詐欺の帝王 溝口 敦

カテゴリ:歴史・自伝 本の著者:

今の世の中で非常に問題となっているテーマの一つに、オレオレ詐欺やそれに似たような手口の非常に多くの詐欺が増えてきていて、システム化されていることで黒幕が見えにくいという問題があります。この本では、「詐欺の帝王」と周りから呼ばれるようになってしまった人に取材をしていて、内部の人間にしか知ることができないであろうシステム化されている詐欺の構造的な内情を知ることができる非常にレアな書籍であることは断言できます。

また、実際に詐偽を行っている人だからいえる詐偽についての考え方が独特であり、人によっては不快な思いをするかも知れません。しかし、巨大な犯罪組織のトップにいた本人の考えていたことやパーソナリティを知ることができることは自分が詐偽にあわないためにも非常に意義があることのように思いました。

本書で書かれている大きさの詐欺グループであればある程度の周りから信頼を受けている者じゃないと、内部から裏切られボロボロに崩壊した可能性が高く、そういう風にならなかった理由などについて、どのような人物であったかについて大変興味深いことが書かれていました。

巨大詐欺グループのトップという社会的に悪者の対象にかかわらず多くの寄付や、様々な慈善事業へお金をつぎこんでいることはとても不思議なことのように思えました。とにかく面白くて一気に読んでしまいました。

読んだ後にふと思ったのは、振り込め詐欺グループの帝王といわれた人がなぜここまで自分の内面や、詐欺業界の内情について事細かく著者に話してしまっているのかということであす。よくここまで引き出せたなあと非常に感心させられました。

ただ、この本では詐欺グループの帝王が肝心なところはあやふやにしてインタビューに答えているので、みんなが一番知りたいと思えるところについてはぼんやりしています。そこのところをつっこんで取材して欲しかったというのが残念という気がします。とてもためになることが書かれているので面白いのでとてもお勧めです。

良い書評でしたら共有お願いします

関連書評

一日江戸人 杉浦日向子

江戸っ子という言葉は有名ですが、実際に江戸時代に何人くらいいたのか。江戸時代のトップといえば将軍様で

記事を読む

箱根の坂 司馬遼太郎

箱根の坂は歴史において人気も高く、歴史小説においても読む人が多いであろう戦国時代というものの先駆けと

記事を読む

スティーブ・ジョブズ・ストーリー (ラダーシリーズ) トム・クリスチャン

「英語の本で自分の興味テーマのものはないかなぁ?」と思っていた時に吉祥寺の本屋でこの本を発見しました

記事を読む

宇宙飛行士に学ぶ心の鍛え方 古川聡

第28次/29次のISS(国際宇宙ステーション)長期滞在した宇宙飛行士:古川聡さん著の本書。宇宙飛行

記事を読む

中学生の満州敗戦日記 今井和也

中国と日本の関係がぎくしゃくしています。かって日本は朝鮮から満州へと進出しました。そして満州国が生ま

記事を読む

月間人気書評ランキング

既知からの自由 ジッドゥ・クリシュナムルティ

簡単に言えばこの本には真理が書かれています。それは痛快なまでに真実なの

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話 坪田信貴

この本は学年でビリで偏差値が30以下のギャルが進学が危うい状態だったの

甲賀忍法帖 山田風太郎

山田風太郎氏のいわゆる「忍法帖」シリーズの第一作目です。深く考えずに読

孤島の鬼 江戸川乱歩

江戸川乱歩は非常に著名な作家で、名前を聞いたこともない、という方は少な

阪急電車 有川浩

図書館戦争で有名な有川浩の作品です。 阪急電車。近畿圏内の方しか

→もっと見る

PAGE TOP ↑