この世でいちばん大事な「カネ」の話 西原理恵子

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

これは、漫画家の西原理恵子さんが、お金にまつわる自らの経験をもとに、「お金」と「働くこと」に関して語ったベストセラーです。お金を稼げば自由を手に入れられるというというようなことが、様々な体験をもとにかかれています。

お金というのは、私達の生活では欠かすことができません。しかし、一般的には、貧乏でもどうにかなるとか、お金よりも大切なモノがあるというように、お金の大事さをごまかしてしまうような風潮があります。しかし、著者の西原理恵子さんは違います。お金に不自由した子供時代のことを振り返り、お金を稼ぐことの大切さを、きれいごと抜きで語っています。

西原さんは、子供の頃、お金のない地獄を味わったと語っています。そして、上京し、美大を受験し、絵でお金を稼ぐようになり、漫画家になることで、お金を稼ぐことができるようになったそうです。西原さんのお父さんは、お母さんが再婚した相手で、いわゆる義理のお父さんでした。その人はギャンブルなどをしていて、お母さんはそのことでそれは苦労したそうです。けっきょく、そのお父さんは、借金を残して自殺したそうです。お父さんの借金は、保険金で相殺され、家に残った140万円というお金のうちの100万円をお母さんに渡され、上京し、美大受験を目指したそうです。西原さんは、こんな状況の中で、大学に行かせてもらえるなんて考えていなかったようですが、お母さんが、「理恵子。このままじゃやっぱりみっともないから、あんたは、大学にいきなさい」といってくれたそうです。西原さんは、その「みっともない」という言葉を、お母さんの愛情表現でもあったんだとかいています。

西原理恵子さんは、夫をがんで、亡くしています。あるエッセイでは、夫の死について、いろいろねぎらいの言葉をかけてもらったけれど、金があったよかったというのが本心だったと語っていました。何をするにもお金は必要になります。そのために、わたしたちは、働き続けることが必要となるのです。その真実を若者たちにも伝えることが大切だと思います。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

ちいさなあなたへ アリスン・マギー

「ちいさなあなたへ」、この本は私が遠くに引越しをするに当たり、お友達のママ友がくれました。 私が少

記事を読む

脳のなかの幽霊 V・S・ラマチャンドラン

私がこの本を手に取ったきっかけは、脳腫瘍患者のテレビを見たからでした。 この本を読むまでは、脳の機

記事を読む

三匹のおっさん 有川浩

タイトルの通り三人のおっさんが主人公の物語です。 しかも三人とも還暦過ぎ。還暦過ぎのおっさんが主人

記事を読む

姑獲鳥の夏 京極夏彦

姑獲鳥の夏は、カテゴリーとしてはサスペンス小説になります。 舞台は戦後数年後。病弱な女性、涼子

記事を読む

シートン動物記 アーネスト・トンプソン・シートン

アーネスト・トンプソン・シートンは、九百年代半ばに没した博物学者。自然を愛し、動物に魅入られ、書いた

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑