戦火のレシピ 斎藤美奈子

カテゴリ:暮らし 本の著者:

戦争中、日本人は何を食べていたのでしょうか。

とにかく食べるモノがなく、闇市で食料を手に入れたという話は知っています。
それでなんとなく、わかっているつもりになっていますが、考えたら、それらはドラマや小説から得た知識だったりします。
すいとんも、サツマイモの茎も、実際に食べられていたのでしょうが、他にはどんなものがあったのか、まったく想像がつきません。

筆者は当時発行されていた婦人雑誌の記事から、当時の食卓を手掛かりを得ていきます。
記事というのは、料理の作り方です。
そして登場するのは、家庭で作られる、ごく一般的な料理だったと推測されます。
現在とは状況が違うため、手に入り難かったのであろうソースを手づくりするなど、変わったレシピもありますが、戦争の足音が聞こえ始めてからも、雑誌に掲載される料理は、それなりに幸せな家庭の食卓を思わせるものでした。

戦争が激化していく中で、料理の材料について「配給で手に入ったら作ってみましょう」という文章が出て来ます。
この頃になると、乾物を戻したり、水で増量したりするようなものばかりになってきます。
悲しい気分になりますが、さらに状況が悪くなっていった後には、なぜか普通の料理が登場します。
雑誌には実用的な記事が載っているものなのですが、この頃には、料理記事は実用ではなく、眺めて喜ぶものだったのではないかと推測されます。
手に入らないけど、眺めるだけで、、、、まるでマッチ売りの少女ではありませんか。

胸がつまる思いのする内容ですが、当時の「普通の人」の食事情を知る資料として、とても価値があるものです。
戦争という異常な事態の中でも、たしかに生活が営まれていたこと。

戦争について考えると同時に、今の平凡な暮らしについても、今一度見直してみたくなります。
そこには、幸せってなんだろう、という答えの出ない問いがあり、戦火であっても、幸せがそれぞれの家庭にあったことを思って、また胸が締め付けられる思いがするのでした。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

白いインテリアが上手につくれる本 主婦と生活社

「白いインテリア」と一口にいっても、フレンチカントリーやモダンスタイル、ヨーロピアンエレガントなど、

記事を読む

ガラクタを捨てれば自分が見える カレン・キングストン

断捨離本が流行っていますが、その中でも割と有名なのがこちらの本 「ガラクタを捨てれば自分が見える」

記事を読む

新うさぎと暮らす式マッサージ大事典 おくだひろこ

うさぎと暮らす式マッサージ大事典は、可愛いペットのウサギが少しでも元気に長生きしてくれるようにと、本

記事を読む

手作りエクステリア百科 決定版 大迫裕三

やっと念願のマイホームを手に入れたと思って喜んでいたのもつかの間、敷地の広い我が家は、庭の草がぼうぼ

記事を読む

ヤマケイアルペンガイド10南アルプス 中西俊明・山下春樹

南は静岡県から北は長野県、主に山梨と長野と静岡の県境にそびえる赤石山脈のコースガイドです。 は

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑