「 加藤諦三 」 一覧

だれとも打ち解けられない人 加藤諦三

私が初めてこの本を手に取ったのは、人間関係にどんずまりになってしまって会社を退社した後でした。なぜうまくいかなかったのかを自問自答し続けて、それでも答えが見いだせないまま数年をほとんど知り合い以外の人

続きを見る

感情を出したほうが好かれる 加藤諦三

人に好かれたい、気に入られたいがために自分の本当の感情を押し殺してしまう。 相手の気持ちにばかりに気をとられて自分らしく生きられない。 そんな人たちに読んでほしいおすすめの本です。 この本は、そ

続きを見る

だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群 加藤諦三

これの本の内容は、タイトル通り「誰にでもいい顔をしてしまう人」の特徴が書かれています。 どのような成長を経てそのような性格になってしまうのか、家族との関わりはどうであったのかなどです。 この著者の

続きを見る

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑