイルへ移行することができます。楽天スーパーポイントとANAマイルは、基本、2楽天スーパーポイント = 1マイルで交換することができます。2楽天スーパーポイントは、楽天内での買い物であれば100円相当ですので、100円で1マイルもらえる計算になります。これはANAカードと同様です。

また、もう1つ大事なポイントが有ります。それは有効期限。楽天スーパーポイントの有効期限は、最後にポイントを得た月を含めた1年間ですから、ずっと使い続けていれば実質無制限です。これはANAカードで貯めたマイレージより使い勝手が良いです。なぜならマイレージは期限があり、例えば3年経ったら期限切れで無くなってしまうからです。そのため、飛行機に乗らずにコツコツとマイルをためてきた「陸マイラー」が無料航空券に必要なだけのマイルに届かないままマイルを消失させてしまったなんていうことはよくあるんですね。

でも楽天から移行するのでしたら、楽天側でコツコツ貯めて、無料航空券に必要なだけのポイントがたまったら、一気にANAマイレージに変えればいいのです。そうしたらすぐに無料航空券などに変えられますよね。このやり方ならマイルの有効期限に怯えて、必要のない買い物をする必要もありません。

海外旅行傷害保険も付いている

楽天カードは、ショッピング専門のカードというイメージが有りますが、最高2,000万円の海外旅行傷害保険と付帯保険も充実しています。以下の表は、海外旅行保険の補償内容をまとめたものです。

補償内容 補償金額
死亡後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円
救援者費用 最高200万円

傷害治療費用も疾病治療費用もそれぞれ最高200万円が補償されており、年会費無料のクレジットカードの中ではトップレベルの保証内容となっています。楽天カードでは国内旅行傷害保険と動産総合保険はつきませんが、楽天プレミアカード以上であれば両方ともついてきます。

必ず出国前に利用する利用付帯保険

手厚い海外旅行傷害保険が保証されている楽天カードですが、出国前に事前に料金を支払う必要のある利用付帯が適用されています。そのため、出国後に楽天カードで支払いをしても保険は適用されないので注意してください。

保険はあらかじめ「募集型企画旅行」か「公共交通用具」の料金を支払っておくことにより、適用の対象になります。

募集型企画旅行とは

募集型企画旅行とは、旅行会社が旅程を計画した旅行形態のひとつで、航空券と現地手配をセットにしたものです。JTBやH.I.S、JALなどが企画するパッケージツアーが該当します。

公共交通用具とは

公共交通用具とは、航空機や電車、船舶、バス、タクシーなどの乗り物をいいます。ただし、空港まで自家用車を利用した時のガソリン代や駐車場料金は公共交通用具には含まれないため注意が必要です。

出国前の電車賃やタクシー代でもOK

すなわち、事前にパッケージツアーなどを楽天カードで申し込むことが望ましいですが、最悪空港までの電車賃やタクシー代の支払いに充てても保険の適用対象になるということですね。

ちなみに保険の補償期間は、「日本を出発してから3ヵ月後の午後12時までの旅行期間」が補償期間になります。

楽天カード保持者であれば保険適用対象

家族や友人とグループ旅行に出掛けた場合は、保険は誰にどこまで適用されるのでしょうか。たとえば、一人だけが楽天カードで旅行代金を支払うことも考えられますよね。

実は、楽天カード保持者であれば誰かが支払うことで利用付帯が適用されるため、全員が旅行代金を支払う必要はないのですね。

Rakuten Card Deskサービスネットワーク

また、海外ではRakuten Card DESKサービスネットワークというものがあり、海外からでも24時間無休で日本語のサポートを受けることもできます。

カード紛失や盗難などの緊急のアクシデントから病気を患った時の病院の案内まで、幅広い相談内容に対応しており、海外渡航者には安心のエマージェンシーサービスとなっています。

JCBプラザのように主要都市各地に現地対応オフィスが展開されている訳ではありませんが、海外では非常に心強い存在となります。

実際に渡航先でアクシデントに見舞われた際は、「楽天カードコンタクトセンター紛失・盗難専用ダイヤル」や「楽天カード保険デスク」に国際電話をかけることができます。

海外から電話をかけても、エマージェンシーサービスが電話料金を負担してくれますので安心ですね。

楽天カードコンタクトセンター紛失・盗難専用ダイヤル

楽天カード保険デスク

渡航先では、Wi-Fiを利用できないことも考えられますので、あらかじめ電話番号を確認しておくことが望ましいでしょう。

現地通貨への交換が安い「海外キャッシング」

海外旅行中、急な出費で手持ちの現金が少なくなると心許ないですよね。楽天カードには、海外の現地通貨をATMやCDから引き出せる「海外キャッシング」機能が付いており、現金不足に臨機応変に対応することができます。

海外キャッシング機能のメリット

海外キャッシング機能の一番のメリットは、両替手数料を安く済ませられる点です。

外貨両替の方法は、他に「銀行・空港の両替所」や「チケットショップ」、「FX口座」の利用が考えられますが、キャッシング後に一括で支払うことにより両替手数料を2分の1から4分の1程度安くすることができるのです。

サービスの利用方法

海外キャッシング機能の利用には、海外のATMやCDに楽天カードを挿入し操作する必要がありますので、以下でATMやCDの操作方法を説明します。

暗証番号を入力する

クレジットカード挿入後の画面で、楽天カードに設定されている4桁の暗証番号を入力します。暗証番号を忘れた場合は、楽天カード株式会社が運営する「楽天e-NAVI」サービスの「カードの暗証番号の照会」から暗証番号を確認することができます。

暗証番号の確認には、カード裏面の3桁のセキュリティコードの入力が必須ですので、手元に楽天カードを用意しておきましょう。

日本国内での暗証番号の確認が望ましいですが、インターネットが繋がるところであればどこでも照会できるため安心感があります。

CASH WITHDRAWALを選択

現金引き出しという意味の「CASH WITHDRAWAL」と残高照会という意味の「BALANCE INQUIRY」が表示されますので、「CASH WITHDRAWAL」を選択します。

CREDIT CARDを選択

口座選択画面が表示されます。当座預金という意味の「CHECKING」と普通預金という意味の「SAVING」、そして「CREDIT CARD」が表示されますので、「CREDIT CARD」を選択します。

希望金額を選択

引き出し金額候補が複数表示されるので希望金額を選択します。「OTHER AMOUNT」を選択して任意の希望金額を入力することもできます。

PRESS IF CORRECTを選択

金額が正しければ「PRESS IF CORRECT」を、正しくなければ「PRESS IF INCORRECT」を選択します。

現金と明細書、楽天カードを受け取る

「PRESS IF CORRECT」を入力すると、現金と明細書、楽天カードが出てきますので、忘れずに受け取ります。明細書は決済トラブル時の証拠になるため、手元での保管をおすすめします。

【注意点】海外キャッシングは必ず「リボ払い」に…

ただし、海外キャッシング利用時は「リボ払い」が設定されていることはデメリットになります。リボ払いと聞くと、余分に利息が取られる嫌なイメージがありますよね。

実際リボ払い手数料は高い

実際、リボ払いは返済残金に実質年率18%を足した手数料が合計の返済金額となるため、リボ払いで支払い続けると非常に高く付きます。

たとえば、楽天カードの海外キャッシング機能を利用して4万円を引き出したとしましょう。この場合、固定の返済元金8,000円と手数料を合わせた金額が毎月支払う返済金額となります。返済完了までの返済金額の推移を以下の表にまとめてみました。

返済回数 月々の支払代金 返済残金
1回 「8,000円(返済元金)」+「40,000円×18%÷12(利息)」=8,591円 32,000円
2回 「8,000円(返済元金)」+「32,000円×18%÷12(利息)」=8,473円 24,000円
3回 「8,000円(返済元金)」+「40,000円×18%÷12(利息)」=8,355円 16,000円
4回 「8,000円(返済元金)」+「40,000円×18%÷12(利息)」=8,236円 8,000円
5回 「8,000円(返済元金)」+「40,000円×18%÷12(利息)」=8,118円 0円

結局5回の返済回数で、合計41,773円支払う必要が出てくる訳ですね。この例では、5回の返済にとどまるため手数料は1,773円と安く済みますが、旅先で使う平均予算とされる18万円を引き出したとすると、23回の返済で合計31,294円の手数料がかかってしまうのです。

高すぎる手数料は支払いたくないですよね。何か良い方法はないのでしょうか。

リボ払い手数料を最小限にとどめることもできる

楽天カードの海外キャッシングサービスは、自動リボ払いを解除できないことが弱点ですが、実は、楽天e-NAVIを利用するとリボ払い手数料を最小限にとどめることができます。

キャッシング前なら楽天e-NAVIで設定

楽天e-NAVI内の「リボお支払いコースの変更」からキャッシングのお支払コース金額を海外キャッシングの利用限度額より上にしましょう。月々のリボ払い返済元金を海外キャッシングの引き出し上限額より高く設定することで、1ヶ月分の手数料で済ませることができます。

キャッシング後なら電話で申請

すでに海外キャッシング機能を利用して現金を引き出している場合はコールセンターに電話連絡し、「繰り上げ一括返済」を申し込むことができます。

繰り上げ一括返済とは、リボ払いや分割払いの返済残金を一括で支払える制度のことです。

自動音声専用ダイヤル「0570-04-6910」か、コンタクトセンター「0570-66-6910」の電話番号にかけ、振込先の銀行口座に返済残金と手数料を支払えば返済完了となります。

楽天カードは非常に優れたカード

楽天カードは、楽天市場を頻繁に使う方、ANAのマイルを貯めている方にとっては非常に優れたカードです。

還元率も高いですし、入会キャンペーンも大概やっています。得られたポイントは、楽天市場の買物に充当できますので使い漏れもないでしょう。非常に優れたカードではないでしょうか。サブカードとしてもとてもいいですね。

今すぐ1枚作っておくことをお勧めします。審査も比較的通りやすいようですよ。アプリが出ていて利用明細がすぐに分かるのもお金に対する意識を強くするのに便利です。

  • 楽天市場以外でもポイント還元率1%
  • 楽天市場の買い物はポイント4倍以上
  • 楽天Edy200円毎に1ポイントGET

新規入会増加率は国内トップクラス。2枚目のカードとしてもおすすめ。

基本情報

カード名 楽天カード
国際ブランド VISA/JCB/Master
申込み資格 楽天会員に登録済み、満18歳以上、安定した収入のある方(高校生不可)。
審査/発行 審査
発行 約1週間
年会費 本人 初年度 無料
2年目以降 無料
家族 初年度 無料
2年目以降 無料
ショッピング 限度額 10~100万円
利率 分割払い 12.25~15.00%
リボ払い 15.00%
キャッシング 限度額 1万円~90万円
利率 18.00%
締め日/支払日 締め日 毎月末日
支払日 翌月27日
支払い方法 1回払・分割払/リボルビング払/ボーナス1回払/ボーナス2回払/ボーナス併用払
ETCカード 追加発行
年会費 年会費:540円(税込み)
利用特典
備考 楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードに付帯か、カード発行月または年会費請求月の楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の方は無料

電子マネー

利用可能電子マネー 楽天Edy

ポイントプログラム

ポイント概要 楽天スーパーポイントとは 貯まる! 使える! 交換できる! 便利なポイントサービスです。貯まったポイントは、1ポイント1円として、楽天のさまざまなサービスで利用することができます。
付与率 100円利用=1ポイント
還元率 1%~4%
有効期限 ポイントが付与された月の翌年同月の前月末日
提携ポイント 楽天Edy、ANAマイレージ、各種クレジット会社ポイント、銀行系ポイント、公共系ポイント、その他ポイントシステムと提携。
ポイントアップモール 楽天市場

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険

補償内容 本人会員 家族特約対象者
死亡・後遺傷害保険 最高2,000万円 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円 最高20万円
携行品損害
(自己負担額)
3,000円 3,000円
救援者費用 救援者費用最高200万円 救援者費用最高200万円
補償期間 日本を出発してから3ヶ月後の午後12時まで 日本を出発してから3ヶ月後の午後12時まで
付帯条件 日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合に限る。 日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天カードで支払った場合に限る。
家族特約の対象 家族カード会員  

国内旅行傷害保険

補償内容 本人会員
死亡・後遺傷害保険
入院費用(日額)
通院費用(日額)
手術費用
補償期間
付帯条件

ショッピング保険

年間補償額
自己負担額
補償対象
補償期間
紛失盗難補償 カード会社への紛失・盗難のお届け日から遡って60日以降に発生した損害を補償
その他の保険・補償 商品未着あんしん制度、ネット不正あんしん制度、カード利用お知らせメール

発行会社

会社名 楽天カード株式会社
所在地 東京都品川区東品川4丁目12番3号 品川シーサイド楽天タワー22F
  • 楽天市場以外でもポイント還元率1%
  • 楽天市場の買い物はポイント4倍以上
  • 楽天Edy200円毎に1ポイントGET

新規入会増加率は国内トップクラス。2枚目のカードとしてもおすすめ。

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料