フライ、ダディ、フライ 金城一紀

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

この本は、テレビ番組の筋書きに興味を持って、その作者の書いた本を探したときに最初に手にとったものです。

主人公は、47歳の中年会社員であり、妻と娘を養うために普通に働く鈴木一(すずきはじめ)という父親です。この父親は、ある日彼の娘である遥(はるか)という17歳の高校生が渋谷で怪我をさせられるところから変わっていくといった大筋から成り立っています。

ただのおじさんとして存在していた彼は、遥を傷つけた、同じく高校生の男子生徒と対立することになります。ただし、その高校生はただの生徒ではなく、学校の看板をしょってたつ、ボクシングの有名選手だということがわかります。その、事件についても、先生をはじめ取り巻くものたちは、大事な生徒であるということで、お金を、渡して終わりにします。しかし、次第にその事件の真相がわかるにつれてどうしてもその、男子生徒に仕返しをしないことには何も守れないことに気づき、ひょんなことで出会った別の高校生の男子生徒のグループである自分にとっては息子のような年齢の子達に鍛えてもらっていきます。

そのグループは、その、父親と同じような目的を持っていて、特に、その中に一人在日の学生が強く、彼がその父親を一対一で毎日トレーニングに付き合ってくれるわけです。
 その在日学生である朴舜臣(パクスンシン)が、いまどきの高校生にありがちな、ドライな感じを持ちながら実際はその父親に真剣に付き合ってくれる日々のおかげで、そのインターハイボクシングチャンピョンである石原という生徒に打撃をあたえるまでになれるのです。
結局は学校ぐるみの傷害事件を隠蔽したことはその学校の生徒たちにわかるものとなり、父親である鈴木は満足をして、娘の遥、妻の夕子のもとに帰ることができるというものでした。

作風は、やはり、テレビ番組と同じように、日記風につづられていましたが、テンポよく、歯切れよい、文章が心地よかったです。
ほかにも、GOという直木賞受賞の作品もありますが、やはり、何かひきつける魅力のある本でした。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

脳のなかの幽霊 V・S・ラマチャンドラン

私がこの本を手に取ったきっかけは、脳腫瘍患者のテレビを見たからでした。 この本を読むまでは、脳の機

記事を読む

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン リリー・フランキー

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」は著者リリー・フランキーの自伝であり、私小説です。

記事を読む

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読めるアクションもので、ストーリ

記事を読む

キウイγは時計仕掛け

森博嗣さんという元国立大学理系学部の准教授だった方が書かれたミステリー小説です。この本から突然読んで

記事を読む

空の中 有川浩

最近読んだ中で、有川浩の初期の作品、自衛隊三部作と呼ばれている中の一冊、「空の中」が楽しめました。

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑