残念な人の思考法 山崎政志

カテゴリ:ビジネス書 本の著者:

残念な人は、だいたい、どこの仕事場にいます。
そして本書は、一度でも「仕事」というものについて考えたことのある人なら、大きくうなずく内容満載です。

たとえば近所の行列ができる飲食店について。
そこは、行列ができているにも関わらず、残念な店です。
人がたくさん集まっているということは、「繁盛している」と思われがちですが、事は、そう単純ではありません。
筆者は、厨房の様子を見て、席数を数え、店の回転率や売上を割り出し、ざっと利益を計算してみせます。

たしかに、店の外観だけではわからなかったけれど、実際に客として店を利用してみれば、その「残念さ」に気づくことがあります。
本書には、そういった経験をリアルに思い出させるエピソードが、繰り返し登場します。

店だけではなく、会社の中や、他社から営業に来る人の中にも、残念な人はいます。
ただし、ひとことで「残念」とはいっても、惜しい、もったいない、という人たちが少なからず存在します。
筆者は、会社の中にいる「もったいない人」について、上司の立場から、改善する方法を提案しています。
逆に、残念な上司についても、同様です。

身近な人が、すぐに思い浮かぶような話ばかりで、これらが、いかに普遍的なことかが、わかります。

もしも、現在の職場に不満があって、転職を考えているような人は、一読をお勧めします。
残念な上司について書かれた部分に納得し、カタルシスを覚え、あるいは、自分の残念さに気づき、激しく動揺するかもしれません。

そうです。
「残念な人」というのは、よほどのスーパーマンみたいな人以外。
つまり、私たちほとんどの人間は「残念な人」なんです。
常に残念なのではなく、ある部分、あるいは、ある場面で「残念」になってしまうことがあります。
そのことに気づき、どうすれば、残念にならずにすむのか。
そして、改善と思って実行していることが、本当に「改善」なのか。
ただ、走っているだけでは見えてこない、あらゆる事柄について、考えるきっかけを与えてくれるでしょう。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

職場スイッチ ひとりでもできる会社の空気の入れ換え方 鈴木義幸

「ひとりでもできる」「月曜の朝、笑顔で行ける会社にする!」という言葉に惹かれて、速攻取り寄せました。

記事を読む

卵が飛ぶまで考える 下村裕

この本「卵が飛ぶまで考える」で伝えたいことの中で一番重要なことは、「考えることの大切さ」であると私は

記事を読む

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか ジョージ・S・クレイソン

ジョージ・S・クレイソンのバビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか は、お金につ

記事を読む

売る力 鈴木敏文

ビジネス書には経営者が書いたものと学者や評論家が書いたものがあります。もちろんどちらの本に一長一短は

記事を読む

金持ち父さん貧乏父さん改訂版

本書は約10年前に発売されて大ヒットを飛ばした本を今の時代に適した形に直して発売されたもので、著者の

記事を読む

月間人気書評ランキング

まだデータがありません。

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑