総統の子ら 皆川博子

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

アドルフ・ヒトラーという名は、おそらくこの先ずっと歴史上に残るでしょう。
「独裁者」の代名詞的存在として、「悪魔」の代名詞的存在として。そして、彼が作り出したものすべては、否定され、嫌忌される運命にあります。
『総統の子ら』。この小説に描かれているのは、まさしくヒトラーが作り出したドイツ第三帝国そのものです。そして、ひとつのものをひたむきに信じ、裏切られていく人間の姿なのです。

主人公のカールはナチスのエリート養成機関、「ナポラ」に入学し、やがてのちに悪名高き存在となるSS士官として、戦争に巻き込まれていきます。そのカールに憧れを寄せられるヘルマンもまた、SS士官です。カールとヘルマン、この二人の語りが交互に繰り返される形で、ストーリーは進行していきます。同じ組織の一員として敗戦を迎えたカールとヘルマン。しかし、二人の運命は180度違ったものになってしまいます。すなわち、カールは戦犯として処刑され、ヘルマンはSSの残党、名もなきスパイとして、世間を渡っていくのです。
カールは自分の憧れや夢に疑問を抱きません。ただひたすらに、自分のするべきこと、自分の任務に忠実です。そしてそれは、美徳であるべきなのです。

しかし、この「美徳」はやがてカールを糾弾し、処刑台へと送ることになります。カールがヒトラーの尖兵だったがために。戦時中は栄光のしるしとされた数々の武勲が、動かぬ犯罪の証拠として断罪されるとき、カールは初めて疑問を抱くのです。

この小説の中の軍人は、ヒーローではありません。ましてやヒールでもありません。ただ己の力を尽くした者たちです。小説の中には、敵であるソ連兵の蛮行も描かれています。そしてソ連は勝者として、ドイツを、カールを裁きます。

この小説には一つの転換が描かれています。あまりに大きく人々を飲み込む価値観の転換。今信じている常識がこのようにひっくりかえってしまったら、どうしたらいいのだろう? 正しいと思ってやってきたことが罪にされたら、どうやって生きていくのだろう? 読み終わった時、そんなことを考えました。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

ヘヴン 川上未映子

「ヘヴン」は川上未映子の長編小説で、いじめの問題を取り扱った作品です。 ヘヴンにおける主人公は

記事を読む

西の善き魔女 荻原規子

「西の善き魔女」を図書館で借りました。萩原先生の本は普段、児童書の場所にあるのですが、普通の書籍とし

記事を読む

彼女を殺すのに一票投じます Team-J

この作品は今後導入される可能性もある「テレビ裁判」が導入された近未来の日本がテーマとなっています。

記事を読む

ぼくのメジャースプーン 辻村深月

これは私の一番大切な本です。 簡単に、好きな本、と言ってしまうにはテーマが重くて、考えさせられるス

記事を読む

アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス

いまさら私が紹介するまでもないことですが、『アルジャーノンに花束を』は名作です。それも、多分どんな世

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑