アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス

カテゴリ:小説・文芸 本の著者:

いまさら私が紹介するまでもないことですが、『アルジャーノンに花束を』は名作です。それも、多分どんな世代の人でも共感できる名作なのではないかと、私は思っています。
主人公はチャーリィという知的障害者。パン屋で働いているチャーリィは、ろくに字を書いたり読んだりすることもできないのですが、ある日、外科手術によって知能を回復させられます。この手術というのは、まだ術式の確立していない新しいもので、チャーリィは人間に対するこの手術の「実験台」にされたのでした。

小説は、チャーリィが知能の回復過程を記録するレポートという形で、進行していきます。最初のうちは拙かった文章が段々と高度になっていくにつれ、チャーリィにも「できること」が増えていきます。例えば、本を読んだり、外国語を勉強したり。しかし、チャーリィはその天才的な頭脳が、有限のものであることを知ってしまうのです。

誰しも、「自分のなりたい自分」と、「今の自分」の間に多かれ少なかれ、ギャップを抱えています。チャーリィのようにではなくても、「もっと違う自分だったら……」と思うことは普遍的な悩みではないでしょうか。チャーリィはその悩みを、いったんは解決します。以前の彼なら思いもよらなかったことができるようになり、本を読めるようになったし、字を書けるようになったのでした。

しかし、それと同時に、チャーリィは様々なことを理解していきます。友だちだと思っていた同じパン屋の店員が、実は自分をバカにしていたことを知ります。彼らの飛ばすジョークが、チャーリィをバカにし、見下していたものだったのだと知ります。店員の一人が、店の金を失敬していることまで知ってしまいます。この世は、手術をける前のチャーリィの期待したような世界では必ずしもないということを、読んでいる私もチャーリィと一緒に追体験している気分になり、その部分は読むのがつらかったです。

読み終わった時、ハッピーエンドとはいえない小説だからこそ色々なことを考えてしまいます。チャーリィは少しの間でも天才になれて、幸せだったのだろうか? 見た景色は決して美しくなく、それどころか醜いとすらいえるものだったのに? この小説をはじめて読んだのは中学生のころでしたが、折に触れて読み返しては同じことを考えます。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

夫婦善哉 織田作之助

時代は大正から昭和にかけての大阪です。しっかりものの蝶子は貧乏な天ぷら屋の娘として生まれました。17

記事を読む

死神の精度 伊坂幸太郎

この話は死神が人間界にやってきて、何かで死ぬべき人の候補となった人についてまわり、最終的に死ぬべき人

記事を読む

インシテミル 米澤穂信

本作においては、何よりまず最初に、「クローズドサークル」「推理ゲーム」といった極めて使い古されたガジ

記事を読む

神様のカルテ 夏川草介

ここ最近で面白かった本といえば神様のカルテでしょう。 1,2,3と3冊発売されていまして、2冊

記事を読む

ヒトリシズカ 誉田哲也

一人の女性の一生と、彼女の周辺でおこる事件を書いた連作短編です。 作者の誉田哲也さんは、姫川シリー

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑