仕事と資格シリーズ行政書士をめざす人へ 西村みゆき

カテゴリ:技術書 本の著者:

私が「行政書士をめざす人へ」を読んだ理由としては、
行政書士という資格に興味があったことと、実際にその資格を得た人たちの声を知りたかったからです。
この本は数ある関連の本のなかでも特に具体的に記されていて、私にはとてもイメージしやすかったです。

もしかしたら、女性行政書士の著者のやわらかい文章力や女性ならではの目線で書かれているからかもしれません。
まず、目次を見て、自分の気になる見出しから読み出してみることにしました。

行政書士になるために向いているタイプやその流れ、また行政書士として働いている方々の専門得意分野、開業するにあたっての必要な項目などを本当に素人の私もわかる言葉で書かれていました。

なので、自分に必要なこと、不足していること、何を目指せばいいのかを見極めるのにいい一冊となりました。
とても敷居の高いもので、きっと志の高い、まじめな人だけなのかと思ってましたが、途中ページででてくるコラムでのエピソードではやっぱりいろいろな怖いご苦労をされているとの記述もあり、危険も表裏一体なのだ、という責任感と私と一緒のような感情もある同じ人間なのだという少し安心した気持ちを感じました。

普段使用されている書類の具体例もあるので、実際にみることができてそれもよかったです。
他にも他の士業との違いやこれから目指す人たちへの志などをわかりやすい言葉で記されています。
ただ、試験を合格するだけではなく、その後の開業そして発展までもをサポートしてくれる内容だと思いました。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち 吉田たかよし

この本は、元素周期表の読み方からそれを元に宇宙と地球、人体の構造を説明する本です。 元素周期表は縦

記事を読む

Advanced Chip Design: Practical Examples in Verilog Kishore Mishra

「Advanced Chip Design: Practical Examples in Veril

記事を読む

変わる家族と変わる住まい 篠原聡子 大橋寿美子 小泉雅生

この本は著者である3人の建築家が各章を担当し思い思いの文章を書いているが伝えたい主張には一本筋の通っ

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑