生きる悪知恵 西原理恵子

カテゴリ:暮らし 本の著者:

西原理恵子さんは漫画家なのですが、この本はすごく面白いですしためになります。
道徳の授業では教えてもらえなかった事や、周りの大人からも聞いたことのない人生相談本です。
本のタイトルで誤解されそうですが、法を犯すことは書いておりませんのでご安心を。

少し自己紹介をさせて下さい。私はよく「真面目だね。今どき珍しい」のお言葉を年上の方から言われる事が多くまだ30年も生きていないですが小学生の頃から言われますので自分では「そこまで真面目じゃないのに」と思っておりますが30年も言われればどこかで納得していました。しかし、真面目でいい子過ぎたためかストレスフルになってしまい休職してしまいました。「もう疲れた、みんなの期待にこたえられない自分は駄目な人間だ」毎日頭の中でグルグルこの思いが回っていました。

そんな時でしたこの本は出合ったのは!一気に読みました。サラリーマン・主婦・OL・自営業などなど普通に近所にいそうな方からの相談でリアルティがあり、笑いあり、真摯な回答がありすごく面白いのです。この先の自分の人生に起きそうな小さな問題を様々な修羅場を体験した西原先生が痛快な回答をしていく。この本は私のようないい子と呼ばれやすく気が弱くて断れない人にはうってつけです!いい子でいるのなんて楽しくない。無理な事や、自分がしないといけない事じゃなければ断って自分の仕事をガンガンしよう。出世して自分でシステムを変えられる人間になるのが正解!!いい子に思われたくてなんでもハイハイしていたら根本的な解決にならず自分がやられてしまう。実際に休職してしまっていますし(笑)自分に余裕がなければ人の問題は解決できないのだとよく分かりました。

2週間後復帰して頼まれた仕事を断りました。驚いた顔をされましたがあっさりでした。その人を観察していたら自分でその仕事をやって定時で帰っていました。家に帰って爆笑しました。「頼みやすいからであなたじゃなくてもなんとかなる」こんな簡単な事が分からなかったなんて。ショックを受けました。
貴方も人のためではなく自分のために頑張った方がストレスフルから脱出できます!この本を読んで行動すれば実感できます。ご自愛を。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

ガラクタ捨てれば自分が見える カレン キングストン

カレン キングストン著「ガラクタ捨てれば自分が見える」の内容は、捨てる方式の開運風水です。 日本で

記事を読む

ガラクタを捨てれば自分が見える カレン・キングストン

断捨離本が流行っていますが、その中でも割と有名なのがこちらの本 「ガラクタを捨てれば自分が見える」

記事を読む

大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一

この本で書かれている内容は、現在の医療は寿命を全うして大往生するという概念がなく、実は医療行為が安ら

記事を読む

手作りエクステリア百科 決定版 大迫裕三

やっと念願のマイホームを手に入れたと思って喜んでいたのもつかの間、敷地の広い我が家は、庭の草がぼうぼ

記事を読む

有機化学が好きになる カメの甲なんてこわくない 米山正信 安藤宏

「有機化学が好きになる カメの甲なんてこわくない」は講談社ブルーバックスきってのベストセラー。 名

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑