必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える”俺メディア”の極意 コグレマサト/するぷ

カテゴリ:暮らし 本の著者:,

この本はタイトルで分かる通りブログ運営に関するテクニックが100個書かれています。

「ブログなんて好きに書けばいいんじゃないの?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろんブログ記事の書き方なんて好きに書けばいいわけです。では何のテクニックが100個書かれているのかというと、人気ブログにするためのテクニックや、ブログでお小遣いを稼いだりする為のテクニックが書かれています。

本書の冒頭からはブログを運営する為のメンタルな部分から入っていきます。イマドキはブログを運営することでお小遣いを稼ごうと「収益目的」でブログを始める方も一定数いらっしゃるようです。しかしそれだけのモチベーションではすぐに息切れを起こしてしまい、まとまったお小遣いどころか全く稼げないまま終わってしまう方も多くいらっしゃいます。

本書ではブログを運営していく上でのモチベーションの維持方法や、どのような姿勢で取り組むと長続きするのかといった根本的なところから解説されています。

とはいえ、その内容は十分に肩の力を抜いて読み進められるもので、別段これといって身構える必要はありません。ごく自然な流れでブログとうまく付き合っていく方法などを紹介しています。

また、中盤からは具体的な手法が紹介されていきます。無料ブログではなくサーバーを借りてオリジナルのブログを制作するメリットや、独自ドメインの重要性などの解説であったり、記事を書くのに便利なツールや、書いた記事をツイッターなどのSNSで拡散する方法など、効率良くブログが繁盛していくような手順が分かり易く説明されています。

ただ、ブログ運営を便利にするネット上のサービスなどは日進月歩で有るため、本書に書かれたサービスの一部は現在更に発展していたり形を変えていたりする物があります。

後半に進むにつれマネタイズ(収益化)についてのテクニックが書かれていますが、読者のみなさんの興味は特にこのあたりで加速していくのではないかと思われます。

著者のお二人は実際にブログの収益のみで生活しており(コグレマサトさんに至ってはご家族を養っておられます)一昔前では想像もつかなかった収入源としてブログは活用されています。

著者のお二人がどのようにしてブログから収益を得ているのか、またその効率の良い方法やテクニックについて惜しむこと無く書かれています。

この本が発行された時はサラリーマンとして本書を手に取り読者だった方が、現在は会社を辞めてプロ・ブロガーの仲間入りを果たしているというケースもいくつか見られます。

本書を手にしてプロ・ブロガーになれるか、あるいはなるのかならないのかは読者次第ではありますが、少なくともコレを読めば思わずブログを始めたくなるくらい興味をそそられる一冊となっています。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

フセンで考えるとうまくいく 頭と心が忙しい人のための自分整理術22 平本あきお

実店舗の書店でこの本を発見。カラフルな表紙は目をひきますね。 私は自己啓発書は理論や志だけでなく、

記事を読む

ヤマケイアルペンガイド10南アルプス 中西俊明・山下春樹

南は静岡県から北は長野県、主に山梨と長野と静岡の県境にそびえる赤石山脈のコースガイドです。 は

記事を読む

ボタニカル・ライフ植物生活 いとうせいこう

この本を読むきっかけになったのはドラマになったものをテレビで見た事でした。 中年の一人暮らしの男性

記事を読む

パチンコがなくなる日 警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来 POKKA吉田

簡単に言えば、嘘が書かれていない本です。 パチンコ業界はそのグレーな性質上、とにかく小さなことでも

記事を読む

戦火のレシピ 斎藤美奈子

戦争中、日本人は何を食べていたのでしょうか。 とにかく食べるモノがなく、闇市で食料を手に入れた

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑