「 米山正信 」 一覧

有機化学が好きになる カメの甲なんてこわくない 米山正信 安藤宏

「有機化学が好きになる カメの甲なんてこわくない」は講談社ブルーバックスきってのベストセラー。 名著です。 内容は、化学の苦手な高校生がおじさん先生という化学の研究者の研究所を訪ね、化学が好き

続きを見る

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑