おすすめクレジットカードを知る

クレジットカード(クレカ)総合情報・比較サイト
年会費・ポイント還元率にマイル交換、ETCカード、ガソリン割引
海外旅行付帯保険など、お得な情報を様々な切り口でご紹介。
ゴールドカードや発行会社別の情報も。

イオンカード

イオンカードで20日・30日のお買い物金額5%割引

「イオンカードセレクト」は、イオンフィナンシャルサービス株式会社が発行するクレジットカードです。イオンカードは会員数約1億人、人気の理由はネット銀行であるイオン銀行のキャッシュカード・電子マネーWAONが一体となっていて大変利便性が高いためです。

さらに、イオンカードセレクトならイオン銀行の普通貯金金利が年0.1%上乗せされ、イオンだけでなくマックスバリュ、ビブレ、サンデー等で割引が受けられるなど特典は盛りだくさんです。イオン系列を日常的に利用する方には必携のお得なカードです。

  • 年会費永年無料
  • 毎月20日・30日はイオングループで5%OFF
  • クレジットカード・電子マネーWAON・イオン銀行キャッシュカードの1枚3役

インターネット申し込みの方限定で「5,000円相当ポイントプレゼント」キャンペーン中!

イオンカードセレクトの特徴

イオンカードにはキャッシュカード機能が付いていない「イオンカード(WAON一体型)」や55歳以上の方が発行できる「イオンG.Gマーク付きカード」などいくつか種類がありますが、一般的にイオンカードと言うとイオンカードセレクトのことを言います。

国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3種類から選ぶことができます。海外利用の予定がある方は、海外加盟店が多いVISAかMasterCardを選択すると良いでしょう。

クレジットカードの利用料金、利用履歴はイオンが提供する「暮らしのマネーサイト」でパソコン、スマートフォン、タブレットから確認できるので、クレジットカードを使いすぎていてもすぐに確認することができます。

まずは、イオンカードセレクトの特徴や機能を紹介します。

イオンカードセレクトはWAONと銀行ATMも利用可能

イオンカードセレクトは、イオンカードとしての「クレジットカード機能」に加え、「電子マネーWAON」、さらに「イオン銀行のキャッシュカード」の機能が付いた1枚で3役の機能が使えるカードです。

イオン銀行口座を持っていない方はイオンカード申し込みで同時開設ができるので、別途銀行口座だけ申し込む必要もありません。カードをたくさん持っていると財布の中でかさばったり、自宅にカードを置いてきて支払いのときに使えなかったりしますが、1枚のカードで3種類のカード機能を使えるとそういうこともないので安心です。

電子マネーを使ったことがないという方も多いと思いますが使い方は簡単で、イオンに設置されているWAONステーション(WAON端末)でチャージをして、お買い物のときには機械にカードをかざすだけです。お買い物のときには「わおーん」と鳴き声が聞こえてかわいいですよ。

イオンカードセレクトは年会費永年無料

イオンカードセレクトは発行手数料無料、利用条件なしで年会費永年無料のカードです。家族カードやETCカードも年会費無料で作れて、使っても使わなくてもコストがかからず維持できるので、イオンを頻繁に使う方にはもちろん、年に数回しか行かないという方でも持っておいて損はありません。

イオングループや加盟店で使える電子マネーWAONのカードだけ発行する場合には、WAONカード発行手数料が300円かかりますが、イオンカードセレクトであればWAON機能が使えるにも関わらず発行手数料がかからないので、イオンで使えるカードでどれを作るか迷っている方には最も一般的で機能も豊富なイオンカードセレクトがおすすめです。

平日日中ATM手数料が0円!

平日の日中ATM手数料無料

イオンカードセレクトならイオン銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行の平日日中ATM手数料が無料です。イオンのATM設置店舗ならお買い物のついでに、口座からの引出し・預け入れが一緒にできるので便利です。

イオン銀行ATMの設置箇所は全国で3,000箇所以上あり、イオンやマックスバリュはもちろん、イオングループ店舗、ミニストップ、駅のATMコーナーなどにも設置されています。銀行ATMを利用したいときにすぐに見つかるという点でもイオン銀行は使いやすい銀行口座だと言えます。

イオン銀行の普通預金金利が年0.1%UP

イオンカードセレクトに入会すると同時に、イオン銀行の口座が自動で開設されます。クレジットカードの利用代金やWAONのオートチャージは、このイオン銀行口座から引き落としされます。

イオンカードセレクトのすごいところは、イオン銀行の普通預金金利が年0.1%UPされるところです。イオン銀行の金利は0.02%なのでイオンカードセレクトを持っている人は6倍の合計0.12%の金利になります。(2016年5月13日現在)

0.12%の金利と言われてもわかりにくいと思いますが、日本で一番金利が高い銀行が「あおぞら銀行 インターネット支店」の期間限定特別プログラムで0.15%です。そして2番目に金利が高いのはイオンカードセレクトを発行している人のイオン銀行0.12%です。あおぞら銀行は残高が1000万円以上ないと上記の金利は適用されないので、条件なしではイオン銀行が実質日本一の普通預金金利ということになります。

例えば、100万円を普通貯金に預け入れていたとして、通常一年間に200円(税引前)しか金利がつかないところ、イオンカードセレクトを持っている人は年1,200円(税引前)もらえることになります。低金利時代のご時世、年0.1%UPされるのは嬉しい特典です。

公共料金支払いで更にお得

毎月の給与振込口座や公共料金の支払いをイオンカードセレクトに集約すると、ポイントがどんどん貯まる仕組みが用意されています。

給与振込口座をイオン銀行に設定すると、毎月10WAONポイントがもらえます。条件として、入金方法が「給与」扱いであること、取引明細書に「給与」と記載されている場合がポイント対象となります。

電気・固定電話・携帯電話・NHKなどの公共料金を口座引き落としにすると1件につき毎月5WAONポイントがもらえます。

イオンカードセレクトは実質ポイントカード

イオンでは今までポイントカードを発行していませんでしたが、今までの電子マネーWAONとは別に、2016年6月より「ネットWAONポイント」というサービスが開始します。すでにイオンカードを持っている方、これから発行する方はわざわざネットWAONポイントカードを発行しなくても、イオンカードを提示するだけでポイントが貯まるようになります。

ネットWAONポイントは「お客様」や「健康」、「地域社会」をキーワードにして、環境保護活動の参加でポイントがもらえるようになったり、家族間でのポイント合算ができるようになったり、今までよりも機能が充実したポイントシステムです。

もちろん今までと同じように電子マネーWAONも利用でき、これからイオンカードセレクトは実質ポイントカードのように利用できるようになります。今までよりもポイントが貯まりやすい制度が導入されると考えてもらえれば大丈夫です。

利用開始予定店舗

イオン、イオンスーパーセンター、マックスバリュ、ダイエー、グルメシティ、 ザ・ビッグ、アコレ、ピーコックストア、KOHYO、山陽マルナカ、マルナカ、 ホームワイド、ワイドマート、まいばすけっと、イオンバイク、イオンリカー
イオンモール、イオンタウンの専門店などの「WAON POINT加盟店」(2016年 6月より順次開始予定)
おうちでイオン イオンネットスーパー、イオンショップ(2016年夏頃開始予定)

ときめきポイントとWAONポイント

イオンカードには、2種類のポイントがあるので解説します。

貯まる、使える2種類のポイント

イオンカードセレクトではポイントが2種類あります。電子マネーWAON利用で貯まる「WAONポイント」、クレジットカード利用で貯まる「ときめきポイント」です。

WAONポイント

「WAONポイント」は、WAONのオートチャージ、WAON支払い時に200円で1WAONポイントがもらえます。WAONポイントを利用する際は、イオン店内のWAONステーションやイオン銀行ATMなどで、WAONポイントを電子マネーに交換(ポイントチャージ)する必要があります。ポイントチャージした後は、100ポイント=100円として現金と同じように支払いに利用することができます。

ときめきポイント

「ときめきポイント」は、クレジットカード利用時に200円=1ポイント貯まります。ときめきポイントの利用方法は、多種多様な商品との交換の他、JALマイル(1,000ポイント=500マイル)、電子マネーWAON(1,000ポイント=1,000WAONポイント)への交換が可能です。

※「WAONポイント」「ときめきポイント」共に最大2年間の有効期限があるので注意が必要です。

WAONオートチャージでWAONポイント2重取り

WAONオートチャージでポイント2重取り

Suicaのオートチャージ機能は聞いたことがある方も多いかと思いますが、イオンカードセレクトにも同じようにWAONオートチャージ機能が付いています。オートチャージとは、ある一定の金額をご自分で設定して、WAONのチャージ金額がその金額を下回ると自動でチャージしてくれる便利な機能です。

通常WAONにチャージする際にポイントは加算されませんが、イオンカードセレクトのオートチャージならチャージ額に応じて200円で1ポイントのWAONポイントがプレゼントされます。

WAONを使って支払いする時にさらに200円で1WAONポイントが付与されるので、合計200円で2ポイントのWAONポイントをゲットすることができます。オートチャージと支払いのポイント2重取りで、通常のWAON還元率0.5%が2倍の還元率1.0%になります。

オートチャージの設定は、新規入会時に「オートチャージを利用する」を選択するか、入会後にイオン店舗内にあるWAONステーションで設定変更が可能です。通常のチャージはWAONステーションかイオン銀行ATMで可能です。

WAONチャージ方法

利用額に応じてWAONポイント付与率アップ

半年間(4月~9月、10月~3月)のWAON決済額合計によって決まる「ステージ」に応じてWAONポイント付与率がアップします。毎月5日、15日、25日の「お客様わくわくデー」でオートチャージ獲得ポイントが下記のようにポイントアップします。

ステージ特典

ステージ 期間内の利用金額 オートチャージ獲得ポイント
ステージなし 10万円未満 1倍
ステージ1 10万円以上 1.5倍
ステージ2 30万円以上 2倍
ステージ3 50万円以上 3倍

表の通り、半年間で10万円以上利用していると、1.5倍以上のオートチャージ獲得ポイントになります。普段はオートチャージが行われる額を低く設定しておいて、ポイントアップの日(5の付く日)にオートチャージが行われる額を高く変更してお買い物をすれば、少し手間ですが上記の表に応じたポイントを狙って獲得することも可能です。

貯めたポイントのお得な交換先

貯めたWAONポイントは、100WAONポイントごとに100WAONに交換することができます。つまり、1ポイント=1円として利用できるのですが、貯まったポイントはWAON(電子マネー)に交換しないと利用できません。

イオンカードを利用して獲得したときめきポイントは、イオンが運営する「暮らしのマネーサイト」で商品に交換、ギフト券やお食事券に交換することができます。

交換する商品によっては、あまりお得ではないものも存在します。たとえば1,000ポイントで1,000円分の「イオン商品券」に交換することができますが、交換手数料が250ポイント必要になります。つまり1,250ポイントを1,000円分の商品券と交換することになるので、1ポイントあたりの価値が0.8円くらいになってしまいます。

ポイント交換先として1ポイントが1円以上で交換できる商品一覧を下記の表にしてみたので、ポイント交換の際にはぜひ参考にしてみてください。

ポイントのお得な交換先

商品 必要ポイント数 定価 1ポイントの価値
ワタミグループお食事券
(2,000円相当分)
1,000ポイント 2,000円 2円
イオンコンパス海外パッケージ旅行利用券(3,000円相当分) 2,000ポイント 3,000円 1.5円
イーハートお食事券
(3,000円相当分)
2,700ポイント 3,000円 1.1円
イオンシネマ
ペア映画鑑賞券
3,000ポイント 3,600円 1.2円
ユニバーサルスタジオジャパン スタジオパス 6,000ポイント 7,400円 1.2円
家事玄人 ふわふわ保管付布団丸洗いパック 12,000ポイント 13,000円 1.1円
WAONポイント移行 1,000ポイント~
(※)
1,000円 1円

Amazonや楽天市場でポイント最大21倍

イオンカードの会員限定ポイントアップサイト「ときめきポイントTOWN」を経由してAmazon、楽天市場、Yahooショッピングなどの提携サイトを利用すると、2倍~21倍のポイントを獲得することができます。

そのほかにも、じゃらん、ABCマート、ZOZOTOWN、洋服の青山オンラインストア、伊勢丹オンラインストア、家電ショップ、書籍やCDショップなど、提携サイトであれば2倍~21倍のポイントが付きます。

主なポイントアップサイト

ジャンル 提携サイト
ファッション ABCマート、ZOZOTOWN、洋服の青山オンラインストア、伊勢丹オンラインストア、マルイのネット通販、MIKI HOUSE
コスメ イプサ公式オンラインショップ、コスメデネット、ドクターシーラボ、ロート通販オンラインショップ、無印良品
家電 エディオンネットショップ、NEC特選街、ケーズデンキオンラインショップ、コジマネット、ジャパネットたかたメディアミックスショッピング、ソフマップドットコム、ビッグカメラ.com、ヤマダウェブコム
書籍、CD タワーレコードオンライン、チケットぴあ、ブックオフオンライン、ローチケHMV、WOWOW、アニメイトオンラインショップ
旅行 ANAショッピング、イオントラベルモール、JTB海外ツアー、じゃらん.net、Yahooトラベル、楽天トラベル

さまざまな割引特典

イオンカードを持っているとさまざまな割引特典があるので紹介します。

毎日が楽しくなるイオンの割引・ポイントUPデー

イオンカードセレクトにはポイントがお得なスペシャルデーとして、毎月20・30日にお買い物が5%OFFになる「お客さま感謝デー」や、毎月5・15・25日ポイントが2倍になる「お客さまわくわくデー」、毎月10日ポイント5倍になる「ありが10デー」などイオンカードならではの割引・ポイントUPデーがたくさん用意されています。月に何回も設定日があるので、お買い物に行くのが楽しみになりますよ。

<イオンの割日・ポイントUP一覧>
名称 支払い方法
開催日 WAON支払い カード支払い
特典.1 「お客さま感謝デー」
毎月20・30日 お買い物代5%OFF お買い物代5%OFF
※提示のみでもOK
特典.2 「お客さまわくわくデー」
毎月5・15・25日 WAONポイント2倍 ときめきポイント2倍
特典.3 「ありが10デー」
毎月10日 WAONポイント5倍 ときめきポイント5倍
特典.4 「火曜市WAONトクトクポイント」
毎週火曜日 3,000円(税込)以上で100WAONポイントプレゼント
特典.5 「G.G感謝デー」55歳以上の方限定
※お客さまわくわくデーのポイント2倍も対象になります。
毎月15日 お買い物代5%OFF お買い物代5%OFF

※イオンの他、マックスバリュ、ザ・ビッグ、ビブレなどで利用できます。一部対象外店舗、対象外商品あり。それぞれの特典の対象店舗はイオンのホームページでご確認ください。

イオンシネマで300円の映画料金割引

イオンシネマ鑑賞料300円割引

イオンが運営する映画館「イオンシネマ」にてイオンカード支払いでチケットを購入すると、映画鑑賞割引として300円割引、更に同伴者1名も300円割引になります。イオンシネマは一般の基本料金1,800円なので、300円引きされると一人1,500円で利用できるということになります。家族や友達、恋人と映画館に行くという方も多いと思うので、同伴者も割引されて合計600円の映画料金割引になるのは嬉しいですね。

イオンシネマではインターネットで映画チケットを予約する「e席リザーブ」というサービスがあり、e席リザーブでの予約でも300円の割引が適用されます。

また、毎月20日、30日はカードの提示をするだけで1,100円にて映画鑑賞できます。20日、30日と言えばお買い物が5%オフになる「お客様感謝デー」の日なので、映画もショッピングも割引料金で楽しむことができます。

イオンシネマは他にも割引があり、毎月1日に1,100円で鑑賞できる「ハッピーファースト」、毎週月曜日に1,100円で鑑賞できる「ハッピーマンデー」、平日の朝1回目の上映が1,300円で鑑賞できる「ハッピーモーニング」、毎日20時以降の上映が1,300円で鑑賞できる「ハッピーナイト」があります。

1,100円の日にはイオンカード提示の300円割引は適用されませんが、「イオンカードを持っておけばいつでも少なくとも300円以上は割引される」ので、イオンシネマを利用することがある方には絶対持っておきたいカードですね。

イオン以外でも割引あり

イオンカードは、イオングループ以外の利用でも割引サービスがあります。カラオケの「ジョイサウンド」、「シダックス」、「ビッグエコー」、カラオケ以外にもレストラン、居酒屋、ホテル、レンタカー、などでイオンカードを提示すると5%~30%割引になります。

ジャンル 対象店舗
カラオケ ジョイサウンド、シダックス、ビッグエコー
ホテル 東急イン(東急REIホテル)
飲食店 楽蔵、楽蔵うたげ、田蔵、など
レンタカー ニッポンレンタカー

イオン旅行マーケットで最大6%オフ

国内旅行、海外旅行のツアーサービスを提供しているイオン旅行マーケットで予約すると、ツアー料金最大6%オフで利用できます。

国内旅行であれば観光地めぐりや東京ディズニーリゾート、海外旅行であればハワイやヨーロッパ、オーストラリアなどが割引になります。旅行は結構費用がかかるので、割引料金で利用できるのは嬉しいですね。

株主優待で割引あり

イオンの株主優待(オーナーズカード)は、8月末と2月末にイオン株のを100株以上所有している方に郵送されます。

イオンオーナーズカードを持っていると、イオンの買い物でキャッシュバックの特典があります。割引率は下記の通りです。

所有株数 キャッシュバック
100株~499株 3%
500株~999株 4%
1,000株~2,999株 5%
3,000株以上 7%

オーナーズカードによるキャッシュバックは、20日、30日のお客様感謝デー5%オフと併用可能なので、仮に3,000株以上持っていれば12%オフで利用することができます。キャッシュバックは半年間で利用額100万円(最大7万円キャッシュバック)、支払いの際にオーナーズカードを提示すれば自動的に割引になり、後ほど説明する「イオンラウンジ」も利用可能です。イオンカード以外のクレジットカードで支払うと割引対象外なので注意してください。

お得なサービス

イオンカードを持っていると利用できるお得なサービスを紹介します。

ETCカードの発行手数料、年会費無料

高速道路を現金不要で通過できるETCカードは、クレジットカードの追加カードとして発行するのが一般的です。通常、ETCカードの年会費が500円~1,000円ほどかかりますが、イオンカードの場合はETCカードの発行手数料と年会費無料です。

また、お買い物と同じようにETCカード200円の利用につきときめきポイントが1ポイント付きます。ETCの利用でポイントが付かないというクレジットカード会社も多い中、イオンカードはさまざまな用途でポイント還元してくれます。

最大10%オフになるバースデーパスポート

イオンカード前年度利用していると、誕生月にバースデーパスポートが送られてきます。バースデーパスポートは、利用者の誕生月で1日だけ好きな日を決めて、その日はイオンで食料品が5%オフ、洋服や雑貨が10%オフになるという割引券です。

また、イオンサンキューパスポートという優待ハガキ(5%~10%オフ)が届くこともあり、イオンカードでクレジットカード払いをしているとほとんど毎月届くと言われています。正月には条件付きで利用できる2,000円分のお年玉割引券が入っていることもあり、イオンでの割引についてはイオンカードが一番お得だと実感します。

ショッピング保険、盗難補償つき

イオンカードセレクトには、クレジットカードで購入した商品が壊れても補償されるショッピング保険「ショッピングセーフティ保険」と、盗難補償「クレジットカード盗難保障」が付帯しています。

ショッピングセーフティ保険では、5,000円以上で購入した商品が事故などで購入日から180日以内に壊れてしまった場合、保障する制度です。クレジットカード盗難保障は、クレジットカードが盗まれて不正利用されても61日以内の損害額が全額補填される保障です。

紛失、盗難専用ダイヤルもあり、クレジットカードを発行するのが初めての方でも、安心して利用することができるように配慮されています。

イオンネットスーパーでもポイントが貯まる

イオンネットスーパー(イオンネットショップ)は、イオンが提供するネットショップで食料品や生活雑貨など、イオンで販売している商品をネットスーパーとして販売しています。入会金、年会費無料で5,000円以上の購入で配送料無料なので、お米やお水などの重量があるものを購入することもできるので非常に便利です。もちろんパソコン、スマートフォン、タブレットからでもお買い物ができます。

イオンと言えば安いイメージがありますが、イオンネットスーパーも例外ではなく、他のネットショップと比べても低価格で商品を提供しています。

イオンネットスーパーでは注意する点があり、20日、30日5%オフのお客様感謝デーが対象外ということと、毎月5のつく日ポイント2倍は注文日ではなく配送日だということです。24日に注文しても25日が配送になると、ポイント2倍が適用されます。

ゴールドカードの無料招待が届く

ゴールドカードの無料招待あり

イオンカードを利用していると、ゴールドカードの招待(インビテーション)が届くことがあります。イオンゴールドカードは年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯、ゴールドカードとオーナーズカード所持者だけが無料で入場できる「イオンラウンジ」を利用できます。

イオンゴールドカードの招待の基準は年間100万円以上の利用実績が必要などと言われていますが、毎月の利用額が3万円前後の人でも招待が届いたという話も耳にします。また、住宅ローンの利用でも招待が届きます。

イオンラウンジとは、全国のイオンモールにあるラウンジで、コーヒーやお茶、ソフトドリンク、トップバリュのお菓子を無料で提供してくれる休憩所です。新聞や雑誌などもあるので、お買い物に疲れたらラウンジで疲れを癒やすことができます。(イオンラウンジがない店舗もあります。)

ぴゅあウォーターの給水が無料

イオンカードセレクトを持っていると、イオンに設置されている「ぴゅあウォーター」を無料で給水できます。ぴゅあウォーターとは、通常の水をろ過して不純物を含んでいない状態にした水のことで、人間に必要なカルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル分が含まれています。

初回に4リットルペットボトルを400円で購入する必要がありますが、それ以降は費用がかからないので、普段お店で売っているお水を飲んでいる方には嬉しいサービスです。また、店舗によっては疲労回復や胃酸過多の改善に有効なアルカリイオン水の給水器を設置していることもあります。

電子マネーイオンiD利用可能

iDとは、NTTドコモが提供する携帯クレジットサービスです。支払いはクレジットカードと紐付けて行われるので事前チャージ不要、携帯電話1つでお手軽に支払いができます。

iDができる利用できるお店であればどこでも支払いが可能なので、ファミリーマート、ローソン、セブンイレブン、ミニストップなどのコンビニや、ガスト、マクドナルド、和民などの飲食店でも支払い可能です。

会員限定の定期預金キャンペーンがある

イオンカードセレクトは、イオン銀行口座を利用するということもあり、会員限定の定期預金キャンペーンが定期的に開催されています。通常は1年で年利0.1%の定期預金が、キャンペーン中は0.2%や0.3%の特別金利で利用することができます。

また、カード会員は定期預金加入で通常より多くWAONポイントがもらえることもあるので、イオンから定期的に送られてくるお知らせをチェックしていると、お得な情報が盛りだくさんです。

au WALLETにチャージ可能

イオンカードセレクトで国際ブランドMasterCardのカードであれば、au WALLETにチャージ可能です。au WALLETは携帯電話サービスを提供しているauの電子マネーで、イオンカードセレクトでチャージすると0.5%のポイントが付きます。
au WALLETを普段から利用している方であれば、0.5%ではありますがポイントが貯まるのでお得です。

ディズニーデザインのカードも発行可能

イオンカードセレクトは、ディズニー好きにはたまらないミッキーが描かれたデザインも用意されています。ディズニーデザインの国際ブランドはJCBのみなので、VISA、MasterCardではディズニーデザインカードは発行できません。

また、すでにイオンカードを持っている方はディズニーデザインに変更することができません。変更したい場合は一度カードを解約して、新たにディズニーデザインのカードを発行するという手順になります。一度カード発行するとデザインを変更できないので、注意しましょう。

イオンカードのデメリット

イオンカードのデメリットを紹介します。

イオングループ以外ではポイント還元率が低い

イオンカードセレクトのデメリットをあげるとすると、クレジットカード利用時のポイント還元率が0.5%と低くイオン以外での利用はメリットが少ないことです。

また、クレジットカードの利用代金やWAONのオートチャージ分はイオン銀行の口座から引き落とされるため、口座の管理も必要になってきます。給与口座として設定するなどメインバンクとして利用していく場合は問題ありませんが、そうでない場合には残高不足にならないように気を付けなければなりません。

発行まで時間がかかるケースもある

イオンカードセレクトの入会資格は「18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方」となっています。パート・アルバイトの方はもちろん、専業主婦の方でも配偶者に収入があれば申し込みが可能です。

主に主婦層がメインのクレジットカードなので、年収による厳しい振り落としはありません。過去のクレジットカード利用履歴など個人信用情報に問題がなければ、比較的審査に通りやすいカードといえます。

イオンカードセレクトの申込みは同時にイオン銀行の口座開設も行われるため、普通のイオンカードに比べてカード発行に時間がかかります。最短でも10日はかかるので気長に待つ必要があります。

今なら最大5,000ポイントプレゼントの入会・利用キャンペーン中

イオンカードセレクトの入会を検討されている方は最大5,000ポイントもらえる入会キャンペーンが行われているので、入会するなら今がチャンスです。

2016年10月31日までに新規入会しWeb明細(環境宣言:カード利用明細の郵送を止める手続き)の手続きをしている方に1,000ポイントがプレゼントされます。

さらに、12月10日までにカード利用金額の合計が3万円以上で3,000ポイントもらえ、電子マネーWAONを合計で10,000円以上利用すると追加で1,000ポイントもらえます。お見逃しなく!

ネット限定の新規入会・利用キャンペーン内容

特典1:ネット限定で新規入会+Web明細(環境宣言)登録で1,000ポイント(1,000円相当分)プレゼント
条件:カードに新規入会し、2016年10月31日時点でカード発行とWeb明細(環境宣言)の登録が確認できること
※2016年10月31日まで入会分

特典2:カード利用額に応じてポイントプレゼント
条件:カード決済額が30,000円(税込)以上・・・3,000ポイント(3,000円相当分)プレゼント
電子マネーWAON利用金額合計10,000円(税込)以上・・・1,000ポイント(1,000円相当分)プレゼント
※2016年12月10日までの利用

  • 年会費永年無料
  • 毎月20日・30日はイオングループで5%OFF
  • クレジットカード・電子マネーWAON・イオン銀行キャッシュカードの1枚3役

インターネット申し込みの方限定で「5,000円相当ポイントプレゼント」キャンペーン中!

基本情報

カード名 イオンカードセレクト
国際ブランド VISA/Master/JCB
申込み資格 イオン銀行への口座開設が必要になります。18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます。未成年の方は親権者の同意が必要です。クレジットカードのご利用代金については、イオン銀行の口座よりお引落としさせていただきます。
審査/発行 審査
発行 22.7日
年会費 本人 初年度 無料
2年目以降 無料
家族 初年度 無料
2年目以降 無料
※…但し、家族カードは、キャッシュ機能はつきません、クレジット機能とWAONのみご利用いただけます。
ショッピング 限度額
利率 分割払い 9.69%~12.42%
リボ払い 15.00%
キャッシング 限度額 1万円~300万円
利率 実質年率7.8%~18.0%
締め日/支払日 締め日 10日
支払日 翌月2日
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/ボーナス2回払い/リボ払い/分割払い
ETCカード 追加発行
年会費 無料
利用特典
備考

電子マネー

利用可能電子マネー WAON

ポイントプログラム

ポイント概要 ときめきポイント…カードショッピング200円(税込)ご利用ごとに1ポイント貯まります。また、「リボルビング払い」「分割払い(2回払いを除く)」ご利用分は、200円ごとに1ポイントとなります。(第1回目のお支払い月に加算。)「2回払い」は200円ごとに1ポイントとなります。(第1回目、第2回目のお支払月にそれぞれ加算。)他にもポイントアップデー、ポイントプレゼント等あり。1,000ポイント~交換可。
付与率 200円=1ポイント
還元率 0.50%~2.50%
有効期限 翌年度誕生月10日
提携ポイント
ポイントアップモール

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険

補償内容 本人会員 家族特約対象者
死亡・後遺傷害保険
傷害治療費用
疾病治療費用
賠償責任
携行品損害
携行品損害
(自己負担額)
救援者費用
補償期間
付帯条件
家族特約の対象

国内旅行傷害保険

補償内容
死亡・後遺傷害保険
入院費用(日額)
通院費用(日額)
手術費用
補償期間
付帯条件

ショッピング保険

年間補償額 年間50万円(税込)
自己負担額 5,000円
補償対象 イオン銀行が発行したクレジットカードでクレジット決済により購入した1品5,000円以上の商品
補償期間 購入日(配送等による場合には商品の到着日)から180日間
紛失盗難補償 イオンクレジットサービスがカード紛失お届けを受理した日を含めて61日前にさかのぼり、その後に発生した損害額について全額補填します。
その他の保険・補償

発行会社

会社名 株式会社イオン銀行
所在地 東京都江東区 枝川1-9-6
  • 年会費永年無料
  • 毎月20日・30日はイオングループで5%OFF
  • クレジットカード・電子マネーWAON・イオン銀行キャッシュカードの1枚3役

インターネット申し込みの方限定で「5,000円相当ポイントプレゼント」キャンペーン中!

今人気のカードは?ランキングTOP3

1位オリコカードザポイント

オリコカードザポイント

年会費永年無料で最大17.5%のポイント高還元率カード。

2位楽天カード

楽天カード

【CM放映中】持ちたいクレジットカードNo.1、年会費永年無料カード

3位三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

テレビCM放映中。初めてのカードなら、失敗しないこの1枚がおすすめ

4位三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

25歳以下の新社会人・学生専用カード。常時ポイント2倍特典付き

5位VIASOカード

VIASOカード

専業主婦・パート主婦もお申込み可。家族カードやETCカードも含め年会費が永年無料