既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なのだが問題なのは私たちには彼の書いたことを理解することがほとんどできないことです。

これは彼自身の言葉なのであってそれを私たちのものにすることはできないし不可能だしまた最もはじめからそんなことをする必要も全くないというほうが正しく思えます。

私が好きな箇所は「観察するものと観察されるもの」というテーマです。

実際問題このことについて考えることは無意味です。なぜなら私たち(今こうして文章を書いている私)は見られるものであって見るものを見ることは不可能なのであります。

そこで彼は観察者のことを観察されるものであると説きます。それは要するに私たちが普段考えていること、実際に今見ているものや自分が今いる環境などすべてが自分なのだといっています。人は意識的にも無意識的にもそれを自分のなかにとりこんでいきそのとりこまれたものによって(過去の堆積物)私たちはなりったっていると説明します。

要するにそれは心の動きなのであります。彼は心の動く瞬間を自分で観察しその結果を見なさいと言っているのだと思います。
なぜなら私たちはそのプロセスを忘れてしまうからです。無我夢中になり深い溝へとはまり込んでしまえばそれで終わってしまいます。
しかしリアリティーはそうではなくそれは単なる思い込みであると、イメージを作り出しているのもまた自分自身なのです。

そうした思考の動きを一つ一つみることの重要性を説いてくれる一冊です。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

スタートライン 喜多川 泰

まず、主人公は高校三年生の男の子、大祐です。その男の子の学校に東京からの転校生、真苗がやってきます。

記事を読む

だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群 加藤諦三

これの本の内容は、タイトル通り「誰にでもいい顔をしてしまう人」の特徴が書かれています。 どのような

記事を読む

マイトレーヤの使命 ベンジャミン・クレーム

この本には今現在マイトレーヤ(キリストの意識)が臨在しているという事実が書かれております。 また彼

記事を読む

「集団主義」という錯覚 日本人論の思い違いとその由来 高野 陽太郎

最近読んで面白かった本のタイトルはというと、『「集団主義」という錯覚 ― 日本人論の思い違いとその由

記事を読む

シンデレラボーイシンデレラガール 橋本治

この本は橋本治が読者に語りかけるような口調で書かれています。 内容は非常にざっくり大まかに言ってし

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑