バカが多いのには理由がある 橘玲

カテゴリ:人文・思想 本の著者:

最近よく話題になることとして インターネットでSNSや掲示板などで、多くの人の意見を参考にして、世の中で起きていることを考えようとしている人達が増えてきているということがあります。私も特定の人の意見だけに影響されないように気をつけようと日々思っているのですが、それでもあちこちからいろいろなニュースに対して、偏った考えを持ったご意見番と呼ばれているような有名人の意見や、恣意的に選ばれた街角の人達の感想は、何かのバイアスを与えようとしているかのように感じてしまいます。何か大多数が反論できないもっともらしいことを言っているような印象を受けるのです。

私は日々起こる考えさせられるニュースについては、インターネットで意見を発信している信頼出来る複数の人達の意見を参考にいろいろな角度から参考にするようにしています。この本というのはそんな私のようないろいろな考え方を知りたいと考えている人達にジャストフィットすることが書かれています。

最初に感じた印象にとらわれることなく、じっくりといろいろな角度から考えて、自分なりに考えて結論をだし、その結論にそった行動をすることが出来るのが理想といえるのですが、日本という環境にいると簡単なことではないと感じています。

この本は、政治の問題や、経済に関する話題からワイドショーのネタまで、全体にわたって広い範囲の話題を網羅した時事ネタについて語られています。この本での最大の読みどころは最終章で、最終章を読むだけでもとても価値があるといえ、非常に感銘を受ける人達は多いと思います。

他には、インターネット上でよくいるネトウヨについてなど、日本がなぜ右傾化していくのかということについてや、憲法についての大事な議論がどうしてカルト化しまうのだろうかや、日本でブラック企業が増えてきている理由などについては、著者の意見が個人的に非常に参考になったので、多くの人にとって読んで損はないと思います。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

「集団主義」という錯覚 日本人論の思い違いとその由来 高野 陽太郎

最近読んで面白かった本のタイトルはというと、『「集団主義」という錯覚 ― 日本人論の思い違いとその由

記事を読む

運命が不思議なほどわかる本 ジョセフ・マーフィー

言わずとしれたマーフィー博士の著作本のひとつ。しかも「易」について書かれたものです。 はっきり

記事を読む

スタートライン 喜多川 泰

まず、主人公は高校三年生の男の子、大祐です。その男の子の学校に東京からの転校生、真苗がやってきます。

記事を読む

慟哭 貫井徳郎

私は、一か月に平均2~3冊の本を読みます。ほぼミステリー。 ミステリーというと、「果たして犯人は誰

記事を読む

君と会えたから……The Goddess of Victory 喜多川泰

君と会えたから……The Goddess of Victoryは、自己啓発書ですが普通の自己啓発書と

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑