夫婦善哉 織田作之助

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

時代は大正から昭和にかけての大阪です。しっかりものの蝶子は貧乏な天ぷら屋の娘として生まれました。17歳で芸者になり明るくお転婆な性格から大変人気のある芸者になりました。そこに安化粧問屋の若旦那で妻子持ちの維康柳吉が現れて、出会って三月で良い仲になり、柳吉が東京に集金へ行くのを機に駆け落ちをした芸者蝶子と若旦那、維康柳吉の関係を描いた短編小説です。

駆け落ちした男と女の、他人には窺い知れない仲を「斬新な文体」で描いているため、流し読みをした程度では文章が頭に入ってこず、ゆっくりと時間をかけて丁寧に読みました。最初こそ意味は分からなかったもの、読み続けるにつれ著者、織田作之助の独特な魅力に引き込まれていきました。

きれいにまとめられた物語というよりは、ダメな男と男勝りな女が下町特有のごてごてした大阪を背景にあまりにも生活観溢れるお話ですが、次々と商売を試みても、維康柳吉が全ての商売を台無しにし、それを蝶子が立て直していくも商売が続かず維康柳吉に対して苛立ちを感じても彼から離れられない蝶子。意志の弱い夫を、気の強い女房がささえて押し上げて行くという典型的な大阪夫婦の様が、文章を通してありありと浮かんでくるのです。

もちろん大正時代でも今でも、こんな彼のような存在は「ダメンズ」と呼ばれる部類になるし、歓迎できるものではありませんが、一途に愛している人だからこそ、ダメだと思っても離れられない蝶子の気持ちがしっかりと伝わってきます。とはいえ、読み続けるうちに織田作之助をどうしても受け入れられない気持ちになりましたが、更にその気持ちを強くしたシーンが、蝶子がガス自殺未遂をする場面です。自殺未遂をするほど悩む男と居て彼女は幸せになれないじゃないかとヤキモキしていた気持ちが、報われる時が来ます。

維康柳吉の父が無くなり、一月ほど姿をくらました彼が、ひょうひょうと蝶子の元へ戻ってきます。そして、蝶子を法善寺境内の「めをとぜんざい」へ誘い、二人で仲良くぜんざいをすすったのです。その時、「ああこの二人は、これからもこうして生活を続けていくんだな。」と思いました。これが他人から見て苦労をしている出来事もこの二人にとって当たり前の日常なのだと。生活のどうしようもなさをこうもリアルで感情移入できる作品を生み出せる織田作之助に感服します。

年を重ねるごとに違った見え方になるのは、私も人生の経験を重ねて苦労を知ったからでしょうか。何度読んでも面白い夫婦善哉は名作です。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

深い河 遠藤周作

深い河は1994年に毎日芸術賞を受賞した、作者遠藤周作の晩年の代表作です。 妻を失った男を始めとし

記事を読む

小さいおうち 中島京子

先に映画をみたあとに、色々出てきた疑問を解消するべく原作本をよむことにしました。昭和初期の戦前~戦後

記事を読む

ガソリン生活 伊坂幸太郎

宮城県に住む望月兄弟がある女性を偶然乗せた事から始まるストーリー。ちょっとプリンセスオブウェールズ的

記事を読む

モンスター 百田尚樹

百田尚樹さんの「モンスター」と言う小説をつい最近単行本で読んだのですが、とても面白かったです。 こ

記事を読む

BRAIN VALLEY 瀬名秀明

瀬名秀明のSF小説「BRAIN VALLEY」上下巻を読んでの感想ですが、まず瀬名秀明さんの小説には

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑